Sightsong

自縄自縛日記

寺井尚之『Dalarna』

2017-05-28 23:23:39 | アヴァンギャルド・ジャズ

寺井尚之『Dalarna』(Overseas、1995年)を聴く。

Hisayuki Terai 寺井尚之 (p)
Masahiro Munetake 宗竹正浩 (b)
Tatsuto Kawahara 河原達人 (ds)

トミー・フラナガンの弟子筋にあたることで有名な寺井氏だが、実は、こうしてプレイを聴くのははじめてだ。

流麗で澄んだ水のようなピアノは、確かに、トミフラを思わせる。しかし独特な雰囲気のほうがまさっている。こうしてトミフラやバド・パウエルの曲を見事にスイングする演奏をなんども繰り返して聴いていると、ピアノトリオが多くの人に好まれるのにはわけがあるのだなと感じてしまう。

こんど大阪に行くことがあれば、Overseasで寺井さんを聴こう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”今井和雄/the seasons ill” 発売記念 アルバム未使用音源を大音量で聴くイベント・ライブ&トーク@両国RRR

2017-05-28 21:43:33 | アヴァンギャルド・ジャズ

両国のRRRにはじめて足を運んだ(2017/5/28)。今井和雄『the seasons ill』の発売を記念して、結果的に採用されなかった音源を聴き、今井さんのソロライヴを観て、さらにはトークという、盛り沢山の企画。

■ 今井和雄ソロライヴ

今井和雄 (g)

ガットギターによる1時間弱のソロ演奏。以前に今井さん、齋藤徹さんがガット弦を使ったとき(広瀬淳二+今井和雄+齋藤徹+ジャック・ディミエール@Ftarri)、大きな音も出す広瀬淳二さんが大変だと苦笑していたことがあった。だが、今回は静かで狭い空間での完全ソロ、バランスのことなど考えず集中して聴くことができる。

最初は金属板を弦の内側に挿み、最後は口にくわえた鎖を垂らして弦に絡ませた。プリペアドの効果と、ガット弦そのものの軋みとが縦軸、高速でのフレージングとクラスター生成とが横軸。静かな感覚もあった。

■ 採用されなかった音源の爆音再生

『the seasons ill』には2016年4月7日@新大久保アースダムと9月25日落合Soupの演奏が収録されている。これらを含め多くの今井さんの演奏を録音した松岡真吾さんによれば、没になった音源も共有する価値が大きいものだという。この日選ばれた音源は、同年の1月27日@新大久保アースダムと7月6日@上野ストアハウス。それぞれ30分程の演奏である。

爆音再生とはこのことだ。鼓膜も手に持った紙もびりびりと震える。爆音であるために細かなニュアンスも聴こえてくる。そして文字通り圧倒的。今井和雄のギタープレイとディレイにより生成された音に耳をゆだねていると、ふっと朦朧とする時間が訪れ、気が付くと目の前のスピーカーが地球と月に見えていた。

『the seasons ill』もこのような爆音で聴きたいものである。

■ トーク

doubtmusicの沼田順社長が引き出し役・刺激剤となってのトーク。興味深いことを聴くことができた。

●この一連のディレイ演奏では、今井さんは、音楽よりも音響を追究している。
●今井さんはギターのつもりで弾いているのではなく、フレーズよりも音の塊がどう動いていくかという捉え方である。
●意図的に演奏しているものではあるが、その一方、図らずも出てしまった音も、自らがごくわずかの過去に出した音も含まれており、結果として、ある程度は意図せざるサウンドとなる。リアルな音の流れとは何か、わからなくなってもくる。
●音楽評論とは。
●ノイズとは。
●ノン・イディオマティック・アプローチにより、ノン・イディオムというイディオムになってしまうのだという言説がある。しかし、ことはそう簡単ではないのではないか。つかまるものがないと心もとないものだ。一方、フリージャズにはある種のフォームやテーマがあり、曲として成り立つようになっている。

―――など。この中には大事なキーがたくさんある。

●今井和雄
第三回天下一Buzz音会 -披露”演”- @大久保ひかりのうま(2017年)
齋藤徹+今井和雄@稲毛Candy(2017年)
今井和雄『the seasons ill』(2016年)
Sound Live Tokyo 2016 マージナル・コンソート(JazzTokyo)(2016年)
広瀬淳二+今井和雄+齋藤徹+ジャック・ディミエール@Ftarri(2016年)
坂田明+今井和雄+瀬尾高志@Bar Isshee(2016年)
齋藤徹+かみむら泰一、+喜多直毅、+矢萩竜太郎(JazzTokyo)(2015-16年)
今井和雄 デレク・ベイリーを語る@sound cafe dzumi(2015年)
今井和雄、2009年5月、入谷
齋藤徹+今井和雄『ORBIT ZERO』(2009年)
バール・フィリップス@歌舞伎町ナルシス(2012年)(今井和雄とのデュオ盤)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大工哲弘@みやら製麺

2017-05-28 12:23:19 | 沖縄

神田小川町のみやら製麺には、職場から近いこともあって、ときどき沖縄そばやチャンプルーの定食を食べに行っている。そこになんと、八重山民謡の巨匠・大工哲弘さんが来るという。CD10枚組(!)の『八重山歌謡全集』を出したばかりであり、記念ライヴということだった。主催はそのオフノート/アカバナーの神谷一義さんと、音楽評論家・プロデューサーの藤田正さん。もちろん駆けつけないわけにはいかない。

大工哲弘さんの演奏を生で観るのは、板橋文夫さんとの共演を新宿ピットインで観て以来、20年ぶりくらいではなかろうか。

この日は八重山の唄ばかりを取り上げるという変わった趣向であり、大工さんが、笛と太鼓のふたりとともに、唄い、爆笑トークを繰り広げた。店内は身動きできないほどの人で一杯。

「新ションカネー」、「与那国の猫小」、「いやり節」、「崎山節」、「ヒヤミカチ節」、「黒島口説」、「トゥバラーマ」。大工さんご自身が入力したというプリントを見ながら観客も唄い、「ゆんた・しょうら」、「こいなユンタ」、「まやーゆんた」、「安里屋ゆんた」。照屋林助の「あやかり節」。山之口貘/高田渡の「生活の柄」。最後は椅子を撤去して、「鳩間の港」などを唄いながら皆がカチャーシー。

鼻にかかったような大工さんの声は、張りもあって、独特で素晴らしいとしか言いようがない。間近で聴けて幸福だった。

大工さんのお話はどれも面白かったのだが、なかでも笑ったのは嘉手苅林昌のエピソード。一緒に与那国に向かう船の中で酒を飲み続ける林昌さん。「どれくらいお酒を飲んだんですか」「一升瓶を横にしてもこぼれないくらい」。

また、八重山の唄は、虐げられた者たちのブルースであり、唄の半分に「うりずん」(陽春)と出てくるのはその裏返しなのだと、大工さんは言った。

終わってから、神谷さんたちと飲みながら、貴重な話をいろいろ聞かせていただいた。竹中労を送る会がきっかけとなって、大工さんとのお付き合いがはじまったのだということ。川下直広さんの新しい演歌集のこと。原田依幸さんのかつての「KAIBUTSU LIVES!」のこと。昨年の「生活向上委員会」のこと。

Fuji X-E2、XF35mmF1.4、XF60mmF2.4

●参照
板橋文夫『うちちゅーめー お月さま』(1997年)
大工哲弘『八重山民謡集』(1970年代?)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かみむら泰一session@喫茶茶会記

2017-05-27 14:36:25 | アヴァンギャルド・ジャズ

四谷三丁目の喫茶茶会記に足を運び、かみむら泰一session(2017/5/26)。この日は喫茶茶会記の開店から10年。

Taiichi Kamimura かみむら泰一 (ts, ss)
Toshiki Nagata 永田利樹 (b)
Yoshinori Shiraishi 白石美徳 (ds)

かみむら泰一さんのテナーは実に独特な「吹かない」テナー。なんだか次第に過激さを増してきているような気がする。息を吹き込んで管を鳴らし切るのではなく、周囲の空気と溶け合うサウンドである。ソロが終わっても微妙に音を出し続けており、空気がサウンドと同義語となる。ちょうど風を顔で感じるときに、実際には空気を構成する分子や微粒子が肌に当たって感覚が生起するように、かみむらさんのテナーもまた最小単位で妙なるものを創り出している。ソプラノにはまた違った印象があって、それも面白い。

永田さんのベースが中音域でその空気に振動を与え、紙の上の砂のように、サウンドが絵になってゆく。そしてさらに面白いことに、白石さんのドラムスはやはり叩きすぎず、スティックやブラシの重力にまかせるようにして、ナチュラルな音を発した。

演奏した曲は、オリジナル(ほとんど水墨画的なものもあった)の他に、「Body and Soul」、「Stablemates」、「Everything Happens to Me」といったスタンダード、デューイ・レッドマンの「Love Is」。ソプラノでバディ・ボールデンの曲も吹いた。終わった後に、「Stablemates」はレッドマンの『In London』に、また「Everything Happens to Me」はレッドマンが参加したエド・ブラックウェルの『Walls/Bridges』に収録されているが、それを意識しているのだろうかと尋ねたところ、そうだ、と。やはりかみむらさんのサックスにはデューイ・レッドマンに通じる魅力がある。

Fuji X-E2、XF35mmF1.4

●かみむら泰一
齋藤徹 plays JAZZ@横濱エアジン(JazzTokyo)(2017年)
かみむら泰一+齋藤徹@キッド・アイラック・アート・ホール(2016年)
齋藤徹+かみむら泰一、+喜多直毅、+矢萩竜太郎(JazzTokyo)(2015-16年)
かみむら泰一『A Girl From Mexico』(2004年)

●永田利樹
フェローン・アクラフ、Pentax 43mmF1.9(2004年)

●白石美徳
照内央晴「九月に~即興演奏とダンスの夜 茶会記篇」@喫茶茶会記(JazzTokyo)(2016年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kiyasu Orchestra Concert@阿佐ヶ谷天

2017-05-26 07:08:15 | アヴァンギャルド・ジャズ

2017年5月25日、阿佐ヶ谷天。

■ Kiyasu Orchestra
ANIKI Tomonori (tp)
tsubatics (b)
Koichi Kidoura (g)
Ryosuke Kiyasu (ds)

不失者のドラマーでもあるRyosuke Kiyasuによるカルテット。というと収まりがいいようだが、この爆音。tsubaticsのベースのフレージングと熱さに魅せられた。どどどどどと攻めるドラムス。

■ ヒグチケイコ+TOMO
ヒグチケイコ(voice, ds)
TOMO (hurdy gurdy)

ハーディ・ガーディーはハンドルを手で回して駆動する楽器であり、ヨーロッパの楽器でありながら、ピッチが微妙に変わるドローンがアジア的な河の流れとなって脳を麻痺させる。そしてヒグチさんのヴォイスが何重にも重ね合わされ、たゆたい、空中の異世界を創出した。

■ Ghost Bastards
Cal Lyall (banjo)
Darren Moore (ds)

俺たちはゴーストバスターズだなんて言って会場爆笑。カル・ライアル、ダレン・ムーアともに、楽器に働きかけたあとの残響を積み上げてゆくサウンドを創り出し、自分たちがゴーストと化していた。

■ Mette Rasmussen + Joke Lanz + Ryosuke Kiyasu
Mette Rasmussen (as)
Joke Lanz (turntable)
Ryosuke Kiyasu (ds)

来日してから4度目のメテ・ラスムセン。石森管楽器にサックスのメンテに行くとの話だったのでどうだったかと訊いてみると、いや行かなかった、新宿でレコードを買っちゃったと舌を出して苦笑。なんと阿部薫、マリオン・ブラウン、ジャッキー・マクリーン、オーネット・コールマンの4枚だそうである。

しかし演奏が始まると可愛さが強面に豹変。何しろ横にはKiyasuさんのドラムス。2日後に共演する人が観る前で、ひたすら轟音でぶっ飛ばす、ぶっ飛ばす。大きなアクションで音色を変えまくるのはメテさんのスタイルだが、室内の端から端まで突然吹きながらかつかつと往復したのには仰天してしまった。そしてジョーク・ランツのターンテーブルが憑依したようなサックス音もあった。見事。 

Fuji X-E2、XF35mmF1.4、XF60mmF2.4

●ヒグチケイコ
第三回天下一Buzz音会 -披露”演”- @大久保ひかりのうま(2017年)

●メテ・ラスムセン
メテ・ラスムセン@妙善寺(2017年)
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ@Candy、スーパーデラックス(2017年)
ドレ・ホチェヴァー『Transcendental Within the Sphere of Indivisible Remainder』(JazzTokyo)(2016年)
シルヴァ+ラスムセン+ソルベルグ『Free Electric Band』(2014年)
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ『All the Ghosts at Once』(JazzTokyo)
(2013年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジョン・エドワーズ+オッキュン・リー『White Cable Black Wires』

2017-05-25 07:30:17 | アヴァンギャルド・ジャズ

ジョン・エドワーズ+オッキュン・リー『White Cable Black Wires』(Fataka、2011年)を聴く。

John Edwards (b)
Okkyung Lee (cello)

先日のジョン・エドワーズの演奏(ユリエ・ケア3、リーマ@スーパーデラックス)に文字通り驚愕し、物販で本盤を入手したのだったが、やはり異常な強度である。おそらくはわたしが触ってもびくともしないであろう、凄まじい強さで張られた弦を、エドワーズは自在に持ち上げ、インプロを繰り広げる。この響きと軋みが隠しようもない強度そのものが音楽となっている。gaiamamooの原口承悟さんがエドワーズの手を触ったところ、岩のようだったという。

一方のオッキュン・リーの唯我独尊にも思えるチェロの奔流。しかしそれは開かれているのであって、エドワーズのコントラバスとの交錯にはエロチックなものさえ感じられる。

つまり、なまやさしさが皆無なのである。

●ジョン・エドワーズ
ユリエ・ケア3、リーマ@スーパーデラックス(2017年)
エヴァン・パーカー+ジョン・エドワーズ+クリス・コルサーノ『The Hurrah』
(2014年)
パウル・ローフェンス+パウル・フブヴェーバー+ジョン・エドワーズ『PAPAJO』(2002年)

●オッキュン・リー
オッキュン・リー+ビル・オーカット『Live at Cafe Oto』(2015年)
エヴァン・パーカー ElectroAcoustic Septet『Seven』(2014年)
アクセル・ドゥナー+オッキュン・リー+アキム・カウフマン『Precipitates』(2011、13年)
エヴァン・パーカー+オッキュン・リー+ピーター・エヴァンス『The Bleeding Edge』(2010年)
オッキュン・リー+ピーター・エヴァンス+スティーヴ・ベレスフォード『Check for Monsters』(2008年)
オッキュン・リーのTzadik盤2枚(2005、11年) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メテ・ラスムセン@妙善寺

2017-05-23 08:09:04 | アヴァンギャルド・ジャズ

西麻布の妙善寺さんのお堂をお借りして、メテ・ラスムセンのソロライヴ(2017/5/22)。

Mette Rasmussen (as)

Fuji X-E2、XF35mmF1.4、XF60mmF2.4

●メテ・ラスムセン
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ@Candy、スーパーデラックス(2017年)
ドレ・ホチェヴァー『Transcendental Within the Sphere of Indivisible Remainder』(JazzTokyo)(2016年)
シルヴァ+ラスムセン+ソルベルグ『Free Electric Band』(2014年)
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ『All the Ghosts at Once』(JazzTokyo)
(2013年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川島誠+西沢直人『浜千鳥』

2017-05-21 09:45:30 | アヴァンギャルド・ジャズ

川島誠+西沢直人『浜千鳥』(Homosacer Records、-2016年)を聴く。

Makoto Kawashima 川島誠 (as)
Naoto Nishizawa 西沢直人 (perc)

ワビサビとか枯淡とか言うのは容易だが、それは結果である。それに、枯淡と言うよりも身体を反転させた生の感覚がある。

川島誠のアルトは思索するように、間を置いて、微風でも揺れ動きながら、ときに弱弱しく音を発する。ときに田舎の忘れ去りたい音風景でもある。内面への旅というのか、記憶の深奥へと降りていって、何かの残滓を拾い集めてきては、身体の外に出すこと。それを感知しながら西沢直人のパーカッションが音風景に響きを重ね合わせてゆく。

これはそうしたきびしい過程の一断面なのではないか。

●川島誠
川島誠『HOMOSACER』(-2015年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ@Candy、スーパーデラックス

2017-05-21 07:49:58 | アヴァンギャルド・ジャズ

メテ・ラスムセン待望の初来日。これも、日本・デンマーク外交150年を記念した「OPPOSITE」イベントがあってのことである。

■ Candy(2017/5/16)

Mette Rasmussen (as)
Chris Corsano (ds)

クリス・コルサーノは溜息をもらしてしまうほどのスピードをいかんなく発揮した。メテ・ラスムセンはさまざまに音風景を変えながら、身体のダイナミックな動きをフル活用した表現をみせた。実は冗談抜きで素晴らしかったのである。詳細後日。

■ スーパーデラックス(2017/5/20)

Mette Rasmussen (as)
Chris Corsano (ds)
Jim O'Rourke (g)
Akira Sakata 坂田明 (as, cl, vo)

Candyでのデュオにおいては、ふたりとも実に大きなポテンシャルをさまざまな表現の形で垣間見せてくれた。しかしこの日は様子が異なった。

何しろメテさんの横には坂田さんがいて、いつもの調子で飛ばしまくる。メテさんは最初は様子を探る感じで吹いていたのだが、マウスピースをラバーからメタルに取り換えてから明らかに潮目が変わった。とにかく振り落とされず演奏を前へ前へと主導しなければならぬ、そのためのパワープレイだった。貫通する轟音、多彩な音、ダイナミックな動き、それはやはり圧倒的なのだった。

クリス・コルサーノもここではまるでフリージャズのドラマー。繊細な表現手段を開陳するフィールドではなく、やはりパワープレイ。後半なんてほとんどエルヴィン・ジョーンズかというくらいの叩きっぷりであり、後頭部が熱くなった。

それでも、全部4人でやるよりは、当初予定通りにデュオの部をいれたほうが良かった。素晴らしくても「全部があの感じ」になってしまうから。

●メテ・ラスムセン
ドレ・ホチェヴァー『Transcendental Within the Sphere of Indivisible Remainder』(JazzTokyo)(2016年)
シルヴァ+ラスムセン+ソルベルグ『Free Electric Band』(2014年)
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ『All the Ghosts at Once』(JazzTokyo)
(2013年)

●クリス・コルサーノ
クリス・コルサーノ、石橋英子+ダーリン・グレイ@Lady Jane(2015年)
コルサーノ+クルボアジェ+ウーリー『Salt Talk』(2015年)
アイスピック『Amaranth』(2014年)
エヴァン・パーカー+ジョン・エドワーズ+クリス・コルサーノ『The Hurrah』(2014年)
メテ・ラスムセン+クリス・コルサーノ『All the Ghosts at Once』(2013年)
ネイト・ウーリー『Seven Storey Mountain III and IV』(2011、13年)
ネイト・ウーリー+ウーゴ・アントゥネス+ジョルジュ・ケイジョ+マリオ・コスタ+クリス・コルサーノ『Purple Patio』(2012年)
ロドリゴ・アマド『This Is Our Language』(2012年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リチャード・グルーヴ・ホルムズ『Spicy』

2017-05-20 14:23:42 | アヴァンギャルド・ジャズ

リチャード・グルーヴ・ホルムズ『Spicy』(Prestige、-1967年)を聴く。LPオリジナル盤。

Richard "Groove" Holmes (org)
Gene Edwards (g)
"Boogaloo" Joe Jones (g)
Richard Landrum (conga)
George Randall (ds)

多くの人が愛しているに違いないリチャード・グルーヴ・ホルムズ節。イケイケでオルガンの和音を、一、二の三と重ねてゆき、高みに持ち上げたかと思えば潔くリリースして、また旋律を弾きまくっている。しかも、「A Day in the Life of a Fool」(=カーニバルの朝、黒いオルフェ)、「Work Song」、「When Lights Are Low」、「Old Folks」といった有名曲の数々もすべて独自サウンドに塗り替えられている。いやー、イイなあ。

ここでブーガルー・ジョー・ジョーンズが登場するのだが、まだ実は「Boogaloo」の綽名は付いていない。当時のライナーには「ドラマーではない」と書かれていたりする新人なのだった。まだ個性むんむんではないが、やはりかれの太いギターの音。

●ブーガルー・ジョー・ジョーンズ
ブーガルー・ジョー・ジョーンズ『What It Is』(1971年)
ブーガルー・ジョー・ジョーンズ『Right on Brother』
(1970年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユリエ・ケア3、リーマ@スーパーデラックス

2017-05-20 08:20:57 | アヴァンギャルド・ジャズ

デンマークとの国交150年を記念した音楽イヴェント「OPPOSITE 2017」。終盤になってようやく足を運んだ。

■ ユリエ・ケア3

Julie Kjær 3:
Julie Kjær (as, fl)
John Edwards (b)
Steve Noble (ds)

闊達なユリエ・ケアのアルトも、シンプルな形で攻めるスティーヴ・ノブルのドラムスも良いのだが、サウンドの主役はとにかくジョン・エドワーズである。弦を凄いテンションで張っているのだろうか、剛のコントラバスをたいへんな力とスピードで操っている。そのビチビチの弦からはまるでオルゴールのような音さえも聴こえた。笑ってしまうほど予想を遥かに凌駕する驚愕の演奏(いやホント)。

■ リーマ

Liima:
Tatu Rönkkö (mpc sampler, perc) (FIN)
Mads Brauer (elec, syn)
Casper Clausen (vo, syn)
Rasmus Stolberg (b, syn)

快適なエレポップ。観客が何人もクラゲのように踊っていた。

●ジョン・エドワーズ
エヴァン・パーカー+ジョン・エドワーズ+クリス・コルサーノ『The Hurrah』(2014年)
パウル・ローフェンス+パウル・フブヴェーバー+ジョン・エドワーズ『PAPAJO』(2002年)

●スティーヴ・ノブル
ジョン・ダイクマン+スティーヴ・ノブル+ダーク・シリーズ『Obscure Fluctuations』(2015年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高見勝利『憲法改正とは何だろうか』

2017-05-18 23:49:43 | 政治

高見勝利『憲法改正とは何だろうか』(岩波新書、2017年)を読む。

日本国憲法を改正するためには、衆参各院で議員の3分の2、その後に国民投票に持ち込んで過半数の賛成を必要とする(第96条)。政権与党の力が歪に強くなっている今、ここぞとばかりに憲法改正の動きが再燃しているわけだが、このプロセスが高いハードルであることは間違いない。

そう簡単には改正などできないことに関しては長い議論や模索があって、法と主権者との関係や統治のあり方についての考え方によって、憲法の位置づけも変わってきた。日本国憲法の制定においても紆余曲折があった。しかし、立憲主義の憲法は通常の法とは異なり、憲法の自殺行為とも言うべき根本原則の変更には大きな制約が課せられる。

その観点から、著者は、自民党の「日本国憲法改正草案」(2012年)に強い危惧を抱いている。例えば、第13条の「個人」を「人」に言い換えることを、前近代の社会的圧力により自我が抑圧された時代に戻すものとする。もちろんそれだけではない。根本には、権力分立原理が欠如しており、また、「憲法が権力を縛る」ことも否定する考え方がある。著者は、それを権力の濫用だとみなす。そしてまた、憲法改正自体が自己目的化しているのだと指摘する。

「このような「憲法改正」それ自体を「選ばれし者」のいわば「召命」とする為政者が、いまわが国を支配しているのである。改正内容、改正がもたらす「結果」をなんら顧慮しない危険きわまりない改憲論者である。」

●参照
古関彰一『平和憲法の深層』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノア・ハワード『Live at Documenta IX』

2017-05-18 00:20:38 | アヴァンギャルド・ジャズ

ノア・ハワード『Live at Documenta IX』(Megadisc、1992年)を聴く。

Noah Howard (as, ts, vo)
Michael Joseph Smith (p, key)
Jack Gregg (b)
Chris Henderson (ds)

何か褒めようと思っても何も出てこない。サックスの音はときにペラペラだったりするし、フレージングはワンパターンだし、新鮮な展開なんてまるでないし。すごくダサいところも多いし。敢えて言えば、それゆえの哀切な切迫感とか悲壮感とか。

それでも今日も今後もわたしはノア・ハワードを聴くのだ。

●ノア・ハワード
ノア・ハワード『Live at the Swing Club』
(1974年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山崎比呂志 4 Spirits@新宿ピットイン

2017-05-16 00:29:38 | アヴァンギャルド・ジャズ

新宿ピットインにて、山崎比呂志 4 Spirits(2017/5/15)。前々から楽しみにしていたし、このグループでテナーを吹くレイモンド・マクモーリンからも来るのかとのメッセージ、仕事でへろへろに疲れていたが駆けつけないわけにはいかぬ。

Hiroshi Yamazaki 山崎比呂志 (ds)
Raymond McMorrin (ts)
Naoki Kosaka 小坂直輝 (p)
Yutaka Kaido カイドーユタカ (b)

ファーストセット。まずはテナーのイントロから全員の音空間を探るように「I Hear a Rhapsody」。決して時空間を塗りつぶそうとはせず、むしろ、隙間が多いサウンドが新鮮である。「All Blues」、マイルス・デイヴィスのスマートな演奏とは異なり臭いブルースが良い。派手なテナーのカデンツァ、「The Shadow of Your Smile」も思わせたが全員のテーマに入ると「Body and Soul」であるとわかる。そして走る「Take the Coltrane」、小坂さんのピアノが見事。

セカンドセット。「All the Things You Are」では、テナーのイントロにピアノが丁寧に合わせてゆく。「In a Sentimental Mood」を経て、レイのオリジナル「Spiritual Journey」、ここにきて山崎さんがエンジンをふかしまくる。アンコールに応えて「Mr. P.C.」。

山崎さんのドラムスの音数は決して多くない。剛腕でも超高速でもない。音響系なんぞでもない。しかし、実に味があるのだ。シンバルの音なんて七色である。かつて大下剛史は、先発から外され不遇のときを過ごしていたジャイアンツの桑田真澄のことを、言わざるを得ないように、味のあるピッチャーだ、勿体ない、と繰り返した。

●レイモンド・マクモーリン
レイモンド・マクモーリン@Body & Soul(JazzTokyo)(2016年)
レイモンド・マクモーリン@h.s.trash(2015年)
レイモンド・マクモーリン『RayMack』、ジョシュ・エヴァンス『Portrait』(2011、12年)

●カイドーユタカ
本多滋世@阿佐ヶ谷天(2016年)
AAS@なってるハウス(2016年)
旧橋壮カルテット@新宿ピットイン(2014年)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徳永将豪+中村ゆい+浦裕幸@Ftarri

2017-05-15 07:39:57 | アヴァンギャルド・ジャズ

水道橋のFtarri(2017/5/14)。

徳永将豪 (as)
中村ゆい (voice)
浦裕幸 (recording, composition)

ファーストセット、中村ゆいソロ。真っ暗にした空間で声が生起する。じっと目を凝らしていると姿がおぼろげに視えてくる。聴覚も同様に、センサーを集中させることによって知覚することがわかる。

セカンドセット、徳永将豪ソロ。アルトによって十秒くらいの音が発せられ、待機し、また発せられる。出されてしまった音と、出している音とのせめぎ合い。周波数を収斂させ、持続させ、複数のそれによりうなりを生成させる、その欲望と抑制。増幅過程の可聴化。

サードセット、デュオ。ふたりの手元には数十葉のA5用紙が重ねてあり、それらの真ん中には何かのワードが書かれている。それを順番にめくっては、ワードを視て、即興を行う。そのような作曲であるようだった。これもまた過程の意味を問い直すものに思えた。

さらに終了後、徳永さんの15分か20分くらいの録音を2本。音の選択と増幅を体感すると、当方の脳のどこか特定部分が反応するようだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加