福祉亭日記

日々の出来事を更新していきます.

空気感

2021-04-11 07:00:56 | 日記
忙しい土曜日でした。
久しぶり。
厨房は、大忙し。

忙しさを見かねて、お手伝いしているつもりのかたから声かけ。
神経が張り詰めているので、つい、余分なことは言わないで・・と。
ちっとも余分なことじゃないのに。
言ってから、しまった!と、後悔の念が、しばらく。
ごめん!!
フル回転させている時の変化球は、苦手。
なんとかここを凌がないと、と。
そこに変化球。
アタマが混乱していくのです。
目の前の仕事とは別のことの場合は、特に。
忙しい時ほどピンポイントのサポートが欲しい。
このポイントのズレは、なんとか修正しないと。お互いさま。
どんどん定食を出すと、どんどんトレーが帰ってくる。
洗い場の手が間に合わない。
え~~い、イラ感になってしまうのです。
結果的に、負荷をかけ合ってしまうのです。
とにかく、仕事は、難しいものです。
分かっている仕事ほど、手出ししたくなるし、簡単に見えるもの。
でも、その手出しの「しかた」となると、簡単じゃあないのです。
ワタシは、どこをお手伝いするといいですか?などと、まず、尋ねることにしています。
ワタシも、ポイントを外すことがありますから、心がけているつもり・・です。
外していたら、ごめん!!

コメント

いつもどおり

2021-04-10 07:08:04 | 日記
まん防は、12日からと決まった。
福祉亭は?の電話。
今のところ16時閉店でと。
ただ、この後、1,000台に急上昇したような場合には、対応。
宣言が出れば、即、判断の変更は、ありえます。

昨日、吞み仲間さん連れは、外テーブルで。
3人。
許容範囲。
室内は、もうご利用はなかったのですが、気遣いされる。
気温が上がってきていて助かります。

癌のステージ4のかたのところに久しぶりに訪問。
事前に、お二人で歩いておられたよ・・の情報を得て。
お元気でした!!
笑顔でした!!
うれしかった、ジツに。
ステージ4のかたが、お元気なハズないよなあ・・と、いつも気になって、電話をする勇気もない。
でも、お元気でした。
がんばれ!!って、こぶしを上げてエール。
そのこぶしが、闘病の力になるとも思えないけれど。
以前、お弁当を配達させて頂いていたかたの命日が近いと話される。
そのかたには、台風の時にも、配達させて頂いた。
たぶん、傘をさして、靴の中までびしょぬれで配達する姿まで気遣うお力がなかったのでしょう。
福祉亭は、500円の売上のために配達をさせて頂いているのではない。
なんとかお力になれれば・・と。
そうか、亡くなられたのかと知る。
でも、目の前のかたは、笑顔。
ワタシも、もちろん、最大限の笑顔をお返し。






コメント

まん防

2021-04-09 07:12:29 | 日記
まん防は、23区と6市に。
多摩市は、外れました。
やれやれ気分と、かえって、これからどう対処する??の気分が交錯。
うかうかしているわけにはいかない。
うかうかは、即、次のステージに全体を動かしていく。
それにしても、ゆるんでいる・・とわかって、なおまだ、ゆるまれるみなさんがおられることの不思議。
仕事上のことでしょうか。不要不急の言葉が力を失う。
危ないとわかっていても、手立てを講じられない世情にも不思議感。
感染防止と経済との両立の難しさ。
人々の心の中の疲れがまん延。

福祉亭は、つぎはぎシフトで4月がスタートしている。
お互いに不慣れ。
でも、ボラさんの手がある!!
これは、間違いなくなによりの力。
こんな時、閉店間際、別の曜日のボラさんがみえた。
木曜日お手伝いしましょうか?と。
しかし・・
既に、何人か、どう編成するかの手立てをつけている。
ごめん!!
せっかくのお申し出でしたが、お断りする。
シフト編成には、タイミングと、なにをお持ちか技量を見極めていく。
それと、福祉亭の仕事との相性。
一番大事なのは、チームワークに対する素養。
日常の現場は、時に、ボランティアさんにボランティアする状況も生まれがち。
それは、全体を疲弊させます。
ですから、ごめん!!も時に発生してしまう。





コメント

やり直し

2021-04-08 06:57:14 | 日記
東京の新規感染者数555。
びっくり!早すぎでしょ。
これでは、来月には、1000を超えるとニュース報道。
大阪は878。
都市圏に何が起きているのか。
じっとがまんの自粛をやっているのが、バカバカしいとでも言うことなのでしょうか。
それとも変異株が生き残りをかけて大暴れしているのでしょうか。
福祉亭の中だけでも、今一度感染対策が整っているか、見直ししないと。

ざっと事前チェックして頂こうと報告書を福祉亭に。
閉店後、明らかな間違い・・として指摘箇所を検討。
おいおい、印刷ファイルが違っている!!と、すぐ気がつく。
まったくの初歩的ミスとわかり、やり直し。
帰宅後、再度点検しつつ、ついでのついでに、必要な書類もチェック。
なんとか、8割にまで到達・・・と思います。

シフトのほうは、まだ、穴が空いていることに気がつき、旧いボラさんに連絡してみる。
私で良いの?って言ってくださって、苦境から当面、脱出。




コメント

マイ休日

2021-04-07 07:18:29 | 日記
報告書は、一年の成績表。
3月31日にならないと、準備していても、結局それは、準備に過ぎない。
とにかく、PCに向かう。
一日目は、アタマを戻し、二日目になって、やっと作業らしい作業にとりかかる。
一日ずっとPCの数字を追っていると、心底疲労。
現役世代が土日クタ~~となる気持がわかる。
福祉亭の現場仕事は、体力勝負。
この疲れとは、明らかに違う。
IT関連企業が隆盛。もうなくてはならないものとは思うけれど、どこか人間のリズムには、合わないようなカンジがする高齢世代です。
とにかく極度の集中度。
昨日も、昼前からとりかかっていたので、5時には、もう気力が残っていない。
次の日の食材探しと準備もあるしで、やっと作業を終了。

そうそう、桜並木保全の張り紙を見てきた。
大書。
誰だって伐採して欲しくはない。
ただ、樹齢70年80年、いやもっとかもしれない老木が、力を振り絞って咲かせる満開の桜。
保全が容易ではないことは、見ればすぐわかる。
手立てとして何を講じておくか、よくよく協議しておかないと。
人間なら臓器不全一歩手前の状況。

それから、福祉亭ができた時の立役者さんの彫刻の展示も見てきた。
お孫ちゃんらしい子どもたちが遊ぶ姿。複雑な構造。力作。
あ~~よかった。元気で過ごされている、と安堵。
作品の出来栄えは、文句なく大したもの・・ですが、そんなことより、それぞれに過ぎた20年のそれぞれの高み。
その果実が、見える。
その値打ちのほうが、うれしい。



コメント