ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

土日に申告データの入力を済ませていたのでPWを入手したら申告は簡単 (2018/2/28)

2018年02月28日 | 日記
 今朝税務署からe-taxの利用者暗証番号の通知書が届いた。これは仮PWなので、e-taxサイトにアクセスしてから本PWに切り替えて入力をしていく。



 実は土日はPWなしでできる範囲で申告データの入力だけはしておいた。そのため今日は確認も含めて1時間で国税庁にデータを送信できた。ついでに電子納税で税金も支払った。

 昨年はインプラント治療などで手持ちのキャッシュが少なくなったので、米国の株式などを売ることになった。そのためこの土日の作業では、その譲渡益の計算や医療費控除などの整理でかなり大変だった。

 ともかくトラブルもあったが期限内に終わってよかった。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

土日にe-taxで確定申告しようとしたがトラブル続出で中断

2018年02月26日 | 日記
 毎年行っている確定申告だが、昨年の申告からから個人認証をマイナンバーカードに切り替えた。昨年はカードリーダーがマイナンバーカードを読んでくれなくて、追加のソフトウェアを入れたりしたので手間取ったが、必要な資料をそろえていれば半日で終わる作業だ。

 そんなつもりで始めたが、またしてもカードリーダーの不具合だ。カードリーダーは認識するがマイナンバーカードが読めない。


 昨年、このカードリーダーとカードの組み合わせでうまくいったので安心していた。ドライバーや周辺ソフトウェアを入れ替えてもだめ。



 こうなれば別のパソコンで作業だ。昨年の旅先の八代で買った「たび用」のノートパソコンがある。これは問題なくマイナンバーカードで個人認証成功。

 e-taxの入り口でつまづいた。まず利用者識別番号と暗証番号が必要なわけだが暗証番号が間違っているというのだ。昨年から変更した記憶はないのだが、受け付けてくれないことには先に進めない。暗証番号の再発行手続きをしたが、いつになったら暗証番号を再発行してくれるのかあ。

 
 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (6)

FFヒータの効きが悪いので外付け温度センサーを付けたが (2018/2/23)

2018年02月23日 | アラモの快適化
 マイ・アラモのFFヒータ(Webasto)の効きが悪い。少し暖まったら自動で中~弱運転に移行してしまい、ぬくぬくで快適という室内にはなかなかならなかった。

 最初の注文時に日本風テーブルこたつをセットする予定で、ヒーターの吹き出し口を向かい合わせの座席の下に付けていた。



 ところがアラモはFASPシートだったか、シートと台座の間が空いているので足元の暖かくなった空気がWebastoのあるシート下空間に流れ込んで、いわゆるショートサーキットになってしまう。そのため一昨年にWebastoの吸気口がシート下の外になるように改善した。これでこたつなら中は暖かい。部屋は寒くてこたつは熱いといういかにも日本風のスタイルだった。

 やはりせっかくのFFヒータなので部屋を暖めたい。そのためには外付けの温度センサをつけるといいようだ。早速注文した。



 随分長いコードの先にセンサユニットがついていて、反対側に2口のカプラー(メス)がある。これをどこかに挿すのかと思ったら、オスのカプラーの部品が同梱されている。説明書も何もない。



 ふ~ん、専門業者なら説明書なんかなくても分かっているだろうということか。そういう事ならNET情報でいこう。幸いにも詳細に説明されているブログがある。ありがたい。それを参考にさせてもらった。



 このWebastoのダイヤルの裏側から配線を引っ張り出して、先ほどのオスのカプラーをつけるようだ。





 さてセンサーを接続してそのあたりに転がして動作試験をしよう。この時室温16℃。

 しばらく強運転の後に自動で温風が弱くなった。温度は0.5℃しか上昇していない。センサを窓から外に出したら強くなるが、室内の温度が20℃くらいまでは強力に暖めたいところだ。



 この程度ではどうにも面白くない。あすはダクト配置も含めて検証してみよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (2)

バッテリーが大幅値上がりの怪 (2018/2/22)

2018年02月22日 | アラモの快適化
 1月13日にSUB1(G&Yu SMF27MS-730 ×4本)の放電試験をしたら、大幅に性能劣化を起こしていた。ここまでくると、SUB1は使いつぶすつもりで深放電を許容してもいいと覚悟を決めて、そのまま使いつつ新しいバッテリーを検討していた。

 その結果第一候補に挙がったのがオリエンタルバッテリー OPC12-150だ。今のバッテリーもしばらくは50AH以上は使うことができるし、SUB2もSUB3もある。北海道に行く前の6月ごろにバッテリーを入れ替えればいいかなと、のんきに構えていた。

 メインバッテリーの更改も考えた方がいいかなと思って、2月21日にオリエンタルバッテリー社の直販WEBサイトを覗いてびっくり。価格が大幅にUPしている。

 1月16日には\29,000(税別)だったのが2月21日には¥34,320で18%の値上がりだ。確かアマゾンにもあったと思い出して、アマゾンに行ったらあったぞ!
こちらは28,000円台半ば(税込み、送料無料)で残り3個。間髪入れず2個注文した。

 そして本日、重たいやつを佐川さんが運んできた。2個で87㎏だ。



面白いことにバッテリーを持ち上げるための持ち手のロープを、梱包の段ボールの外に出してそれをもって運搬するようにしている。なるほど合理的だ。それから箱の中にはアマゾンからの納品書があるだけで、説明書も保証書もない。これはどうかと思う。



電圧は12.7V弱で満充電とはいかないが10%強放電した状態だ。





 しかしすぐに取り付けをしないつもりなので、小型充電器で補充電をしておこう。



 さて、価格のびっくりはまだ続く。
充電を始めてから何気なくアマゾンのOPC12-150を見たら、残り1個になっていたが価格はびっくりの¥37,065 だ。何がどうなったんだろうか?新規の入荷がないのに、在庫品まで値上げしなくてもいいじゃあないかと思う。自分としては大幅値上げ直前に買うことができたことを喜んでいる。初期電圧も高いので長期在庫品という事でもないだろう。このバッテリーは製造年月日がよくわからない。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (2)

デラウェアを棚に這わせて、自然薯は新方式で植え付けた (2018/2/17)

2018年02月17日 | 家庭園芸
 昨日は少し暖かくなったのでゴーヤのネットに絡みついてぐちゃぐちゃになっていたデラウェアを救出して、出来上がったブドウ棚に這わせた。



 これまでまったく手入れもしないで、ネットや支柱に絡みつかせていたデラウェア。土から出たらすぐにグニャグニャに曲がって、枝が分岐している。ネットの育て方というのを見ると棚までまっすぐ伸ばして、そこで分岐した枝を伸ばしていくのだそうだ。そしてもっと悪いことに延びた枝を整理する際に、主幹をかなり短く切り詰めてしまった。それでも棚に這わしたら何となく形は整ったようだ。

 次に自然薯を植える溝を掘るのだが、その前に自然薯の方にデラウェアの根が伸びないように、波板で仕切りを入れた。



 それから深さ40センチくらいの溝を掘って、そこに波板を丸めて土を詰めたものを斜めに埋め込んだ。農家では既製品の塩ビパイプを使うそうだが、お遊びの家庭菜園だからこんな真似事でいいや。



自然薯が成長する際にこの波板に沿ってのびていってくれればいい。



 実は一昨年のむかごを土に埋めておいたものから、子芋ができていたので11月末に掘り上げて保存していた。今年はこいつがどのくらい大きくなるかなあ。



 この目印の棒のところからつるが伸びてきたら、ブドウ棚の外側に誘導する予定だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント (2)

ブドウ棚の枠が完成した (2018/2/15)

2018年02月15日 | 家庭園芸
 数日前から手掛けていたブドウ棚の枠が出来上がった。



 別の場所で使っていた柱を移設する。この柱は32ミリ角の木材だが防腐塗料を塗って塩ビパイプに入れ、隙間に骨材とセメントを流し込んだもの。木材と土が接触しないので腐りにくい。



 新しく2本の柱を立てた。こちらも塩ビパイプに入れたがセメントを練るのが面倒なので、底と中間部と上部にコーキングを入れた。



 組み上げて補強を入れた。木材にはあらかじめ防腐塗料を塗っておいたが、さらに上塗りして枠の完成だ。



 塗料が乾いたらブドウのつるを這わせるワイヤーを張る予定だ。それから自然薯とどうすみ分けるかを考える必要がある。先日自然薯を掘った際にデラウェアの根をかなり切ってしまった。また自然薯のつるとデラウェアのつるを分離したいなあ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (2)

解離性脳動脈瘤で死にかけた話 (2018/2/14)

2018年02月14日 | 日記
 昨日の人間ドックの話で思い出したが、胃カメラを入れたら解離性脳動脈瘤になって死にかけたことがある。10年くらい前のことだ。因果関係が正式に認められたわけではないが、自分としてはそうだろうと思っている。

 胃カメラを飲んだら苦しいのは仕方がないと思って、我慢してげーげーしながら検査が終了した。その後は後頭部の奥の方がずしんと痛くて、意識的にもぼんやりした感じでシャキッとしない。

 その日は有給休暇を取っていたので、そのまま自宅に帰って休んでいた。やはり後頭部が痛い。次の日には会議があるので出勤したが、会議が終わってすぐにドックを受けた病院に連絡して飛んで行った。

 すぐにCTを取ったが、幸いにも頭の出血はなかった。そしてMRI検査を受けることになったのだが、そこの病院のMRIは予約でいっぱいになっていたので、止む無く近隣の設備が空いていた病院まで出かけてMRI検査を受けて写真を受け取って戻ってきた。

 そうすると脳内の太い血管の一部が急に細くなっているところが見つかったのだ。医師の見立てでは解離性脳動脈瘤の疑いがあるというのだ。

 脳動脈瘤というと脳動脈の一部が風船のように膨らんでこれが破裂するとクモ膜下出血になるというのは知っていたが、解離性脳動脈瘤というのは何だろう。血管が細くなっているのだからつまっているというならわかるが、動脈瘤というのはどういうことかと思った。

 医者の話では、血管は三層構造になっていて、その一番内側の層が破れて血液が中間の層との間に入り込んで、内側の層と中間の層をはがしつつかる。このままいくと血管が破れて脳内出血を起こしますということ。それですぐに入院してくださいという。
それでは家に帰って準備してきますと言ったら、「このまますぐに入院して絶対安静にしないと死にますよ」と言われてしまった。それですっかりびびってしまった。家と会社に電話をしてそのまま入院となった。(しかしそれならMRIの検査のために近隣の病院まで電車で行ったので、それほどのこととは思っていなかったのだ)

 そのまま一日は脈や血圧などを測定する機器をつないで、集中監視室ようなところで何もしないで転がっていた。それからは一般病室に移って2週間?なんの治療もなく、薬もなく一日3回の血圧測定と病院食と問診。さすがに飽きてきた。どうも最初に頭痛がしてから2日間ぐらいが血管が破裂する可能性が高いので、徹底監視して、徐々にその可能性が低くなるそうだ。入院も飽きてきたし頭痛もないので退院して、自宅療養が1か月くらいだったかな。再度MRIの検査をして異常はなさそうだったので仕事に復帰した。

 一時は死ぬのかなとも思ったが、幸いにも手術も治療もなくてひたすら安静にして自然治癒を待つという病気だった。頭痛を気にしないで無理に仕事をしていたら死んでいたのかもしれない。死んでいたらアラモでのほっつき歩きもできなかったし、お孫ちゃんに会うこともできなかった。あのとき仕事をカバーしてくれた同僚に感謝したい。

 長くなったが最後に、自分の場合は急激に血圧が上がったことが原因だろうと思っているが、この病気は一般的には原因不明だそうだ。そして動脈硬化だとか年齢に関係なく起こるそうだ。こういう病気もあるんだということを知っていただいて、急に後頭部が痛み出したら、できるだけ早く脳外科を受診することをお勧めしたい。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


 
コメント

久々のメタボリック認定だ (2017/2/14)

2018年02月14日 | 日記
 昨日は早起きして暗い中を二人で出かけて行った。久々に広島電鉄に乗った。
出かけた先は原爆ドーム近くの病院だ。そう、人間ドックの一日コースに行ったのだ。この病院は夫婦で人間ドックを受けると、通常37,800円の所が二人で56,700円の夫婦割引というのがある。

 それだけではなく胃内視鏡検査(胃カメラ)に鎮痛剤というか麻酔を使ってくれるので、検査の最中の痛みや吐き気を全く感じることがない。そのために数ある広島市内の病院の中でここにしている。検査の台に上がって鎮痛剤を注射してもらってしばらくしたら、もう意識がない。次に気がついた時にはベッドに寝ていた。検査後1時間で目が覚めた。少しだけのどにヒリヒリ感がある程度でまったく負担がない。

 実は自分は吐き気に弱く、胃カメラを飲み込むときに激しい吐き気を催してしまう。10年近く前の現役時代にある病院で胃カメラの検査をした際に、(多分)吐き気の為に血圧が上昇して解離性脳動脈瘤を発症してしまった(と、自分では思っている)。それで死にそうな目に遭った。それで怖くなってしばらくはバリウムを飲んでの胃透視や鼻から入れる胃カメラにしていた。

 退職して会社の健康保険組合から脱退したら、補助がないので人間ドックの料金はぐっとアップしたが、好きな病院を選ぶことができる。いろいろ調べてみたら、胃カメラの際に麻酔を使ってくれる病院が見つかったのだ。



 まあ、それはそれとして速報ベースでメタボリック判定が出た。現役時代から体重を落としてきていたので久々のメタボリック判定だ。判定基準が変わったということがあったかな?その判定はどうでもいいのだが、お正月以降寒いので外に出ないで引きこもっていることが多かった。そのために体重がかなり多くなっていることは家の体重計に乗ってわかっている。当然の結果だ。何と昨年比 +5.8㎏ だ。これはちょっと行きすぎだよなあ。もう少し暖かくなったら、頑張って自転車だ。それとそろそろ食事量を減らさないといけないなあ。

 あとはいつものことながら、γ-GTPが76。これは昨年よりも下がっていた。そして尿酸値が上昇。

 こんなことで人間ドックは終了だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

 
コメント (4)

昨日も今朝もうっすらと雪が、そして四国も高速が通行止め (2017/2/13)

2018年02月13日 | 日記
 今朝は5時に起きた。まだ暗いなかを庭に出てみると、昨日作業をしていた木材の上にうっすらと雪が積もっている。昨日はもう少し多かったかな。

 PCを立ち上げてニュースを見ると高速道路が一部で通行止めだ。中国地方の山間部はよくあることだが、広島道も広島JCT~広島北ICが通行止め、そして九州北部となんと四国でも通行止めだ。

 北西の冷たい風が中国山地に雪を降らせてから瀬戸内沿岸に降りて乾燥した空気になるが、瀬戸内海で再び水分を補給して四国に雪を降らせるのだろうか。

 今日はこれから出かけてくる。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

自然薯掘りと2坪の畑の整理 (2018/2/12)

2018年02月12日 | 家庭園芸
 昨年の春から秋まで窓の外を覆っていたぶどう(デラウェア)と自然薯も全部葉を落としてツルだけになっている。



 デラウェアはあんなに大きくなるとは思わずに、壁に立てかけた3センチ角の木の棒とワイヤーに絡ませていたが、ことしはきちんとしたぶどう棚を作ってやろう。そのために2坪ほどしかない畑を整理した。

 まず、棘がいっぱいのラズベリーは根を掘り上げて処分だ。



 そして、お楽しみの自然薯掘りだ。



昨年伸びてきたつるは完全に枯れている。その横の方から掘り進んでいく。



 あれっ!しまった。薯を削ってしまったぞ。

 全体を掘り出したが、残念ながら小さい。昨年夏にかなりツルが伸びて葉を茂らせていたので、大きく成長しているだろうと期待していたのだが残念だ。育て方に問題があるのかな。



 次はブドウ棚作りだが、自然薯が小さかったので元気がなくなった。少し材料をそろえる必要もあるので、それはまた後日ということにしよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。





 
コメント

ダブルタイヤにチェーン装着演習を行った (2018/2/8)

2018年02月08日 | キャンピングカー
 マイ・アラモはBe-Camシャーシでダブルタイヤだ。冬には雪の降る地方に出かけるつもりはないし、雪が降ったら走らないことにしている。そこでスタッドレスタイヤは持っていない。
 ただし出かけた先で雪が降りだしたら困るなあと思って、昨年のタイヤ更新の際にオールシーズンタイヤにしたところだ。ところが今年のような大雪に見舞われることもあるだろう。万が一のためにタイヤチェーンを携行している。

 タイヤチェーンはアラモを買ったときに購入している。オールシーズンタイヤは以前の標準タイヤと同サイズだが、一度は合わせてみた方がいいだろう。



 今日は寒さも少し緩んだので、午後からタイヤチェーンの装着演習をやってみた。

 タイヤはダブルタイヤだが外側だけシングルチェーンをつけるのだ。タイヤチェーンはケーブルタイプの梯子型のもので、軽くて耐久性があるそうだ。取り付けも簡単だ。セットが収納袋に入っており、説明書兼用のビニールシート、予備のコマ、腕抜きがついている。



 ダブルタイヤの場合はチェーンの取り付けは簡単だ。内側のタイヤだけ材木などの上に乗り上げてから好きなように巻けばいい。自分の場合は車中泊用のレベラーをいつも携行しているので、これを一枚タイヤの下に敷いた。



 こうすると外側のタイヤが宙に浮くので下からチェーンを押し込むことができる。





 これは雪のない舗装路面だからいいが、雪や未舗装の路面ならレベラーは2枚敷きにする必要があることが解った。



あとは引っ掛けて締めるだけだ。このチェーンはテンション用のゴムがないので、少し走ってからゆるみを取る必要があるかもしれない。今回の演習では標準タイヤの時よりもコマが一つ分大きくなった。

 これで準備万端だが、さらに言えば前輪左側にもう一本ほしいところではある。しかしチェーンを使うことなどないだろうな。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (6)

寒い日の停電でもキャンカーがあれば安心 (2018/2/7)

2018年02月07日 | 日記
 今日の夕刻のニュースによれば広島市の一部で停電になっているようだ。停電なら懐中電灯にローソクはどこだと探すと思うが、そのニュースを見て最初に考えたことはこんなこと。「真っ暗でもいいから暖房がほしい。」

 今の時期停電になったら凍えてしまうぞ。
そうなんです。我が家の暖房はエアコンが中心で、エアコンが壊れたら別の部屋に移るか電気のセラミックヒータ。そういえばガスの床暖房もあるが、電気が使えなければスイッチが入らない。昔に使っていた灯油のファンヒータがあるがこれもAC100Vがなければだめ。こんな具合に商用電源がなければ暖房はストップだ。

 そんな時にマイ・アラモは独立した軽油FFヒータに独立したバッテリー電源。これは最強だ。

 寒い冬の日に停電したら、アラモに逃げ込んだらFFヒータが待っている。
災害の時はキャンピングカーが役に立つと思っていたが、こんな時にもキャンピングカーで避難生活ができそうだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (4)

ここは風もなく陽も差しているが、広島県北部は積雪2メートル、福井はさらに、デスクトップも暴風雪 (2018/2/6)

2018年02月06日 | 日記
 一昨日に天気予報では全国的に大荒れになると書いたが、ここ広島市の瀬戸内沿岸地域では時折風花が舞って空気が冷たいが、日差しもあった。ただ自転車に乗っていると鼻水と涙が同時に出てくる。そして広島県の北部山間地では積雪が2メートル越えになったそうだ。

 テレビを見ていたら福井では昭和56年以来の記録的大雪だそうだ。こんなに一度に雪が積もったら参るなあ。



 その昔に札幌の社宅に住んでいた時に雪かきは当番制になっていて、ちょうど当番になった日が前夜から大雪になって大変だったことを思い出した。朝早くから起きて雪かきをしても、雪かきをしたところにまた雪が積もってきて終わりのない除雪地獄だった。
 
 テレビによれば国道8号線では1,500台の車が動けなくなっているようだ。11時間閉じ込められていると言っている運転手もいた。



 止まっている間にクルマの周囲にどんどん雪が積もってくるので、暖房の為にエンジンをかけっぱなしにしているだろうな。周囲が雪で覆われると、排気ガスが車内に回ってきて一酸化炭素中毒になるので注意が必要だと報道していた。
 そのようなときにキャンピングカーならどうするだろう。動く見込みがなければあっさりエンジンを止めて、うしろの居室に移動してのんびりしていればいいんだろうか。暖房はもちろんFFヒーターだ。

 それはそれとしてじ~さんのデスクトップは、もうかつてないほどの暴風雪だ。



 証券市場の大暴落に唖然。何がきっかけになったかを専門家と称する人が分かったように解説しているが、あんたが言っているのは結果としてこうだったらしいと言っているだけのことだ。事前にそろそろ危ないと言っていた人だけが専門家ではないかな?

 壊滅的被害ではないからまあいいか。ちゃんと生きています。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
 

 
コメント (2)

今夜から明日は大荒れ? (2018/2/4)

2018年02月04日 | 日記
 天気予報によれば全国的に今夜から明日は大荒れになるようだ。幸いにも広島の瀬戸内沿岸は週の前半に寒いという程度かな。

 若いころは雪が降れば大喜びで休みを取って雪の山に出かけて行ったりしていたが、年を取ったらわざわざそんなところに行くのは面倒だということになってしまった。そして寒いと外に出かけるのもおっくうだ。

 キャンピングカーも基本的には雪が降ったら出かけない、雪の降る所には行かないという方針なので、雪道に遭遇する機会もないはずだ。それでもタイヤはオールシーズンにして、チェーンも積み込んでいる。 そういえばタイヤを替えてからチェーンの装着訓練をしていなかったな。暖かくなったらやってみよう。何か変かな?


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

二重ガラス窓の断熱性には問題あり、結露でびしょ濡れだ (2018/2/3)

2018年02月03日 | アラモの快適化
 一昨年から気になり始めたのが、バンクの窓の結露だ。冬になると結露でびしょ濡れになる。仕方なしに気がついたときに雑巾で拭いていた。カーテンを閉めていれば窓から冷気が入って寒いというほどでもない。



とにかく窓ガラスには結露でびっしり水滴がついているし、窓枠からは水滴が下の方に流れてくる始末だ。ガラスは「断熱性に優れた」二重ガラスという触れ込みだが、バンクの小さな窓では二枚のガラスの接着部分から熱が外に伝わるので、内側のガラスも冷えてしまうのだと思われる。



 さらに窓枠の外側はゴムに覆われているものの、内側は金属(おそらくアルミ)がむき出しだ。この程度では窓枠がまさにヒートブリッジだ。

 まったくどうしてくれよう。内側の木の枠にすっぽりはまる内窓をつける方法がスマートでいいが、ぴったりはまる枠を作るだけの技術はない。よしプラダンを内側から貼り付けてやれ。

 鹿児島のたびに出ているときに構想を練っていたわけだが、帰ってきてから窓と窓枠を拭いて、しばらく扇風機を当てて乾燥させていた。

 プラダンは白、青、黄色など色鮮やかなポリプロピレン製の物が安く売られているが、スモークのポリカーボネートのものを、開口部よりも少し大きめに切り出した。

 

 あとはこのシートの上下左右を養生テープで内壁に貼り付けるだけだ。養生テープにしたのは夏になったら簡単にはがすことができて糊残りがないから。見栄えはあまり気にしないじ~さんだが、グリーンではいかにもやっつけ仕事のように見えるので、白い養生テープにした。(それでも大して変わらないかな)




 
 だが、ここから水蒸気が窓の方に行くことはないし、冷気が窓から室内に入ることもないはずだ。カーテンがある方が放射冷却の遮断になるはずなので、カーテンは洗濯してから締め切った。

 目論見通りにいくことを期待したい。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (2)