ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

帰ってきたがスモモは一分咲き

2014年03月19日 | 2014/3 四国のたび 2
 道の駅「風早の里 風和里」を8時前に出発し、今治ICからしまなみ海道に入る。下道を走るといっても海を渡るにはフェリーか本四連絡橋ということになるわけで、通勤割引の時間帯にしまなみ海道に入るのが経済的。すぐに来島海峡SAでパンと紅茶とトマトの朝食。ついでに道中の眠気醒ましにインスタントコーヒーを保温カップに用意しておく。インスタントとはいえこれが結構役に立つ。


 しまなみ海道は全線70キロ制限。自分としてはこのくらいがありがたい。尾道で国道2号線のパイパスに出て、あとはずっと下道で広島に帰ってきた。そういえば一度も休憩していない。広島市内に入ってから昼食。なんと「丸亀製麺」!?
 かけと野菜のかきあげ、レンコンのてんぷら。カメラで撮る以前のありきたりのメニュー。でもレンコンはこのくらいしゃきしゃき感が残っているほうが好きだ。うどんは聞かないで。今後は「日の出製麺」の純生うどんがある。
 家に着くまで気になっていたメスレー(すもも)の開花は、まだ一分咲き。去年は3月21日に満開だったが、今年は遅れ気味のようだ。


 これで13日間の四国のたび2ndは終わった。前回ほどではないが讃岐うどんもよく食った。6日もうどん県内をほっついて16軒のうどん店に行った。温泉もそれぞれよかった。
 さて、たびの満タン燃費はどうだったか。(@の下はメータパネルに表示される燃費)
1回目   507.6Km 58.05L 8.7Km/L @9.7Km 国道、しまなみ海道、うどん店まわりの市内道路、数日間のヒータとアイドリング充電
2回目   694.2Km 68.0L 10.2Km/L @10.3Km 国道、県道
3回目   364.6Km 34.84L 11.5Km/L @10.6Km 国道、しまなみ海道

合計   1566.4Km 160.89L 9.7Km/L
コメント (2)

今日で四国も最後

2014年03月18日 | 2014/3 四国のたび 2
 道の駅「瀬戸農業公園」は佐田岬半島の尾根の上にある。昨夜半からかなりの風が吹いて、クルマがゆさゆさ揺れる。こんなところだからこそ、風力発電の適地だよなと思っていたが、本日松山まで海岸線を走っている間はずっと強い風が吹いていて、一瞬流されることもあった。今日の風は佐田岬半島のだけ強かったのではなく、気象庁の発表では四国の春一番だそうだ。南風なので気温も上昇して道路わきにある気温表示が19℃になっている。
 今日は砥部焼きを見に行って、ついでに「とべ温泉湯砥里館」で温泉を楽しむことにした。砥部焼陶芸館で色々な窯のうつわを見て、奥は何か気に入ったものを買ったようだ。伝統的な砥部焼きは何点か持っているというので、砥部焼きらしくないモダンな作風の窯、「陶彩窯」にも行ってみた。
 「とべ温泉湯砥里館」はほんのちょっと肌がつるつるする炭酸水素ナトリウムの温泉。平日のお昼過ぎとあってゆったりと入ることができた。
 あとは帰るだけだが、余裕を持って道の駅「風早の里 風和里」で停泊。ここはかんきつ類が安いが、うわじまきさいや市場でたくさん買ったので、明日からの自宅用に野菜を少々買った。
 

 ここの海岸は砂浜で、沖に向かって防波堤を造り海水浴ができるようにしている。シーズンには混雑するだろう。
 
コメント (2)

今日は佐田岬半島の風車を見る

2014年03月17日 | 2014/3 四国のたび 2
 道の駅「めじかの里土佐清水」の開店を待っていたが、特に買いたいものも無く、朝食も済ませたので9時半ごろ出発した。ナビの行き先はとりあえず宇和島きさいや広場。ここには魚、野菜、果物、惣菜と色々ある。
 道中で「竜串海中公園」の看板を見かけて立ち寄る。どこかで聞いた名前だった。ここは砂岩海岸が波で浸食されて面白い造形を作っているだけでなく、海底はサンゴや魚が泳いでいる様が見られるグラスボートや海中展望塔があるところだ。子供が小中学生ならすぐにでもJoinだが、もうそんな熱は無い。海岸を散歩しながらのんびりすごす。潮溜まりの中にもサンゴが見える。
 

 

しばらく丸い岩の上で座って波を見ていたが、のんびりして落ち着く。

 途中の道の駅「すくも」に立ち寄って昼食にした。ここは面白いつくりになっていて、テナントの店がそれぞれ平屋一戸建てになっている。肝心の道路情報とレストは2階建てのちょっとくたびれた建物。レストは閉店休業状態。
 隣にあった「勝丸」という鮮魚食堂で「刺身定食」と「煮魚定食」を注文。店の中にいけすがあって、そこから網で鯛をすくいあげてから調理だ。どちらも美味しかった。
 



この道の駅は大きくはないが公園があって気持ちがいい場所だ。

 次の立ち寄り先は道の駅「うわじまきさいや広場」。ここで今夜の夕食を買う。
 最後に今夜の停泊地、佐田岬半島の中ほどにある道の駅「瀬戸農業公園」を目指す。もうそろそろ燃料が切れる。GO GO GASで調べておいた安いスタンドが、ちょうど経路上にある。なんと¥125。これまでの道中ずっと¥134~¥146というのを見て走っていたが、安い!。
 とりあえず道の駅「瀬戸農業公園」に入ってみたが農業公園というほどには農産物はない。佐田岬方面に行くことにしていたが、灯台までは30Km以上あるようだし道も狭そうなのであきらめて、風力発電の風車を見に行く。夕日と風車という組み合わせもよさそうだ。ということで「せと風の丘パーク」というところでしばらくクルマを止めて、夕日を待つ。残念ながら少し雲が邪魔をした。
 
 戻って道の駅「瀬戸農業公園」で停泊。
コメント

高知の海岸線を足摺岬に、奇跡のトオルマの夕日

2014年03月16日 | 2014/3 四国のたび 2
 道の駅「やす」は朝早くから動いている。野菜・果物・花などの産直店の開店が8時なのだが、納品の人は6時半ごろには軽トラックで乗り付けてきた。そんな中で海岸の水栓まで2往復水を汲みにいくのも、ちょっと遠慮気味になる。
 店が開いて、トマト、春キャベツ、ほうれん草、パンなどを買ったが、朝一番は大量買いの人が多い。買ってからそれを小売するのかなと思うほどだ。
 珍しく8時半の出発。ここからは国道55号から離れ、海岸沿いの県道14号を桂浜方面に向かう。交通量も少なく、スピードも控えめで、のんびりしたキャンカーにはこういう道がいい。燃費も!。ところが経由地を「桂浜」にしていたために、袋小路の桂浜の駐車場の前についてしまった。桂浜は前回来たときに隅から隅まで歩いたので今回は駐車場料金所目前でUターンして、再び坂をあがり、土佐湾の海岸道路に出た。とんだ遠回りになった。海岸道路の防波堤の下は砂浜のようだ。道路わきに駐車スペースがあったので、しばらく休憩。きれいな砂浜でところどころ海砂の流失防止のためか沖に向かって堤が伸びている。ここはあか海がめの産卵場所で、5月下旬から8月にかけて上陸してくるそうだ。
 

 そのまま走っていって道の駅「かわうその里すさき」に出た。ここもみやげ物などがたくさん並んでいる。奥は例によって小物売り場に一直線。ここでB級ぐるめ「鍋焼きラーメン」でも食べようと思っていたが、写真を見たら見た目が悪く、食べる気がなくなった。代わって気になったのが、イチゴ。こんな大きな箱に入ったのが700円!!


 ここでたちうおの押し寿司と鯛めしを買って、インスタントの味噌汁にあおさとふのりをたっぷり入れて、クルマの中で昼食。その後いちごをたっぷり食べた。
 おかげで次の道の駅「あぐり窪川」の名物「豚まん」に手が出なかったのは失敗。
 昨日、ちょうどいい温泉が無かったので、今日はまだ13時過ぎだが国道56号線沿いの「土佐佐賀温泉 こぶしのさと」に立ち寄り湯。すこし肌がつるつるする。表示にはアルカリ性硫黄冷鉱泉と書いてあるが、成分表示では炭酸水素ナトリウムがほとんどで硫化物はほとんど見当たらない。そんなことはともかく清潔でいい温泉だった。
 温泉に入ってリフレッシュできたので、さらに西にどんどん進む。足摺岬で夕日を見ようと思っていた。足摺岬までは海沿いの狭い道を避けて、足摺半島の真ん中の山の中の「椿の道」を入っていった。道は完全センターラインありの観光道路だが、アップダウンに左右の急カーブの連続、ずっと3速でエンジンはガーガー、参ってしまった。何とか足摺岬の駐車場に到着。
 

 椿のトンネルの道を入っていくと茂みに埋もれるように立つ灯台、なのだが今まで見てきた灯台に比べ敷地が狭い感じがする。重要性が低い灯台ということはないはずだけど何だろうか?
 

 ここから夕日と思ったが、山の上のほうに沈んでいくようなのでキラキラ過ぎる。早々にここでの夕日はあきらめた。(このおかげでめったに見ることのできない絶景を見ることになる)
 帰りはあんな山の「椿の道」はごめんだと帰り道をしばし検討した。「マピオン地図」情報によると足摺半島西岸の狭い道の部分もバス停があるようだ。運行しているのが小型バスにしても高さも幅もある程度は確保されているだろう。ということで”意を決して”海岸回りルートを進んでいく。時々左に見える夕日を目の端に捕らえながら、しばらく走ると道の脇に20人くらいの人がカメラを持って夕日を見ている。そうか、ここは知る人ぞ知る夕日の絶景ポイントだな。すぐ先の駐車場に停めて皆さんに合流する。聞くと「2/356の奇跡」「トオルマの夕日」というのだそうだ。
 

 年に2度の春分、秋分の前後の日没の直前に、手前の半島にある洞門を夕日が貫いて、手前の海に太陽光線が差し込むという現象なのだそうだ。手持ちのコンデジではきれいに捕らえることはできなかったが、肉眼ではルビー色の光が波にキラキラするのが見えた。パンフレットを頂いたのでのせてみる。


 夕日だけでもなかなかの絶景だったが、年に10回以下しかチャンスがない、しかも天候に左右される。ちょうどこの時期にここに来合わせたことが奇跡的だ。
 もう暗くなってきたが、少し走って今夜は道の駅「めじかの里土佐清水」で停泊。
コメント

いよいよ高知県

2014年03月15日 | 2014/3 四国のたび 2
 道の駅「宍喰温泉」で目を覚ましてから海岸を少し散歩。朝食を済まして道の駅の産直店が9時に開店するのを待って買い物。といってもそんなに目ぼしいものはなかった。小あじの丸干しを小さなポリ袋に一杯、100円。
 
今日のお昼用にバラ寿司とあじの姿寿司。これで室戸岬に向けて出発。
 室戸岬の駐車場にクルマを停めて遊歩道を歩く。国道55号線は室戸岬の前後では崖の下の海岸線を走っている。かなりの年月をかけて、海底が隆起してできているということのようだ。また南国ということでもあり、亜熱帯の植物が茂っている。




 室戸岬灯台は崖の上にあり国道からは見えない。国道から灯台に上がっていく道がある。これも遍路道だ。かなりの急傾斜の階段で、徒歩25分とある。奥ははなから登る気がない。
 登っていくとまず24番札所最御崎寺。お参りしてから灯台に向かう。

灯台を上から見下ろすというところはなかなか無い。




 灯台を後にしてクルマに戻り、お湯を沸かしてインスタントの味噌汁と今朝買った田舎風のお寿司で昼食。こういうときはキャンカーがいいなと思う時だ。
 再び国道55号を高知方面に走る。道中の道の駅でお昼寝休憩も入れて、たどり着いたのが道の駅「やす」で今夜はここに停泊。今日は一日好天で風も無く暖かい一日だった。


 ここは「ヤ・シィパーク」という公園&海水浴場に隣接しており、レストランなどもある。今週は近くの土佐カントリークラブで「PRGRレディスカップ」が行われているようで、ヤ・シィパークの駐車場がゴルフトーナメントの公式駐車場になっていた。明日の朝は混雑しそうだ。
 ここの海岸はしゃれた海水浴場になっていて、海沿いがずっとウッドデッキの遊歩道になっている。夕刻六時半ごろには海を挟んで足摺方面に見事に真っ赤な太陽が沈んでいった。

コメント

本日は阿波で終始

2014年03月14日 | 2014/3 四国のたび 2
 朝はいつものごとく周辺を散歩。南に歩いていくと2006年の映画「バルトの楽園」のセットを移築した「バルトの庭」という施設があった。展示も色々あるが食事もできるようだ。おいしいビールが飲めなければ意味がないのでここはパス。というより営業時間前だ。
 

 戻っていくと本当の「坂東俘虜収容所跡」という公園に出てきた。第○バラッケ(兵舎;バラック?)の跡などというのもある。そこから高松道を越えて登っていくと、ばんどうの鐘に出る。登り道は擬木の階段がしばらく続き、一部地道になる。ここまであがってくると眺望が開けてきた。
 

 ここからドイツ館に向かって下っていく。今度はずっと石段の道だ。下っていくと道の駅の裏手に出てきた。桜らしい花が咲いているなと思って周りを見回すと「蜂須賀桜」と書いてあった。早咲き桜なんだな。


 朝食を作って食べたら出発。
 今日は阿波土柱というのを見に行く。世界三大奇勝と看板に書いてあるが、ぱっと見には感動するほどのものではなかった。130万年前の地層をのぞかせているとか。良く考えると土が侵食されても、いつまでもこの形が変わらず残っていることがすごいのかもしれない。


 この後、徳島まで出て徳島ラーメンを食べた。濃い茶色のスープだが案外あっさりしていて美味しかった。肉と生たまごが乗っているのが徳島風だとか。(写真を忘れた)

 あとは室戸岬目指して国道55号線を走っていく。
 道の駅「日和佐」に立ち寄って、地のりとふのりを買った。奥がトイレにいったまま帰ってこないのをじりじりして待っていたら、向こうの方に「物産館」というのがあって、小物を見ていたようだ。
 また、国道55号線だが、途中で「南阿波サンライン」という海岸の上の道路に入ってみた。これが大成功。ところどころに展望台があってここからの景色がいい。最初の第一展望台から下のほうを見ると、小さな湾の青い海が余りに魅力的だった。ここまで来る途中に下に降りる道があったように思う。少し逆戻りしてそこまで降りてみた。
 

 

 ここがきれいなところだった。前方のがけの上から小さな滝が海に流れ落ちて、太平洋の波が打ち寄せている。
 どんどん走ってきて、今夜の停泊地は道の駅「宍喰温泉」。横にある「ホテルリビエラししくい」の温泉に入る。二階にお風呂があるが、海を展望する浴槽が大きい。長さ30メートル、奥行き5メートルくらいある。ここの窓から海の上の月がきれいに見えた。ここの温泉成分は炭酸水素ナトリウムで、肌がつるつるする。久しぶりにこれぞ温泉!!という湯につかった。
 
 
コメント

うどんたび2nd 六ハイ(High)目(最後のうどん)

2014年03月13日 | 2014/3 四国のたび 2
 今日という日はだいぶ前から雨の予報だった。それが見事に的中して夜明け前から屋根に雨の当たる音がする。この雨を見込んで本日は洗濯日ということにしていた。道の駅の少し徳島よりにあるスーパー「フジグラン」の一角にコインランドリーがあるようなので、そこで洗濯兼買い物。
 昨日の源平うどんが打ち止めというつもりだったが、うどん県は西のはずれの「上戸うどん」から食べはじめたので、終わりも東の外れまで行って最後の讃岐うどんを食べる。そこは東かがわ市の「本格手打ちうどん 宮川」。「冷たいぶっかけうどん」と「ざるうどん」を注文した。中太のうどんで腰がある。美味しかった。


 次は近所にある「翼山温泉」向かう。雨が強いので露天風呂はなくてもOK!サウナがあり、中もきれいなお風呂だ、なによりリーズナブルな料金がうれしい。
 ちょっと早いが今夜の停泊地、道の駅「第九の里」に向かう。前回、鳴門には行ってきたし今日は風雨が激しいので徳島県に入ってすぐに右折し、県道41号で山越えをする。一部1車線のところもあったが、まあ普通の山道で屋根をこするようなことはなかった。
前回もこの道の駅で停泊したので、勝手知ったる・・・、物産販売店でトマトとほうれんそうを買った。
道の駅の建物は、第一次大戦時のドイツ俘虜収容所の建物を復元したもの。手前の立派な建物はトイレ。その奥が道の駅。


石造りの堂々たる「ドイツ館」


雨は止んだが風が強い。近くにある阿波一宮「大麻比古神社」に参拝してきた。

 
コメント

うどんたび2nd 五ハイ(High)目

2014年03月12日 | 2014/3 四国のたび 2
 道の駅「香南楽湯」からの近さを取れば「池上製麺所」と「もり家」だが、開店時間が10時と遅いし、今回は新規の店に行ってみることにした。
 まずは「うわさの麺蔵」。ひやあつのかけ小をもらって食べたが、まあ普通の讃岐うどんだなという感じで感動がなかった。


 次は「一福」。「冷たいぶっかけ小」をたのんだらしばらく席で待たされた。そして釜から揚げたうどんを締めたばかりのを出してくれた。これに自分で大根おろし、おろししょうが、ねぎ、天かす、レモンを盛り付けて席に戻ってから食べる。うどんはちょっと細めだがすばらしく腰があって、たくさん口に入れると噛むのが大変なくらいだ。細いからかおろしとぶっ掛けつゆがほどよくからんで、美味しく食べられる。これは大当たりだった。
 
 最後のつもりで、「穴吹製麺所」を訪ねていった。すぐそこというところまで来ているのに、道が狭くて大丈夫かという感じだ。駐車場も3台分くらいだが、お客はだれもいなかった。ここでしっぽくうどん小を注文した。ところがこれがうどんが柔らかすぎてはしで持ち上げると切れてしまうくらい。噛んだ感触がない。しっぽくのかやくはそこそこだが、このうどんは好みの問題だが自分としては大きく外れ。奥も自分の分を半分くらい寄越したので、腹いっぱいになった。
 

 さて、高松にきたら恒例の屋島登山。屋島神社の駐車場にクルマを停めて、ひとりで山に向かう。しばらくは住宅の間の通路のようなところを縫って登山口に向かっていく。ため池のところに出たら、屋島小学校の脇から登山道になっている。ここからは40分程度で山頂に出ることができる。
 


 今日は天気も良く、風も穏やかだ。「獅子の霊厳」でしばらく眺望を楽しんでから下りにかかる。
 

最後に屋島神社に参拝した。屋島神社は東照大権現(徳川家康)を祀っているとのことである。
 うどんたびの最後を飾るために、もう一軒行くことにした。できるだけ近いところで「源平うどん」。「あついかけの小」と奥は「釜揚げ小」を注文した。つるつるしたうどんですっと入ったのはいいが、かきあげを取ったのが余分だったようだ。
 
 今夜の停泊地は道の駅「源平の里牟礼」。2回目だ。ここは駐車場が平らで、大型車駐車場ときちんと分離されているのがいいが、すぐ前が国道11号なので騒音が心配。すこし奥まったところの琴電の電車の前の駐車場に停めていたら、18時30分ころ丁寧に追い出されてしまった。この道の駅は裏手が広場とちょっとした公園になっていて、子供連れや犬連れが大勢で遊んでいた。
 


コメント

うどんたび2nd 四ハイ(High)目

2014年03月11日 | 2014/3 四国のたび 2
 今日は再訪問の店ばかり三軒。いずれも道の駅「滝宮」から近い。まず9時開店の「山越うどん」。今回の注文は「釜たま小」とれんこん。卵と出汁しょうゆがむっちりしたうどんにからんで美味しい。レンコンは自分の感覚では揚げすぎ。ちくわのてんぷらと同じ揚げ具合でかりかりでレンコンが茶色になっている。
 

 次は「田村うどん」。店の前まで行って暖簾が出ていないし、店の中が静かなので休業かと思ったが、営業中でよかった。ここは釜場までうどんをもらいに行く。前回はひやあつにしたが、今回は熱いのをもらって熱いつゆを注ぐ。店主はちょっと待ってと言いながら、釜揚げのうどんを丼にいれてくれた。これでもひやあつほどではないがすばらしい腰のある噛みごたえのあるうどんだ。奥はうどんよりもつゆのほうがお気に召したようだ。


 締めくくりは「がもううどん」。前回はナビの指示するままに、国道11号からいきなり車1台がやっとの狭い道をひやひやしながら入っていった。そこであらかじめ周りの地図を確認すると五色台病院まで行ってから入っていくと道も広くて分かりやすかった。今回の注文は、「ひやの大」と「あつの小」でともに熱いつゆかけて、それぞれちくわとかきあげのてんぷらを載せて外で頂いた。今日はいい天気でよかった。
 

 思わず大にしてしまったので、もうおなかも大満足。ちょっと海の方面に足を伸ばすことにして、海岸沿いに五色台に行ってみた。海は水がきれいだ。しかし大崎の突端から五色台に上がってみたら、さびれた感じで空は明るいが暗い気分になる。売店も閉鎖中で遊歩道を展望広場まで歩いていったが、周りに木々が茂って展望の利かない広場になっていた。
 腹減らしの意味もあって、近辺を歩き回った。


「よい子」に自然科学に親しんでもらうための市の施設などがあったが開店休業状態。じ~さんが中に見学に入っても誰も出てこない。
 今日の温泉は高松市内の「天然温泉きらら」。道の駅「香南楽湯」で2回目の停泊となる。

コメント (2)

うどんたび2nd 三ハイ(High)目と二度目の讃岐富士

2014年03月10日 | 2014/3 四国のたび 2
 今朝のうどんは「麺所綿谷」から開始。「牛肉ぶっかけ小の熱いの」を注文。上に乗った牛肉にボリュームがある。そして牛丼のショートリブのような肉だが甘辛くてうどんにからんでおいしい。これまたうどんも小なのに量がある。若干柔らかめだが、肉に合う。これは十分満足した。

 これで終わりではない。次は前回、奥が感動の体験をした「中村うどん」の「釜たま小」。釜揚げができるまで時間がかかるが、あらかじめ卵を割りほぐした丼に釜から茹で上がったうどんを入れたものが出てくる。これをかき混ぜるときれいに半熟状になって、だしかけしょうゆをまわしかけて食べるとうまくうどんにからまって絶品。うどんもうまい。
 

 次は1時間だけのうどん店「日の出製麺所」。開店30分以上前に到着したが、店の前に10人弱の客が並んでいた。急いで列に並ぶ。しばらくすると店の人が注文をとりにきた。そして15分前に店の中の席に、並んでいた順番に座らされた。店の奥のサッシ戸の向こうはうどん工場で機械が並んでいる。そのサッシ戸を開けて店の人が注文した品を小さなお盆にのせて出してきた。つゆは熱いの、ぬくいの、ひやいのがテーブルの上のポットに入っているのを自分で注ぐ。テーブルの上のねぎをはさみで切って入れて食べる。注文したのは「かけ中、熱いの」と「釜たま」。このうどん腰があって食べ応えがあるし、つゆも上品な味がした。これはすごい。


 

帰りがけには店の外は月曜日だというのに40人以上が並んでいた。


ここの店は工場の試食をさせるような位置づけなのだろう。店をやっている人たちも基本は工場の従業員というような感じだ。ここの純生うどんは常温45日の賞味期限ということなので、自宅を含めてお土産用に250g×10相当を買った。(店の張り紙によれば開店から100玉分は「讃岐の夢90」のうどんだということだったので、お土産用は店で食べたようにはいかないだろうな~)

 もうおなか一杯。少し運動をしようと、讃岐富士の2回目の登山。今回は登山口を坂出登山口に変える。
高松道の坂出JCTの南にある「幸神社」のところが登山口のようなので、そこまで行ったが駐車場がない。神社の下の道路の広くなったところにクルマを停めて登ることにした。今回も奥はお留守番。
  



 しばらくは果樹園の間の農道だが、すぐに地道の登山道になる。クルマから20分も登れば野外活動センターからの道に合流する。あとは淡々と登るだけ。
 

途中で保育園ではなくて幼稚園かな、かわいい子供たちと行き違った。

 難なく山頂を踏む。登り60分、下り45分。


 残念ながら、もううどんは入らない。レオマワールドの隣にある温泉「湯舟道 」で汗を流して、泊まりは道の駅「滝宮」。ここは前回立ち寄ったところだが、停泊するには近隣の住宅との関係、国道との離隔、駐車場の傾斜を考えると条件がいいところがないが、明朝のうどんめぐりを考えるとここしかない。住宅と大型車スペースから離れた場所に、何とかレベラー2枚を使って折り合いをつけた。

コメント (4)

うどんたび2nd 二ハイ(High)目

2014年03月09日 | 2014/3 四国のたび 2
 道の駅「ふれあいパークみの」の駐車場は朝早くから車のドアを開け閉めする音が聞こえる。どうやら88箇所めぐりの人たちは朝早くから準備して出発するようだ。自分も水関係の処理をしてから6時半ごろから周辺を散歩する。まずは71番弥谷寺に参拝だが、表参道の540段の階段ではなくて裏参道の有料道路を歩いて方丈の裏までたどり着いた。本堂を参拝の後、石段の途中に「天霧城跡へ」の看板があったので、軽い気持ちで行ってみることにした。しばらくは遍路道になっているが荒れた山道で、ところどころ猪が掘り返した痕がある。さらに進んで弥谷寺から30分も歩いただろうか。「隠砦跡」という看板がありどうやら天霧城本丸跡はそこから1000メートルくらい先に見える山の上のようだ。そこまでは一度鞍部に降りて急な坂道を登るようなので、時間的なこともあっていくのはあきらめて帰ってきた。
 8時半の道の駅の開店に合わせて、奥は早速に小物類を物色している。みやげ物のほかにかんきつ類やジャム、蜂蜜などを売っていたが、自分としては気乗りしなかったのでパス。
 今朝一番のうどんを食べに国道11号を少し観音寺方面に戻って横道に入り「小野うどん」に行く。ここではシンプルに「かけの小、あついの」を食べた。つるつるとのどごしよく入っていくが、ちょっと自分好みではなかった。壁にどれが誰だかわからないが、色紙がぎっしり貼ってある。たぶん地元の案内の人がおいしい店だといってつれてきたのだろう。そういう意味では隠れた名店なのかな。
 次は県道で山越えして善通寺市に入り「白川うどん」。ここも県道から車1台やっとの狭い道を入って、田んぼの中のお店。ここでは「かけ小」をもらって「ひやあつ」で戴いた。奥は「かまたま小」9分待ち。ここはつゆはおいしい、麺は腰があってさぬきはこれでなくてはと言いたい位の好み。
 



 引き続きもう一軒、同じく善通寺市の「岸井うどん」。色々な小屋がけのうどん屋に食べに行ったが、ここが一番の風変わりな店だ。なにしろ農家のビニールハウスが店だ。直射日光が入らないようなシートでおおってはいるが、夏は大変暑いのではないかと思う。それはともかく注文は「肉ぶっかけ小、冷たいの」と「かけ小」。店内が大混雑なので隣のビニールハウスのテーブル席で食べた。
 

 

甘めの味の肉とぶっ掛けの汁がうどんに合う。麺も腰があって好みだ。

 うどんはこれで置いて、「うちわの港ミュージアム」と「ガラスの館」を見てきた。奥は何か買いたそうだったが、ここは見ただけに終わった。
 

 「ガラスの館」のすぐそばが道の駅「恋人の聖地うたづ臨海公園」なのだが、道の駅「瀬戸大橋記念公園」も近くなので様子を見てくることにした。広い公園なのはいいが、駐車場が夜間閉鎖になることと瀬戸大橋の自動車の音はともかく電車が通過する音がジェット機の離陸の時くらい響く。これではとても停泊できない。


 しっぽを巻いて道の駅「恋人の聖地うたづ臨海公園」に逆戻り。ところが駐車場が満杯で、空くまでしばらく待つことに。今日は日曜日なので家族連れなどが大勢来ていたのだ。それも6時ころになったら、あらかた空いてきて、希望するスペースにとめることができた。


 今夜はここで停泊する。
コメント

さぬき うどんたび2nd Stage 一ハイ(High)目

2014年03月08日 | 2014/3 四国のたび 2
 道の駅「小松オアシス」の北側(高速道路側)には桜が植えてあって、4月にはここにクルマをとめて花見ができるなあなどと思いながら朝の散歩をした。

9時前になると本館の外にあるテントで物産店が開店した。特産のかんきつ類や野菜、米などの食品もある。朝食はうどんを食べに行くことにしたので、ざっと見るだけにして香川県に向けて出発。ここから香川県境まで2時間かかる。香川最初の道の駅「とよはま」を通り越して、朝食のために11時前に「上戸」に入った。ここは国道11号線の脇に建つ平屋の粗末な建物。こういうところが美味しい。
それぞれかけの小とてんぷらを注文した。うどんは太めだがちょっと柔らかめ、いりこの味が利いた出汁がおいしい。げそ天の太さに惹かれてつい取ってしまったが、ころもが厚い上にもう冷えていたのでこれは失敗だった。遅い朝食だったにもかかわらず、食べ終わってなんだかおなか一杯になってしまった。

 国道11号を引き返して道の駅「とよはま」でしばしのんびり。奥は例によって小物をちょこちょこ買っていたようだ。今日は天気も良く風もなし。道の駅の前の海も波もなく、のどかな感じだ。防波堤の上に座ってしばらく沖のほうを眺めていた。すぐ横が国道11号なのに静かで気持ちが落ち着く。
今夜ここで車中泊するには時間が早すぎるし、充電時間が2時間では心もとないので、さらに東に進むことにした。

 次に目指したのは「うまじ家セルフ店」ここで昼食。ちょうど12時で店の入り口に10人以上の人が並んでいた。並んでいるときから店のなかからうどんを切るとんとんかどんどんというおとが聞こえていた。ここでは「ぶっかけおろし」と「かまたま」、なんとなく野菜のかきあげを取った。うどんは腰があってかみ応えも十分。手切りで切ったうどんは細いの太いの入り混じっているが、細いのもよれたりしないで食感がいい。

 食後は「琴弾公園」に向かう。道の駅「ことひき」と案内されてはいるが、道の駅はどこがどうなっているのかわからなかった。ともかく公園の県営駐車場にクルマを停めて海岸を歩き、松林の中に入っていくと砂が盛り上げてある。これがここのシンボルの銭形のようだが、下にいては何がなんだかわからない。
琴弾山の展望台への遊歩道があったので、あがってみた。上から見るとなるほど見事なものだ。時間が早朝や夕刻で太陽が低いときなら、陰影がはっきり見えてさらに見ごたえがあるだろう。展望台から降りる途中で琴弾八幡宮に参拝した。

 先ほど海岸を歩いているときにちょっと先に「湯屋 琴弾廻廊」というのが見えていた。今日の温泉は?ここにした。実はしまなみ海道の来島海峡SAで「四国で得するパスポート」というのをもらったのだが、これに割引券がついていた。わずかだが50円の割引。ここは内湯、露天風呂、サウナとそろってはいるが、温泉としての湯の満足度がいまひとつだ。
 今夜の停泊地は道の駅「ふれあいパークみの」にする。ここは日帰り温泉施設に子供向け大型遊具のある公園があって、それに道の駅がおまけのようなところ。大きな道路からちょっと山に上がったところにあるので大型トラックには無縁。温泉もあるのでバンコンの停泊車が数台ここであさを迎えるようだ。

コメント

さぬき うどん旅 2nd stage

2014年03月07日 | 2014/3 四国のたび 2
今日からうどん旅の2回目を始める。12時過ぎに自宅を出て今回は基本下道で走ってみる。国道2号線を尾道まで行き、そこからしまなみ海道を通って今治へ。今日のしまなみ海道は風が強く、橋の上では70Km/hで走っていてもハンドルを取られるのでかなり気を使って走った。今治ICを通勤割引の時間帯に通過するために来島海峡SAで少々時間をつぶした。このSAは上下線が共通になっている。ここからの来島海峡方面のながめはなかなかのものだ。
 今夜は道の駅「今治湯ノ浦温泉」にお世話になるつもりで国道196号線のバイパスを走ってきたが、道中スーパーマーケットもコンビニもない。道の駅に着いてみれば、本当に小さな道の駅で、食べるものはお土産品程度のものしかない。おまけに駐車場が国道のすぐ横で大型トラックがひっきりなしに走っている。これは車中泊は無理だと判断して、道の駅「小松ハイウェイオアシス」に向かう。その間コンビニはあったが食品スーパーを見つけられずに、どんどん山のほうに入っていく。この道の駅に入っていく道路もわかりにくい。さらに周辺の施設が色々あって、なかなか複雑な構成になっている。松山自動車道の石鎚SAの駐車場から連絡通路を少し登ったところにハイウェイオアシスと銘打った建物があり、ホールや会議室と道の駅がある。さらに一段上がったところに「椿交流館」という温泉入浴施設がある。さて高速のSAからわざわざここまであがってくる車はあるのか。高速利用者用にセパレートされた広大な駐車場に数台車があったので、それなりに需要もあるのかもしれないが、自分の感覚では?だ。道の駅も建物は大きいが、ショップの品揃えは申し訳程度でたいしたものはない。食べ物を買うことができなかったが、さらに走っていく元気はなかった。手持ちの材料でハムステーキ、ハムと茎ブロッコリーの炒め合わせ、茎ブロッコリーのおひたし、ブロッコリーとマヨネーズのサラダ?、九州で買ってきた地鶏の炭火焼のパックで夕食にした。
 明日の朝食はどうしよう。奥は朝早く讃岐まで走ってうどんにしようと言っている。

 
コメント