ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

娯楽の必要

2018年03月09日 | 通信-社会・生活

 テレビを観ていた頃だからもう7年近くも前となるが、「最近の子供は創造する力が弱くなった。私が子供の頃は自分たちで工夫して遊びを作ったものだ。最近の子供達は与えられたテレビゲームに夢中になっている」といった内容のことを聞いたことがある。
 「そんなこと言ったら、あんたが子供の頃に読んだ絵本も漫画も、観ていたテレビアニメも特撮物も与えられた物じゃないか」とその時の私は思った。
 与えられた物といっても、絵本にしろ漫画にしろ、テレビアニメにしろテレビゲームにしろ、それらの概ねは子供にとって成長するに必要なものだと私は思う。私だって子供の頃はマンガ大好きアニメ大好き少年だった。しかし、大人にはどうか?
 例えばテレビ、テレビという娯楽は人間にとって必要なものなのだろうか?と考えてみる。私の家にテレビは無い、テレビを観なくなってもう何年にもなるが、テレビを観なくても私は何も困らない。大人にとってテレビは無くてもよい物と思う。テレビに限らず、そもそも娯楽は人間にとって必要なものか?ということもついでに考えてみた。

 じつは最近(1年ほど前)まで、「娯楽の多くは庶民の不満を和らげるための支配者による餌ではないか」と私は思っていた。もちろん、全ての人にとってそうであるというわけでもなく、全ての娯楽がそうであるというわけでもない。「あんなこんなの楽しみを与えてやるから、一所懸命働いて、お国のために税金を納めろ」というような餌ではないかと思っていた。国によるそんな陰謀があるかもしれないと思っていた。
 しかし、よーく考えてみると、その考えは正確ではないと気付いた。たとえそんな陰謀があったとしても、ほぼ全てといっても良い多くの人にとって娯楽は必要であろう。多くの人にはストレスがある。ストレスがあるから娯楽が必要なのだと考え直した。
 「人生は重き荷を負うて」(徳川家康の言)生きている以上、大きなストレスが人に圧し掛かる。そのストレスを我慢ばかりしていたら楽しくない。楽しくないどころか、精神的に大きな負担となり、それが不満となり、人生が不幸となってしまう。
 不幸を感じてばかりいると、精神的に病んで元気がなくなるかもしれない。あるいは、自暴自棄になって犯罪を犯すかもしれない。元気のない人が多くいて、犯罪も多く発生する社会は楽しくない。楽しい社会を作るためにも娯楽は必要なのであろう。
     

 私は、新居に越してからもテレビを置いていない。よって、テレビはまったく観ていない。テレビは私に必要か?と問えば、「無くて良い」となる。情報はラジオからで十分だし、テレビは私にとってストレス解消のための娯楽にはならないと思う。
 そもそも私には、腰痛を患う前まではストレスをほとんど感じていなかった。手足を思いっきり伸ばし好き勝手に生きて、やりたいことをやり、言いたいことを言ってきた。そんな人間にストレスなどあろうはずがない。しかもその上、「やりたいことをやり、言いたいことを言う」ことそのものが私にとって娯楽になっていたと思う。自給自足芋生活を目指して畑仕事をしていた頃、私は楽しかった。愉快な気分を多く味わった。

 娯楽は必要だと思う。愉快な気分になることは生きる上で必要なことだと思う。愉快な気分でいる人が多い社会はきっと、平和で楽しい社会になるのだと思う。
     

 記:2018.3.9 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »