ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

いよいよ始まるぞ、自然薯の収穫シーズン (2018/11/13)

2018年11月13日 | 家庭園芸


自然薯のツルにできるむかごを土に埋めておくと、芽が出てツルが伸びて葉が出て、冬になると枯れてくる。このむかごから出来た1年生の自然薯は、じ~さんの庭では小さくて食べるところがない。これを再び植え付けておくと、この薯を栄養として再びツルが伸びて、何とか食べられる大きさになる。

 上のようにツルも葉も枯れてきたので、いよいよ収穫だ。何本か植え付けているし、むかごから伸びているツルもあるので、少しずつ掘り上げていくことにした。どのくらい成長しているか、食べられる大きさなのかが楽しみだ。



 堀り始めると周りから1年生の薯がいくつか出てきた。慎重に掘り進めていよいよ出てきた。



 最長は30センチくらいあるが細い。まあ、これはあまり期待していなかった所なので、逆に思いのほか大きかったというべきだろう。まだ、本命ほか10本以上残っている。掘っていくのが楽しみだ。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

秋の味覚 むかごはビールのつまみにぴったりだ (2018/10/29)

2018年10月29日 | 家庭園芸
 そのうちに収穫しようと思いつつ取り忘れていた零余子(むかご)のことを思い出して採集した。



 採集というのは自然薯のつるについている零余子に手を伸ばしたら、ばらばらと地面に落ちてしまったのを拾い集めたからだ。

 下茹でしていたら、いくつかは皮が弾けて中身が飛び出してしまったが、まあいいか。どうせ中身は芋だ。



 油を引いてニンニクのみじん切りを入れて炒め、塩と調味料で味付けをするとビールのつまみにぴったりだ。

 あと数回は食べることができそうだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

イラガ大脱走に戦々恐々 (2018/7/4)

2018年07月04日 | 家庭園芸
 すももビューティーにイラガが発生していた。それも発生初期の団体行動を見落としていた。何か変だなと思って脚立に上がって確認したら、元のまとまっていたところからバラバラに大脱走して、そこらじゅうに散らばって葉をむしゃむしゃ食べている。



 発生したのが一番上の枝だったので気がつかなかったのだ。

 長袖のシャツにフードをかぶって手袋をしてはさみを持って、再度脚立に上がった。どこにいるかわからないが、こいつに刺されると100Vの電気に感電したくらいびりびり来て、その後は猛烈に痛いし刺されたところは腫れあがる。そんな目には会いたくない。死角に潜んでいる可能性もあるので、うっかり手も伸ばせない。そのため上の方の枝は根元辺りから切り取って、下に落としてから検分することにした。



 大きいやつははさみでチョッキン、小さい数匹まとまったやつは踏みつぶした。これで終わればいいがなあ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


 
コメント

すももの最後の収穫でジャムとコンフィチュールを (2018/6/28)

2018年06月28日 | 家庭園芸
 昨日はすももビューティーの最後の収穫だ。



 期待していた以上にたくさん取れた。6.2㎏あった。



 最も大きいのはこれだが60gだ。



 とても生食では捌けないので、昨日からこれを使ってジャム作りだ。

 前回のメスレーの皮取りに懲りたので、今回は庖丁目を入れた丸のままのすももを湯煎にして、先に皮を取った。



 すももは熱が通るとすぐに崩れてくるので冷やして手早く処理する必要がある。皮をむいたすもものうち30個ほど、果実部分を適当にカットして取り分けておいた。そのままにしておくと傷んでくるので、これはすももの果汁につけておく。



 残りのすももの実にグラニュー糖を振りかけて、しばらくしてから木べらでかき混ぜると果汁がしみだしてくる。この果汁だけを煮詰めて、さらにペクチンを加えてドロドロになったところに取り分けておいたカットした果実を入れてひと煮立ち。



 これを手早く瓶詰すると、すもものコンフィチュールの出来上がりだ。ここでいつまでも煮ているとすぐに実が崩れてしまう。



 残りの丸のままのすももはかき混ぜつつ煮詰めて種を取り去る。果実分がたくさん残ったジャムができた。



 
 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

あ ! やられた、逃げられた? (2018/6/26)

2018年06月26日 | 家庭園芸
 ここのところ すももの話ばかりだが、
今日は雨の予報だけどもう降り出したかなと思って、掃出しの窓を開けて外に出てギョッとした。



 すもものハリウッドの葉の数枚が裏側からかじられてスケスケになっている。これは典型的なイラガの初期の食べ跡なのだ。ある程度食べた後は隣接の葉に全員が移動してまた食べる。それでそのあたりの葉の裏を慎重に見たが(手を伸ばしてうっかりイラガに接触したら大変なことになる)見つからない。

 これだけの面積を食べた後なら、もう団体行動は止めて単独で逃げているのかな。そうなると見つけにくいし、接触した際の被害も甚大なものになる。雨が降るのも構わず庭に出て木の周りをまわって枝葉を捜索したがいない。参ったな。

 このかじられた葉を残しておいても仕方ない。枝の根元からはさみで切り取って地面に置いたら発見。まだ団体で数枚離れた葉の裏でうごめいていた。



 やれやれ良かった。踏みつぶして一件落着だ。

 このハリウッドは植え付けてから5年くらいたつが一度も実をつけたことがない。メスレーと不明種(実はビューティー)の授粉樹として植えていて、真っ先に花が咲く。これは結構きれいだ。小ぶりの赤い実をつけるらしいがまったく実がつかない。

 毎年このハリウッドの雄蕊を採集して、一週間後に咲くメスレーとビューティーに人工授粉していたが、今年はその時期に上京したため人工授粉ができなかった。人工授粉なしでもそこそこたくさんの実がついている状況から考えると、このハリウッドはもういらないということになる。

 この赤い葉とピンクの花はきれいだが、イラガがつくようなら面倒なだけだ。(これまでハリウッドにはイラガもアブラムシもつかなかったので、手間がかからない木だったのだ。)もうこういう状況なら切り倒してしまおう。

 代わりにこのスペースに何か植えたいなあ。また果実のなる木がいいかなあ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

やっとすももジャムができた (2018/6/24)

2018年06月24日 | 家庭園芸
 昨日の午後から取り掛かったすももジャム作りだが、本日のお昼までかかってやっと瓶詰めまで終わった。



 ちょっと時間がかかり過ぎだが当初の計画通り砂糖は少なめ、果実の固形分多めのジャムが出来上がった。

 昨夜は種を外した果実を大鍋にいっぱい(約4㎏)入れた上からグラニュー糖を振って一晩おいていた。



 これを中火にかけて煮詰めながら果実の皮を箸でひとつづつ取り除いていく。







 この皮を取り去る作業がなかなか手間がかかる。



 ここまで煮詰まってとろみがついたところで味見をしてグラニュー糖を加えた。最終的に砂糖は500g程度になった。果実の重量の14%くらいになるかな。かなり深い赤、ダークレッドの色合いになった。じ~さん特製ジャムはもちろん瓶詰はきちんとするが、出来上がったら冷凍保存するので甘みは少なめにするのだ。

 煮沸消毒した空き瓶に詰めて煮沸・脱気の上でひっくり返して冷ます。あとはラベルをつけて出来上がりだ。

 一方、ビューティーの方も柔らくなってきた。メスレー同様に種を取ってフリーザーバッグに詰めて冷凍だ。果実そのもののジェラートを楽しむことができる。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (2)

すももメスレーのジャム作りの準備だ (2018/6/23)

2018年06月24日 | 家庭園芸
 すももメスレーを収穫後、水洗いしてしばらく放置しておいたらすっかり真っ赤に追熟してきた。



これで6.5kgある。これからジャム作りの準備にかかる。

手間がかからないのは丸のまま鍋で加熱して種と皮を裏ごしして取り除く方法なんだけど、今回はできるだけ果実の感じを生かしたジャムにしようと思っている。



 それで包丁で果実から種の部分だけを切り抜いた。果実と種に分けて鍋に入れている。



大きな鍋にも入りきらなかったので、2割くらいはボウルに入れてある。こちらは冷凍だ。

ジャムは甘みをできるだけ抑えるというのが我が家の方針だ。とりあえず実も種も合計で300gほどグラニュー糖をかけておいた。

2時間後に火にかけるつもりだったが、夕食時にお酒を飲んだら面倒になってきた。それで一晩寝かしておいた。

 鍋に入りきらなかった分はフリーザーバッグに入れて冷凍する。



 こいつは夏の北海道に持っていくのだ。上からコンデンスミルクをかけたら独特の風味のジェラートになる。まだビューティーが残っているのでそれも同様に冷凍してもっていくつもりだ。

 一昨年までは丸のまま冷凍していたが、食べるときに刻むのが面倒だった。あらかじめ切って種を外しておいたらすぐに食べられる。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

今年のデラウェアは全くの不出来だが害虫は大発生 (2018/6/22)

2018年06月22日 | 家庭園芸
 昨年はほとんど手を入れないでほったらかしにしていたデラウェアが大豊作だった。それに気をよくして今年はブドウ用の棚まで作って剪定もきちんとして準備万端で育てていたが、出来が極めた悪い。



 おまけにほとんどの葉が穴だらけ。





 原因はこの黄色の毛虫で、調べてみるとブドウスカシクロバという虫らしい。昨年はこの虫には気づかなかった。落ち葉の中に繭を作って越冬するらしい。そうだなあ、落ち葉の処理を怠っていたのがまずかったようだ。まだ小さなうちは葉裏にいるやつを指で挟んでつぶしていたが、見落としていたやつがどんどん大きくなってしまった。大きくなった奴はブドウの葉っぱごとはさみでチョッキンと切ってきたが、次々に発生してきりがない。こいつも毒毛針を持っていてさされると痛いのではなくて、猛烈なかゆみに襲われる。奥の方の葉と虫ををチョッキンしようと手を伸ばしたら、手前の葉裏に潜んでいた虫に刺されてしまった。

 今年は作物のデラウェアの出来が悪いので農薬は使いたくない。そこでアースジェットを噴射したら、しばらくして葉から落ちてきた。これは使えそうだ。見つけてはシューの繰り返しだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

すももの収穫だがよく見るとイラガの集団がいるよ (2018/6/21)

2018年06月22日 | 家庭園芸
 

 すももの収穫だ。メスレーはもう少し摘果しなければいけなかったのだが、中途半端になっている。メスレーは全部収穫した。



 不明種改めビューティーは色づいたものを中心に半分くらい収穫だ。



 今年は日程の都合で人工授粉ができなかったからか、出来が少し悪いようだ。それでもこれだけ実成りがあることが分かったのは良かったと思う。

 そして収穫時に葉裏をよく見ると、いるいる。



 イラガだ。まだ生まれたばかりで集団で葉を裏からかじっている。



 イラガのついている葉を切り取って踏みつぶした。この日はこれが2集団だけど、これからしばらく発生すると思うので毎日下から観察して駆除する必要がある。残念ながら卵がどんな形で産み付けられているのかわからないだ。だから生まれてから1~2日が勝負だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

うれしいことにすももに実がついている、一方春の害虫もびっしり (2018/4/27)

2018年05月03日 | 家庭園芸
 3月20日に1歳になったお孫ちゃんに会いに出発した。毎年赤い実をつけるすももは、その時には花も咲いていない。



 例年はこちらの先に花が咲くすもも「ハリウッド」の雄蕊を採集して保存し、それを使って人工授粉をしているのだ。



 今年はその人工授粉ができなかったので、すももの実はあきらめなければならないと思っていた。

 ところが4月24日に帰ってきたら2本のすももに実がついている。自花受粉はしないと思っていたけど、うまく授粉したようだ。





 これはうれしい誤算だ。これで7月に収穫できるだろう。

 毎年のことだがうれしくないこともある。



 今年もアブラムシが繁殖し始めた。最初から薬剤で駆除すると耐性種ができるので、出始めはびっしりついている枝葉を切り取って地面に落としておく。もう2週間もしないうちに大繁殖するだろうから、その時は薬剤散布をしなければだめだろう。

 もっと厄介なのは6月末と9月初めのイラガだが、今から心配してもしかたないな。



 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

にょろにょろ、にょっきり (2018/5/2)

2018年05月02日 | 家庭園芸
 2月半ばに自然薯の一年子薯を植え付けておいた。そいつが芽を出してきた。



 植え付けた子薯よりも数が多いのは、そこらあたりに転がっていたむかごからも芽が出ているためだ。

 全く思いもかけないところからもにょろにょろと芽が伸びてきている。



 そしてこいつがにょっきりと伸びてきた。



 これはどう見ても一年子とは思えないが、ここに大きな薯を植えた記憶もない。まあいいか。冬になって掘り上げるのが楽しみだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

すももの開花が始まった (2018/3/16)

2018年03月16日 | 家庭園芸
 今朝は雨が降って肌寒い朝だが、ここ数日は暖かかったのですももの花が開き始めた。今年は少し早めのように思う。



 これはハリウッドという品種で他のすももの授粉用に買ったものだ。実はこの木はこれまで花は咲くが実をつけたことがない。ただ他のすももよりもこんなに早く花が開いてしまっては、自然の授粉は難しいのではないかな。

 たくさん実をつけるメスレーはやっと一輪花がついている。これからだな。



 もう一本の不明種ももう少しで開花かな。
でも、これだけ時期がずれるとやはり人工授粉が必要だろう。明日あたりからハリウッドの雄蕊を集めておこう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

デラウェアを棚に這わせて、自然薯は新方式で植え付けた (2018/2/17)

2018年02月17日 | 家庭園芸
 昨日は少し暖かくなったのでゴーヤのネットに絡みついてぐちゃぐちゃになっていたデラウェアを救出して、出来上がったブドウ棚に這わせた。



 これまでまったく手入れもしないで、ネットや支柱に絡みつかせていたデラウェア。土から出たらすぐにグニャグニャに曲がって、枝が分岐している。ネットの育て方というのを見ると棚までまっすぐ伸ばして、そこで分岐した枝を伸ばしていくのだそうだ。そしてもっと悪いことに延びた枝を整理する際に、主幹をかなり短く切り詰めてしまった。それでも棚に這わしたら何となく形は整ったようだ。

 次に自然薯を植える溝を掘るのだが、その前に自然薯の方にデラウェアの根が伸びないように、波板で仕切りを入れた。



 それから深さ40センチくらいの溝を掘って、そこに波板を丸めて土を詰めたものを斜めに埋め込んだ。農家では既製品の塩ビパイプを使うそうだが、お遊びの家庭菜園だからこんな真似事でいいや。



自然薯が成長する際にこの波板に沿ってのびていってくれればいい。



 実は一昨年のむかごを土に埋めておいたものから、子芋ができていたので11月末に掘り上げて保存していた。今年はこいつがどのくらい大きくなるかなあ。



 この目印の棒のところからつるが伸びてきたら、ブドウ棚の外側に誘導する予定だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント (2)

ブドウ棚の枠が完成した (2018/2/15)

2018年02月15日 | 家庭園芸
 数日前から手掛けていたブドウ棚の枠が出来上がった。



 別の場所で使っていた柱を移設する。この柱は32ミリ角の木材だが防腐塗料を塗って塩ビパイプに入れ、隙間に骨材とセメントを流し込んだもの。木材と土が接触しないので腐りにくい。



 新しく2本の柱を立てた。こちらも塩ビパイプに入れたがセメントを練るのが面倒なので、底と中間部と上部にコーキングを入れた。



 組み上げて補強を入れた。木材にはあらかじめ防腐塗料を塗っておいたが、さらに上塗りして枠の完成だ。



 塗料が乾いたらブドウのつるを這わせるワイヤーを張る予定だ。それから自然薯とどうすみ分けるかを考える必要がある。先日自然薯を掘った際にデラウェアの根をかなり切ってしまった。また自然薯のつるとデラウェアのつるを分離したいなあ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (2)

自然薯掘りと2坪の畑の整理 (2018/2/12)

2018年02月12日 | 家庭園芸
 昨年の春から秋まで窓の外を覆っていたぶどう(デラウェア)と自然薯も全部葉を落としてツルだけになっている。



 デラウェアはあんなに大きくなるとは思わずに、壁に立てかけた3センチ角の木の棒とワイヤーに絡ませていたが、ことしはきちんとしたぶどう棚を作ってやろう。そのために2坪ほどしかない畑を整理した。

 まず、棘がいっぱいのラズベリーは根を掘り上げて処分だ。



 そして、お楽しみの自然薯掘りだ。



昨年伸びてきたつるは完全に枯れている。その横の方から掘り進んでいく。



 あれっ!しまった。薯を削ってしまったぞ。

 全体を掘り出したが、残念ながら小さい。昨年夏にかなりツルが伸びて葉を茂らせていたので、大きく成長しているだろうと期待していたのだが残念だ。育て方に問題があるのかな。



 次はブドウ棚作りだが、自然薯が小さかったので元気がなくなった。少し材料をそろえる必要もあるので、それはまた後日ということにしよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。





 
コメント