ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

週初の予報よりも天気の回りが一日早いので、残念ながら今日で撤収だ (2019/6/26)

2019年06月26日 | 2018-2019 キャンプ
 出かけて来たときには木曜日から雨が降るという予報だったが、今日から雨が降るようだ。



 ちょっと明るい曇り空だが南から前線が上がってくるようだ。いよいよ梅雨入りかな。



 いろいろ無いなりにキャンプが楽しめる体制になったのだけど、(たきぎも今夜の分まで十分ある)残念だ。雨の中のキャンプでもタープの下でコーヒーを飲みながら、のんびりと雨が降るのを眺めるだけでそれなりに楽しめる。

 だが今日の午後から降り始めた雨は明朝には時間雨量が7㍉になるようなので、そんな雨の中の片付けも大変そうだ。あっさりここで見切りをつけてこれで撤収しよう。

 朝食後には幸いタープも乾いている。さっさと畳んで、テーブルとチェアだけを残した。


 そのテーブルで讃岐うどんを釜玉で食べている最中に風に乗って雨が流れてきた。やはりこうなるか。

 ここは午後1時で室内が23℃だ。しばらく車内でちょっとした修繕をして、午後のお茶をしたら帰ろうかな。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

涼しい高原のキャンプ場で今の時期としては最高の天気だけど生活に追われている (2019/6/25)

2019年06月25日 | 2018-2019 キャンプ
 今朝の室温は午前8時半で16.3℃だ。外は15℃を下回っていると思う。



 そしてこの天気だ。高原のキャンプ場、最高!



 その勢いで朝食は外のテーブルで食べよう。ちょうど作ったばかりのすももビューティのジャムを持ってきたので、ジャムを添えた。



 ちょっと砂糖を入れすぎて甘かったかな。



 そして朝からデザート付きだ。こちらは完熟のビューティをカットして砂糖を少し入れて冷蔵庫に入れていたもの。これは美味しい。

 さて、少しゆっくりしたら燃料の薪を拾いに行かなければいけない。こういうキャンプ場に来たら焚き火のあとの熾きで焼き肉だよね。なんというか生活に追われているという感じになっている。

 ここはダム湖に行っても流木などは見つからないのは前回歩き回って分かっている。キャンプ場の中の遊歩道を歩き回ったがなかなか適当なものが見つからないが、何とか今日明日の分を集めてきた。

 お昼は讃岐うどんの肉ぶっかけを作った。今年の春はうどん旅に行かなかったので、なんとなく讃岐うどんが食べたくなって半生うどんを買っていたのだ。



 それから収穫後すぐに持ってきたビューティは甘みがほとんど無いので、刻んで上からビューティのジャムをかけ回しておいた。これは明日のデザートになるだろう。



 午後は聖湖の上流側に回って少し歩いてきた。







 同じコースでも自転車ならスッと行き過ぎてしまうところを見ながら歩くのもいいものだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

 

コメント

忘れ物だらけだがキャンプなんてそんなもの (2019/6/25)

2019年06月25日 | 2018-2019 キャンプ
 出がけにバタバタと準備をしたので忘れ物が多い。キャンプ場までの道中は、忘れ物をいろいろと思い出しつつ走ってきた。

 まずタープ関係では、バンクの窓枠にタープを引き留める治具がない。それだけなら他の手立てもあるが、脚立を積み込んでいないので、高い場所にタープを固定することができない。



 仕方なしに独立してタープを張ろうとしたら、メインのポールを忘れている。ここはスクリーンテント用の短いポールを使おう。



 カラビナを使ってこんな形で引っかけておく。




 自作の焚き火台は持ってきた。その辺から落ち葉や小枝を拾ってきたがかなり湿っている。どうやら前日は雨だったようだ。本日用の薪は持ってきたが、これでは薪に火が付かない。こういうときにガストーチを忘れてきたとは情けない。



 こんなときにはカセットコンロに網を載せて薪に火をつけようか。



 よしよしうまくいったぞ。



 準備に手間取って、魚を焼く頃には薄暗くなってきた。ところがガスランプがない。キャンカーのポーチライトがかなり明るいのだが、これをつけると入り口に蛾を集めるような気がする。まあ暗い中での食事もキャンプの楽しみ。焚き火台の熾きのほの明かりと夜空を眺めながらビールを飲んだ。

 ところでここは夜になると寒くなってきた。半袖では寒すぎる。
車内に入ると午後10時の室温が21.5℃だった。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

こんな天気の下でお出かけ虫が騒いでいる (2019/6/24)

2019年06月24日 | 2018-2019 キャンプ
 今日もいい天気だ。



 いい天気が続いているが出かけることができない。あ~、キャンプに行きたい。

 お孫ちゃんが帰ってからというもの、すももの収穫と加工のシーズンに入ったので大忙しなのだ。メスレーの収穫はあらかた終えたが、ハリウッドがそろそろ最終の収穫というところになっている。収穫後2日程度は追熟させるため動きが取れない。

 でも出かけたい。ということで急いでハリウッドを収穫してジャムに加工することにした。梅のジャムも青いままでジャムにしているから、すももなどは身も柔らかいので完熟でなくてもいいだろう。

 ジャムを作る時間に出発準備もあってバタバタだ。カメラを出す時間も惜しい。今回はエアコンモードにしているので、いつもは積み込んだままになっている道具類を下ろしている。それを思い出しつつ積み込んで出発だ。

 天気予報によると木曜日から天気が崩れるようだ。どうやら梅雨入りらしい。それまでの間、キャンプに行くのだ。
16時ころの出発で、買い物をして行き先はいつもの聖湖キャンプ場だ。



 期待した通りガラガラでいつものサイトにはテントのキャンパーが一組だけだ。

 早速設営だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

電子レンジの固定ねじは狭い隙間の奥の方だった (2019/6/23)

2019年06月24日 | アラモの快適化インデックス
 AC電源の省電力化のためにインバーターを節電モードにしたら思わぬ伏兵があって失敗したのは、昨年4月末のことだった。節電モードにしたら電子レンジからピー、ピー音が出るのだ。

 インバーターは節電モードになったら低圧の(多分)直流電圧をかけて負荷があるかどうかを監視しているのだろうと推定している。そこで電子レンジの待機中にこの低い電圧がかかるとピー、ピーなるのではないかと思う。簡単な対処方法としては電子レンジを稼働させる時だけAC100Vをかけるようにすればいい。そこで電レンジ用のコンセントの手前にブレーカーを入れようとした。

 電子レンジを外そうとしたが L 型のチャンネルでがっちり固定されている。おまけに固定ねじが狭い隙間の奥の方にあって普通のドライバーでは手が入らない。

 

 そこでこんな道具を買ってきた。ドリルビットを110度くらい曲げるものだ。



 今回はこんな風にエクステンションをつけて使う。これでも力をかけるべき方向にうまく押し付けられないで苦労した。



 何とかタッピングビスを外して電子レンジを引き出した。



 この奥のコンセントのの手前側に20Aのブレーカーを入れるのだ。



 夕刻の時間切れ間近になって写真がないが、何とか取り付けた。

 これで懸案の一つが片付いた。インバーターの節電モードのテストはAC冷蔵庫を据え付けてから実施することにしよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
 
コメント

COB/LEDのドッグライト(路肩灯)は薄くて明るくていい感じ、しかも安い (2019/6/22)

2019年06月22日 | アラモの快適化
 ドッグライト(路肩灯)として薄型の安いランプを探していたら、COB/LEDのライトが見つかった。24V用のものは安いものというのはなかなかないのだが、2個セットで\1,580(送料込み)なのだ。ちゃちなケースに入っていたが、ケースから出して基盤そのものを両面テープでホイールアーチに貼り付けることにした。



 スペアタイヤを外したらナンバー灯への配線が出てきたので、ここから分岐して電源を取ることにした。要はナンバー灯に連動してドッグライトが点灯するわけだ。



 面倒なのは配線の取り回しだが、タイラップでガタガタしないように固定していった。ホイールアーチ回りはドリルで穴を開けてこれもタイラップで固定した。





 試験点灯はOK、昼間は全く存在感がない。

 いよいよ暗くなって明るさの確認をした。



 目で見た明るさと同様の写真になるようにマニュアル露出にしたが、実際にはこれよりもかなり明るい感じだった。



 これは十分に満足できる結果だった。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

ドッグライト(路肩灯)はどんなランプがいいだろうか (2019/6/20)

2019年06月20日 | アラモの快適化
 かなり前からドッグライト(路肩灯)をつける必要性は感じていた。バスについているような既製品は随分高いので、適当なものはないかと気にかけていた。ただ明るくないと意味がない。

 数年前にドッグライト(路肩灯)の規制が強化されて、後方から光源が直視できるものはダメということになったようだ。保安基準上の扱いは「その他の灯火等」のカテゴリーに入る。



 アラモはホイールアーチ上側が平らになっているので、ここに下向きに薄型の光源を貼り付けるかねじ止めすればいい。手軽なものはデイライトでも使ったLEDテープだということで、24Vの正面発光ものを買っていたのだが、あまり明るくない。

 ちょっと厚くてもいいならいくつか候補はあったが、たまたま見つけたCOB LEDライトというやつが2つで送料込みで\1,580だった。たまったポイントで全部まかなうことができた。



 バッテリーに接続してテストしたら素晴らしく明るい。こんなんで300カンデラ以下だろうかと心配になる。



 値段を考えると仕上がりにはあまり期待していなかったが、こんなものが自動車に取り付けられるのだろうかという品物だ。裏側の爪を外して枠を取り去った。



 裏側が蓋だと思っていたがそちらが本体側で、アルミの枠が被せてあった。もうこの枠がないほうがすっきりしていいぞ。ただリード線は露出していて細くて心もとない。一応完全防水ということになっていたのに。

 枠無しでホイールアーチに貼り付けよう。防水はできるだけのことをしよう。



 露出端子にはプラスチック用の接着剤を盛っておもう。



 配線の中間にある基盤には熱収縮チューブがかぶさっているが両端が解放になっている。ここにもプラスチック用の接着剤を流し込んだ。



 さらに取り付けのリード線及び基盤の接続部は自己融着テープ(のつもりだったが見つからなかったので、ゴム系の両面接着テープ)でふさいでおいた。どうもこの基盤は24V/12Vのダウンコンバータらしい。同じようなCOBライトでも12V用ならなんと¥1000だ。



 さらにその上からビニールテープを巻き付けておいた。

 これでいよいよ車体への取り付けだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。 



 
コメント

ミル/ミニミキサーで作る「すもも」のスムージー?ジェラート?が美味しい (2019/6/19)

2019年06月19日 | グルメ
 TESCOM PureNatura ミル&ジュースミキサーというのを買った。かなり昔に旧製品を使っていたのだが、無理をしたのでこわれてしまった。



 冷凍したすもものスムージーをつくろうというわけだ。これまでは冷凍した果肉にコンデンスミルクを回しかけてスプーンで崩して食べていた。これはこれで美味しいものだが、ちょっとした進化系だ。



 昨年の冷凍すももがまだ残っている。これをミニミキサーに入れて牛乳を100ml、コンデンスミルクを適量垂らす。ミニミキサー全体を手に持って、2秒間スイッチを入れては揺すってちょっと中身を落ち着かせる。ミキサー刃が高速回転すると固形部分が削れてあとは空転するだけになってしまうのだ。それにこのミニミキサーは連続運転に弱くて1分間しか使用できない。



 さて出来たぞ。半固形のジェラートのようになっているのでスプーンで(できればプラスチックの)容器にかき出す。冷たくて美味しいスムージーの出来上がりだ。ミキサーに残った分に牛乳を入れて運転すると残り物でシェイクができる。これもいける。



 最後にミキサーのボトルを洗う際にかなりの水を必要とするので、キャンカーの中では使いずらいのが難点だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

スモモの加工と2回目の収穫 (2019/6/18)

2019年06月18日 | 家庭園芸
 16日に収穫したすもも(メスレー)を室内に入れて追熟させて、今日あたりで鮮紅色になってきた。加工するにはいい状態だ。



 昨年はジャムだのコンフィチュールだのと手間のかかることを試みたが、一番良かったのはフレッシュ果肉の冷凍品だった。小分けにしてフリーザーバッグに入れて冷凍したものがデザートにぴったりなのだ。

 最初の頃はスモモを丸のまま冷凍しておいて、食べる際に凍ったまま包丁で薄く削ぎ切りしていた。昨年は果肉を包丁で大きく切り取ったものをフリーザーバッグに入れておいて、食べる際には凍ったまま上からコンデンスミルクをかけて食べるようにした。これがまた甘酸っぱいさわやかなジェラートになって、最高の味わいなのだ。これは夏の北海道のたびに欠かせないデザートだ。



 今年は少し細かく刻んから二人分をフリーザーバッグに入れていく。後は冷凍して出来上がり。


 さてすもも(メスレー)の二回目の収穫だ。



 これも追熟してから刻んで冷凍することにしようかな。今年はジャムを作るのが面倒になってきた。



 さらにすもも(ビューティ)の収穫だ。こちらは赤くなるまで待っていたらすぐに過熟になって腐ってしまう。樹上では少し色づいて表皮が半透明になるころが収穫期。それから室内保存しておいたら2~3日で完熟だったと思う。少し様子を見ながら加工しよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

国民健康保険証の発行が北海道のたびの出発に間に合わないよ (2019/6/17)

2019年06月17日 | 2019/7-9 北海道のたび
 先日、区役所から国民健康保険料 納入通知書兼決定通知書が送られてきた。



 昨年分を確定申告した結果に基づいて決定されているので、高いなあとは思うがこの書類の内容に不満はない。そして健康保険証は7月31日まで有効だ。昨年の場合では北海道への出発後に送付されたので、新しい保険証を入手することなく、8月、9月は保険証が切れたまま旅にを続けていた。

 それで、奥が北見市で病院に行った際には、全額自費払いで後日精算する羽目になってしまった。

 さて、今年はどうなるか?区役所に確認したところ7月下旬に発送し、期限切れまでに届くようにしますからとのことだ。

 それでは出発に間に合わないので、出先で国民健康保険が使える方法を検討してほしいと伝えておいた。

 しばらくして折り返しの連絡があって、上司とも相談して出発前に区役所に出向いたら保険証を発行してもらえることになった。お手数をかけますがよろしくお願いいたします。
 
 2021年3月からはマイナンバーカードが健康保険証として使えるようになるので、来年もまたお願いすることになるだろう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (4)

今年は早くもすももの収穫、そしてイラガもいっぱい (2019/6/16)

2019年06月16日 | 家庭園芸
 今年はまだ梅雨に入らない。今月に入ってからの高温のせいかどうかは分からないが、すももメスレーが一気に色づいてきた。今年は昨年よりも5日ほど早い収穫を迎えることになった。



 このくらいで収穫してかじりつくとほんのり甘酸っぱい爽やかな味わいだ。このまま樹上で完熟させるとちょっとぼけた味になってしまうようだ。



 本日の収穫はこれだけ。これで1~2日おくと真っ赤になってくる。

 ちょうどこの収穫の時期がイラガの初夏の発生期なので、注意が必要だ。長袖のシャツに手袋をつけて、手を伸ばす前に慎重に周囲の葉を観察する。



 こういうのがあれば臨戦態勢だ。実を取るよりも前にこの周囲のイラガを探すのだ。



 こんな風に見つかればいいが、最初の例では数枚の葉を齧りつくして、大きくなって周囲に散ってしまっているようだ。今回は収穫時と重なっているので農薬は使えない。止む無く周囲の枝を大きく切り取って徹底的に捜索してやっと発見した。



 数匹ずつ離れたところまで移動していた。

 こんなふうに5つのコロニーをつぶした。

 次にすももビューティーだ。こちらは熟するまでもう少し。一部は半分だけ過熟になっているがそれはどうしようもない。

 だがイラガはいた。



 幸いまだ分散直前という状態だった。あともう一度チェックが必要だろうな。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

 
コメント

お孫ちゃんが去ってまた夫婦二人の生活だ (2019/6/14)

2019年06月14日 | 日記
 今日、長女夫婦がお孫ちゃんを連れて岩国錦帯橋空港から飛び立った。今日から婿さんの実家に行くのだ。

 

 空港待合室でお孫ちゃんの足をつかんだら、ぴょんぴょんと蹴飛ばして楽しそうにしている。

 数日だったけどにぎやかで楽しく過ごすことができたよ。それとサックラとワインと獺祭を「かなり」飲みすぎてしまった。

 

 また次に帰ってくるまでお別れだ。また会える日を楽しみにしているよ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

お孫ちゃんといるとにぎやかで楽しいよ (2019/6/12)

2019年06月12日 | 日記
 家の中に危険なところがたくさんある。さの最たるものは階段だ。

 リビングを二階にしているので、冒険をしている時に階段から転げ落ちでもしたら大惨事になる。そこで降り口に「置き畳」を立てかけて、手すりにベルトで固定した。





 こうしたら子供の目線では、そこに通路があるなんてみえないだろう。

 二歳にもなるとドアは自分で開け閉めるするし、昨夜はベッドルームにカギをかけていたそうだ。

 

 ぶどう棚の所に来たらデラウェアの小さな房に手を伸ばしている。このデラウェアはキミのパパからじ~ちゃんへのプレゼントだったんだよ。いつかこのデラウェアが食べられる頃に来てほしいなあ。その頃にはジベレリン処理をして種なしにしておくからね。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

お孫ちゃんがやってきた (2019/6/10)

2019年06月10日 | 日記
 今日はお孫ちゃんを迎えに広島空港に行ってきた。長女夫婦が海外にに転勤して行って、久しぶりの帰省なのだ。

 それでいそいそとチャイルドシートを取り付けて、空港に迎えに行ってきた。



 前回まではレンタルのチャイルドシートを使っていたが、今回はちょうどいいレンタル製品が見つからなかった。レンタルとそれほどの価格差でもなかったので、楽天のポイントも合わせて新規で買ってきた。

 広島空港の駐車場に到着して外周を走っていたら、駐車場の空きはたくさんある。これはいいぞ。ところが入ろうとしたら入場口のゲートは高さ制限が2.3メートルなのだ。参ったなあ。

 奥を先に到着口に迎えに行かせて、乗降レーンの先の方に一時停車して迎えに行った。どうもこういう時にキャンピングカーは肩身が狭い。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

窓用エアコンに冷気ダクトを取り付けた (2019/6/9)

2019年06月09日 | アラモの快適化
 マイアラモでは窓用エアコンを取り付けるにあたり、後部二段ベッドの下側のバゲッジドアの部分を使っている。いろいろ検討したがここしかなかったのだ。

 ところが奥まっているのでベッド下だけで冷風が循環して、居室部分に冷風がいきわたらない。最初のうちは扇風機を回したりもしたが、一昨年から冷風の出口から段ボール製のダクトをつけて、前方に冷風だけ送るようにしたらかなり効果的だった。

 昨年から構想を温めて、蛇腹のダクトを使おうかと思ったりした。でもよく考えたら夏の初めの1カ月強の期間だ。もっと簡便なものでいいだろう。そこでプラダンでダクトを作ることにした。



 風の出てくる部分だけの四角のダクトを斜め上に伸ばすようにした。取り外しが容易にできるように接合部は面ファスナーにしてみた。



 割合うまく接続できた。



 ちょうど流しの横に吹き出し口が来るように固定している。



 これでうまく冷えるはずだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント