妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

好きなもの、好きなこと、
思いついたまま綴っています。

好きの範囲は人それぞれ、お注意下さい。

妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

いくつかの叶った夢、 数え切れないほどの忘れ去った夢、 平凡だけど、悪くはなかったと思う日々。 変わりのないことを嘆くのでなく、 変わらないことに安堵する、 でも、目を開ければ、小さな様々なことが変わっていく、 そんな小さな変化を言葉に綴り、 週末には酒を飲み、 日々、恥ずかしい妄想を、写真とともに、更新する。 そんなブログなのです。

通り雨

2016年07月31日 | 薔薇

夏の日曜日、予報は、午後から雨。

真白な夏らしい雲が浮かぶ青い空、雨が降るの???かなって、

いつの間にか、白い雲が灰色の雲に、そして黒い雲に、

突然、雨が、それも土砂降りの雨が、、、少し雨宿り。

しばらくすると、小ぶりになり、また夏の空が戻って来る。

絵にかいたような、あるいは、教科書通りの通り前。

 

打ち水をしたように、少し気温が、

でも、しばらくすると逆効果。

前よりも蒸し暑くなったみたい、

ふと、玄関先のアイスバーグに目をやると、

雨で汚れが流れ落ちたのか、こざっぱりした顔で、涼しげ、

白い花が、いつもに増して白く感じる通り雨の後の風景。

その奥のバレンシアも、さっぱりとした顔。

夏のバラらしく、小ぶりで可愛い子。

コメント

静養

2016年07月31日 | 妄想

疲れを癒すためのマッサージ、

ちょっと、アジアン風にトロピカルな花を散らし、

アロマオイルもそれ風のモノを選んでリラックス。

 

日に日に、肌の艶が増して、きめ細かで滑らかになっている。

身体も、心も満たされている女は、きっと男もだけど、

魅力を増していくって本当。

自分が少しでも役になっているのかな。

コメント

7月30日(土)のつぶやき

2016年07月31日 | つぶやき
コメント

夜景

2016年07月31日 | 妄想

暑さを避けるために、都心のホテルへショートステイ・

夜の帳が下りたころには、ボトルの瓶に浮かんだ汗もなくなる。

部屋の明かりを消して、持ち込んだアロマのキャンドルに火を灯す。

外から見えちゃうよって言っても、

ここが気持ちいのって、お姉さま。

さっきから、ずっと光る眩い夜の景色を眺めている。

そんなお姉さまの姿を、グラス越しに眺めている。

なにもしない贅沢。

明日の朝は、朝寝坊かな。

でも、ちょっとだけ早起きして、寝顔を眺めているのも、良いかも。

コメント

夏の朝

2016年07月30日 | つぶやき

今朝、起きてみると一輪のアサガオが、咲きました。

ちょっとピンぼけな写真だけど、

夏の朝、まだ暑くなる前に、清々しい気分になります。

今日も暑くなりそう、

お祭りも二日目、がんばらないで、がんばろう。

コメント

7月29日(金)のつぶやき

2016年07月30日 | つぶやき
コメント

ようやく、梅雨明け

2016年07月29日 | 季節

東京で、昨日、梅雨明けとのこと、

さっそく、お陽さまは元気いっぱい、夏の日差しです。

今朝、出かけには、咲いていたアイスバーグを

暑くなるだろうと、家の中の花瓶へ移し替え、

祭りの準備の為に早退して、帰って来てみると、

きになっていた朝顔の蕾がほころびはじめました。

この数日で、新芽が花芽へ育つことが多く、どうなることやらと見守っていたのですが、

おじさんの夏休みの宿題は、無事達成できそうです。

種を頂戴して、こうして花をさかせれば、

その罪も悪くても執行猶予で納まってくれるでしょう。

 

さてさて、これかは一休みをして、盆踊りの準備、

内勤の虚弱体質のお父さんが、この日差しに耐えることが出来るのか、

一抹の不安があります。

コメント

7月28日(木)のつぶやき

2016年07月29日 | つぶやき
コメント

沈黙

2016年07月29日 | つぶやき

蝋燭を目の前に掲げる、

会話もなく、ただ、静かな時が流れ、

揺れる炎から目が離せなくなる。

瞳の持つ光が陰り、ただ炎を映すだけになった時、

手を濁り、その甲へ、雫を落す、

その熱さに目覚め、手を引ことするけれど

しっかいと握り、熱い蝋を垂らしつづける。

 

熱さに耐えるため、身体を固くしていたのも、

だんだんと、力が抜け、

固まったロウの上に落ちる、ロウの熱を味わっている、

いつしか瞳の光が、ぼんやりと虚ろになり、

薄く開けた口から、声が漏れ始める、

熱さを堪える声とは明らかに違う声。

 

すでに、胸の二つの丘には、赤い蝋が固まり、

そして、今、、、

お尻が燭台になり、熱さを楽しんでいる。

流れ落ちたロウが敏感な場所に触る時、

身体が大きく震え、そして硬直する。

その時に微かに聞こえる声だけが、

部屋の中に響く音。

コメント

7月27日(水)のつぶやき

2016年07月28日 | つぶやき
コメント

誤認

2016年07月28日 | 妄想

スベスベと白いお尻を、撫で、揉み、掴み、堪能する。

ここまでが前菜。 

大きくてを振り上げ、その肉に降り降ろす。

乾いた音と共に、手のひらがその肉に吸いつく。

「叩かれて、感じるなんて、変態のマゾ」

そんな刷り込みをしてあげる、

いくつかの手のひらの痕が付いたあと、

女の部分へ、

スパンキングだけで濡れるはずもないのに、

「濡れてるね」と、

確かめるふりをして、そこを愛撫する、

もちろん反対の手で打つことは止めない。

 

痛みに感じるのは「変態」、「マゾ」

感じている自分は、、、「変態」で「マゾ」なのかも、、、

そんな勘違いからくる不安を揺さぶる。

痛さが快感に誘うものだと、身体に認め、覚えさせる。

時に、真っ赤に腫れた手のひらを、冷たい尻の肉で休める、

それは、感じさせる為でもある。

 

触られて、感じているのか、叩かれて感じるのか、混乱している、

マゾなんだよ、それでいいのだよと、方向を示してあげる。

手のひらの痛みは、尻に感じている痛みと同じ。

同じ痛みを感じるのが、流儀。

 

痛さだけで、気を遣ることなど稀、

でも、ケツを叩かれ、身体が湿ることがある。

その刷り込みが、マゾであることを認め、深く受け入れさせる。

それが、スパンキングの狙い。

赤く腫れた尻の熱で、部屋の温度も少し上がったみたい、

それだけではなく、欲情した二人の熱で暑くなったのかも。

コメント

一つ二つ、二つ三つ

2016年07月27日 | 薔薇

予報では、もうすぐ梅雨明け、そうなればまた夏の日差しが戻って来る。

我が家のバラ達は、それを待ち切れずに、

チラホラと咲き始めています、まるで、夏の日差しをさけるように。

 

 
先週咲いた子よりも、軽いかんじのバレンシア。
 
 
 
相変わらず白が鮮やか、この白を見る度に心が洗われるアイスバーグ。
 

気になって、赤坂バラ園に足を伸ばしてみると、

こちらも、夏の薔薇がチラホラと、

春の花が終わり、がっつりと選定してあったのですが、

早、夏の花芽が育ち、蕾になりつつあります。

そのなかでも、ちょっと気の早い子達が咲いていました。
 
コメント

7月26日(火)のつぶやき

2016年07月27日 | つぶやき
コメント

安堵

2016年07月27日 | 妄想

諦めたような、哀しい顔。

縄が触れる度、肌がざわめき、

力を入れると、肌が縄に馴染んでいく。

縛られることを受け入れられないはずなのに、

両手は背中で組んだまま、縛りやすいように自ら身体を動かす。

無意識の条件反射。

 

美しい乳房をより美しく見せる為の縛りを終え、

鏡に映った姿を見ると、ため息のような吐息。

初めて見る表情に少し驚く、

同性から見ても、魅力的な艶のある顔。

 

強く抱きしめられることで、

身も心も委ね、穏やかな気持ちになる、

その強さが時に苦しいけど、心地よく、呼吸も大きく深くなる。

ゆらゆらと揺れながら、ゆっくりと眠りに落ちていく、守られている安心。

愛されていることを身体で受け止める。

コメント

7月25日(月)のつぶやき

2016年07月26日 | つぶやき
コメント