ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

またしてもAtoZ品質 ライセンスランプハウジングの中はごみだらけで小石まで入っていた (2019/4/23)

2019年04月23日 | アラモの故障・不具合...
 昨日は改めてアラモを車検のためにいすゞのサービスセンターに持ち込んだ。



 前回持って行った際にはハイマウントストップランプの不点灯という事件があったので、もちろんこちらは汎用のランプに付け替えていた。ついでに他の灯火類の点灯試験をしてみた。
 するとライセンスランプのレンズ(というほどのものでもないが)が半分くらい黒くなっていた。それも内部の汚れだ。さっそく取り外してみた。



 バルブはどろどろでハウジングの中にはごみが詰まっている。そしてソケット部は接点も含めてさびさびだ。



なんと小石が入っているよ。





 このライセンスランプのハウジングの裏側は全くのオープンになっている。そしてボディに取りつけた状態でもオープンなのだ。ボディの裏側になるので停車状態なら雨に濡れることはない。だが走行時には巻き上げた道路の水や泥、ごみ、タイヤが跳ね上げた小石などが飛び込むという状態だ。

 こんなことは考えてみればわかると思うけど、どうしてこんな部品を使うのかねえ。先のハイマウントストップランプの件よりもひどいAtoZ品質だ。

 いや、ハイマウントストップランプは3月の大阪キャンピングカーショーで見た限りでは、同じものが他のビルダーでもかなり広く使われていたので、AtoZだけの問題ではなかった。このライセンスランプはどうだろうか。

 それは各所有者のチェックとビルダーの気づきの問題だが、じ~さんとしてはどのように対処しようかな。

 うまくはまるカバーなどはなかなか見つからないだろうな。当面の対処は柔らかくて対候性のあるポリエチレンのようなプラスチック系のフィルムでカバーするという方法しか思いつかない。どんな材料がいいかな?車検が上がるころには見つけておきたい。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

LEDランプの寿命が4万時間というのは本当か? (2019/3/17)

2019年03月17日 | アラモの故障・不具合...
 アラモの車検に持って行っていすゞさんから指摘されたことは、もう一つある。



 それがハイマウントストップランプの一部不点灯だ。一部どころではない。10球のうち半分が不点灯なのだ。

 おいおい、LEDランプの寿命は4万時間じゃあなかったのか。しかし半分が不点灯ということはLEDそのものではなくて、回路部分の不具合ということだろうなあ。DC24VでLEDを点灯するんだから抵抗程度しかないと思うんだけどどうなっているんだろう。

 いすゞさんからは、どういう取り付け方をしているかよくわからないが、同じようなものを探しましょうかと言われた。じ~さんとしては、架装部なのでキャンピングカービルダーに相談すると言っておいた。

 

 梯子を使って上がってみた。両端をタッピングで留めて全周を両面テープで固定しているようだ。



 よく見たら、内部に水滴がついている。そしてランプのケース部の上部は赤い色が退色している。露天に駐車しているので、ちゃちなプラスチック部品が劣化して合わせ目のシールがはがれて浸水したということらしい。LEDというより入れ物の問題なので、4万時間など望むべくもない。こいつは車の外装部品としては欠陥品だぞ。ウィンカーランプやストップランプには傷一つない。
 こんな状況なら汎用のハイマウントストップランプを買ってきて、自分で取り付けることもできるだろう。

 このランプの筐体の厚みは1センチくらいしかない。かなり薄いが一部埋め込みになっているのかなあ。取り外してみたらこんな状態だ。



 裏からプラス、マイナスの2本の給電線が配線されているだけだった。これなら品物さえあれば何とかなるだろう。早速ネットで汎用のハイマウントストップランプを注文した。ただ、安いので品質は疑問符がつく。



 バラしてみた。本当にシンプルな造りだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

メインバッテリーの液漏れを疑ったがそうではなかった (2018/12/23)

2018年12月23日 | アラモの故障・不具合...
 メインバッテリーの下の地面が濡れており、バッテリーの奥側の接栓の付近も濡れていたのでバッテリーからの液漏れを疑って心配していた。



 メインバッテリーを取り外してバッテリー液を確認したが、減っているようでもない。どうであれ今回の充電回路の改善のために、メインバッテリーからの配線を取り直す必要がある。そこでSUB2に延びているケーブルを外したところ、保護用のコルゲートチューブから水か落ちてきた。



 こいつはSUB2に充電用のケーブルだが、外部へのハッチの開口部の横を通っている。このコルゲートチューブのスリットから雨水がチューブの中に入ったようだ。狭い場所を通っているので、チューブにビニルテープを巻くことができなかったのだ。



 今度は一度少し引っ張り出してからテープを巻いて、奥に押し込んだ。それと配線整理の時には影響のないように上側にタイラップで固定しよう。

 メインバッテリーを出したついでにバッテリーの架台の錆びたところに錆止めを塗布した。



 さて、明日は天候もいいようだ。まじめに配線の引き回しをしよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

MAXXFANのカバーを上下するダイアルが落ちてきた (2018/6/16)

2018年06月16日 | アラモの故障・不具合...
 妻籠の駐車場に到着した時、観光に出た間はMAXXFANを回しておこうと思ってダイアルに手を伸ばしたらストンと落ちてきた。
 はめ込んだが下に引っ張ると抜けてしまう。



 中心部のビスが落ちてしまったようだ。

 あわてて下を探したら床に落ちていた。振動で緩んで抜け落ちるとは想像もしなかった。朝に下に引っ張って閉めたときには緩んでいる感じもしなかった。

 今後時々はガタつきがないか注意して、たまにはドライバーで締め付けておいた方がいいだろう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

さすがにベテラン工場長、見事に折れたラッチを引き抜いて、部品レベルの修理で1時間で完了 (2018/4/2)

2018年04月02日 | アラモの故障・不具合...
 道の駅すぎとから岩槻の A to Z 工場までは近い。今日は9時20分頃に到着した。



 自分がこの工場にやってきたのは初めてだ。

 早速工場長に説明したら、自分がアッセンブリーの裏蓋を外したと同じプロセスでトルクスネジを外していった。そして内側からラッチをロックする赤いレバー(自分はこれは外れないと思っていた)を取り外して、ゴリゴリ動かして裏蓋を取り外していった。しかしラッチの尻尾は姿も見えない。



 なんとラッチのスライドする部分の横から電動ドリルで穴を開け始めた。その穴からラッチをこじってずらしていこうというわけだ。これでラッチを外してエントランスのドアが開いた。



 こうなれば後はアッセンブリーの交換になる。するとラッチのアッセンブリーは新型に変わっているが、古いやつがあるからそちらなら安くできあがるというのだ。もちろん安いコースでお願いした。

 ラッチの部品だけを持ってきて既存のアッセンブリーに組み込んで、裏側の蓋を閉めたらできあがりだ。作動確認もOKだ。

 ものの1時間で修理が完了した。これで野口さんが3人で済んだ。よかった諭吉さんのお出ましになるかと思っていた。





 こちらがその新型のアッセンブリーで



こちらが旧型でのできあがり。なるほど少し形は変わっている。そしてアッセンブリー交換にしたいたら、外側のコーキングからやり直しになるから時間もかかる。



 そうか、こんな感じで作っているんだな。





 駐車場には主力のアミティがずらりと並んでいる。ライトエースのベアシャーシもある。


 さてこれでまた北に向かうことができるぞ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (4)

エントランスのドアが開かない原因はわかったが、対処困難で工場入りか (2018/3/31)

2018年03月31日 | アラモの故障・不具合...
 花見に来た場所の駐車場で故障修理をする羽目になるとは思わなかった。

 まずドアのハンドルやラッチなどの一式はアッセンブリーになっている。今回の問題はこの黒い箱に中にあるのは明らかなので、3本のネジを外すことになる。このネジは+ネジではなくてトルクスネジになっている。幸いBe-cam各所のネジは6角ボルトかトルクスネジなのでトルクスの小さなLスパナはいつも積んでいる。



 奥の3個目のネジを外すためには網戸の取っ手が邪魔になるのでこれも取り外す。



 ネジを外して手前に引いたが網戸の枠が引っかかって外れない。どうやってもだめ。こいつが取れると内側からラッチを引っ張ることができると思うんだけどだめだ。
 右側だけでも手前に引っ張って隙間から奥をのぞきながらハンドルをガチャガチャやっていたら、何やら外れた部品のようなものが転がっていた。



引っ張り出してみたらこんなもの。10×50×1.5ミリくらいの鉄の部品だが断面はすっぱり折れた跡がある。



どうもダイカストの部品のようだ。こいつがドアハンドルとラッチを接続していたのではないかと思われる。これが折れたらラッチが引っ込まないはずだ。

 本格修理にはアッセンブリーの交換が必要だ。おまけにアッセンブリーの蓋も開かないとなれば、もう工場送りにするしかない。

 販売元のキャンピングカー広島に連絡を取ったら、関東の旅先ならA to Zの工場に入れた方が良いという。そういうことでA to Zに連絡を入れれもらったら、アッセンブリーの在庫はあるとのこと。そんなことで埼玉に引き返すことになった。

 これが会津若松あたりまで行っていたらさくらの追っかけは諦めて、すぐに広島に引き返してキャンピングカー広島に持って行くところだった。

 それにしても工場ではこのアッセンブリーをどうやって外すのだろうか。ひょっとしたら外のヒンジの心棒を抜くのかな。
 このアッセンブリーはUSA製だと思ったが、こういう部品は鉄板を打ち抜いて作った方が生産性が上がり、故障も少なくなると思うがどういう考え方だろうか。



 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

車検の時の排気パイプ延長の請求内訳書が届いた (2017/5/9)

2017年05月09日 | アラモの故障・不具合...
 4月の車検の際に、このままでは車検は通らないといわれて、一時はどうなるかと思った。アラモは排気パイプが車体の後ろに突き抜けずに、スペアタイヤ付近までしか延びていなかったために、広島陸運事務所の検査でダメ出しを食らってしまったのだ。



 整備をお任せしているいすゞさんが、パイプを溶接して継ぎ足して後ろに突き出るように改造してくれたので、車検を通過して再び旅を楽しめるようになった。



 そしてこの改造(整備)費用は、最終的にAtoZが負担するということになっていた。この請求書がいすゞさんから届いた。

 



 文字が潰れて読めないかな。延長部分を車体に固定するクランプも含めて、部品と工賃で14,051円だった。思ったよりも安くできている。これなら長めのマフラーカッターを取り付けるよりも安いのではないかと思う。

 車検整備の内訳書を見て思わず苦笑いしたのは、ライセンスランプ切れ。ランプは¥240だが工賃が¥900だ。ブレーキランプが切れていたのには気がついて、自分で交換していたのだがライセンスランプには気がついていなかった。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (4)

さすがにいすゞ、これでどこまでも走れるかな ? (2017/4/14)

2017年04月14日 | アラモの故障・不具合...
 マフラーのパイプが車体から外に出ていないという理由で車検をパスしなかったマイ・アラモ。いすゞさんが延長パイプをつけてくれて、車検を通して帰ってきました。

☆彡 延長パイプの写真は 

 昨日は薄暗くなっていたので、今朝改めて後ろから潜ってみると、こんな具合になっていました。







 一本物のパイプをきれいに曲げるのは難しかったのか、3つのピースに分けて曲げて溶接してあります。ちょっとボコボコしていますが大丈夫でしょう。いすゞさんは溶接までするんですね。トラックの場合はそこまでしないと完結しないのかもしれません。

 実は A to Z との話では仮にマフラーのパイプを延長するということだったので、フレキシブルパイプをバンドで留めるぐらいのことかと思っていました。さすがにいすゞさん。中途半端なことはしませんね。ただ旧来の排気管との接合部の溶接部分の下の所のパテみたいなものはどうしたことでしょうか。

 これでどこまでも走って行けそうですね ♪

 こうなれば急いで A to Z 謹製のマフラーカッターに取り換えなくても大丈夫なようです。

☆彡 これからどうなるか 

 それにしても、今回のマフラー規制については、昨年末に車検を受けられた ぱんたさん、最近車検を受けられたZIL520クルーズの方からも引っかからなかったとのコメントをいただいています。そうなるとそれ以降に新たな通達が出たか、一昨年のマイ・アラモの車検以降に広島陸運局の方針が変わったか、あるいは検査官個人の解釈の問題かということですね。

 認証民間車検工場で検査を受ける場合は大丈夫かもしれませんが、広島陸運局に持ち込む場合は要注意ですね。さらにいすゞの広島サービスセンターでは、後ろから排気管が出ていないと車検場に持ち込まないだろうと思います。

 キャンピングカー広島さんには、今後の為に A to Z と対応を決めておいた方がいいのではないかとメールを差し上げました。

 費用がいくらかかったのかは、まだわかりません。いすゞさんの場合は後日請求書を送ってくるので、それに基づいて銀行振り込みです。重量税も自賠責もいすゞさんが立て替え払いをしてくれています。その支払いをして、 A to Z から延長パイプに関する費用の補てんを受けたら、自分のトラブルとしては解決です。

 みなさん、お騒がせしました。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (4)

とりあえず車検はクリア、費用は A to Z で負担する方向で (2017/4/13-2)

2017年04月13日 | アラモの故障・不具合...
 いすゞさんに車検に出した時の約束では、車検が終わって引き取りができるようになったら電話してくれるということだった。ところが待っていても連絡がない。

 これはパイプの加工に時間がかかって、陸運局の検査が明日回しになったのではないかと心配して18時過ぎに電話してみた。なんとしばらく確認して、あっさりと「できてますよ」には脱力した。電話連絡はどうなっていたのかよ。確認中の保留音が、例のいすゞトラックのCMソングだ。クルマの品質もいいけど、お客さんとの約束は守ってね。

 そこで引き取りに行った。いすゞのサービス工場は遅くなってもガンガンと仕事をしていた。なるほど、昼間に走り回っているトラックだから、夕方に入庫して点検するのが通常の流れなんだな。

 ともかく夕闇の中で受領して、特段何もないとのこと。排気管は延長して後ろのバンパーの下から出ていた。細かい細工はまた明日になって確認しよう。とりあえずマフラーパイプの延長の細工をして、車検は通してくれたようだ。

 販売代理店のキャンピングカー広島の話では、今回の工賃は A to Z で負担するということで、自分がいすゞさんに支払いを行い後ほど A to Z が補てんをするということになった。さらに、 A to Z から正規の延長部品(マフラーカッター)をキャンピングカー広島に送付するので、後日それをキャンピングカー広島に行って取り付けてくれというややこしい話だ。



 こんな風にマフラーのパイプが斜め下向きについていたわけだが、ここから1メートル近い長さのマフラーカッターになるんだろうか。当然保持金物も必要だ。明日の朝に後ろからもぐりこんで、どんな細工になっているのか写真を撮って、最終的な確認をしておこう。

 戴いたコメントを見ると、最近車検を受けてOKだったNTBのサクラユーザーの方もおられるようだ。そうなると陸運事務所によって扱いが異なっているという事なのだろうか。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

とんでもないことになった。 アラモが車検を通らない ? (2017/4/13)

2017年04月13日 | アラモの故障・不具合...
 昨日、いすゞに車検に出したアラモ。 お昼前にいすゞさんから電話があった。

 もう出来上がったので受け取りに来てくださいというのかと思ったら、「陸運局に行ったら、これでは車検は通らないと言われたんですよ」 とのこと。 

 ええー どうして ??

 どうやらマフラーの後端が最後尾から外に出ていなくて、スペアタイヤの所までになっているのがダメな理由だそうだ。下に少し曲げて下向きに排気を出すようにしていることは購入したときから認識していた。当然車検を通してからの納車だし、2年経過後の車検も通ったわけだから、それでもいいんだなと思っていたら、突然のNO Good !

 マフラーを延長して後ろから出せば、OK になるということなので、そのようにいすゞさんに加工してもらうことにした。

 しかし、冗談ではない。早速自分がアラモを購入した「キャンピングカー広島」に電話を入れて事情を話し、製造元の A to Z に対して改造についての費用の負担について交渉してもらうよう依頼したところだ。
 
  A to Z からは状況を確認したいということのようなだが、クルマは手元にはない。いすゞさんに車検に出しているところなので、いすゞさんに確認してもらうことにした。
 
 これはキャビンの架装の問題ではなくて、Becamのシャーシの問題のような気もする。ビルダーの A to Z が勝手にマフラーをこのような形にできるとは思えない。上部のキャビンの架装部分についてもタイヤとの間隔が小さすぎるなど、いすゞさんから色々と指導があったようだ。そうなると責任の所在はいすゞさんの側にあるのかな。

 とにかくどういう経緯でこうなっているのかなど、ユーザの自分にはわかるはずもない。 A to Z といすゞ側できちんと対処してくれることを期待したい。

 それはともかく、Becamに乗っておられる方はマフラーがどうなっているのか確認されることをお勧めしたい。車検に出す前に販売店に相談された方がいいと思う。もちろん自分のケースがどうなったかはここの投稿で報告したい。

納車直後の写真があった。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (5)

ついにミラーモニターが死んだ (2016/11/3)

2016年11月03日 | アラモの故障・不具合...
 今日の聖湖キャンプ場は時々日が差す朝を迎えた。外に出てみると何組かが秋のキャンプを楽しみにきている。



 ゆっくりと朝食を食べてキャンプ場の炊事場で昨日の分もまとめて片付けた。さあ、出発するぞとエンジンをかけたらミラーモニターがブルースクリーンになって映らなくなっている。



これまでは電源を切り入れしたら回復していたが、今回はまったくだめで、しまいにはピーピーアラームまでなる始末だ。

 じつはこうなることはわかっていたので予備のミラーモニターを買って、クルマに乗せていた。



 深入山の駐車場のことも考えて、先に行ってから取り換えることにして走ってきたが、いつもは見えているものが見えないのは心もとない。

 深入山の駐車場はほぼいっぱいになっていた。



 同じタイプのモニターにしたので取り換えは簡単だった。取りつけてコネクタをつないだらすぐに使える。はずだったがマルチモニターにする設定がうまくいかない。取説を家に置いてきてしまった。



 取り合えず遠方を見るカメラを下向きにして、真下も見えるようにしておいた。これは帰ってから設定しなおしだ。

 これから深入山に行ってくる。


日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

瀕死のミラーモニター  (2016/10/1)

2016年10月01日 | アラモの故障・不具合...
 快適化ではなく故障の話なのでまったく楽しくないが、ミラーモニターがもうすぐご臨終を迎えることになりそうだ。

 7月から9月の北海道のたびの間に3度くらい、ミラーモニターの画面が固まってしまったことがあった。これはスイッチのOFF/ONではだめで、モニターへの給電を停止したら回復していた。ところがここ数日は毎日1回は固まるようになってしまった。



 これはご臨終の前兆と思われる。それでも3年半大変役に立ってくれた。

 これでモニターしている後ろの画面が出なくなると不安でバックなどとてもできない。モニターカメラは2台ですぐ下と後方道路を映している。もしもすぐ下を映しているカメラが故障したら、もう一台のカメラを下向きにすればいいので、カメラの予備は持っていない。モニターは2画面を出すので(本来は3画面用)これが故障したらアウトだ。

 旅先で故障したらお手上げだ。そろそろモニターの予備を買ってクルマに積んでおいた方がいいかもしれない。このモニターの為に取り付けのベースを作成しているし、接続コネクタのこともあるので、今度も同じモデルにするしかないだろう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント