A Challenge To Fate

私の好きな一風変わった音楽を中心に徒然に綴ったページです。地下文化好きな方は見てやって下さいm(_ _)m  

男一匹激音主義

2005年07月31日 21時25分47秒 | 素晴らしき変態音楽
昨日、原宿REKIOというライヴハウスで「男一匹激音主義Vol.3」というイベントを観てきました。イベントタイトルから、男性ソロアーティストばっかり出演するのか、と思っていたら、ハードコア、プログレ、女性(MELT-BANANA)ありのユニークな組み合わせでした。
出演はGRAVITON、Ruins-alone、屍、ニンゲンカクセイキ、灰野敬二、MELT-BANANAの6組。REKIOはとても小さな会場で、窒息しそうなほどの動員でした。私は幸運にも2階席に座れゆったりと観られましたが。
Ruins-aloneはご存知吉田達也さんのRuinsです。現在ベーシスト不在のため、録音したベースに合わせての演奏でしたが、恐ろしいほどの切れ味で畳み掛ける変拍子にはただただ唖然。
ニンゲンカクセイキは昔の筋肉少女帯やイカ天バンドを思い出させるコミカルな演劇性を持ったハードコアバンドで面白かったです。
灰野さんは3台のアンプで轟音を鳴り響かせるギター演奏。最近には珍しくSGを使用。ニンゲンカクセイキの和みの雰囲気を急転直下、まさに激音のただならぬ気配で吹き飛ばします。
トリはMELT-BANANA。レコードは持っているのですが、ライヴを観るのは初めて。レコード通り短い変拍子ハードコアナンバーを連発。一曲終わるごとに「ど~もっ」と挨拶するvoのヤスコさんがとってもキュート。物販でTシャツとバッジを買いました。
MELT-BANANA HP

会場は?だったけどイベントは多彩でとても楽しめました。
コメント

The Starsと渚にてのライヴに行ったよ

2005年07月30日 13時19分13秒 | 素晴らしき変態音楽
初台ザ・ドアーズにてELECTRIFY SUMMER NITEというイベントがありました。出演はウルグアイロリコンズ、The Stars、渚にての3組(前座BGMとして生ギターの人も出ました)でした。ゆらゆら帝国のプロデューサー、石原洋さん率いる東京のThe Starsと大阪のベテラン音楽師、柴山伸二さん率いる渚にてが共演するのは初めてです。
The Starsはgの栗原ミチオさんが黒地に細かい白い模様のシャツを着ている以外は全身黒尽くめの衣装で登場。栗原さんのジョンシポリーナを思わせる痙攣ギター、ゆら帝の亀川千代さん(珍しくサングラスをしていませんでした)の地を這うようなへヴィーなベース、石原さんのファズギターとvoで、硬質なサイケデリックナンバーを聴かせます。演奏は完璧好みなのですが、個人的にはヴォーカルが弱い点が気になります。あと日本語のナンバーもあると嬉しいです。
さて1年ぶりの渚にて。今回はベースが田代さんに替わり、「ネオ」渚にてとしての登場です。ハイハットの強調された不安定な竹田雅子さんのドラムに、いつものアロハ姿の柴山さんが奇麗な音色のストラトギターとドリーミーなヴォーカルをたっぷり聴かせてくれました。半分以上が新曲でしたが、やはり後半「走る感じ」「花と同じ」「星星」といったおなじみの曲をやってくれると心が安らぎます。
硬派なサイケデリックのThe Starsとフォーキーポップな渚にて、タイプは違いますが、どちらも懐かしくて新しい日本のロックの求道者(?)といえるのではないでしょうか。そしてどちらもPEACE MUSICつながりです。すばらしいイベントでした。
コメント

魔法のスタジオPEACE MUSIC

2005年07月27日 23時11分52秒 | 素晴らしき変態音楽
ゆらゆら帝国のレコーディングで知られるスタジオ、PEACE MUSICは確か調布にあると思いましたが(違ってたらごめんなさい)、私の好きなバンドの多くがこのスタジオでレコーディングしていることに気がついたのですよ。ゆら帝はもちろん、渚にて、ママギタァ、5678's、The Stars、朝生愛...探せばもっとあるに違いありません。(多分)スタジオオーナーの中村宗一郎氏はエンジニア&キーボーディストとして、(多分)スタジオスーパーバイザーの石原洋氏はプロデューサー&The StarsのVo&Gとして上記のアーティストの作品に関わっています。
渚にてを聴くとわかるように、レトロな機材を使用しての斬新な音作りが特徴です。私はこのスタジオの作品に妙に人間的な暖かみを感じます。
あさっては初台ザ・ドアーズで渚にてとThe Starsの対バン・ライヴ。楽しみです。
ザ・ドアーズは天井が高い上に禁煙、かつドリンクが安い(¥400均一)のでお気に入りのライヴハウスです。PEACE MUSICサウンドが堪能できるに違いありません。
コメント

サザナミレーベルいいレーベル

2005年07月22日 23時30分41秒 | 素晴らしき変態音楽
チョコメイツのCDをリリースしたサザナミレーベルは、60年代に多くの海外楽曲に日本語詞をつけた作詞家、漣健児さんの名前にレーベル名が由来します。ベテランの60'S&GSグループ、ゴーグルエースが主催するレーベルのようで、いろいろと好事家には応えられない作品をリリースしています。先日のチョコメイツのライヴの際、レーベルのサンプラー的CD『ワイルドサザナミビートVol.1』(なんと1500)を買ったのですが、GS、エレキ、昭和歌謡等の和モノルーツからサーフ、R&B、ガレージ、MODS等のUS,UKルーツまで「ネオ'60's」を紹介する1枚、という多彩で楽しい作品でした。チョコメイツも2曲で参加しています。
チョコメイツのCDに入っていたアンケートはがきを送ったところ、チョコメイツとレーベルのバッジ、ステッカー、ポスター、フライヤーなどが送られてきました。何ていいレーベルなのでしょう。インディレーベルなのでまだあまり広く知られていませんが、この世界では優良なレーベルの一つといえるでしょう。HPでは試聴もできるのでのぞいてみてはいかが?

サザナミレーベルHP
コメント

灰野さんのスウェーデンライヴを聴いたよ

2005年07月19日 23時54分49秒 | 灰野敬二さんのこと
灰野さんのライヴで知り合うのは何故か外国人が多いのです。日本人同士だと何となく話しかけるのも気兼ねするし、灰野さんという最高に日本的なアーティストのライヴに来る外国人に興味があったんですね。そのうちあちこちで会い話すようになり、ライヴCD-Rの交換もするようになりました。彼から去年の8月スウェーデンのストックホルムでのライヴCD-Rをコピーしてもらいました。ソロで「パープルヘイズ」や「サティスファクション」を、もちろん日本語でやる灰野さん。演奏内容も素晴らしいものです。スウェーデン録音ということで、気のせいかもしれませんが、音が透明な清涼感に満ちているように聴こえます。
こうして交換したCD-Rはすでに50枚を超えてしまいました。灰野さんはオフィシャルCDだけでも50枚近くあるのですから、聴くのもたいへんです。まあ時間をみてゆっくり聴いています。
コメント

タイガーリリィも素敵なガールズGSだよ

2005年07月18日 00時52分11秒 | ガールズ・アーティストの華麗な世界
先日のClub Queで観たchocomatesのライヴに出演していたTiger Lilyもchocomatesとは違った昭和歌謡GSのキュートさを持ったバンドでガールズガレージ好きには応えられない素敵なバンドです。ライヴのみで販売している4曲入りCDではオルガンを含む女性5人組でしたが、現在はvo,g&bが女性で、dsはヘルプの男性。女性dsを募集中です。曲名からも彼らの趣味がわかります。「マドモワゼルリリィ」「恋の南京錠」「涙のベイビィ」「ヨイマチブルース」など。ライヴでは「恋するシャンソン人形」のカバーも披露。そろいの衣装が昭和のキャバレー嬢のようで雰囲気があります。

タイガーリリィHP
コメント

James Chance & The Contortions を観てきたよ

2005年07月16日 00時26分41秒 | 素晴らしき変態音楽
代官山ユニットにジェ-ムスチャンス&ザ・コントーションズの来日公演を観に行きました。サポートはフリクションのレック(b,vo)、ロザリオスの中村達也(ds)、大友良英(g)のトリオという強力メンツ。大友さんが久しぶりにロックンロールギターを弾き、フリクションの曲も含めて骨太なビートで盛り上げました。超満員の会場は熱気でムンムン。
そしてコントーションズの登場です。亡くなったベーシスト以外はオリジナルメンバー。ジェームスはちょっと太って刑事コロンボっぽいルックス(失礼!)ですが音の切れ味は当時のままで、野太いシャウトとペラペラサックス、そして調子っぱずれのオルガンを聴かせます。バックの演奏も特にドラムとベースのファンクビートが強烈で、腰にきます。ほんとに20数年前と変っていないのには驚きました。まさに現役のバンドという感じです。
今度リチャードヘルの映画「ブランクジェネレーション」が公開されたり、レコードコレクターズの特集がロンドンパンクだったり、なぜか70年代後半への注目の集まる中、絶好の来日だったと思います。
あ!「トロピカルヒートウェイヴ」はやらなかったな~。
コメント

chocomatesは最高にHappyなバンドだったよ

2005年07月10日 23時46分58秒 | ガールズ・アーティストの華麗な世界
数日前に書いたように、下北沢のClub Queにチョコメイツのライヴを観に行ってきました。
対バンはタイガーリリー=昭和歌謡GSなのりが私好みのドラム以外女性のバンド、ゴーグルエース=男性gx2、女性b, dsのガレージロックバンド。女性メンバーの歌も多く、楽しめました。The Mighty Moguls=男性g,ds、女性b&vo。原始人の格好で演奏。音もプリミティウ゛なガレージロック。観てて楽しかったです。
さて待望のチョコメイツの登場です。全員白っぽい半袖シャツに黒白縞模様のスカート。vo&gのサラさん始めみんな可愛い。しかも曲は60's Mods的なポップサウンド。それを笑顔で楽しげに演奏するのですから、客席まで幸せ感に満たされ自然に笑みがこぼれてきます。こんなに楽しいライヴは久々でした。帰りにデビューCDにサインをもらいTシャツも買いました。
岡山出身の彼らは、なかなか東京には来れないとのことですが、Disk UnionでCDを扱っているはずなのでぜひ聴いてみてください。
(変態音楽ではありません。念のため)
コメント

ココナッツディスク吉祥寺店

2005年07月07日 22時28分19秒 | お気に入りの場所
レコードの街吉祥寺でもちょっと小洒落た中古レコードショップ。和モノが充実していて、昭和フォークのレコードの数々は見ているだけでもウキウキします。私の好きなノイズ系なんかは余り無いけど、New Waveやサイケものもかなり有り重宝しています。インテリアもレトロフューチャーしていて女の子でも入りやすいお店です。時々ぎょっとするようなレアモノに出会うこともあり、侮れません。私はガレージコーナーがお気に入りです。ルルーズマーブルやママギタァもここで買いました。夜9:00までやっているので会社帰りにふらっとよれる所もいいですね。ココナッツディスクHP
コメント

灰野さんX藤掛正隆さんのライヴを観てきたよ

2005年07月03日 23時11分51秒 | 灰野敬二さんのこと
横浜関内のStormy Mondayへ灰野敬二さんと元ゼニゲバ、ガスタンクのドラマー藤掛正隆さんのデュオを観てきました。Stormy Mondayは遠いけど、ちょっとアメリカンな雰囲気が横浜らしいイイ感じのライヴハウスです。観客は20名ほどでした。

のっけから灰野さんの爆音ギターが炸裂、カタルシスへ誘ってくれました。
2部構成で1部はg&dsで轟音即興、2部は民族楽器カンテレやフルート、エスニックオーボエも
使い多彩な演奏。2時間に渡って灰野さんの魅力を堪能しました。藤掛さんのドラムはタイトでパワフルなビートを叩き出し、迫力のプレイ。今灰野さん関係ではこのデュオがベストなんじゃ無いかと思います。願わくばもっと近場でやってくれればなぁ、と思います。
コメント