ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

スマホのGPSユニットがへたばったのか ? (2018/12/31)

2018年12月31日 | 日記
 昨日は墓参りに行ってきたわけだが、ルートは表も裏も知り尽くした道なのでナビの必要はない。しかし年末の交通状況を考えると渋滞の状況が知りたい。

 そこでスマホのGoogleMapを立ち上げたら、現在位置がでたらめでいつまでもGPS信号が捕まらないようなのだ。

 どうしたことか。GPS Status(GPSの状態)を見たら、全く衛星の電波が捕捉できていない。電源を落として1時間後に再度トライしたが変わらず。



 参ったなあ。設定面で色々やってみたが全く反応なしだ。GPSのユニットがへたばってしまったのかなあ。

 通話やLINEの受信が時々不調になることもあるのでそろそろ買い替え時なんだろうか。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

年末の墓参り (2018/12/30)

2018年12月30日 | 日記
 2018年がもうすぐ終わる。今年は全国的に、そして広島県でも災害の多い年だった。我が家は幸いにして災害に遭うことなくこの一年を終えることができそうだ。

 毎年日取りは一定していないが、今日は年末の墓参りに行ってきた。最初はスクーターで出かけようかと思っていたが、なんと寒いこと。すぐにへたれて、やっと自走できるようなったアラモで出発だ。

 走って行くと廿日市市の山の方に雨雲なのか雪雲なのか不穏な様子で、ちょっと怖くなってくる。我が家のお墓は岩国市の山の中にあるのだ。まあ、タイヤは一応オールシーズンタイヤだから、何とかなるかな。

 墓の近くまで行ったが、雪もなく心配するほどのこともなかった。

 今の時期は草もはえていないので、両側にある親族のお墓も含めてお花を活けて、て、て、
花が入らない。親族が先だってお参りをしてくれていたようなので、枯れそうな花を取り除いて持ってきた花を立てようとしたのだ。ところがなんと花を入れる花立の中の水が凍結しているのだ。

 何とか氷を取り除いて花を立てて、お線香を供えて拝礼  



 とりあえずこれで気持ちはすっきりだ。
あ、家の仏壇は  まだだ


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (2)

SUB2の充電回路の電圧降下の主犯に目星をつけた (2018/12/29)

2018年12月30日 | アラモの快適化
 時間をかけてやっと出来上がった充電切り替え回路だが、ちょっとエンジンをかけてSUB1とSUB2の両方に充電してみたところ、SUB2の電圧がちょっとおかしい。20A充電して0.7Vほど電圧降下がある。SUB1の側なら20Aなら0.4V程度なのだ。

 問題の一つは下の写真の右奥のターミナルで、ここでSUB2からのケーブルを中継している。確認時点ではインバータの取り付け前だったのでターミナルのボルトを仮締めしていた。



 だが、電圧降下の主犯は想定外の所にいた。



 それがこいつ。80Aのブレーカーだ。15Aの電流を流して0.2V電圧降下がある。抵抗にして13mΩだ。



心配していたバッテリーリレー(走行充電リレー)は0.013Vだから1mΩ以下。公称1.5mΩ以下とというのは伊達ではない。

 ブレーカはこんな小さなケースの中に接点開閉機構を入れているのだから、それなりにロスもあるだろう。それならそれで手だてはある。80Aのヒューズに置き換えればいいのだ。

 もう少しSUB2が放電したら充電電流も大きくなるし、もっと広いところに行って正確に測定してみよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。



コメント

随分時間がかかったものだ ようやくサブバッテリー充電切り替え回路が組みあがったぞ (2018/12/27)

2018年12月28日 | アラモの快適化
 マイアラモの充電切り替え回路の改良に取り掛かったのは、11月末のことだった。7~9月の北のたびに出かける前に25.6V/80AHのリチウムイオン電池、24V/160AHの鉛AGMバッテリー、12V/200AH鉛バッテリーに、ソーラーやオルタネータから充電する切り替え回路を作って、出かけて行ったのだった。



 ところがこの構成では天候に恵まれない日が続き、一ヵ所に連泊するという旅のスタイルには電力の供給不足だった。

 それで更なる改良をしていたものが、ようやくできたのだ。



 とりあえず組みあがって機能試験をしてみたが、計画通り動くことが確認できた。



 まてまて、メータの読みではMAIN→SUB2の充電の電圧降下が大きくて0.7Vある。電流は20Aだから抵抗が35mΩということになる。MAIN→SUB1は17mΩなんだけど。

 
 もう少しチェックしてみよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

ニッケル水素電池の充電にSANYOの古い充電器を使っていたが、適合しないことがわかって慌てた (2018/12/25)

2018年12月25日 | 日記
 自宅で使う様々な小型電器にはニッケル水素電池を使うものも多い。その昔はニッカド電池だったなあ。その頃買った(ひょっとしたら電池とセットだったも)充電器NC-M54は Ni-MH/Ni-Cd と書いてあるので、ニッケル水素電池にも使えるじゃあないかと、ニッケル水素電池にもこの古い充電器を使っていた。eneloopでも使ってきたし、最近はEVOLTAも充電している。



 ”普通に問題なく”充電できていると思っていたが、この充電式EVOLTA電池はSANYOの充電器NC-M54の対象外だというのだ。



 裏側の裏側の注意書きには
『サンヨーニッケル水素電池「トワイセル」、カドニカ電池専用充電器です。乾電池や他の充電式電池は使用しないでください。』
 とある。その頃には eneloopもなかったので、そうかいてあるのだろう。改めて現在のPanasonic(SANYOはPanasonicと合併した)のサイトで適合表をみるとeneloopには「一応」使用可能らしい。

 12Vの鉛バッテリーでも色々なものがあるわけだから、ニッケル水素電池もブランドによって違いがあって充電制御が異なるのもわかる。劣化がないようにきちんと満充電にしようとすると専用充電器が必要になるわけだ。

 このNC-M54という充電器は急速充電器ということで、2本同時に充電する場合はそれぞれ920mAで急速充電(4本なら460mA)する仕様になっている。この最大充電電流と充電終期の電圧と満充電検出をSANYOのニッケル水素電池に合わせてあるわけだろう。

 EVOLTAもいくつか持っているので、EVOLTA用を買わなければいかんかなあ。そう思って物色していたら、Panasonicの最近の充電器はeneloopとEVOLTAの両方に適合するようだ。それならPanasonicの充電器でもいいかなあ。だが、他にリチウムイオン棒電池の18650を持っていて、これの充電器の出力が800mAなので充電に時間がかかっているのを思い出した。

 これらを一挙に片付けるために汎用の充電器を買ってきた。



 MiBOXER C4 という中華製の充電器で最大1.5A(Ni-MHは最大1.0A)で充電できる。

 かなりでかい。まあ26650まで充電するの仕方ない。
 AA(単3)のEVOLTAではスロットがスカスカで落ち着きが悪い。この辺りはスペーサーでも作ろうかな。チャンネル(スロット)ごとに独立して充電制御をしている。CH1は充電を始めて4分後には0.65Aで充電していた。他のCHは0.6~0.8Aとばらばらだったが、しばらくする1.0Aで充電するようになった。電池の状態に合わせて充電電流(電圧)を制御しているようだ。



 終盤には充電電圧は1.5Vまで上昇した。



 CH1は78分後に満充電になって充電を自動的に停止したが、他のCHは遅いもので90分かかった。どのCHも少し温かくなる程度の温度上昇にとどまった。使用中に直列で使っていた4本の電池でもばらつきがあるので、こうして個別に自動で充電制御できるのはありがたい。
今回のEVOLTAは最小1000mAhの電池だったが、今回最終的にどれだけ充電できたか確認していなかった。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

キャンピングカーはメインバッテリーが上がっても心配はいらない (2018/12/23)

2018年12月24日 | キャンピングカー
 メインバッテリーの液漏れ騒ぎでメインバッテリーを取り外して充電していた。もうすぐ6年になるバッテリーなのだが、通常使っている時には不具合は全くない。  4年間ぐらいはサブバッテリーとの間に遅延リレーも入れていなかったので、起動時はサブバッテリーからも始動電流が流れていたと思われるし、アラモはBeアシストというキャパシターがついているのでここからの電流もあって、メインバッテリーの負担が小さかったのではないかと思う。  その後、遅延リレーを入れて始動はメインバッテリーだけにしたわけだが、なかなか元気にエンジンがかかっている。ちょっと走行後にほったらかしにしても1週間後でも24.0V程度の電圧がある。  今回、メインバッテリーを取り外したので3A/29.4Vの充電器で充電だ。ところが24時間充電しても29.2Vまでしか電圧が上がらない。その時の充電電流が2Aでバッテリー槽内からポコリポコリと気泡が出ていた。80D26なので5時間率が新品でも55AHのところを、24.1Vから充電を始めて既に70AH以上充電している。これはバッテリーの劣化が進行して、これ以上は充電しないでもう電気分解をしているだけだな。  それなりには劣化しているということだろう。でもいけるだけ使っていくことにしたい。万一メインバッテリーがへたばって、エンジンがかからないような事態になっても、イグニッションを入れて遅延リレーがつながれば、SUB1とBeアシストでエンジンはかかるので心配はしていない。そいうことでメインバッテリーはバッテリー上がりになるまでは使っていこうかと思う。それから注文しても遅くはない。  これは走行充電リレーでサブバッテリーを充電しているキャンピングカーなら、どれも同じような事情かと思う。Beアシストはアラモのおまけのようなものだが。ただサブバッテリーの為にはあまりよろしくないとは思うので、自己責任でどうぞ。  日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。 ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

メインバッテリーの液漏れを疑ったがそうではなかった (2018/12/23)

2018年12月23日 | アラモの故障・不具合...
 メインバッテリーの下の地面が濡れており、バッテリーの奥側の接栓の付近も濡れていたのでバッテリーからの液漏れを疑って心配していた。



 メインバッテリーを取り外してバッテリー液を確認したが、減っているようでもない。どうであれ今回の充電回路の改善のために、メインバッテリーからの配線を取り直す必要がある。そこでSUB2に延びているケーブルを外したところ、保護用のコルゲートチューブから水か落ちてきた。



 こいつはSUB2に充電用のケーブルだが、外部へのハッチの開口部の横を通っている。このコルゲートチューブのスリットから雨水がチューブの中に入ったようだ。狭い場所を通っているので、チューブにビニルテープを巻くことができなかったのだ。



 今度は一度少し引っ張り出してからテープを巻いて、奥に押し込んだ。それと配線整理の時には影響のないように上側にタイラップで固定しよう。

 メインバッテリーを出したついでにバッテリーの架台の錆びたところに錆止めを塗布した。



 さて、明日は天候もいいようだ。まじめに配線の引き回しをしよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

メインバッテリーから液漏れ? 駐車場の地面が濡れている (2018/12/19)

2018年12月19日 | キャンピングカー
 先日来、電装ボックス内で従来の充電システムの内、不要となる機器や配線の取り外しをしている。が、何よりもSUB2のLIBに充電するためのバッテリーリレー(走行充電リレー)の取り付け場所を決めて、そこまでリレーのコントロール用の配線を通す必要がある。

 そういうことで、ようやく重い腰を上げてメインバッテリー周辺のリレー取り付け場所を探し始めた。



 でもメインバッテリーをの下を見たらそれどころではない。メインバッテリーの下の地面がかなり広い範囲で濡れている。
5日間くらい動かしていないし洗車もしていない。雨が降ったのはいつのことだったかな?



 バッテリーの上面の奥の方が濡れている。さらにバッテリーボックスの下側に液だれの跡がある。



 どうやらバッテリーの液漏れは間違いないようだ。念のためメインバッテリーの電圧を見ると24.1Vあるので大量に漏れているようでもない。



 これはここ最近の電圧から見て正常範囲と判断される。メインバッテリーは新車購入後5年8か月、約10万キロ走行したが、元気そのものだ。電気的な数値から見てもまだいけそうなんだけどなあ。

 バッテリーの液面をそのまま確認することができないので、いつものようにスポイトで吸い上げてみたら奥の方のセルは少しだけ減っているようだ。

 何が何だかわからない。ひょっとしたらバッテリーのケースにひび割れでもできているのかもしれない。

 心配になってメインバッテリーを取り外して確認することにした。



 2本共にバッテリー液がLOWERレベル以下にはなっていないが、奥側のセルが手前よりも少し少なくなっているかな。ケースの損傷はない。

 奥側のセルのバッテリー液が上の栓からあふれたように思われるが、ここ5日間はエンジンをかけたこともなければ、充電したこともない。どうして上からバッテリー液があふれたのか、よくわからない。ただ昨日、メインキーをONにしてパワーウィンドウを少し上下させた記憶はある。それで急激に電気分解ガスが発生してバッテリー液があふれるとも思えない。因果関係が分からないので手の打ちようがあない。

 せっかくメインバッテリーを取り外したので、外部充電器で充電しておこう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

自宅で食べる自然薯ぶっかけうどんは準備が大変だ (2018/12/15)

2018年12月15日 | 日記
 讃岐うどんが好きで、時々半生うどんを買ってきて、自宅でゆでてしょうゆうどんや釜玉うどんを食べている。



 ネットで注文すれば有名店のものも手に入るが、広島のスーパーマーケットでも製麺所の半生うどんを売っている。今日のお昼は自然薯ぶっかけうどんを食べようか。

 本場讃岐の某有名店では、その昔「ネギは畑から取ってきて自分で刻む」というのもあったようだが、じ~さんのの経験では日の出製麺所でテーブルに置かれたネギをキッチンはさみで切るぐらいしか知らない。それはともかく今回は庭に出て自然薯を掘る所から始まった。



 自然薯のツルが枯れてしまってどこに薯があるのかわからなくなっているので、ありそうなところを移植ごてで少しずつ探って3本ほどが見つかった。



 デラウェアの根が伸びているので、スコップでザクザクと掘り込むことができず、移植ごてでチマチマ掘っていくと出てきた。



 まだ小さいな。2年物くらいだろうか。

 この小さいほうの2本を食べよう。上側1/3は来年のための種イモとして残したが、こう小さくて細くてはすりおろすことは難しい。そこで小さく切ってだし醤油と生卵と一緒にスティックミキサーにかけたら、あっという間に自然薯とろろの出来上がりだ。





 その合間にうどんをゆでておく。



 出来上がりだ。



 これはなかなかいけるぞ。手間がかかるのが難点だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

切り替え制御ボードの試験をしたが、電圧が出ない (2018/12/14)

2018年12月14日 | アラモの快適化


 以前使用していたバッテリーを部屋に持ち込んで、出来上がった切り替え制御ボードの試験を行った。ところが測定端子に所定の電圧が出てこない。どうやらリレーのA接点とB接点が逆になっているようだ。



 まてまてと改めてマイクロリレーのデータシートを確認したら、やっぱり逆に接続していた。"Bottom View"と書いてあるのを見落として、直感的に表面から見た内部構造だと思い込んでいた。情けないことだ。



 配線を直して、再度試験したら「合格!」。

 さて、次の充電経路の配線がちょっと面倒だ。おまけに外は寒い。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

サブバッテリー充電切り替え回路V5.04のための制御ボードを組んだ (2018/12/13)

2018年12月13日 | アラモの快適化
 制御ボードの配線図を作るのは簡単だったが、実際に配線をするのに手間取った。配線をすべて外してゼロからやり直した方がよかったかもしれない。それでも既存の配線を生かしつつ、ようやく組みあがった。



 明日は動作試験をしよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

V5.04の充電切り替え回路の配線図 これでいいはずだ (2018/12/9)

2018年12月09日 | アラモの快適化
 ソーラーでの充電とオルタネータからの充電が競合しないように、ソーラー充電をする側のバッテリーは走行充電リレーへのトリガーをカットする。これはこれまでもやってきた三相のナイフスイッチを使って、操作ミスの無いようにしている。またソーラー充電をしない場合はSUB1とSUB2の両方同時にオルタネータから充電するようにした。



 またこれまで同様に、緊急用にSUB1からSUB2に電力が横流しできるようにしておこう。これは日本海のフェリーのように長時間ソーラーもないエンジンも止めたままという時のためだ。また宿泊地で翌朝までSUB2の電力が心もとないという時にも、これがあると安心して休むことができるというものだ。

 スイッチの投入を間違っても致命的な問題にならないことを、色々なケースで検証したのでこれでいいはずだ。



 切り替えも少しシンプルになったかな。
 明日は切り替え制御ボード(というほどのものでもないが)の配線の修正をしよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

 
コメント

充電回路の変更はオオゴトになってきた (2018/12/7)

2018年12月07日 | アラモの快適化
 サブバッテリーシステムの改善に取り掛かっているところだ。全面的に見直してリチウムイオン電池を主となるサブバッテリー(SUB1)にしようかと、真剣に検討していた。



 しかしSUB2に回す160AHのAGMバッテリーで電子レンジを運転する際の負担の低減措置や、車内での現実的な配線の取り回しの変更がだんだん面倒になってきた。サブバッテリーチャージャーをバッテリーリレーに交換する程度なら、切り替え制御回路はそのままに簡単に実現できそうだ。



 そんな思惑で切り替え制御回路の機能・動作を確認していたら、とてもそんな簡単なことではなかった。ちょっと見通しが甘かったなあ。



 切り替え制御回路を取り外して、一から回路設計を見直す必要がありそうだ。



 大したことはしていないのだが、できるだけ既存の回路を生かしたいし、シンプルな構成にしたい。
まあ、明日頭をクリアにしてゆっくり考えよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
 
コメント

リチウムイオン電池をオルタネータ直結にしても大丈夫だよね (2018/12/2)

2018年12月02日 | アラモの快適化
 じ~さんの使っているリチウムイオン電池(LIB)は、蓄電システムが販売元になっている定格25.6V/80AHのリン酸鉄リチウムイオン電池だ。



 LIBは体積当たり、重量当たりの充電容量が大きく、満充電から90%まで放電利用可能ということが大きな特徴だ。だがキャンピングカーにとってはそんなことよりも大電流での放電ができることと、大電流での充電ができることがより大きなメリットになる。

 使用中の80AHのLIBでは1Cまでの充放電は仕様上もOKということであり、LIBだけで電子レンジを運転することができる。(40A程度流れる)
同様に充電電流も1CまでOKなのだが、これまでの充電回路ではサブバッテリーチャージャーの電圧降下が大きいために、はるかに低い充電電流にとどまっていた。そこで次のように低損失のバッテリーリレーを使ってオルタネータ直結にして、本来の大電流で充電できるようにしたいということなのだ。



☆彡 過充電の心配は

〇 過電圧による過充電はない
 これまでの経験ではマイ・アラモのオルタネータ出力電圧はMAINバッテリー端子のところで28.5Vだ。LIBの最大充電電圧は29.2Vなので過電圧の心配はないといえる。

〇 長時間充電による過充電は現実的ではない
 マイ・アラモのオルタネータ出力電圧はエンジン始動後しばらくは28.5Vになるが、その後は27.5V前後で終始している。この電圧はLIBのフロート充電電圧の27.6Vと同程度であり、過充電になることはなく、さらに通常は連続して4時間以上エンジンをかけていることもない。

☆彡 過放電の心配は
 
〇 エンジン始動時の大電流持ち出しよりもアイドリングストップは厳禁
 スタートキーを回すとバッテリーリレーがONになると、SUB1からも始動電流がスタータモーターに流れる。以前のテストでは始動時は20A以下なのでまあいいかなと思うが、アイドリングストップからの起動時に200A以上が流れていた。(なぜかは未だにわからない)

 このためアイドリングストップは厳禁だ。さらに念のためバッテリーリレー(走行充電リレー)には遅延リレーを入れて、キーを回してから8秒後にリレーがONになるようにしておこう。(現在もそうなっている)

〇 新SUB2(AGM)への横流し充電はSUB1の残量に注意
 現在の充電回路を踏襲してSUB1電圧低下の際は横流し充電は停止する。

☆彡 異種バッテリーの並列接続をどう考えるか
 
 鉛バッテリーの場合でも特性の異なるバッテリーの並列接続は行わないのが原則だ。同じ型番でも購入時期が異なれば特性は異なってくる。ましてや液式とAGMなど論外ということになるが、よく考えてみれば走行充電リレーでサブバッテリーをつなぎ込んでいるキャンピングカーは、走行時にはこの異種並列接続をしているのだ。LIBはまた別の話だということはないと思う。

〇 異種バッテリーの常時並列接続には循環電流問題があって、寿命が短くなる(劣化が進む)
 これに関する技術的考察や実験結果などをWEBで見ることができる。難しくてわからないものもあるが、つなぎっぱなしにしておくと負荷がなくても電圧の高いバッテリーから低いほうに流れていくので、一方は放電、他方は充電のサイクルを使ってしまうし、充放電ロスもあるということかな。
 並列のバッテリーがすべて充電中という状態なら、何の問題もないように思われる。充電中に充電ソースの電圧が下がってしまうとまずいだろうな。

〇 異種バッテリーの並列充電では過充電に注意が必要
 どれかのバッテリーが満充電になった後もバルク充電していると、そのバッテリーに長時間大きな電圧(バルク充電の電圧)が印加され続けるために過充電になってしまう。特に全自動充電器では個々のバッテリーの満充電が検出できない。ソーラーチャージコントローラーも同様だが、充電時間は短い。

〇 走行時のみ異種バッテリーの並列充電するなら基本的には問題なし
 マイ・アラモのオルタネータ出力は28.5V~27.2Vで、28.0V以上の電圧は長続きしない。さらに27.2Vなら基本的にはLIBは充電中だ。

 以上のような考察により、「リチウムイオン電池を走行充電の時にオルタネータ(MAINバッテリー)直結にしても大丈夫だ」と結論付けた。

 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。




 
コメント