ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

肌荒れの元

2018年04月27日 | 通信-科学・空想

 今年(2018年)2月頃から、腰、尻、腿にかけて痒みが出てきた。3月になると痒みが酷くなったので軟膏(ムヒ)を塗るようにしたが、1ヶ月経っても改善しない。「ムヒの効能範囲ではないかもしれない、ただの乾燥肌とかでは無く、何かの皮膚病かもしれない」と思って、4月中旬から別種の軟膏を使うようにしている。・・・と書きながら思い出した。「畑に皮膚病に安全でよく効く薬があるじゃないか」と。
 皮膚病に安全でよく効く薬については→アロエを参考していただくこととして、ここでは「3ヶ月近くも続いている痒みはいったい何なんだ?何が原因だ?」を考えた。
     

 腰痛が、「もしかしたらヤバイかも」と思ったのは去年(2017年)の5、6月頃であるが、ノーテンキな私は「そう酷いことにはならないだろう」と楽天的に考え、その後も腰を酷使する農作業など続けて、そして、10月下旬になって腰の痛みが酷くなり、尻から腿、ふくらはぎにかけて痺れが走るようになってやっと、「こりゃいかん」とノーテンキも気付いて、「何とかしなきゃあ何ともならんかも」と思うようになった。
 何とかしなきゃあと思ったのだが、バカ(私のこと)はバカ(私のこと)のやってきた自由気ままな生き方の後始末に時間がかかってすぐには何とかできない。腰の痛みは一進一退、休ませていると楽になるが、少しでもきつい仕事をすると痛みはぶり返す。そうこうしている内に、痒みが出て、赤い発疹のようなものもできた。
 「痒みは腰痛の痺れと何か関係があるのだろうか?」と考えたが、痒みは薬を塗っておけば楽に耐えられる。腰の痛みや腰から尻、腿、ふくらはぎにかけての痺れがきつい。痛いと痺れにより大きく意識が向くので、痒みはそう気にならず軟膏に任せておく。

 腰の不具合で2~3センチは縮んだかもしれないが、前(20年くらい前)に計った時は身長170センチちょいあった。その身長で20年頃前は体重が70キロ近くあって、その頃は体調も良くなかった。酒をたらふく飲むことに溺れ、つまみをたらふく食うことにも溺れていた。その頃は肌荒れもあり、脂肪種摘出手術などもやった。
 「いかん、太り過ぎだ、痩せなきゃ」と一念発起し2001年頃から食事量を減らすとともに、お菓子、ファストフードなどの、どんな化学物質が入っているか知れない食い物を断ち、運動もして、2002年には65キロ内外、2003年には61キロ前後と徐々に体重を減らし、2011年以降は60キロ台に戻ることはなく、300坪の畑を始めた2012年夏以降は56キロ内外となる。もちろん、体調も良くなった。
 去年(2017年)夏に腰痛を患い、運動量は減っているのに秋頃から体重が減り始めた。10月には54キロ台、年明け1月にはついに53キロを切った。高校1年の頃の体重だ、「いかん、痩せ過ぎだ、太らなきゃ」と思う。その頃、友人達からも「お前は痩せすぎ、甘いものも食え、肉を食え、肉は老化防止になる」などと助言があり、それらの助言に従い、意識して多く食べるようにし、そして徐々に太っていった。
 3月20日に55キロ超えし、4月18日には58キロ。3ヶ月で5キロ増となった。食い過ぎか?と思う。鏡に映る自分の顔、頬が弛んできている。
 そして、お菓子や駄菓子、スーパーの惣菜(食品添加物が多い)などの食い過ぎか?とも思う。肌荒れは、そういった不自然な食事のせいかもしれない。
     

 記:2018.4.27 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2018.4.27 シーミーは遅めに | トップ | 何とか自由、人 »