ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

ニセコ大湯沼、神仙沼を散策の後、ニセコ野営場に(7月31日)

2014年07月31日 | 2014/7-8 北海道のたび
 今朝の道の駅「ニセコビュープラザ」。


 朝からたくさんの車が入ってくる。ここは産直野菜の売り場が元気だ。

 ここの特徴は生産者ごとに売り場の小間を決めていること。そのためトマトも店全体を回ってからでないと、どれがいいか決めかねる。生産者にとっては便利な仕掛けだが、買うほうはちょっと面倒だ。朝の開店を待ってとまと、ジャガイモ、ししとう、なすなどを買った。

 大湯沼まではすぐに到着する。


あちこちの○○地獄と同様に地下から熱湯が湧き出して池になっている。池のあちこちから湧き出しているのが見える。池の表面に黄色の硫黄の粒が漂っている。


 次は神仙沼。こちらは大湯沼とは違い高原の湿原と沼。駐車場、レストハウスからずっと木道が整備されている。
 









次の写真の木道の先が神仙沼。






 ここは本当に静かで落ち着く場所だ。帰りも高層湿原の中の木道を歩く。ところどころ池塘があって、それぞれに表情が違う。








ここからは来た道を引き返してニセコ野営場に向かう。ニセコ野営場は有料だが一人300円。駐車場のひとつ上の段に草地のテントサイトがある。今回はテントサイトに5月に買ったカーサイドテントを張って、その陰になるようにテーブルと昨日買ったばかりのカセットガスの網焼きコンロをセットして夕食にする。


その前に、今日の温泉。すぐ隣にある「ニセコ山の家」。


浴室に入る前から硫黄くさい、いかにも温泉というにおいがする。浴室に入るとさらに強くにおう。お湯は薄い青白色のにごり湯。お湯の中を細かい白い湯の花が漂っている。そして浴槽の底には砂のように溜まっている。足でかき混ぜるとお湯が白くにごる。
泉質は酸性・含硫黄 - マグネシウム・ナトリウム 硫酸塩・塩化物泉だそうだ。内風呂はちょっと熱め、露天風呂はちょっとぬるめで露天風呂で外の冷たい風にあたると気持ちいい。










 
 
コメント

積丹からニセコに(7月30日)

2014年07月30日 | 2014/7-8 北海道のたび
 今朝は昨夜の洗い物をキャンプ場の洗い場で済ませてから、クルマの横にいすを出してのんびりと海を見ていた。小さな波が砂浜に打ち寄せる音を聞きながら、体の力を抜いていると気持ちが落ち着く。


 野塚野営場を10時ころ出発して、最初に積丹半島のハイライト、神威岬から。
  



  

 これほどのところにこれまでどうして来なかったのかと思う。

 神威岬を後にして積丹半島西岸を南下してニセコ方面に向かう。倶知安駅前に日本一の名水があるとのこと。駅のすぐ北側の小さな公園に水のみ場がある。これが日本一の名水で水道の蛇口がついている。


冷たくて美味しい。飲料水用のPETボトルに数本、頂いた。次はホームセンターのホーマック。昔は石黒ホーマーという名前で札幌の店をよく利用していたが、企業グループの再編で名称が変更になったようだ。ここで買ったのはイワタニの「炉ばた大将」。カセットガスの網焼きコンロだ。
 ちょうど隣にマックスバリューがあるので、今日の夕食と明日の材料、今日の昼の弁当を買った。
 明日の準備まで整ったので、ちょっと寄り道。高橋牧場ニセコミルク工房。


 ここで二人してニセコの山を見ながらアイスクリームを食べた。


 さて、温泉ということでニセコ駅前温泉綺羅乃湯に行ったら本日は団体貸切とのこと。ここまでの道をニセコ比羅夫まで戻って「新天然温泉ゆころ」でやっと湯ったり。ここのお湯は炭酸水素塩泉、塩化物泉で源泉掛け流しということだが、成分が濃いと見えて露天の岩風呂の浴槽の縁には析出した成分が2~3センチもサルノコシカケのようになっている。お湯は薄い緑褐色ににごっている。

 今夜は道の駅「ニセコビュープラザ」なんだかホテルの名前のようだ。ここからはニセコの眺めよりも羊蹄山のほうが迫力ある。
すでにキャンピングカーも数台来ていた。


 今日は133キロ走って燃費は10.4Km/L。サブバッテリーは26.1Vになったので、これでほぼ100%充電できたと思われる。
コメント

運転席シートの背当てクッション(7月29日)

2014年07月29日 | 2014/7-8 北海道のたび
 かなり前の話になるのでいまさらだが、今回の北海道のたびから運転席シートに背当てクッションを装着した。みちのくのたびの時に腰が痛くなって、タオルを丸めて腰の上の辺りに背当てをあててしのいでいた。先達のブログではレカロのシートに交換したなどというのもあるが、そこまでの投資はできない。そこでカーショップでみて良さそうだった「BONFORM(ボンフォーム)ゼータジェル サポートクッション」というのを買った。


 今回、自宅から舞鶴フェリーターミナルまで時々休憩しながら10時間以上走ったが、腰は痛くならなかったので、5000円以下の価格としては上等だ。これは2つのピースに分かれており、下のピースはシートがくの字に曲がっている角の隙間とお尻との間を埋めて、お尻の後ろ側の2割のところでも上半身の重さを支える機能。上のピースは背中のアーチに合わせて上体をまっすぐに保つ機能を果たすようだ。
 ただし問題点もある。エルフのシートは座面が長くないので下のピースを入れると下半身が若干前に押し出されるようになって、さらに座面が小さくなってしまうこと。さらに体をちょっと動かすと、お尻が少し前に出るような感じなること。もうひとつ、後ろポケットに財布などを入れると邪魔になること。
 腰痛に比べると小さな問題かな。
コメント

島武意海岸、野塚野営場(7月29日)

2014年07月29日 | 2014/7-8 北海道のたび
 余市で食料品を買って、10時ころ積丹に出発。今日は天気がいい。最初に見えてくるのはローソク岩。


 少し行って美国漁港の入り口に広い駐車場、後ろの砂の広場でたくさんのテントを展開しているのが目に留まった。


 このトイレの後ろ側には足洗い場と手洗い場もあって、キャンプに必要な最低限のものはそろっている。ここもいいが積丹の先まで足を延ばすことにする。
 向かった先は島無意海岸。


 駐車場から人道トンネルをくぐって山の反対側に出ると海岸を望む展望台に出る。このトンネル、狭くて中は真っ暗。前の人に追突しそうになった。この展望台から海岸まで降りることができる。




海の色のブルーがきれいだ。底まできれいに見える。下まで降りて見ると海水浴に来ている人たちもいる。


こういうきれいな海で泳ぐのは気持ちいいだろう。もっとも深いところまで行っている人はいなかった。

 お昼はうに丼を食べようと思って、ガイド誌で紹介されていた「食事処 みさき」に立ち寄る。30台くらいの駐車場が一杯になっている。しかし入り口の張り紙に「しばらくしけで漁ができなかったので、取り置きのうにしかない」とある。それでは仕方ないのであきらめて、野塚野営場まできた。ここでクルマのなかでカップヌードルの昼食。計画と現実のすごい落差。しかし今夜は外で肉を焼いてビールを飲むのでこれで我慢だ。


 ここは国道229号線のすぐ脇に駐車場。その一段下に砂と草地のテントサイトがある。その先の砂浜にテントを張っている人たちもいる。海水浴客が多い。
泳いでいる人はいいが、日差しが強いので外にいると暑い。スクリーンテントを張って中で休んでいるグループも多い。
 15時のクルマの中は気温28.5度湿度50%で風が強いのでなかなか涼しくて快適だ。
 今日は下の段の草地のテントエリアにテーブルを出して、肉を焼いて食べることにしている。夕刻まで少しまどろんで、急いで準備。テーブルと椅子はなかなかいい具合だが(写真は次回)カセットこんろとフライパンではうまく焼けない。炭は後始末に困るので、近いうちにホームセンターでカセットガスの網焼きを買おう。
 29日の走行メータ(30日の出発前)


 余市から野塚まで53.9キロを2時間強走った。少しアイドリングで充電もしたので燃費が8.6Km/Lと悪いのは仕方ない。

コメント

小樽市内から余市へ(7月28日)

2014年07月28日 | 2014/7-8 北海道のたび
 クルマを色内埠頭公園の駐車場に停めたまま午前中は小樽市内を観光した。まずは小樽運河に。昼間は観光客が多いだけで、どうにも色気がない。


 運河の観光案内所の前の温度計は10時過ぎに23.5度。気持ちのいい空気だ。
 

 運河から堺町通りを東に進んで北一硝子に向かう。途中にいろいろと風情のある歴史的建築物が並んでいる。
      



  

多くは硝子工芸品もどきの土産物屋で奥は喜んで店に入って見ている。自分としてはどうしてここまでガラス関係なのと食傷気味。
 そうした中でも北一硝子はきちんとしたものがあるという気がする。
  

 北一硝子から歩いて小樽駅に向かう。目的地は小樽駅横の三角市場で、おいしい魚料理があるようだ。
    

 小樽駅に向かっての上り坂の左側にかにを含めた鮮魚、干物屋が並び、右側には食事の店が並んでいる。その中のさんかく亭で、自分はつぼだい半身の塩焼き+ご飯セット。奥は親子丼を食べた。このつぼだいが脂が乗っていてすこぶる美味しかった。これで750円なので十分すぎる満足だ。

 ここからクルマに戻る途中でちょっと雰囲気のいい建物があった。


 海猫屋と書いてあるがレストランのようだ。元は磯野商店倉庫(明治39年築)だと解説板にあった。それにしても昔の倉庫が今はレストランとは、昔の人が見たら馬鹿といわれそうだ。

 クルマに戻り余市に向かう。余市のイオンで「サッポロクラッシック」を買ったので、これから最初の一杯はこいつでいこう。20年以上前に札幌に住んでいたときにはこれが好きだった。引越しのときに瓶ビールを一箱引っ越しトラックに積み込んだ思い出がある。今は広島でもたまに売っているのを飲んだこともあるが、久しぶりだ。

 
 道の駅「スペース・アップルよいち」にクルマを停めて、ニッカウヰスキーの工場見学に向かう。ガイド付きのコースをお願いして案内してもらった。


   

 ポットスチル(単式蒸留釜)は昔ながらの石炭加熱ということで、職人の技が生きている。その他、たる作りにしてもなんにしてもすごい職人技が伝承されていることに感銘を受けた。
 

 最後に「試飲」。シングルモルト10年「余市」、ブレンディッド17年「鶴」、アップルワイン(これはブランディー混和で22度くらいある)を飲み方の指導を受けてから頂く。いつもウイスキーは適当に飲んでいるが、こうして飲むと美味しい。
 本日は道の駅「スペース・アップルよいち」で車中泊。


 今日の温泉は300メートル先にある「余市川温泉」。ナトリウム・塩化物・炭酸水素、硫酸塩の無色透明のお湯だ。塩辛いこともなくぬるぬる感も温泉臭もないあっさりしたお湯だ。

 今日は22.6キロ、時間にして1時間弱しか走っていない。今夜一晩電気が持てばいいが。22時の電圧は24.4Vだ。冷凍庫がちょっと心配。
 
 29日朝の道の駅「スペース・アップルよいち」の第二駐車場。


たくさんの車中泊の車がいるが、まだまだ余裕がある。道の駅正面よりもこちらがくつろげる。こちらは「余市宇宙記念館」。


宇宙飛行士 毛利衛さんの出身地が余市。道の駅の休憩所、観光案内所などはこちらにある。
コメント

小樽に到着(7月27日)

2014年07月27日 | 2014/7-8 北海道のたび
 27日の22時10分に小樽港に到着した。1時間半の遅れだ。海が荒れていたので速度を落としたのだろう。途中で遅れるというアナウンスはあったし、自分の理解では30ノットで巡航したらかなり激しく揺れて船酔いの乗客続出という事態になっただろう。小樽港接岸はかなり慎重に行われた。岸壁から100メートルくらいのところに平行に停止してからスラスターを使って20分以上かけて接岸。その後、車を固定したフックを外してから車両甲板に乗客を案内するので待ちくたびれてしまった。下船時は同乗者も車に乗って行くことができるので、順調に降りることができる。
 クルマに乗ってすぐに確認したのはサブバッテリーの電圧。まる一日充電しないで冷蔵庫とルーフベントを回していたので心配していたが25.1Vだ。さすがに?高いバッテリー4個の値打ちはある。今夜もほとんど充電なしだが・・。
 今日は小樽港の観光駐車場(有料)で車中泊の予定だったが、見つからない。駐車場を運営する小樽観光振興公社のWEBページと現場の状況をてらしあわせると、今現在、祭りのやぐらなどが組んである広場がその駐車場のようだ。つまり駐車場は今は休業らしい。仕方なしに色内埠頭公園の駐車場で車中泊することにした。ここは駐車場とトイレが離れているが仕方ない。いってみればすでに先客のキャンピングカーが2台。
 心配していた雨も風も今はたいしたことはない。室温は24度、湿度が62%で快適だ。北海道まで来た甲斐があるというものだ。


 本日はフェリーターミナルからコンビニと観光駐車場を探して迷った後に、色内埠頭公園に来たので、わずか6.9キロ。
コメント

舞鶴港から出港(7月27日)

2014年07月27日 | 2014/7-8 北海道のたび
23時15分くらいから先ず二輪車が乗船開始。多い、100台以上か。


その後に乗用車が乗船となる。大型トラック、トレーラは別の入り口から入る。同乗者はフェリーターミナルからの乗船なので、奥は先に乗って部屋で落ちあった。


ステートBというツインの部屋で洗面台がついている。TVは一部の衛星放送が映るが、地上アナログ放送にダウンコンバートしているので、画質はさっぱり。
0時30分出港。今日は強風(と波浪)のためプロムナードデッキが閉鎖されていたので、後部のオープンデッキに出てみた。汽笛もなく静かに岸壁を離れる。岸壁では数人の地上係員が手を振って見送っていた。
その後はビールを飲んで就寝。
朝は8時に目が覚めた。多少の揺れがある。窓から外を見ると少しうねりがある。北海道方面にある低気圧の影響ということなので、これからさらに揺れは大きくなりそうだ。大浴場が閉鎖になる前にお風呂に入る。窓の外の流れる海を見ながら浸かるお湯も面白い。
狭い部屋の中にいると船酔いしそうなので、船首のサロン「Milky Way」で音楽を聴きながらこれからの旅程を考えている。実は帰りのフェリーの予約以外何も決めていない。



ここから見ていると船の速度が速い。30ノットだから時速55キロ。時折船首が波に乗り上げてここまでしぶきが飛んでくる。
お昼時には船内の廊下も真っ直ぐに歩けないほどの揺れになった。時々船首が海面に突っ込む「バーン」という音が聞こえる。部屋で横になっていたら眠ってしまった。
16時頃、モバイルルーターの電源を入れたら、ドコモの電波あり。だいぶ海岸に近くなっているようだ。ということで、取りあえず投稿。
コメント

只今舞鶴港フェリーターミナル(7月26日)

2014年07月26日 | 2014/7-8 北海道のたび
今朝8時30分に自宅を出発して国道2号線経由で20時に舞鶴港に着いた。休憩、食事の時間を除くと10時間半運転していた。

疲れたな~。でも乗船は23時30分からということなので、それまでビールも飲めない。乗用車では9番目なのですぐに乗り込めるとは思うが、部屋に落ち着くのは0時頃だな。

21時ちょうど、小樽からの便が到着した。目の前にすると大きい。


コメント (2)

明日、北海道に向かう(7月25日)

2014年07月25日 | 2014/7-8 北海道のたび
いよいよ北海道に出発する。7月27日午前0時30分舞鶴港発の小樽行き。

写真は新日本海フェリーのHPから借用。
 今日の午後ゆっくり目に出発して下道を走って蒜山高原あたりの涼しいところで一泊してのんびりと舞鶴に向かうつもりだった。ところが蒜山高原の天気予報を見ると、本日15時-18時が35度、18時-21時が31度でおまけに雨。これではとても涼しくすごすことは出来ぬと、明日の朝の出発に変更。
 国道2号線と312号線を走って400Km、走行時間は10時間見ておけば大丈夫だろう。途中で時間が押してくれば高速に乗ればいい。
 ということで本日はのんびり準備中。明日は強行軍だ。
コメント

やっとゴーヤの雌花が咲いた

2014年07月20日 | 家庭園芸
 今朝庭のゴーヤを見ると、雌花が咲いている。


 雄花は2週間くらい前からたくさん咲いていたが、雌花が咲くのが遅すぎる。例年、雌花は遅れて咲くのだが今年は特に遅いような気がする。


 今週末には北海道に向けて旅立つので、残念ながら口にすることは出来そうにない。仕方ないので、出発までの間は咲いた雌花は一つだけ残して摘み取っておこう。(来年用の種を採取する)

 一方、ブラックベリーは本日を最終収穫日として手仕舞いする。今日中にジャムまで作りたかったが、ジャムを入れる瓶が足りない。冷凍しておいて涼しくなる秋を待とう。
コメント

ホームセキュリティを契約

2014年07月09日 | 日記
前回のみちのくのたびの時に、これからも1週間以上のたびをずっと続けていくので、留守宅が心配だねえと、奥と話をした。盗みに入られても大金を家に置いているわけでもない。金額的な被害は知れているが、この家に侵入する際に窓なりドアなりを壊して入るだろうから気分的に滅入るし、近所迷惑でもある。
 そこでホームセキュリティに加入するこことにした。
 セコムホームセキュリティ
 
 写真で契約した会社を出したが、SECOMとALSOKの2社からそれぞれ説明を聞き、間取り図を渡して、後日セキュリティシステムの提案と見積もりをしてもらった。
 SECOMさんは最初の訪問の時に、先に家の外周を観察して、外から見た問題点などを把握していたようだ。家の中を案内して自分の要望事項を伝えると、設置機器の配置の概略図と定価ベースの見積もりを出してくれた。そして次の日に会社として頑張ったという最終見積もりを送ってきた。
 一方、ALSOKさんの方は同じように応対したが、見積もり提出まで数日を要した。それもセンサー類1階のみ配置パターン、フル配置パターン、両者中間パターンの3パターンを出してどれにしますか?と言われた。冗談ではない、私の家の警備をALSOKさんとしてはどういう方針で行うのか。それに基づいてどのようにセンサー類を配置するのかを聞きたいと言ったが、話しがまったくかみ合わなかった。
 後日SECOMさんにも考え方を質問したが、一応満足のいく答えを得ることができた。要するに、価格問題以前にホームセキュリティに関するノウハウが社内できちんと蓄積共有されて、それをもとに提案、実際の警備ができる会社にお願いしたいと考えて、SECOMさんにお願いすることにした。
 7月7日の豪雨の日に一日中工事してもらって、無事開通。

 セコムのセンターとの通信はKDDIの移動通信回線と我が家のBフレッツ回線で二重化。各種センサー、警報機、制御装置とホームコントローラーとの間は無線LAN回線なので配線の露出はなし。無線LANが微弱なところはレピータを設置してもらった。(一部商用電源を必要とする機器があるが、うまく壁裏からコンセントまで延ばしてコンセントBOX直取り)
 これで安心してたびに出ることができる。

 
コメント

ブラックベリージャム(7月5-6日)

2014年07月07日 | 家庭園芸
 7月5日に2日ぶりにブラックベリーの収穫をしたら、3.8Kgあった。


 冷凍室も一杯になってきたので、これまで冷凍保存していた分も合わせて、6日にジャムを作ることにした。
昨年まではハンドミキサーで粉砕してからざるで漉していたが、今回は生の果実をマッシャーでつぶして漉したものを「一番搾り」としてジャムを作ることにした。この「一番搾り」はブラックベリーの生ジュースを煮詰めた無添加ジャムだ。
 その漉しとった果実に10%のの水を加えてハンドミキサーをかけて漉したものを「二番搾り」、これはあまり果汁が取れなかった。「二番搾り」の残りに同量の水を加えて加熱しハンドミキサーをかけて漉したものが「三番搾り」。二番三番はハンドミキサーで花床(実のつぶつぶの内側の芯の部分)や、つぶつぶのの皮の部分を粉砕して混ぜ込んでいるので、ちょっと濁りがあるかな。


 左が「一番搾り」、右が「三番搾り」の前にハンドミキサーをかけているところ。奥の鍋は「二番搾り」を煮詰めてジャムを作っていた。
 砂糖はあまり甘くならないように目分量で入れて、あとは根気よく木べらで混ぜながら中火で煮詰める。(ちょっと目を離したときに軽く噴いて鍋もIHコンロも赤くなった。ふきんで拭いたらふきんが赤く染まった)
 出来上がりを瓶に詰めたのがこちら。多分果実7Kg分くらいかな。


 蓋に書いた2は「二番搾り」を表している。「三番搾り」はジャムよりもちょっとゆるめに作ってあるので、牛乳などに入れてシェークして飲み物にしたりする。
さすがに四番搾りはジャムにはならない。適当に水で割って飲料にする。こんな風にすると、最後に残るのは種だけ。ということで滑らかなジャムの出来上がり。

 瓶は煮沸消毒して熱いうちにジャムを詰めると、割れたりしない。鍋の前で何時間も立っていたので、足がよれよれだ当座のもの以外は冷凍しておく。
 まだまだ収穫が続く。
コメント

ブラックベリーの収穫開始と緑の悪魔退治(7月2日)

2014年07月03日 | 家庭園芸
 先週から少しずつ摘み取ってはいたが、これからブラックベリーの本格的な収穫期を迎える。


3日は大雨になる予報なので雨の前に熟してきた実を摘み取る。このブラックベリーは残念なことにあまり甘くない。自然に落ちそうなくらい完熟すると何とか食べられるが、そこまで放っておくと半分くらいは落果してしまうので、濃紫の実の表面の輝きが少し鈍い色に変わったころに収穫している。ブラックベリーは一挙に収穫時期を迎えるのではなく、3週間以上にわたって次々と熟してくる。
 今日はこれだけ。

 収穫したブラックベリーは冷凍して、後日まとめてジャムを作る。一部はりんご酢に漬け込んでサワーにしたりホワイトリカーに漬けて果実酒にするがこちらは消費が追いつかない。

 一方スモモは一挙に収穫期になるので困る。収穫を終えて室温で完熟したものがかなりたまったので、ジャムを作ってみた。紫色で色はいいがスモモ特有の酸味もなく、これでは何のジャムかわからない。牛乳に入れてシェークしてみた。残念ながらあまりぱっとした飲み物にはならなかった。
 このスモモの木はいよいよ憎き緑の悪魔こと「イラガ」の発生する季節になってきた。以前はジューンベリーで繁殖していたが、ジューンベリーを切った今は隣にあったスモモ「メスレー」で繁殖するようになった。
 
 こんな葉を見つけたらその周辺の葉を用心深く捜索する。

 この段階では少し離れた葉の裏に集団になって葉を食べている。


 葉を切り取って踏み潰して駆除完了。まだ幼齢のうちはこのように集団だが、もう少し大きくなると単独行動になって、かなり離れた枝まで移動していくので発見が難しくなる。退治するなら今のうちということで、毎日メスレーの木の下で樹上を見上げて葉を見ている今日この頃。
 ちなみに昨年刺されたのは10月1日。10日間ほどの富士山方面のたびから戻ってきたところだった。このときは2回目の発生の終齢期だったようだ。

コメント