A Challenge To Fate

私の好きな一風変わった音楽を中心に徒然に綴ったページです。地下文化好きな方は見てやって下さいm(_ _)m  

【大盛況!感謝】【∵23∵盤魔殿 】 盤魔殿 Disque Daemonium 圓盤を廻す會Vol.23 2019/4/12(金) 幡ヶ谷FORESTLIMIT

2019年04月16日 01時26分18秒 | 素晴らしき変態音楽

 

【∵23∵盤魔殿

盤魔殿 Disque Daemonium 圓盤を廻す會Vol.23

Étoile d'argent Vingt trois

19:00 Open/Start

Charge 1,500 1drink

 

去る412日(金)に幡ヶ谷FORESTLIMITで開催された盤魔殿スペシャル【∵23∵盤魔殿 】は、DJバーでなく初のライヴハウスでの開催で、動員含め運営進行面でも不安があったが、蓋を開ければ盤魔殿史上最大の50人近い観客が集まり、大きな混乱も無く、大盛況のうちに終了した。スペシャルゲストのFloating Brothersをはじめライヴ出演者はそれぞれ唯一無二の異端パフォーマンスを展開し、レギュラーDJ陣は、これまで培った選盤の妙をここぞとばかリ競い合った。VJ Qliphoth a.k.a.宇田川岳夫がTouch Designerを駆使してクリエイトするフォトマティックショー(映像)が異教感を拡大する。
2周年を迎える次回以降の盤魔殿の新展開が期待される。

 

●DJ BattleDJ Vaby a.k.a.大場弘規 × DJ BEKATAROU a.k.a.伊藤元


 

盤魔殿レギュラーDJの中でもフレッシュな二人のバトルは、「23エニグマ」というオカルトなテーマに接近したダークでインダストリアルでアンビエントなナンバーの連続。フォレストリミットの暗黒面を開拓する畸形な音像に八方の壁から音の悪夢が忍び寄る気がした。

 

Setlist: DJ Vaby (V), DJ BEKATAROU (B)

1. Winterkälte / Rebound Effect (V)

2. 5IVE XIMES OF DUST / Computer Bank (B)

3. Seda E Marg / Our Empire (V)

4. Iannis Xenakis / Diamorphoses (B)

5. Converter / Conqueror (V)

6. Erkki Kurenniemi/Dimi-1 (B)

7. P·A·L / I.R.K. (V)

8. Zoviet France / Cad Goddeau (B)

9. Hypnoskull / No Chance Left (Rmx) (V)

10. Ralph Lundsten / Bön 6 - Inled Oss Icke I Frestelse (B)

11. Id Molotov / Acid Mouse (V)

12. Giselher Klebe / Interferenzen (B)

13. Sonar / Shotgun Radio (V)

 



 

鬼籍


 

鬼籍は2012年、Nadiffでのイベントで松岡友のプレゼンテーションのバックでのノイズ演奏から始まったというオカルトノイズバンド。それ以来共演者を含め様々なメンバーが参加し7年間活動して来た彼らの解散ライヴ。裸体の松岡の詔と舞いにトライバルな即興ノイズ、お札を観客の額に張るパフォーマンス。盤魔殿スペシャルに相応しい呪術空間が出現した。

 

恵比寿 松岡友 / 弁財天 Yoshitaka S.T. / 寿老人 20m61 / 大黒天 平林幸壽 / 毘沙門天 hacha / 布袋 小松成彰 / 福禄寿 Ryo Yamada

 

七福神 鬼籍


 

 

●DJ Paimon a.k.a. Moppy


 

日本地下音楽とトルコ/中近東音楽の両方に造詣の深いDJ Paimon、この日はJAPUNDEGROUNDの秘技皆伝。日本発信でありながら、Paimonの手にかかると異端亜熱帯のエスノミュージックに聴こえてくるのが盤魔殿エニグマのパワーである。

 

Setlist

1. 岩田侑三 - The Moth Daedalus

2. The Gurdjieff - oratorio

3. Jun Konagaya - Time of Ruin

4. Chen Yi - Stand Up

5. 浅川マキ - 夢なら

5. 4-D - 春嵐

6. Ami Shavit - Yom Kippur, Part Two


 

 

●Floating Brothers


 

東京リチュアル主催、現代魔術研究、翻訳家バンギ・アブドゥルとキングコング・ジャパン/エレファントノイズカシマシの小松成彰による正統派リチュアルドローンユニットのデビューステージ。鮮烈なヴィジュアル映像照明の中、浮遊する音の波が精神を夢遊状態に導いた。

 

Floating Brothers=バンギ・アブドゥル(東京リチュアル)+小松成彰(キングコングジャパン、エレファント・ノイズ・カシマシ)

 

Floating Brothers Live In Tokyo


 

 

●DJ Necronomicon a.k.a.剛田武+ 橋本孝之(.es)


 

かつて盤魔殿で一度コラボしたDJ+アルトサックスデュオ再演。DJ Necronomiconがイギリスで採取したフィールドレコーディング音源が効果的に使われ、拉致されたヴァーチャル世界旅行者の物語を演じているようだ。ノイズドールとTGブッダマシーンをマニュアルで鳴らすDJに対して不動のままでフリーキートーンを吐き出すサックスの鋭い輝きに目がくらんだ。

 

DJ Necronomicon

Disques/音源

-Field Recording London Birmingham March 18-22, 2019

-NECRONOMIDOL / SARNATH

-カールハインツ・シュトックハウゼン / 若人の歌

-THE HATERS / LIMITED EDITION No.07, 13, 14, 15

-人類ついに月に立つ〜アポロ11号からのメッセージ

-Pierre Henry / La Noire A Soixante

-Pierre Henry / Entite

-Ryosuke Kiyasu / Ritual Offering

-Asmus Tietchens / LEUCHTIDIOTEN

-Olivier Messiaen / L'Ascension

 


 

Equipments/機材

-Les Belles Noiseuses

-Gristleism

-StompLab IG

 


 

橋本孝之

Alto Saxophone

 

DJ Necronomicon + 橋本孝之(.es) Live at FORESTLIMIT


 

 

持田


 

ノイズ/インダストリアルミュージック界にこの人有りと呼ばれるDJ Athmodeusこと持田保が自作のポエトリーリーディングを披露。彼の慈愛に満ちた視点がまっすぐに伝わる人間解放宣言で【∵23∵盤魔殿 】のマジカルな夜を締めくくった。

 

持田 保「国鉄少年」LIve at FORESTLIMIT


 

唯一の失態はフリーZINE「盤魔殿アマルガム」の用意が足りず早々にソールドアウトしてしまったこと。

当日受け取れなかった方、その他興味のある方は以下リンク先GigaFileでダウンロードできます。

GIGAFILE


 

紙版が欲しい方は次回盤魔殿にお越しいただくか、Twitter @mirokristel をフォローの上ダイレクトメッセージでご連絡ください。

 

盤魔殿

3年目の浮気

楽しもう

 

【次回開催】

盤魔殿 Disque Daemonium 圓盤を廻す會Vol.24

Début de l'été d'herbe jeune

 

2019年5月25日(土)

渋谷DJ BAR EdgeEnd

19:00 Open/Start

Charge 1,000 incl.1drink

盤魔殿 Regular DJ All stars

+Secret Guest
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【灰野敬二 THIS WEEK】荻窪C... | トップ | 【プレイリスト公開】4/17水 ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
叡智ある戯画 (haragaki)
2019-04-19 21:13:50
私、動画にチラッと映ってるんですが、照明が暗すぎてギーガーの画集が全然見えず、なんか遺影を持って立ってる人みたいになってますね(笑)。まあ、それはそれで、<ネクロノミコン>という名にふさわしいような気もしますが・・。

ともあれ、楽しい時間をありがとうございました!
明日もよろしくお願いします。

コメントを投稿

素晴らしき変態音楽」カテゴリの最新記事