住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

契約前はいいことを言うが

2007年09月28日 | Weblog
今回大手の住宅会社を使って家をつくりましたが、叱って材料変更させるなど、非常に不愉快なことが数度に及びました。
気の小さい人なら会社のやったことを受け入れてしまうでしょう。

契約前に床材について営業担当と綿密な打ち合わせを行いある材料を決めました。
ところが契約後に設計担当が床材は会社の標準材を使うということで見積もったと言いました。
そして私が指定した材料はより高い材料だから価格を契約価格に上乗せすると言いました。

ほかの住宅会社は私が指定した床材で見積もったのにこの会社はより安い標準材で見積もって競争に勝った訳です。
公正を欠くやり方を厳しく非難すると会社は、契約金額の中で指定された材料でやると言いました。

駐車場をつくる段階になって、営業担当と話し合って決めた敷石の材料がどうも違うような感じがしました。
そこで設計担当を呼んで材料確認をしたところ違っていることがわかりました。
やはり会社の標準材料を使うことになっていました。
材料変更に抵抗するので私の指示に従がわないなら後金は払わないと言いました。
納期遅れについては契約に従がい罰金を請求すると言いました。
すると会社はあわてふためいて敷石の発注をし直しました。

駐車場の工事が遅れ、何と住宅の引渡しの日に駐車場の検収を行う始末でした。
この材料変更についても会社は価格が大幅に上がると言って契約価格に上乗せしようとしました。
床材の場合と同じやり方で契約前の見積もりを低くしていた訳です。
ここでも厳しくそのきたないやり方を非難すると、契約金額で結構ですと言いました。

この会社は耐震性などを売りにして住宅大手になりましたが、契約まではいいことを言い、契約後に実は・・・と言う会社です。
顧客ではなく、会社のことを考えて設計し、見積もる会社であることがわかりました。

契約金額が高いと他社に負け、契約がとれないと心配する気持ちはわかります。
しかし顧客の指定材料を無視し、勝手に標準材料を使うことにして安く見積もることは会社の信用を落とす行為です。
この会社は最近別の支店が手抜が問題になって政府から営業停止の罰を受けたとのニュースが流れました。
経営者が、もっと注文をとれ、利益を出せと従業員の尻をたたいているのでしょう。
しかし、顧客を軽視しているといつか倒産に追い込まれるのではないでしょうか。
コメント

開かれた庭

2007年09月25日 | Weblog
南面道路に面した土地に平屋の家をつくり、最近引っ越しました。
庭造りはまだで赤土のままです。
時間をかけて自分でつくる予定です。

門はつくらず、現代はやりの機能門柱としました。
また南面道路の交通量が少ないので生垣やその他目隠しになるような囲いはつくらず、道路沿いは花園にしたいと思います。
機能門柱や道路沿いの花園は心理的にはそこに見えない門や囲いがあるような効果を持っています。

開かれた庭ということになりますが、家の窓から見ますと庭が広く見えます。
つまり道路の向こう側の家まで庭のように見えます。
反対に、道行く人は、道が広くなったように感じるのではないでしょうか。

概して狭苦しい都市部の住宅街では、囲いのない開かれた庭は、狭苦しさを緩和する効果があると思います。
コメント

日本的美

2007年09月22日 | Weblog

奥多摩

安倍晋三総理辞任表明に伴い、「美しい国」づくりに関する有識者会議が解散しました。
ちゃんとした提言はできませんでしたが、人々から集まった意見を整理し、「思いやりの気持ち」が日本らしい重要な要素であるなどとする報告書を一応まとめたそうです。

4月から6月にかけて集まった人々の意見は3400件あまり、それを整理すると「気質や感性」が24%、「生活様式」が24%で、この二つで半数近くを占めたそうです。
日本人が、美しい精神や美しい生き方を重視していることがわかります。
だからこそ今回政治家のきたない精神やきたない生き方に人々が怒り、安倍総理は辞任することになったのでしょう。
安倍総理が「美しい国」を主張して批判を浴びてしまったことは皮肉です。

美しい精神や美しい生き方は美しい家づくり、町づくりにも好影響を与えると思います。
安心安全な家づくり、町づくりにつながっていくと思います。

飾りけが多いことが必ずしも美しいことにはなりません。
飾りたいという思いが強すぎると、日本的美が失われる恐れがあります。

短期的な心配も美意識を鈍らせると思います。
たとえば都市部では住宅がないということで間に合わせの発想で集合住宅を建設していますが、家も町も不安危険になる恐れがあります。
このような発想から美しいものは生まれてこないのではないのかと思います。
コメント

安倍晋三総理の辞任

2007年09月13日 | Weblog
安倍晋三総理は、人々のために政治をやっていない、自分のために政治を行っていると思っていましたので、彼が辞任すると聞いてよかったと思います。

「美しい国、日本」と言ってきましたが、彼は、日本をみにくい国にするのではないかと不安でした。
根本問題は彼の思考にあったと思います。

人の命や法を大切にするというしっかりした考えを持っていなかったと思います。
また日本や世界の未来をよく考えているとの印象を受けませんでした。

問題は、大きいものは小さくし、小さいもの早めに解決するのが基本ですが、彼は、大きい問題をさらに大きくし、小さい問題を放置するので大きくしてしまうところがあったと思います。

次の総理は、問題解決型の人であってほしいと思います。
未来創造型の人であってほしいと思います。
コメント

台風に緊張

2007年09月07日 | Weblog

瓦の家は風格があって美しいのですが、地震や台風に対しては心配。

昨夜は台風9号が私の住んでいる町に向かってくるというのでかなり緊張しました。

昔台風が町の上を通り過ぎ、屋根の天辺に取り付けてあったトタン板が飛びました。
そして隣家の屋根の樋に当たって樋を壊し、隣家の庭に落下しました。
幸い人に当らず本当に助かったと思いました。

この後すぐ屋根を葺き直しましたので今回は大丈夫と思いましたが、やはり昨夜は不安でした。

台風は昨夜町の西側を通り過ぎて行きました。
今朝早く起きて家の周りを見回りましたが、今回は道路や道に枯れ枝やちぎれて飛んだ葉がいっぱい落ちている程度でした。
雨は多かったようですが、風はそれほどではなかったようです。
近所の家も見ましたが被害を受けた家はないようです。

近年住宅や町は台風に強くなったというお話しをよく聞きますが、私の家は約30年前に建てたものですし、近所の家も決して新しくありません。
今回は風力が弱かっただけだと思います。
風力が強かったら屋根は舞うと思います。
電柱が倒れたり、電線が切れたりすると思います。

住宅や町の設計基準はまだまだ台風に対して基準が低いと思います。
コメント

衆議院解散が必要

2007年09月04日 | Weblog


都市部混雑の原因は地方生活の改善ができていないことが原因の一つです。
地方生活改善のためには従来どおり第二次産業の維持が重要ですが、これからは農林水産業の再構築も重要です。

このような重要な時代に一人の総理のもとで3人も農林水産大臣が人から不正を指摘され、一人は自殺、二人は辞任というのは異常です。
原因は安倍晋三総理にあると思います。
彼のいい加減な人事および指導で農業改革等が停滞というのは日本にとって手痛いことです。
現在の衆議院に安倍氏を交代させる力がないようですから衆議院解散と選挙はできるだけ早くやった方がいいと思います。

日本は大臣がいなくても官僚がいるから政府は動くと言われてきましたが、思い上った官僚が政治を私している現状は放置できません。
国民が選挙で衆議院を正し、正常な衆議院が正常な総理を指名し、正常な農林水産大臣が官僚を指導するなり、代えるなりして、農業改革等を実行する必要があります。

安倍氏は総理職を続けたい意欲を持っているようですが、如何せん、日本と世界の動向を調査し、未来を予測し、変化に対応することができていません。
思考が固定的観念的過ぎると思います。
絶交に近い経済制裁を朝鮮に加えていることから判断して人命重視の精神も乏しいのではないかと心配です。
外国人の命を軽視する人は日本人の命も軽視します。

衆議院解散が必要と思います。
自民党や公明党は衆議院で支配的という自分に都合がいい現状に執着し、国民のために政治をすることを忘れています。
したがって自民党や公明党に政治を期待しても期待はずれになると思います。
コメント