ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

これで今年の北海道のたびは終わりだ (2017/9/22)

2017年09月22日 | 2017/8-9 北海道のたび
 今日は北海道のたびの最終日になる。ぽつぽつ雨の降りだした山陽路を急ぐともなく走ってきたが、東広島の手前の1車線になる所の手前でネズミ捕りをやっていた。この場所で見るのは初めてだし、ユピテルナビのデータにもなく、レーダ探知機はピッとも音を出さなかった。内側車線の車が捕まっていたようだから、中央分離帯にレーダを設置しているはずだが、まったく気がつかなかった。

 広島市内に入ってちょっと寄り道もして、お昼を食べて帰ってきた。



 自宅に着くころに激しい雨が降ってきたので、片付けは明日かなと思っていたらそのうち上がり、片付けを催促されているような空模様だね。とりあえず衣類と食料品、PCなどを下したところで、なんだか長旅の疲れが出たようだ。
 クルマの中の掃除と洗車は明日以降にしよう。明日と明後日は晴れのようだ。



 出発時のODOメータは77,373キロだったので、今回のたびでは46日間で4,321キロ走ったことになる。そのうちの1,660キロは青森から東京経由で広島までの走行だ。青森から広島まで10日間かけている。そういうことなので今回の北海道滞在はかなり短かかった。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。


 

 

















































コメント (2)

家まであと80キロくらいだが、ここで体を休めよう、道の駅三原神明の里 (2017/9/21)

2017年09月21日 | 2017/8-9 北海道のたび
 名神大津SAを9時半ごろに出発して、中国道の三木小野ICまで約100キロ高速を走り、姫路で給油と昼食を食べたのちは国道2号線を走ってやってきた。

 ここは道の駅三原神明の里で、国道2号線を走るときにはよく立ち寄るところだ。





 ここから80キロも走れば自宅に帰れるのだが、もう17時を回ったし少し疲れた。それから今日中に帰り着く必要がない。さらに帰れば色々と片づけをしなければ落ち着かないので、かえって疲れてしまう。そんなこともあってこの道の駅で体を休めよう。

 ここは18時まで営業しているので、奥はさっそく店に入っていった。今に時間は野菜類はいいものは売り切れているので、そういったものを買うなら明日だが、奥の目当ては小物だ。何やら買っていた。

 ここは高台にあって、裏手に出ると眼下に三原の町と瀬戸内海を望むことができるが、目の前は工場群で残念ではあるがあまりぱっとしない。





 遠くまで見通すためには2階のテラスに上がるのがいいようだ。こうしてみると瀬戸内海がまるで湖のように見える。







 2階から見ると遠くに見えるのは、しまなみ海道の生口橋だろうか。


 今日は100キロが高速で220キロが下道だ。これでも連日よく走ってきたものだ。あともう少し。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
 
コメント

今日は走ったぞ。静岡県の東端から愛知県を横断、三重県をかすめて滋賀県まで、下道を400キロだ (2017/9/20)

2017年09月20日 | 2017/8-9 北海道のたび
 今朝のふじおやまの天候はぱっとしないが、富士は良く見える。上の方だけ朝日に照らされて少し赤くなっている。



 今日は下道で行けるところまで走ってみよう。それもGoogleさんの裏道は排してメイン国道を走ろう。246号で沼津に出てあとは1号線。愛知県に入ったら23号線を四日市まで、そして再び1号線で瀬田西ICに至る道だ。瀬田西ICから名神高速に入って、大津SAで落ち着いたところだ。





 この間、415キロ。休憩を含めた時間だが10時間半ほど走っていた。さすがに疲れた。今日はいつもは渋滞している23号線の四日市付近がかなりすいすい走れたのでここまで来ることができた。明日は大阪神戸の渋滞を避けて三木小野ICまで高速で行く予定だが、その後はどこまで走れるかな。

 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

さあ、帰ろう  (2017/9/19)

2017年09月20日 | 2017/8-9 北海道のたび
 お昼過ぎまでお孫ちゃんと遊んでいた。

 そろそろ帰らなければならないよ。さようなら、また今度遊ぼう。

 帰路はいつもの通り246号線経由でふじおやままで。



 空は晴れ間が見えないが富士はくっきり見える。何日に広島にかえりつけるだろう。





 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

久しぶりにお孫ちゃんと遊んで満足  (2017/9/18)

2017年09月19日 | 2017/8-9 北海道のたび
 台風が行き去った後の杉戸は晴れ。



 衣類の露店も産直店も元気に開店だ。しかし何だ、この暑さ。たまらずに春日部のショッピングモールに逃げ込んだ。久しぶりのエアコンを入れての走行だ。

 ショッピングモールで早めのお昼にして、いよいよお孫ちゃんに会いに行く。 お孫ちゃんは東京の南の方に住んでいるので、ここから国道4号線、環状7号線、8号線とつないで走って行く。このルートならば信号停止の回数が少なくて、順調に走ることができる。ただ、周りに合わせて加速・減速するので燃料はたくさん使う。予定よりも20分くらい遅れて到着だ。

 お孫ちゃんは、まだはいはいはできないが、腕で上体を持ち上げて顔を上げると可愛いよ!
寝転がって左右にごろりと転がって移動することはできるが、そちらに行きたいという意思を持って転がっているのかな? 見ていると飽きないよ。



 手も足もほほもポニョポニョして触ると気持ちがいい。そして持ち上げると重くなった。何回か高い高いと上に持ち上げていたら、腕が疲れてしまったぞ。

 夕食と婿さんが用意してくれた清酒を飲んだらすっかり気持ちよくなってしまった。

 そろそろお暇して、クルマに戻って寝よう。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

一日雨中の走行でさえない日、宇都宮で餃子を食べて杉戸にやってきた (2017/9/17)

2017年09月18日 | 2017/8-9 北海道のたび
 道の駅東山道伊王野では雨の降りだした中で、大鍋芋煮と新米まつりが開催される。前日に見ていたテントは毎日出しているものではなく、そのための準備だったようだ。そして駐車場も車でいっぱいになってきたので、邪魔にならないように野菜を買ったらすぐに出発だ。

 3月下旬に行った際には工事中だった、道の駅きつれがわのリニューアルの様子を見て、ついでに温泉にでもと思って走り出した。そしてお昼は宇都宮で餃子を食べてと思いながら走っていたが、これではお昼が相当遅くなってしまう。それで宇都宮直行とすることにした。

 餃子のお店を探すのがめんどうなので3月と同じく、宇都宮みんみん 高根沢店 。



 ここはスーパーマーケットの駐車場に面してお店があるのでなかなか便利なのだ。





 ここから国道4号線に出るとあとは信号の少ないバイパスをひたすら走る。途中の道の駅しもつけで一休み。ここは雨の日なのに、車が多くて大型車駐車場に回されてしまった。外に出るのもおっくうなのでバンクに転がっていたら、いつの間にか眠っていた。

 ここにいてもいいが、もう少し東京に近いところまで走ろう。近くにある温泉に入ってから走り出して着いたのは道の駅アグリパークゆめすぎとだ。もう営業時間外ではあるし真っ暗。入り口を行き過ぎてしまった。ぐるっと回ってトラック駐車場の横から入っていった。



 一夜明けて、雨も風もそれほど強くはなかった。それでもこんなになっていた。






 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

道の駅「国見」と道の駅「東山道伊王野」 (2017/9/16)

2017年09月16日 | 2017/8-9 北海道のたび
 道の駅村田では開店時間の9時まで待って買い物をしてから出発することにした。そのつもりでクルマの中でのんびりしていたら、20分くらい前からレジ袋を持った人たちがどんどん出てくる。遅れてならじと店に入ると、もう皆さん買い物をしていた。村田時間なんだろうか?

 奥はここで生でも食べられるというとうきびを一袋買ってきた。今回の北海道のたびですっかりとうきびFANになってしまったようだ。

 それでは出発しよう。村田は国道から離れているので、しばらくは狭い道をごにょごにょと走って、国道4号線に出てきた。国道4号線は順調だ。

 福島県に入って、あるところでぱったりと流れが止まった。左手を見ると道の駅に車がいっぱいになっている。ここに入る車のために渋滞しているようだ。



 こんな人気のところならちょっと立ち寄っていこう。これが道の駅「国見」だ。



平屋で駐車場に向かって左右に長い。





右の端にミニストップがある。夜にはこれが便利だ。

そして左端がレストランで、11時からの開店だ。ここで¥1,280でランチビュッフェをやっている。食べすぎになるのでこういうのは良くないのだが、結局食べることにした。



おなか一杯にはなったが、あまりお得感のないお昼だったかな。

 ふたたび国道4号線を走って温泉は矢吹町の あゆり温泉 だ。ここは町営の公共の湯だ。泉質がすばらしい。アルカリ性単純温泉ではあるが、炭酸水素イオンが多く肌がツルツルどころか指をこすり合わせてもぬるぬるするくらいだ。露天風呂もある。玄関の外の蛇口から温泉水が流れていて、飲用できるようだ。コップも置いてある。おいしいというほどのものではないが、健康にいいかもしれない。フロントに断ってPETボトルに3本ほど汲んできた。

 さて今日の目的地は道の駅「東山道伊王野」だ。買い物もなしでひたすら走って、16時40分に着いた。さて、ここで夕食はあるだろうか?



 到着してすぐに奥が店外の常設屋台で串焼きなどを調達してきた。これで一安心だが、店に入ってきてホールのシフォンケーキなどを買っている。おいおい、それも食べるのかい。
お孫ちゃんの所に行って食べるのだそうな。(結局自分が食べたいだけのような気がするが・・)

 ここの道の駅にはいろいろある。もう夕刻でテントはすべてたたまれているが、どんな店があるのだろうか。ただ明日は台風の接近で激しい雨が降るようなので、営業ができるか心配だ。

 

 道の駅の別棟でレストランとさらにそばの店がある。





その奥に大きな水車があって、この動力でそば粉を挽いているようだ。これは本格的だ。



 そのそばも食べたいが、あすはここに昼までいるわけにもいかないのが残念だ。





日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
 
コメント

平泉の中尊寺に立ち寄った (2017/9/15)

2017年09月15日 | 2017/8-9 北海道のたび
 国道4号線を南下していく際に、平泉の中尊寺を外すわけにはいかない。国道4号線の平泉バイパスの横に、道の駅平泉がある。まずはここで平泉観光の情報を手に入れよう。



 道の駅の中はモダンで和の雰囲気も盛り込んでなかなか感じの良い空間だ。



 ここに観光案内の係員がデスクを構えていて、コンシェルジェみたいな感じがいい。

2階吹き抜けの大きな空間で上に和傘が浮いている。



ここで観光資料を頂いた。

 お土産や産直品、レストランは別の空間に仕切られていて、雰囲気を壊さないようになっている。

 まず、平泉文化遺産センターに行ってみよう。



ここの展示室内は撮影禁止なので写真はない。ここでは平泉の歴史取り上げている。特別展として奥州藤原氏時代の年中行事を再現した模型などが展示されている。



 ここから歩いて中尊寺に向かった。月見坂の入り口まで600メートルくらいだ。



 ここが中尊寺の入り口、月見坂のスタート地点。

 いきなりかなりの坂道だ。それも石畳も何もなく地道で急坂なのだ。300メートルも登ると緩やかになるが、ここまでが一苦労だ。



 まもなく右手に上がっていくと中尊寺の本坊表門だ。





 この門の正面が本堂。



本堂では仏前結婚式が執り行われていた。



 本堂正面から左手に進んでいくといくつかお堂があるが、それは飛ばして讃衡蔵というのがあってここに中尊寺の寺宝と金色堂の解体修理の資料などがある。



それよりもその隣が金色堂の(新)覆屋でその中に金色堂がある。建物をまた建物で覆うというのも金色堂であるが故のことだろう。金色堂が造られたのが1124年。その50年後には覆屋で保護されるようになって、その後何度か覆屋の修理が行われて、1965年になって現在の鉄筋コンクリートの覆屋になり、さらにガラスケースの中で保護されるようになった。



覆屋の中、当然金色堂も撮影禁止だ。昭和の解体修理の結果まさに金色に輝いている。この感動は実際にここを訪れてみないとわからないだろう。

 ここの奥にそれまで金色堂を護ってきた旧の覆屋がある。



 金色堂がないのである意味がらんどうの建物だが、これも年月を越えた素晴らしい建物だ。



 他にも中尊寺はまだまだ見るべきものもあるが、このくらいで中尊寺を後にした。

 さらに平泉には毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡などほかにも色々あるがそこはパスして、先を急ぐことにした。

 


あとは南下して仙台市街地の西側をかすめて、道の駅村田にやってきた。



 もう営業時間外だ。ただ冷たい雰囲気であまりフレンドリーな感じがしない。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。





コメント

八幡平の後生掛温泉は素晴らしい (2017/9/14)

2017年09月15日 | 2017/8-9 北海道のたび
 下道で広島に帰るには国道7号線、8号線と、日本海沿いに走っていくのが常道だ。しかし、今回は東京を目指して走っていく。

 お孫ちゃんに会うためだ。走っていく途中でこれまで行ったことのないところには立ち寄っていこう。

 そういう方針で八幡平に行って、秋の始まりの中の高原の空気を感じながら歩いてみよう。天気予報では一日中晴れで、ちょうどいい。

 その前にまず温泉。「馬で来て足駄で帰る後生掛」で有名な、後生掛温泉だ。この温泉に入れば、羊蹄山登山でダメージを受けた足も回復するのではないかな?

 八幡平に近づいていくと温泉が多い。カーブを曲がるたびに温泉の入り口があるというのは大げさだが。

 後生掛のすぐ手前にビジターセンターがあるので立ち寄った。駐車場には一台もいない。





 ここで八幡平のトレッキングガイドでもあるといいなあと思っていたのだが、残念ながら期待したものはなかった。





 ビジターセンターらしく動植物関係の展示は充実している。駐車場は広くて水平、トイレも充実しているが車中泊は禁止だと明示されていた。


 まあいいや、すぐそこの 後生掛温泉 に急ごう。



 おおお!これは。温泉の建物の手前からもうもうと湯けむりが上がっている。



 こちらは温泉旅館そのものの入り口で、日帰り入浴はこの前に車を停めて、右の方の坂道を降りたところにある、下の建物から入るようになっている。

 ここは湯治を中心にした旅館で、別棟がいろいろ立ち並んでいる。馬で来て・・・も長期に滞在して毎日何回か入浴しなければだめなんだろうな。

 さあ、お湯に入ろう。

浴室内部は木造でレトロだが広い。後生掛温泉の公式WEBから写真を拝借したがこんな感じだ。



メインの浴槽は「神経痛の湯」とある。少し灰色に濁った湯。手前の泡を出しているのが「火山風呂」。中段にあるのが「箱蒸し風呂」で木箱から首だけ出して汗をかくのだが、すねに当たる蒸気が熱くて参った。その左は温泉の蒸気の「サウナ」。右の奥に一段下がって
「泥風呂」と「打たせ湯」。泥風呂は底に泥が沈殿していて、それを掬い取って顔に塗って汗が出るまで入ってから洗い流すと、顔がツルツルになった。そして滝湯はかなりの水圧でお湯が落ちてくる。これをふとももに当てるとマッサージ効果抜群だった。かなり痛みが楽になったような気がする。そして露天風呂だが軒先をとりあえず露天にしたような簡単なもので、これだけはちょっと期待外れ。

 この露天風呂のまえの塀の下に小川が流れているなと思って覗き込んでみたら、なんと泥の温泉がざあざあと流れている。なるほどここは基本がこの泥のお湯なんだ。


 すっかり気持ちよくなって、八幡平に上がっていく。

 ところが上に来ると右手からどんどんガスが上がってくる。





 頂上までくると冷たい雨とこのガスで外に出て歩く気分にはなれない。





 駐車場にも入らず、早々に下ることにした。

 もう立ち寄るところももない。途中のスーパーで夕食を買って道の駅「石鳥谷」にやってきた。



 もう閉店間際だったが奥はクルマを止めるとすぐにすっ飛んでいった。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

羊蹄山に登って素晴らしい下界の景観に感動しただけじゃなく、もっと素晴らしいことが (2017/9/11)

2017年09月13日 | 2017/8-9 北海道のたび
羊蹄山は登り始めて七合目までは樹林の中を歩いていくので、ただ苦しい登りが続くだけだ。だが時折林が開けている場所があって、そこからの眺めは頂上からのものを十分期待させるものがある。



これは四合目付近からの眺め。



手前に紅葉があるものは六合目の手前あたりだ。中央の湖が洞爺湖、その向こうに噴火湾。肉眼では駒ケ岳も見えたがこのカメラでは無理のようだ。

八合目を過ぎると、樹林は終わって下界の眺望が開けてくる。そして紅葉が鮮やかになってきた。





もう少し上まで行くとこんな景色も見ることができる。



九合目を過ぎる頃から山頂方面も見えるようになってきて、こんな素晴らしい紅葉が見られる。







これが羊蹄山の上まで登ってきて一番の収穫だ。







 この紅葉に比べると山頂もそこからの展望も色あせる。





登山者なら見慣れた景観とも思うが、自分としてはこれほどの紅葉を見るのは初めてだ。
いつもの紅葉狩りなら平地のカエデだったり山峡の崖をまばらに彩るカエデなどだ。あるいは山いっぱいの黄葉も。

しかしこの日の羊蹄山の紅葉の眺めは下界の景色も相俟って素晴らしいとしか言いようがない。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

今年はこれで北海道ともお別れ青森の最初は道の駅なみおかだが、ここの産直品店はすごい (2017/9/13)

2017年09月13日 | 2017/8-9 北海道のたび
 函館フェリーターミナルの駐車場で車中泊したので、フェリーに乗船のために頑張って走る必要はない。おまけに12時の便なのだ。それで7時40分発の青森行きが出たら、乗船のための駐車レーンに並べてからゆっくりしようと待ち構えていた。

 

 7時40分のブルーマーメイドが出ていった。すぐにフェリー乗り場に移動した。

 その後港内をぶらぶらと見て歩いていた。するとちょっと変わった船型のフェリーが係留されている。





 双胴のフェリーでこれは速そうだ。船名はナッチャンWorld ?どこかで聞いたことがあるぞ。と思ったら、ありました。フェリーを退役した後、自衛隊と優先契約して災害派遣や自衛隊の訓練の輸送を行うほか有事の際には船そのものを自衛隊に貸し出すことになっているそうだ。

 その隣に大間航路の大函丸が入って、乗船が始まった。



 今回の乗船プランは、青函をクルマと乗客8名まで¥14,800で運んでくれる海割ドライブという料金プランだ。これが大間航路なら¥11,800、こちらはかなりの人気のようで、予約できなかった。

 出航の40分前に乗用車から乗船だ。乗用車の先頭だと思っていたら、横の方から係員に誘導された軽ワゴンが自分の前に乗り込んだ。乗船してスタンダードの船室に落ち着いた。それが何のことはない、カーペット張りの大部屋だ。



 定刻に出航。今年の北海道はこれでお別れだ。

 出航してからしばらくしてカーペットに寝転んだが、床が固くてとても寝ていられない。仕方なしに海の見えるところで椅子を探したら上層階のプロムナードデッキに椅子やテーブルがあった。さらにオートレストランというのがあって、自動販売機で買った食事などを食べるところで、ここもガラガラだった。
 いよいよ津軽海峡の真ん中だ。



 西の方に北海道の白神岬と青森の竜飛岬が見える。

このあたりから白波も目立つようになってきて、わずかに揺れる。



 そして下北半島の西岸を左に見ながら南下していくと青森に到着だ。

 青森では先入れ先出しで乗用車を先に出してくれたので、さっそく青森に上陸だ。青森市内で買い物をして、今日は道の駅なみおかにやってきた。





 ここは乗用車の駐車場を囲むように店が立ち並んでいる。食事の店もあるが、産直野菜の店が色々とある。さらに道の駅の産直店やその前にテントを張ってリンゴを売っている店もある。そうだよな、ここはリンゴの産地だもの。



 こんな混沌としたところも好きだ。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
 
コメント

明日のフェリーに備えて函館まで移動、フェリーターミナルの駐車場で車中泊だ (2017/9/12)

2017年09月12日 | 2017/8-9 北海道のたび
 今朝のニセコは雨で始まった。雨にもかかわらずニセコビュープラザには車がどんどんやってくる。



 この雨ではニセコビューといっても周囲の景色はガスに覆われている。



かろうじて羊蹄山の下半分が見える。道の駅の開店まで待って、最後のとうきびとトマトと・・・を買った。

 明日のお昼には函館から出ていよいよ北海道ともお別れだ。今日のうちに函館まで移動しよう。国道5号線をずっと走っていくだけだ。

 途中の長万部でモダ石油の看板があったので給油した。北海道に来て最初に給油したのは帯広だった。その時に2万円ほどプリペイドに入れて、今回で丁度使い切った。一月ばかりの北海道の燃料代が約2万円だったわけだ。

 モダ石油の先に三八飯店があった。ちょうどよかった。お昼をどうするか考えなくても済む。





 奥は浜ちゃんぽん、自分はあんかけ焼きそばのレギュラーだ。これでおなか一杯になった。

 今日は走るのみ。函館についてまずはコインランドリー、ついで温泉、そしてショッピングセンターでお土産と今日の夕食。

 今日は一番めんどうのないフェリーターミナルの駐車場だ。24時間で¥500。




 ついでにフェリーターミナルまで行ってみた。





 フェリーターミナルは24時間開いているそうだ。また乗船用のレーンの横にもトイレがあった。



 明日はこのスマートチェックインを通って乗り込むことにする。予約の際に表示された二次元バーコードをスマホで撮影しておいたのだ。






日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

念願の羊蹄山に登ってきた (2017/9/11)

2017年09月12日 | 2017/8-9 北海道のたび
 いつか登りたい山としてリストアップしていた羊蹄山に登ってきた。



 4時半に起きてまず天気予報を確認。よし15時までは晴れマークだ。

 ばたばたと準備して出発したのが6時前だ。

 前日朝の雨の影響か登山道は少し湿って滑りやすい。それにしても最初からかなりのかなりの傾斜ののぼりだ。



途中で木や岩が大きな段差を作っているところもある。





 7合目までくるともう足が重くなってきた。それで頑張って火口縁に到着した。



 ここまで5時間かかっている。天候は晴れの予報だったがずっと明るい曇り空。でもガスがかからなくてよかった。



 山頂はこの火口の縁をぐるりと回った反対側にある。

 足はよれよれだがやはり山頂に行かないとここまで来た甲斐がない。楽そうな時計回りルートで行こう。



 写真を撮りながら約1時間で山頂に到着だ。




 この山頂のすぐ下でお昼にした。





 前日の夜に作ったおにぎらずと朝には保温マグにインスタントの味噌汁を詰めてきた。
周りの景色は雄大できれい。洞爺湖、噴火湾まで何とか見渡せる。

 そのまま火口縁を回っていくとこの先はずっと岩場が続くようだ。もうあまり元気がないのでもと来た道を戻ることにした。

 足元がスリップするのですいすいとは歩けない。

 一合目の看板を見るころは16時半ごろだが、林の中は薄暗くなってきた。何とかクルマに戻ってきたのが17時だ。

 もうとにかくひざはがくがくで、太ももの前側の筋肉が痛くてたまらない。
急いでニセコのAコープと温泉を回って、道の駅にやってきた。とにかくこれほど疲れたことはなかった。

 上まで登ってうれしかったことがあるが、それはまた後日投稿しよう。

 
 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。


 


コメント

本日の羊蹄山の登山はあきらめて、明日改めてチャレンジだ (2017/9/10)

2017年09月10日 | 2017/8-9 北海道のたび
 今日、羊蹄山に上るという意思のもとに、午前4時に目を覚ました。あれあれバンクの屋根を雨がばらばらとたたいている。予報では6時過ぎには止むようだが、どうやら夜半から相当量の雨が降ったようなのだ。駐車場にも盛大な水たまりができている。う~ん、困ったぞ。これから晴れるとしても、足場がどろどろ、岩場が滑り周りの樹木がびしょびしょというコンディションで登りたくはないなあ。それでふて寝を決め込んだ。

 7時半ごろ外に出て山を見たら、少しガスがかかっているようだ。





 道の駅はこんな状態で早い人はもう出ていったようだ。

 それから10分経ったら山全体がガスに覆われてしまった。



 もう本日の登山はあきらめたので、山の様子に一喜一憂しても仕方がない。
 さて今後の日程と明日の天候を考え併せて、明日もう一度羊蹄山登山にチャレンジすることにして、もう一日この付近でのんびり過ごすことにした。 

 道の駅にもなかなかお客さんが来ないが、もう売り上げに貢献しないやつが居座ってもいけない。ここは明日の登山のベースになる羊蹄山自然公園に行ってみよう。



 羊蹄山に向かって真っすぐ進んでいく道を登りつめると真狩キャンプ場だ。その入り口に登山者用駐車場がある。



 ここに到着したのが11時過ぎだが、ここの駐車場はすでに満車になっていた。天候が良ければ登るという人がこれだけいるわけだ。(単に自分が弱腰なだけだが)

 仕方がないので少し下にあった道立羊蹄青少年の森の駐車場に行ってのんびり過ごすことにした。





 ここは広い芝生の広場にアスレチックがばらばらとあるほか、デイキャンプ施設などがある。ここから見る羊蹄山はひときわどんと座っていて威圧感がある。



 そろそろお昼時。昨夜山登りのために作ったおにぎらずとインスタントの味噌汁でお昼ご飯だ。



 夕食の買い物もあるので道の駅ニセコビュープラザ方面に行ってみる。

 この道の駅は大変な賑わいだ。



 そしてニセコアンヌプリもきれいに見える。



 さらに先のセイコマートまで行って¥500のワインを買ってきた。

 羊蹄山自然公園の入り口にある横内観光農園で湧水を汲んでいこう。





ここはいつも大賑わいだが、今日は日曜日とあってたくさんある湧水の蛇口に並ぶほどだ。

 それだけではいけない。無料の水をもらったのだから名水豆腐を買っていこう。少々高いがおいしい。





 そしてキャンプ場前の登山者用駐車場で明日の前泊だ。昼間いっぱいだった駐車場もほとんどは下山して帰っていった後だ。



 このすぐ上の建物は展示室ときれいなトイレがある。キャンプだけでなく登山者用の施設でもあるようだ。



 羊蹄山の模型がある。登山ルートがよくわかる。





 明日はいい天候になって、山にガスがかからないことを期待しよう。


日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。


 
コメント

北海道で一番の湖に行って、蝦夷富士のふもとまでやってきた (2017/9/9)

2017年09月09日 | 2017/8-9 北海道のたび
 千歳は夜明けに雨だ。雨になるのは想定外だった。その雨も8時ごろには止んで、時折陽が差すようになってきた。これはいいぞ。

 道の駅の産直野菜を買って、支笏湖に向かう。晴れ間も出てきたので気持ちよく走れるし、ソーラー充電にとっても有り難いことなのだ。



 ところがこの千歳から支笏湖に向かう道路は、走りやすいいい道で両側に原生林がずっと続いている気持ちのいい道なのだが、この時間は日差しがさえぎられてしまう。

 まあそれは小さな悩みだな。

 支笏湖温泉まで来たが、ここが目的ではない。ここから湖岸の国道453号線を走っていく。途中の駐車場で小休止。



 ここからでないと樽前山がきれいに見えないのだ。

 ポロピナイに立ち寄って、ここで昼食にした。アラモの中でインスタントの味噌汁を入れて、千歳で買ってきたお弁当だ。涼しくて空気はおいしいし、景色もいい。



 ここまでくると樽前山は風不死岳の向こうに隠れてしまう。

 ここから札幌に向かって登っていく。しばらく走ったところで左分岐。この先がオコタンペ湖だ。自分としては北海道で一番の湖。



 湖岸まで降りる道はない。上の道路から眺めるだけだ。



 湖水の色がエメラルドグリーンだ。今日は晴れているのでいい色を見ることができた。



 実は30年近く前からこの湖のファンなのだ。そのころはここで出会う車も人もなかったが、今日はしばらく見ている間に6台くらいの車がやってきた。それもレンタカーだ。

 もう一度支笏湖に引き返して、今度は支笏湖の南岸の国道276号線を走って、喜茂別方面に向かう。だが、その途中で洞爺湖方面にちょっと寄り道だ。

 コメントで教えてもらった大滝区ふるさとの湯に入るためだ。



 ここは大滝村の時代からある共同浴場を伊達市に合併した際に立派な建物に建て替えて、伊達市民だけでなく市外の利用者にも開放している。つまり無料だ。はいったところに利用者を確認するために大滝区住民、伊達市民、市外の区分で「正」の字で書きこむ。今日は市外が圧倒的に多かった。

 浴室も普通の公衆浴場くらいにはきれいだった。

 隣に地場野菜などの店もある。



 これもなかなかいいぞ。

 またUターンで喜茂別方面に向かう。

 峠を越えていくと羊蹄山が見えてきた。山頂に少し雲がかかっているが、きれいに見えている。



 明日もこの調子で晴れてほしいものだ。

 途中でよく見えるポイントに出た。



 ここから見るとかなり険しい山に見えるなあ。実は明日の天候が良ければ羊蹄山の登山をもくろんでここに来たのだ。

 今日の所は道の駅真狩フラワーセンターまで。





 フラワーセンターというだけあって温室は立派なものがある。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント