妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

好きなもの、好きなこと、
思いついたまま綴っています。

好きの範囲は人それぞれ、お注意下さい。

妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

いくつかの叶った夢、 数え切れないほどの忘れ去った夢、 平凡だけど、悪くはなかったと思う日々。 変わりのないことを嘆くのでなく、 変わらないことに安堵する、 でも、目を開ければ、小さな様々なことが変わっていく、 そんな小さな変化を言葉に綴り、 週末には酒を飲み、 日々、恥ずかしい妄想を、写真とともに、更新する。 そんなブログなのです。

2月28日(日)のつぶやき

2016年02月29日 | つぶやき

「こんなお酒を呑んでいます vol 7. 発泡系のお酒って 追記あり」
昨夜の残しておいた、SHICHIDAを、備前の器で、 goo.gl/B8fVBS


おはよう、少し濁った感じの空だけど、お陽さまの光を遮るほどでもなく、暖かな日曜日の朝です。


「半年過ぎても、手も握らない??」
春色の汽車って、何色ですか goo.gl/9EFTKU


? swesra: (( ???? ??????? ???????? )) ????? ?????? ??? ??? ??? ??????? !! ??????? ???? ???? ?????? ????... tmblr.co/ZCXiNr22WJfTU


? sexynippleclamps: Artistic to brutal photos of women wearing nipple clamps. tmblr.co/ZCXiNr22XPJUc


? mlmlmlml: Michael Lentz, NUDE No. 4278, black ink monotype and drawing on 110g flyleaf paper,... tmblr.co/ZCXiNr22Xcb0N


コメント

一緒

2016年02月29日 | 妄想

憧れの体への道は遠いけど、元へ戻るのは早い、

胸元は、ぶかぶか、ショーツから中途半端なモノが、

そんな姿を見て、お姉さまはブラは外したらと、、

その代わりに、首輪を着けていただく、そしてご自身にも、

二つの首輪を一本のリードが繋ぎ、

心だけでなく、体も離れることが出来ない、ずっと一緒

 

 

そして、朝ごはん、私の体の女性化を進める為の特別な食事。

 二人並んで、美味しく頂く。

 食べ終わった後、手を使えない二人は、

お口の周りに付いた汚れをお互いに舐め合ってきれいにする、

そして、見つめ合って、ニュアーって、猫になって過ごすのも楽しい。

コメント

半年過ぎても、手も握らない??

2016年02月28日 | 季節

赤いスイートピー - 松田聖子

 

半年どころじゃなく、十年近くなるのに、手も握れないだよなって、

 

閑話休題にして、

この歌の歌詞の中の春色の汽車って、きっと聴く人それぞれにイメージがあると、

それに、汽車の色じゃなくって、春色って、人ぞれぞれ違う色があると、

私の春色の汽車、電車だけど、総武線・中央各駅停車の101系のカナリヤイエロー

ちょうど、こんな感じの色。

春の日差しを浴びて、黄色がより鮮やかに眩しいくらい。

確か、一年間の浪人生活が終わり、ようやく四月からは大学生。

そんな季節に見かけたから、よけいに記憶にあるのかもしれません。

西へ向かうその春色の電車、東中野の駅を出てすぐに、車内が黄色に輝く瞬間が、

線路沿いの土手、桜並木の下に植えられていた菜の花が、お陽さまの光を反射して、

まさしく春の光が広がる素敵な光景でした。

写真は、図書館の建物、元小学校の花壇での一枚、

ちょっとだけ、春を感じて撮った写真です。

 

それから幾歳、春色の電車は、銀色の代わり、

その電車に乗るのは、日が落ちてから、

あるいは、疲れた人々が押し込まれる最終。

今日も、手も握れなかったと、、落ち込む私に、

オレンジ色のラインが、それで良いのだと慰めてくれます。
 
コメント

2月27日(土)のつぶやき

2016年02月28日 | つぶやき

「こんなお酒を呑んでいます vol 7. 発泡系のお酒って」
七田と書いて、、、さてなんと読みましょうか goo.gl/B8fVBS


おはよう、土曜日、晴れた朝、寒さも和らいだ気持ちの良い朝。


「お気に入りの」
生誕290年って中途半端だけど、春章が再評価されています。 goo.gl/myAn8l


? insuh: “Blue Aventurine clears old, stagnant energies, helping you to open up to inner growth and... tmblr.co/ZCXiNr22SfUnM


? fetishweekly: fetishweekly: Model: Hazel Maybrook Spank! Weekend reblog! Thank you everybody for all... tmblr.co/ZCXiNr22SfrPy


オノヨーコさんが意識不明の状態で病院に運ばれたと @CBSNewYork などが報道。脳卒中か。 #YokoOno twitter.com/CBSNewYork/sta…

はるかさんがリツイート | 185 RT

? ericlaguardaphotography: Legs in black nylon… Model Allusyah Just a ?story about sound, fury and... tmblr.co/ZAhZJo22THmtj


? corazonemperador: Me declaro esclavo de esos besos nocturnos, con sabor a ausencia y frescura de... tmblr.co/ZCXiNr22TQmzy


? ropemagic: ROPE MAGiC: via “Peach Moon” featuring Homaru, photograph and ropework by Reiji Suzuki,... tmblr.co/ZCXiNr22TQwvf


コメント

こんなお酒を呑んでいます vol 7. 発泡系のお酒って 追記あり

2016年02月28日 | お酒

気になると、どうしても手に入れたくなるもの、

ましてや、この季節、搾りたての生の酒が出回る季節だから、

知っていますかと尋ねられて、美味しかったと聞いたからには、

呑んだことのあるお酒だから、手にのって、今年の味を試したくなるものです、

天山酒造株式会社 佐賀県小城郡

七田 (SHICHIDA) 純米無濾過生 おりがらみ  

原材料名 : 米(国産)・米麹(国産米)

使用米 麹米 : 山田錦(精米歩合 65%)

      掛け米: レイホウ (精米歩合 65%)

      使用比率 山田錦 20% レイホウ 80%

アルコール分 : 17度

製造年月 : 28.2

 

 

ゆっくりと、封を開ける、店の注意書きにあるとおり、発砲のお酒、

瓶から逃げ出した炭酸が、期待を風船を膨らませる。

名前の通り、おりのある、白濁のお酒、口に含むと舌の上で炭酸がシュワーっと踊る

甘酸っぱい味が口の中に広がり、、シュワ--と喉を流れていく、

猪口でなく、シャンパングラスで呑みたいお酒。

きっと、泡にある麹の香りも弾けてくれるから、

発泡系のお酒って、邪道かなって思ったけど、日本酒の新しいスタイルだと思う。 
 
2016.2.26記
 
少し残した今日の分は、冷蔵庫から直接、冷たいままで、、
 
舌にほんの少しだけ残る発泡の刺激、
 
でも、甘さを感じる程よい酸味、これがSHICHIDAの味なんだよねと、
 
 
このお酒が、ワイングラスでおいしい日本酒アワードの金賞なんだって、
 
ワインと同じで、舌で感じる味だけじゃなくって、香りも色も音も美味しさの要素だから、
 
ワイングラスで呑むのは、理にかなっているし、ガラスって好きな素材だけど、
 
やっぱり、備前のぐい飲みで呑むのが、一番好き。
コメント

お気に入りの

2016年02月27日 | QOL

浮世絵って、その多くが版画だから、肉筆浮世絵って聞くと何か違和感があった。

でも、「憂き世」と読めば、今を描く絵画で、版画とは限らなくなる、

手法は様々あるけれど、世知辛い憂き世を、ほんの一瞬忘れ、「浮世」の世界を楽しむ、

そんな手がかりを残してくれた大切な宝物だと思うのです。

 

春画、肉筆の浮世絵と、観てきて、最近のお気に入りが、勝川春章

彼の描く美人画に心を惹かれるのです。

世の中の風潮も、同じらしく、改めて評価されているらしく、

春章を取り上げた展覧会も催されていて、そのうちの一つ、

出光美術館での、勝川春章と肉筆美人画 -<みやび>の女性像-

春章の美人画は、女性の着物の良さにあります、

ひょっとすると、当時のファッション雑誌か呉服店のカタログかと思うほど、

羽織の、帯の、その柄の見事さに、色使いにため息が出るほどです、

こんな色の合わせ方を出来ないかと、

ネクタイとシャツ、そして背広の組み合わせを考えてしまいます。

圧巻は、雪月花図

平安の三才媛、清少納言、紫式部、小野小町を江戸の女性に見立て描いたものです。

とはいえ、個人的には、「美人と達磨図」。

花魁の年季と、達磨の修行の期間を見立てて、描いた作品。

美女を膝に抱く達磨の絵がなんとも艶かしく、さすがは春章で、

もう一つの作品群、美人画の裏垢??、別バージョンの香りを伝えています。

丸の内のオフィス街、皇居のお堀端にある場所がら、

さすがに、春画を掲げることは出来なくても、そのテイストを感じることが出来ます。

 

ますます、春章を好きになる。本当に見事な作品展です。

コメント

2月26日(金)のつぶやき

2016年02月27日 | つぶやき

RT@KAGAYA_11949: 先日、望遠レンズで撮影したすばるです。(千葉県館山市にて撮影)肉眼でも5、6個の星の集まりに見えますが、双眼鏡でのぞくと宝石のような星が何十個とちらばった姿が見えます。プレアデス星団ともよばれます。 pic.twitter.com/WyvR2bR7vn


コメント

2月25日(木)のつぶやき

2016年02月26日 | つぶやき

「名品」
お気に入りの品を目の届くところに飾る。 goo.gl/G4w1IG


? insuh: Watching her move. ?Doing everyday things. ?So gracefully and beautifully, inspires me so much. tmblr.co/ZCXiNr22JUdZR


? ropemagic: via “ROPE MAGiC” model: Iori, photograph and ropework: Reiji Suzuki tmblr.co/ZCXiNr22Mgivc


? corazonemperador: No he visto por mi ventana mejor paisaje; que el reflejo de tu silueta y la forma... tmblr.co/ZCXiNr22Mh13w


? ropelovingdays: Himitsu no gohoubi Rope: Naka Akira Photo: Sato Erisa tmblr.co/ZCXiNr22Mhuvq


@3gyo_loveletter: 3つ以上当てはまったらそれは恋
①声が聞きたい
②メールの返信が気になる
③他の人と仲良くしてるとイライラする
④触れたい
⑤共通点があると嬉しい
⑥わけもなく涙が出る
⑦夢に出てくる
⑧好き(かも)と思う
⑨お風呂が長い
⑩最近よく笑う


コメント

混線

2016年02月26日 | 妄想

熟れた果物に例えるけれど、まさしく彼女の尻がそれ、

艶かしい肌とその内側の熟れた果実に自然と手が伸びる。

 

場所を変え、腿の上に乗せ、

叩かれると覚悟しているから、強張った体を解すために、

胸の膨らみと、背中からお尻を、ゆっくりと愛撫していく。

力が抜け、重さを感じるほどに、手の動きに身を委ねると、

うっすらと肌に紅の色が浮かぶ、

胸への愛撫はそのままに、大きな音が出るように手を振り上げ、

ふっくらと白い双丘に季節外れにの紅葉の痕を、、

予期せぬ痛みに、声が、それを遮る様に、胸への愛撫を強めて、、

 

紅葉が双丘一面に広がること、手のひらも同じように、赤みと熱さが、

手のひらとお尻の熱を冷ますように、やさしく撫でていく、

反対に、乳房への、責めを加えながら。

コメント

2月24日(水)のつぶやき

2016年02月25日 | つぶやき

「飼犬」
とてもよく分るから、もっともっと幸せにしてあげたい goo.gl/UBvyTA


? Pretty full moon tonight at twilight in NYC. Inga’s Angle tmblr.co/ZCXiNr22FzZWS


コメント

名品

2016年02月25日 | 妄想

ある人は写真だったり、絵画のことも、私の場合は、これ。

より美しく見せる為のライティングにもこだわりが。

 

生身の体ゆえに、時にメインテナンスも必要、

そんな時は、縄を緩め解放する、ただ、別の問題も、

 

そんな時は、足を引き揚げ、高さを調整する。

服を汚すことのないように、調整しながら、幾度かに分けて処理をさせる。

最後は、口うつしで、彼女にもおすそ分け、

特有のきつい香りだけど、けっして不味いモノではない。

もう一度屈んで、汚れた場所を舐める。

最後に、彼女の口で汚れた私の口を清めさせて、儀式は終わる。

 

小出しにすることで、インナーマッスルが鍛えられ、

名品が内側からも磨かれ、名器へと、、

主に下の処理をされる恥ずかしさも、彼女を磨くことになる。

もちろん、その味を楽しむことも

コメント

2月23日(火)のつぶやき

2016年02月24日 | つぶやき
コメント

飼犬

2016年02月24日 | 妄想

飼犬以上に、忠実お彼女。

脱がせる為に着せた服を、すぐに脱がせ、服従の姿勢を取らせる。

その姿を見ていると、まるで自分意のままに動くの分身。

命令に、笑みを浮かべて、嬉々として従う。

主に服従する喜びに満ち溢れている。

コメント

2月22日(月)のつぶやき

2016年02月23日 | つぶやき
コメント

静寂

2016年02月23日 | つぶやき

素肌に垂らされる蝋、声を上げたくなる、

でも、いつのころからか、お互いにそうしなくなった。

垂らされる蝋から視線を向け、その向こうには主さまの顔。

気がつけば、熱さが心地よくなってくる、それが表情に浮かぶと、

もう片方の場所へ、、時に、もっと敏感な所へと、、

 

すべてが覆い尽くされ、安堵の表情を見せたとき、

肌を彩った蝋を剥がし、うっすらとピンク色になった肌を露出させる。

うっとりと陶酔した表情が消え、驚きと恐怖が浮かぶ、

二度目の蝋の熱さはより辛さが増すことを知っているから。

覚悟を決めたのか、目を閉じるけれど、許されない。

それ以上に、

熱さを感じる瞬間を見たいから、目をそらすことが出来ない。

蝋の熱さに感じてしまう、マゾのかなしさ。

コメント