妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

好きなもの、好きなこと、
思いついたまま綴っています。

好きの範囲は人それぞれ、お注意下さい。

妄想を少しと、好きな物、好きな事を備忘録のように、

いくつかの叶った夢、 数え切れないほどの忘れ去った夢、 平凡だけど、悪くはなかったと思う日々。 変わりのないことを嘆くのでなく、 変わらないことに安堵する、 でも、目を開ければ、小さな様々なことが変わっていく、 そんな小さな変化を言葉に綴り、 週末には酒を飲み、 日々、恥ずかしい妄想を、写真とともに、更新する。 そんなブログなのです。

ふとした瞬間に、淫らな夢を見てしまうことってありませんか。

2005年05月31日 | SM
例えば、歩いている時。時にはぼんやりと車窓を眺めているとき。
頭の中に淫らな妄想が湧き上がってきて、ズボンの膨らみが気になってしまう。
下着の生地を越え、ズボンに染みが出来ていないかと心配になるほど、
淫らな夢に浸ってしまうことがありませんでしょうか。
きっと、こんな話、私だけのことなのでしょうね。

魅力的な女性とすれ違ったわけでもなく、好みの女の子が窓に映ったわけでもなく、
突然とそれが湧き上がってきます。
ビルの間に連れ込まれ、両手をビルの壁につけ、女の子のクリトリスで犯される。
路の真中で、放置され、見知らぬ人の一時の楽しみとして、弄ばれる。
何かが身体の中入り込み、大きくなり、熱を持ち、そして動きはじめる。

それらは、すべて、はるかが想い、願っていることですが、
そんな妄想が心の大半をしめなくてもと思うような時にかぎって、それが遣って来ます。
現実からの逃避なのでしょうか、それとも、淫乱なだけなのでしょうか。
心の不安定さに不安を感じながらも、そんな妄想に支配されていることが、
マゾである私にとって、違う楽しみも与えてくれます。
コメント

ED (勃起機能の低下)

2005年05月30日 | 女装
女の子の身体に近づきたい。
ただの、体液の排泄行為で終わるエクスタシーではなく、
ゆっくりと上り詰め、その余韻に漂うこと楽しみたいと願うようになって、
ちょっとした変化が身体に現れています。
男性性器の縮小、そして勃起機能の低下、つまりEDと呼ばれるものです。

もともと性的に未熟であったのか、ペニスや睾丸は小さかったと思います。
気温が低い時、プールで一時間ほど泳ぐと、睾丸は簡単に身体の中へと潜り込みます。
ペニスは、縮こまり、大きさは新生児のそれほどになってしまいます。
別にホルモンを摂取しているわけでもありません、
これが私の体質なのでしょうか、それとも普通なのでしょうか、
更衣室で見る他の人のそれとは、明らかに大きさが小さいと思います。
幾ら寒くても、そこまで隠れてしまっていつ人は見かけません。

NHの方のWEBや、タックを説明したWEBを拝見すると、
ホルモンの摂取やタックをすることで、身体に変化がおきるとあります。
例えば、量が少なくなったり、薄くなったりする、それに勃起機能の障害、
同じようなことが、確かに私の体にも起っています。
ただ、その引き金が、ホルモンの摂取やタックの練習をするようになる前から、
女の子の身体に近づきたい、女の子のエクスタシーを感じたい、
そんな風に思うようになってから始まったように思います。

人の身体には様々な可能性があるといいます。
内科的、外科的な手段を無しに、男の子の身体が、女の子のそれに戻ろうとする力も、
ひょっとしたらあるのかもしれません。ただ、そう願う事、それと少しの努力で。
とりあえずは、自己診断ですが、深刻な勃起障害ではないようです。
面白いことに、射精によるエクスタシーを拒否しているプレッシャーの反動なのか、
夢の中の出来音や、SMを楽しんでいるような、プレッシャーから開放されている時、
それが今まで以上に硬く、大きくなっているようなイメージと手触りがあります、
ただ、挿入することが可能な硬さを維持できるか試してはおりませんが、、

コメント

剃毛とタック

2005年05月28日 | 女装
確か少し前にもタックについて、取り上げたと思います。

何回も練習して、なんとか睾丸の隠し場所を発見したのですが、
次のステップとしての、袋でペニスを包むことが出来ません。
でも、せっかくYゾーンを剃毛したのと、余分なものが見え難くなったので、
ちょっとこんな写真の載せてみました。

アフロの先生に、余分な毛を剃ってあげるからねってと言われて、
頑なに嫌がっていた私なにに、今では脇の下も綺麗の剃ってしまっています。

コメント (2)

少女から女の子へ、そして女へと。

2005年05月27日 | 女装
鏡に映った私のバストを見ていると、ふとバストに手が触れた時に思うことは、
ひょっとして、少女が女へと成長していく時に感じるそれに近いものがあるかもしれない。
もちろん、結局は女の子ではない私の、新たな妄想の一つに過ぎないことは、
十分承知していることだけれども、

入浴時のマッサージ、そして、以前にお話した、ソードセノの助けもあって、
心なしかバストが自分の願っている形に近づいてきたきがします。
Aカップならば、凹みが出来ないほど、Brasにフィットするようになりました、
それに、乳首の色も醜かった濃さが、薄れてきたように思えます。
バストの硬さも少しとれ、張りが出てきたような気がします。
二週間でちょうど使い切ってしまった今、この先続けられなくなることが、
少し残念なほどです。


ちょうど思春期を迎えた少女が、日々変化していく自分の体に感じるような不安、
そして、一歩一歩、女という性に近づいていく喜び。
もし、そんな気持ちを感じるのならば、ちょうど今の私と似ているかもしれません。
憧れている女の子のバスト、体型へ少しだけ近づいたことの喜び、
でも、女の子ではない私にとって似合わないかもしれないことの不安。
更年期障害が気になる年齢になって、初潮など絶対に向いえることが無い身体なのに、
こんな風に感じてしまうのは、馬鹿げているとは思いますが、
それでも、夢見ている方向へゆっくりと身体が変化していることを、楽しんでいます。

ソードセノのWEBを見ながら今の気持ちを書いています、
贔屓目にみて、WEBに書いてある効能は、女の子ほどではないにせよ、
確かに私の身体にも、効果があったように思えます。
それに、3月の時に起った、あの不思議なほどネガティブな気分は、
朝晩、そして二週間連続して使用したにも関わらず、一切起りませんでした。
夏にむかって、BODYCAREの商品が多く手に入るようになります。
バストアップだけでなく、ウエストのクビレにもTRYしてみようと思っています。


注意:
ここに書いたことは、あくまでもはるかの身体でのことなので、
他の方に同じような効果があるかどうかは、一切保証出来ません。
ご使用は、ご自身の意思と判断によってください。
コメント

女の子になりたい、女の子へ。

2005年05月26日 | 女装
どんなに上手に装っても、生まれながらの性別を隠そうとしても、
幾つかのパーツは内緒で生まれた時の性別を教えてくれる時があります。
どんなにがんばっても、骨格まで変えてしまうのは、なかなか難しいようです。
街で、電車のなかで、ふと目に留まる女の子の手を見てしまいます。
喉仏は、人によってその大きさが違いますが、
指の関節、爪の大きさと形に、男の子の痕跡が残っています

女の子になりたい私達は、それぞれの方法で、その姿に近づきたいと思っています。
ファンデーションで、男の子の影を消し、チークで女の子の光を増します。
眉をそり、細い眉を引くこと、唇に紅を差すことで、も一歩近づきます。
それでも、鏡に映った表情は、まだまだ男の子のままです。
MAKEの出来栄えにちょっとうっとりとしたら、
ウィッグを被って、鏡の中に、もう一人の私、女の子の私が微笑んでいます。

街ですれ違う、ベーリーショートの女性は、男の子に間違うことはありません。
反対に、完璧にMakeをしても、ショートカットの女の子に見られることは稀です。
髪型で生まれつきの性が作った骨格を隠さなければなりません。
運がよければ、髪の毛を伸ばすことも出来るかもしれません、
でも、大多数の私達にとっては、ウィッグの力を借りなければなりません。
気をつけなければならないのは、どんなに肩までかかる長い髪の毛に憧れても、
それが、女の子ではないことを強調してしまいます。
顔の大きさも、ひとつの性の違いの証だからです。

私達が女の子に近づくのは、とても難しいことです。
それでも、そうしたいと思うのは、如何してでしょう。
それは、女の子がとっても好きだから、
自分が好きなものに近づきたい、好きなものを自分のものにしたい。
だから、自分を女の子に変身したいのだと思います。

時々、女の子に変身した女の子を見かける時があります。
自分の姿に自信を持って、女の子以上に女の子らしく歩いている人もいます。
女の子でないことに気がつかれはしないかと、不安げに俯いている人もいます。
そんな女の子達に、心のなかでエールを送っています。
「抱きしめたいくらい綺麗だよ。」と。
コメント

シャッターの音

2005年05月25日 | SM
出張先のホテルの床に、バスタオルを広げ、はるかのステージの完成です。
ホテルとはいえ、ローションや他の液体でベッドを汚すのが憚れたから、
でも、そこがはるかの一人芝居の舞台のような気がします。
出張先のホテルの部屋ですから、観客などいるはずもありません。

PCにDownloadしておいた、お気に入りのビデオを眺めながら、
エネマグラのWEBに書いてあるとおり、身体の力を抜き、
お○んこの筋肉に自然に力が入るのを待ちます。
ヒクヒクとそこが動き始めると、ゆっくりと気持ちの良い場所に手が伸びます。
一番気持ちが良いのは、バスト、それに乳首、
お臍の周りとか、わき腹に爪を、そして指を這わせます、
太ももの内側、お尻、皮膚全部が感じやすくなってしまうような気がします。
Brasをスリップの肌触りすらも、気持ちを高める媚薬になってしまいます。

モニターに写っている女優の動きに合わせ、身体を捩り、
鞭の音に、その痛さを思い出し声を上げ、ロウの熱さが身体に蘇り、
まるで、はるかがそこに映し出されている彼女に成り変ったように、
身体と心が敏感に反応してしまいます。
もしこの姿を誰かに見られていたら、いいえ、
こんな恥かしい姿を誰かに見ていただきたい、
レースの下に見え隠れする、クリトリスと呼ぶには、大きすぎるそれを持つ、
淫乱なメスマゾの感じている姿を見ていただきたい、
そんな思いで、カメラのレンズを自分に向けます。

ストロボの光が、シャッターの音が、誰かの目に思えてきて、
恥かしい私の姿を蔑む視線を感じ、嘲笑するような言葉が聞こえてくるようです、
そんな妄想が、身体の中に潜り込んだそれに力を与え、
腰を前後、そして上下に、四つん這いになり、ヒップを大きく突き出し、
ただその陶酔だけを求める、淫乱な物体へと成り下がります。
タイマーセットしたカメラが、後ろからはるかを冒します、
突き出したお尻の上から、大きく開いた足の間から、
感じやすくとても恥かしい場所に、その視線を強く感じてしまいます。

恥かしい、でももっと見て欲しい、
止めてしまいたい、でも、止められない、
もっと感じたい、気持ちよくなりたいの。
変態臭い、淫乱なだけのエゴマゾの腐臭すら、
写真から臭ってしまいそうな気がします、
でも、これが本当の私、恥かしい姿を見て欲しいの。お願い。
コメント (3)

SMとは違う世界の話。

2005年05月24日 | SM
少女を3カ月監禁した容疑で男逮捕 ネットで知り合う (朝日新聞) - goo ニュース

ご主人様と呼ばせ、首輪をつけ、監禁する。
ただ、それだけを比較すれば、犯罪者とSMを愛する人の彼我の差は無いように思えます。
きっと、社会はそんな風に見ていると思います。

基本的に、人は誰しも、圧政に抵抗する権利を有し、自らの意志が尊重されなければなりません。
SMにおいて、まったく同じです、双方の意思をがその基本おなるはずです。

昔、あるSMのパブで、ほとんど「いじめ」としかいえないような仕打ちを受けました。
苦痛や服従が喜びへと昇華していうのがSMであり、
そうしていただきたい、そうなりたいという、マゾの強い願望があります。
それをエゴマゾだというのなら、一番嫌いな呼ばれ方であっても、私は喜んでそう呼ばれます。
苛めと責めの区別が分らないSの方に接することが、マゾにとって最大の不幸です。

そんな仕打ちをうけることが喜びと感じるマゾの方もいらっしゃると思います。
心から、自分の存在、命すらささげても良いと思うことに喜びを感じ、服従の至福があると思います。
この人なら、支配者として、私の全てを支配する主として存在していてほしい、
お邪魔でない限り、お側において欲しい。
でも、そうでないなら、速やかにその場所から逃げ出すこと、
それが、マゾに与えられた唯一の自由です。
それを否定し、脅し、被害者の方の意思を無視するのは、犯罪以外の何物でもありません。
この事件がその典型です。

SMは楽しみであり、その楽しみは、言葉に拠らない意思疎通の手段です。
楽しみは、互いの総意の元で初めて得られるのであり、分け合うものだです。
決して、誰か一人の物では在りません。
それを奪う事、それを与えない事、それはSMではありません。
変態でもなく、犯罪者でしかありえません。
コメント (1)

アメリカでの買い物

2005年05月23日 | 女装
出張でアメリカに来るたびに、はるかの服を見て歩いています。
GAPやラルフローレン、ローカルなブランドのショップもお勧めです。
ただ、インターナショナルなブランドは、これはと思うデザインもありますが、
ローカルなブランドは、スカートが少なく、デザインもちょっとねって感じです。
女装した女の子達の専門店よりも、もちろん、沢山の種類があります。

アメリカで下着といえば、VICTORIA’S SECRETがよく知られていますが、
実際に見てみると、普段身に付けるには、ちょっと派手かなって思ってしまいます。
今回発見したブランドは、maidenformというブランドです。
出かけたファクトリーアウトレットで偶然見つけたお店で、
値段が手ごろで、普段身に付けるには丁度よいデザインだったので、
思わず手が伸びてしまいました、
サイズはM/6、日本のサイズだと、Lでも窮屈なのですが、
さすがはアメリカ、Mで丁度良いサイズです。
調子に乗って、前から欲しかったスカートも買ってしまいました、
USサイズの12号を選んだのですが、
ホックは止まるものの、服のラインが綺麗に出ませんでした。
14号以上でないと駄目なことが分りました。

参考までに、ブルックスブラザーズのズボンのサイズは、34W/30L
日本の婦人服のサイズは15号の私です。
コメント

出会い系について、(こんなメールが送られてきました。)

2005年05月22日 | つぶやき
送信者: ○子<xxxx_xxxxyyyy@yahoo.co.jp>
宛先: haruka_chan@mail.goo.ne.jp
日付:zzzzzzz, May, △▲, 2005, 12:40 PM
件名: ○村といいます。

○子といいます。29歳、未婚、貿易関係の仕事をしています。
男性のかたですよね?
いきなり知らない人からのメールで困惑してると思いますが、
実はお願いがあってメールしました。
私とオトナの遊び友達になってくださいませんか?
仕事ばかりの人生に不毛さを感じてきてしまって。
このまま老いていくのかとふと思って…虚しくなって。
無理でしたら…無視してかまいませんので。
お返事いただけたら、もっと具体的な話を
進めたいです。待ってますね。

○子

なかなか、興味深いメールです。29歳、オトナの遊び友達には丁度良い年頃です。
ただ、何かがおかしいのです、で、一行メールで返事をしてみました。
もし、お仕事ならば、直ぐに返事が来るはずだと、未だに返事がありません。

「ひょっとして」と思って、真剣に返事を書いてみたのですが、でも、やっぱり不思議なメールです。
そう、はるかのメールアドレスを知った場所が書いていないこと、私の性を知らないこと、
もう一度、オトナの遊び友達の意味を、考えてみれば、一つの広告なのでしょうね、
具体的な話って、金銭的なことなのでしょうか。日本語って、シミジミ奥が深いと思います。

PS
出会い系で気になっていた人すべてから直アドへの返事がありません。
想定内のことですが、やっぱり残念です。
コメント

再び、出会い系のサイトについて、

2005年05月21日 | つぶやき
懲りもせずに、出会い系のサイトを彷徨っています。

気が着いたことは、
送られてくるメールの殆どが、プロフィールとかアピールに書いたことにはまったく関係の無い内容で、
セックスアピール(身体的、年齢的)なものだけが記されているメールやら。
あたかもセックスが出来るようなイメージを持ってしまいようなもの、
アダルトビデオのタイトルや台詞でしか見られないようなものまで、様々です。

最初に登録した時、
登録完了後、最初に送られて来たメールに返事を送ってしまいました、すると、直ぐに返事が、
これは、最初からラッキーかなと思って、
チャットのようなメールのやり取りをしていると、30分も掛からずに、
無料ポイントを使い果たしてしまいました。
見事に運営者の運営方針に嵌ってしまったようです。
ポイントを追加して買わなかったので、彼らの思惑通りではなかったのですが、
そんなテンポの良い会話に釣られて、ポイントを買ってしまう人も、多いのではと思っています。
そう、メールの返事があまりに早いのは、ちょっと疑った方が良いと思います。
確かに、相手の方が携帯からアクセスしているのなら、別に疑う必要もないかもしれないのですが、
少し奇異な感じがします。

真剣に、自分の思っている相手を探して、出会い系のサイトに出入りするのだと思います。
私だって、同じです。
だから、直メールのアドレスや、このブログのアドレスをお知らせしたわけで、
一回のメッセージや、無料期間の中で、伝えられないような私の思いや、
プロフィールがここにあるからです。
もちろん、ポイントを追加すれば、話は早いのですが、ポイントを追加できない場所にいます。
カードを使えば可能ですが、そこまで、出会い系のサイトを信用していません。

PCならば、YahooとかGOOとかで、メールアドレスをとって、自分を隠して、メールの交換が出来ます。
携帯のメールには、そんなサービスはあるのでしょうか。
それとも、そんな必要が無いほど、個人情報が守られているのでしょうか。

何人かの方には、メールアドレスを送っています。このブログも見てくれたかもしれません。
明日にでも会いたいというメールの返事が無いのは、次のメールのタイトルにような、
直ぐにお会いするこを躊躇っているのも一つの理由なのですが、
単に、ポイントが無くなってメールが送れなくなっているからです。

「いきなり会うのって少し怖いの、でもね、はるかも、あなたの事すごく気になるよ! 」
コメント

カミングアウト

2005年05月15日 | 女装
マゾで、女装レズのネコ役で、「はるか」という名前があること、
SMという性的志向、はるかというセクシャリティー。
その二つとも、異常性愛として分類されてしまう今、
このことを、カミングアウトすることは出来そうにありません。

肉体は、ミトコンドリアや螺旋状のDNAを次の世代に受け継ぐただの箱舟。
新しい箱舟に乗った荷物を次の箱舟に渡せるように守ることが、
私にとって、残された役割だと言っても過言ではないと思います。
既に、私の遺伝子を継ぐ者が生まれているので、
ある意味、生殖器官はその役目を終えたといっても良いのかもしれません。
遺伝子の研究によれば、環境に影響を受け、遺伝子変異するとあります、
つまり、生まれも育ちも未来に受け継がれていく遺伝子にとって大切ならば、
新しい環境に適応できる船を育てなければならない責務は残っています。
ここで、もう一度自分の気持ちに問い掛ける必要があります。
「その為に、私の体が男性の身体である必要はあるのか。」と。

残念ながら、SM、そして女装。
この二つの事実をカミングアウトし、その船を育む自信がありません。
そのことで、その船を失う事への不安が強くあります。
それに、それらが異常性愛とされ、世間から間違った印象をもたれていることが、
私の心を引き着けて止まないのかもしれません。
趣味として、堂々とSMを記し、ミドルネームのように、「はるか」と名乗った時、
ひょっとしたら、この世界に魅力を感じなくなるのかもしれません、
残されてものは、女の子でも、男の子でもない、私の体と、
何物にも興味を失った、抜け殻のような存在かもしれません。
それも、私にとっては、受け入れられない未来の話です。

参考文献
生まれ(遺伝子)が大切か育ち(環境)が大切なのかについて、
「やわらかな遺伝子――nature via nurture」
(マット・リドレー著、中村桂子・斉藤隆央訳、紀伊國屋書店)

コメント

大人の会話

2005年05月10日 | つぶやき
大人の男女の会話のなかで、お互いの家族の話題って微妙だと思うのは私だけでしょうか。
例えば、子供の話はしても、それ以外のことは持ち出さない雰囲気ってありませんか。
冗談や愚痴を言ったりするけれど、それを避けることってありませんか。
少なくとも、私にはありますし、私への想いを測る目安になるのではと考えています。

子供達のことは尋ねても、決して彼らの母については話そうともしなかった人。
私も、彼らの母についての話はしませんでした。
反対の立場だった時、私は彼女の家族のことは一切話題にしませんでした。

家庭を持てば、生活の中心が自分自身から家族へと変わります。
時々、特定の異性の前では、家庭を持っている人である前に、
純粋に男と女でいたい。そんな風に感じてしまいます。
そんな時、自分の生活の一番大きな部分を占めている、
家族の事が話題にふれないようにしてしまいます。
より深い男女の関係に発展するかどうかは、別の問題なのですが、
そうなりたいと思っている女の子の前では、
その話はしませんし、したくもありません。

コメント

下着女装での外出

2005年05月09日 | 女装
薄着になったこの時期、下着女装で外出するって、ちょっと躊躇ってしまいますが、
でも、一番好きな下着を身に着けて外出するって、とても素敵なものです。
やっぱり、私はBraが好き。

セーターやコートを着ているので、Braをしていても、目立ちません。
どんなに好きだといっても、さすがに夏のカジュアルな服装で、
それを身に付けることは出来ませんでした。
でも、考えてみれば、そんな薄手の服の時の方が、
想い、願っているBodyラインが綺麗に出るのです。

流行らないとの批判を受けながらも、シャツをチノパンの中に入れ、
シャツをできるだけBodyコンシャスにする。
鏡の中の私には、フルカップのBraの素敵な二つの膨らみが写っています。
濃紺の下着は、光の加減によっては、白のシャツの下に透け、
ストラップの金具がシャツの上に跡を残しています。

GW中の火曜日、人影の少ない電車の中では、それほど気にならなかったのですが、
日も高く昇り、人通りが多くなった時間に、そんな姿でいるのは、
想っていた以上に恥かしいもので、まるで羞恥プレイのようです。
女王様から命ぜられたのなら、もっと大胆になれたと想うのですが、
シャツの裾を出し、少しだらしなくシャツを着ることで、
そのシルエットを隠してしまいました。

それでも、ショウウインドウに写る私の胸は、
男の子の姿には似合わない、バストの膨らみが映し出されていました。

コメント

出会い系って

2005年05月08日 | つぶやき
最近出会い系のサイトに登録してみました。

プライベートで使える携帯電話が無い私にとって、
その番号とか、アドレスを登録しなければならないサイトは、もちろん、パスです。
「女王様にお会いしたい。」と書いているにもかかわらず、
女王様らしき人からの返信が無いばかりではなく、SMに興味がある人も皆無です。

まあ、さくらさんがほとんどで、お仕事での返事なのだから、
相手のメッセージなど読んでいないのが、普通なのでしょう。

お腹をすかせたマゾを釣るには、ちょっと甘いのじゃないかなって思っています。
そんなメールでも、ポイントを追加して買ってしまう人って多いのだろうな。
やっぱり、人と出会うって簡単ではないようです。

コメント (1)

ビキニゾーンの手入れとか、タックとか

2005年05月07日 | 女装
ショーツの上から、ペニクリちゃんの存在を愛でることもあります.
でも最近は、下着姿で鏡の前に立ったとき、それがとても気になって、
ビキニゾーンの処理も含めてそれを隠してしまえたらなって思っています。
それがタックと呼ばれている処理です。

参考にしているのは、
まずは、そのものずばり、「女の子の股間をつくる」
あみゅうさんのWEBの中の実験室です。ここには、それ以外にも、ダイエット、ホルモン、脱毛とかの話があります。

自分で挑戦する前に、その効果を見たいって人には、女装フェチWEBもお勧めです。
コメント