福祉亭日記

日々の出来事を更新していきます.

休日

2024-04-15 06:19:46 | 日記
大雑把な性格。失敗の山。総身に知恵がまわりかね・・です。
調味料の瓶を床に落下させたり、その掃除中、掃除道具のヘッドを壊したり。
提出した報告書は、結局、また一つ担当部署からミスが指摘された。
数式の領域設定のミスから始まった誤差。
一つ数字が違うと、ほぼ全部の書類がやり直しに。
使う数字は報告書という建物の基礎の基礎。一日は、一年間に連動している。
ジツに精査不足。できたと思うと、もう見直す気力が残っていず。
日曜日、新たな気持で修正。
誤差を見つけて頂いて感謝。

山椒は、とうとうどこからも芽を出さない。
やっと諦めが尽き、NTでずっと続いている園芸店に出かけ、まだ小さな苗を購入。
店頭に徒長が進んだパンジーが並んでいた。ご自由にどうぞ・・と。
お店の方にお断りして、パンジーの苗を4つ頂いた。
もう長くは持たない苗ですよ・・って言われたけれど、疲れ気味の気分も、これでルンルン。
早速アダプト花壇に植え付け。
作業していると声を掛けられた。
鶴牧西公園で公園の手入れをされているシルバーさんだった。
ここの花壇は、手入れが良い・・とお褒めの言葉。
日常手入れされているのは、ワタシじゃあない。
とにかく雑草なんてものは、一本もなく、春を待ちかねたように、どの花苗もすくすく生長し、きれいな花をつけている。
ここまでが、大変!なんです。ほぼ毎日の水やり。そして、こまごまと手入れが必要。
アダプトも福祉亭も、手がかかる。なんだか似ている二つ。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遠方より

2024-04-14 06:32:23 | 日記
距離は、そう遠くない居住ながら、友人が何十年ぶりに尋ねてくださった。
わが家の子どもたちが小学校に入る前の自主保育時代の友人。
ほんの時たま、偶然のように街でバッタリ・・が、あったけれど。
今から福祉亭に行って良い?と電話が。
も~~ちろん!!
音信不通の時期の過ごして来た道筋を尋ねると、なんと!遠いと思っていた関係性が、近いことにびっくり!
全く別々の世界と思い込んでいたのに、共通の知り合いが間にいたり。
あれやこれやの四方山バナシが弾んだ。

それから、同じ地域にいても、街で出会うと挨拶するだけの知り合いがみえる。
どんなきっかけで知り合ったのか、もう思い出せないムカシ。地域活動で・・は、確か。
早い時期に仕事を終えられた後、地域の他団体で仕事をされていた。
いよいよ、そこも定年となって・・と。でも、やっていた環境系の取り組みを継続してやるという。
生ゴミ堆肥をアダプト花壇に・・と、届けてくださる。
こちらも、も~~ちろん大歓迎。

それぞれの歩む道筋は、それぞれだったけれど、やっと、福祉亭を立ち上げた時、またいつか、みんなで地域活動ができたら・・、その時まで福祉亭で、・・と思っていた。
この願いが、この4月適ったような。
桜が咲き、新しい一歩をまた歩む友人たち。
はるかな20年だったようにも思えるけれど、でも、願いどおり、また新たな出会いができそうな。
そんな土曜日でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

うたの会

2024-04-13 07:26:45 | 日記
報告書提出で、ほぼほぼ使いものにならん体調の昨日。
ボラみなさんに助けて頂いて、なんとか一日を終えました。

昨日は、うたの会。
明るい歌声が響き、福祉亭の空気もなんとか春めいてきました。
会が終わったみなさんに楽しく歌えましたか~~?とお尋ねすると、明るい表情で、「は~~い!」のお返事でした。
お友だちを連れてきます・・のお返事も頂きました。
催事も、本当にコツコツ種蒔きして、芽を育てていく作業。
良い伴奏者とリーダーに恵まれ、本当に感謝しかありません。
ボラさんたちも、最初の頃は、参加できたのですが、最近は、うたの会の間も忙しく、楽しい空気を背中にフロントや厨房で忙しく立ち働いてくださっています。
このお働きがなければ、福祉亭は、成り立ちません。
日々の暮らしの中に、福祉亭を取り入れて頂いて、ただただ感謝の日々です。
気持よく、楽しく、福祉亭ライフを楽しんで頂いて欲しいです。

うたの会の後は、フードパントリー。
子どもたちが新学期に入って、ひとまわり大きくなったような感じ。
食材がちょっと余って、隣の街区の子ども支援の組織にお届け。
パントリーに来られる子どもたちと真反対。
生きるってことが、どれだけエネルギーがいることか、その障がいの姿を通して胸に迫ります。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

提出

2024-04-12 06:58:26 | 日記
締め切り一日前に提出完了!
やれやれでした。
念のため、確認をとお願いした一昨日。
いや~~!確認して頂いて感謝でした。
一発でOKとなるには、精査が足りていない・・いつものことです。
年度締めですから、今年の2月の閏一日を加えて366日計算をしないと。
実運営日の集計で、一昨年度より一日運営日が多かった。
それを、一昨年度が、閏年だったのね・・と早合点。
たぶん、昨年度は、祝日が一日増えていたのでしょう。
そこで、うっかりミス。
そんなこんなで、提出予定時間2時間前に計算やりなおし作業。
結果を印刷しないといけないし・・で、福祉亭のゼロテーブルで。
スマホカフェの最中。
ざわつく亭内で、周囲を一切顧みることなく。
みなさんには、申し訳なかったです。
ざわつく空気は、騒音でしかないワタシと、場を楽しまれるみなさんとの乖離。すみません!!

提出予定時間にちょっと遅れて庁内に。
担当部署が、4Fから2Fに移動していて、階段を上がったり下がったり。
数分ウロウロで、予定時間が、さらに遅れる。
なんとかたどり着き、担当者とのやりとりに。
バタバタ十分確認せず、飛び出したので、やっぱり、書類を一種類持参忘れ。
これは、メールで。さらに、質問もあって、そのお答えもメールで求められ、昨日のうちにすべて完了。
しかし、これで完了でもないですよ、多分。
書類を精査してくださり、訂正点があれば、その旨が届く。

でも、まあ、終わりました~~~!!


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024-04-11 07:22:01 | 日記
ほんの一週間前には、10cm程度の大きさの筍が届いた。
今年は、遅い・・と。
別の子ども食堂でも子どもたち40人に筍ご飯を・・って、頼まれているという筍掘り名人さん。
昨日、朝、突然、堀りたての筍のお届け。厨房が、季節の贈り物に、ぱッと、明るくなる。
とにかく行ってみないとと思い立って、朝出かけてみたんだ・・と言う。
厨房みんなで大喜び。

予定していた定食メニューに、予定にはない筍ご飯が追加された。
筍大好きシェフさんが、大張きりで下ごしらえ。
長年の経験で、筍のアタマをスパッと切り落とされる。
ワタシからみたら、あら~~もったいない。
でも、捨てた部分をみると、ヒメガワと言われる柔らかい部分は、ほぼほぼなくて、経験からなさる仕事の確かさに、また、改めて感心!!してしまう。
ワタシの育った町は、海や湖に近い。
だから、そこからの恵みは、子ども時代の思い出と共にある。
行商のかたも家に出入りしていた。
でも、結局、山のことは、どうも分からない。
人生70年80年となっても、それぞれ・・というのが、人間のおもしろさ。
そして、経験と共にある、親がいて・・というその存在の大きさに、また、気づかされる。

季節の筍ご飯は、大人気で、定食は、完売でした。
山椒が枯れてしまって、その新芽を今年はつけられず、ざ~~んねん。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする