ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

リチウムイオン電池をバッテリーリレーでオルタネータ(MAINバッテリー)に直結することに躊躇している (2018/11/30)

2018年11月30日 | アラモの快適化
 アイドリング(走行)充電の際にリチウムイオン電池(LIB)に急速充電ができるようにするために、接続ロスの小さいバッテリーリレーを使ってMAINバッテリーと直結することを考えている。このためのバッテリーリレーはNew-EraのBR-257という+カットのものを買ってきた。接続損失は0.3V以下/200Aということなので、現在SUB1用に使っているものよりも一桁小さい。



 さらにSUB1とSUB2(リチウムイオン電池)を入れ替えて使ってもいいかもしれないと考えるようになった。要するにリチウムイオン電池をサブバッテリーの主力にしようということなのだ。



 こんな形にしたらどうかと考えているわけだが、本当にこれでいいか何となく不安がある。この不安は何だろう。どうも頭の中で考えるだけではCPUの能力とメモリーの劣化が顕著なため、自信がないということなんだろう。

 そういうことなので、明日から利点と問題点、解決策などを書きながら整理してみよう。そのうえで回路図に反映していこうかな。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。



コメント

北海道のたびの反省を踏まえてサブバッテリーシステムの改善を始めよう (2018/11/28)

2018年11月28日 | アラモの快適化
 今年の北海道たびでは贅沢なことに、いつものAC冷蔵庫だけでなく車載のDC冷蔵庫(48L)も使ったので、なかなか便利に過ごすことができた。その裏では天候がぱっとしない日々が続いたことや、わずかしか走行しないことが多かったために、電力不足になってしまったこともある。

 天候やたびのスタイルに起因するものではあるが、かなり自信を持って構築したサブバッテリーの充電システムについて反省すべきところもあった。これについてはリチウムイオン電池の走行充電に問題あり、や ソーラー充電では満充電にならないリチウムイオンバッテリー という形で問題点は分かっている。



 そこでこんな風にサブバッテリーチャージャーをバッテリーリレーに置き換えたり、充電回路のロスを小さくするような改良をするつもりで準備してきた。ところがここにきてSUB1(AGMバッテリー)とSUB2(リチウムイオンバッテリー)を入れ替えたらいいのではないかというアイデアが出てきて、頭の中がごちゃごちゃになってきた。

 どうも頭の老化が進んでいるようで、頭の中だけではすっきりと整理ができないので、紙に書きながら検討していこう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

また出た、モッタイナイの虫 (2018/11/27)

2018年11月27日 | 日記
 シューズクロークの中を片付けていたら、柄が手元から折れている折り畳み傘が出てきた。



 こいつは何のゴミかなあ。広島市はゴミの分別が8種類もあってなかなか面倒なのだ。調べてみると不燃ゴミに該当するようだが、ちょっと待て。柄を取り付けたら使えるのではないかな。またまた出てきたモッタイナイの虫だ。

 かなり前にサクランボの木を切り倒した際の幹が残っていた。



 適当な長さに切って穴を開けてエポキシ系の接着剤で柄を固定した。



 あれあれ、ちょっと斜めになってしまったが、出来上がりだ。
 これなら無くなっても惜しくはない。



 もっとも、こういうものに限って無くなったりはしないものだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

いよいよ始まるぞ、自然薯の収穫シーズン (2018/11/13)

2018年11月13日 | 家庭園芸


自然薯のツルにできるむかごを土に埋めておくと、芽が出てツルが伸びて葉が出て、冬になると枯れてくる。このむかごから出来た1年生の自然薯は、じ~さんの庭では小さくて食べるところがない。これを再び植え付けておくと、この薯を栄養として再びツルが伸びて、何とか食べられる大きさになる。

 上のようにツルも葉も枯れてきたので、いよいよ収穫だ。何本か植え付けているし、むかごから伸びているツルもあるので、少しずつ掘り上げていくことにした。どのくらい成長しているか、食べられる大きさなのかが楽しみだ。



 堀り始めると周りから1年生の薯がいくつか出てきた。慎重に掘り進めていよいよ出てきた。



 最長は30センチくらいあるが細い。まあ、これはあまり期待していなかった所なので、逆に思いのほか大きかったというべきだろう。まだ、本命ほか10本以上残っている。掘っていくのが楽しみだ。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

ペール缶の焚き火台が赤さびで真っ赤ッカ (2018/11/11)

2018年11月11日 | アラモの快適化


キャンプで大活躍のペール缶の焚き火台だったが、水で洗って乾燥させておいたら、赤さびで真っ赤ッカになってしまった。缶詰の缶よりは肉厚の板を使っているように見えるが、このまま置いていたらボロボロになってしまいそうだ。

 

 オイルを塗っておいたら水分との接触が妨げられるため錆が進行しないと思われるので、エンジンオイルの余りをウェスに取って缶全体に塗り広げる。



 こうしてオイルを塗ったら厚手のポリエチレンの袋に入れて保管しておこう。

 次に使うのはいつになるだろうか?


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

聖湖キャンプ場を撤収、深命水を汲んで帰ってきた (2018/11/8)

2018年11月08日 | 2018/11 キャンプ
 今日は曇り空。もう食料もないし、この天気ではソーラーの充電も期待できないので電気も心もとない。ここらあたりで帰ることにした。



 帰る前に再度、聖湖の湖畔まで出てみようか。









 静かな湖だ。紅葉の感じもいい。対岸は別荘地だったかな。

 アラモに戻ってきて、米はあるのでおかゆを作ってお昼にしよう。

 せっかくなので片付け前の外のテーブルでおかゆを食べていたらお客さんだ。
6日の記事にコメントを頂戴したハンドルネーム「花子」さんでした。どうやらキャンプ場の一番奥の湖の近くにテントを張っておられたようだ。そういうことでこのキャンプ場に一人ぼっちだと思っていたのは訂正だ。見える範囲ではだれもいないということでした。

 「花子」さんは今からお帰りなのかな。わざわざありがとうございました。

 さて、お昼を食べたら片付けてこちらも撤収だ。

 途中で深命水を頂いて持って帰ろう。

 自宅近くのスーパーマーケットで、奥から指示のあった夕食の総菜を買ってから帰ることになる。実は朝の時点でLINEが来ていたのだ。



 11月3日から二山越えてさらに深入山まで行って、8日に帰ってくるまでの山道走行でこの燃費ならまあいいところだな。まずまずの好天続きだったので、ソーラーの発電量は毎日35AH程度あった。そのため同じ場所に5泊しても電気は間に合った。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

 
コメント

聖湖キャンプ場5日目 広い駐車場でソーラー充電を兼ねてタイヤローテーション (2018/11/7)

2018年11月07日 | キャンピングカー
 今日の天気予報では曇りということだが、雲は高く時々薄日が差してくるという空模様だ。この調子なら明るい開けたところにいれば、明日の午後くらいまでのソーラー充電はできそうだ。

 そこでガラガラの駐車場の真ん中に南向きに駐車してソーラー充電を兼ねてタイヤローテーションをするとしよう。




 輪留めはレベラーを流用した。今回のローテーションのタイヤの位置は前回決めていたので、その通りでいいだろう。



 今回左前に持ってくる現スペアタイヤの空気圧は4.8Kになっていたので、とりあえず5.5Kまでサイクル用のポンプで空気を注入した。現在後輪の内側のタイヤはここに来る前にガソリンスタンドで6.0Kほど充填している。今回はこれらが右前輪とスペアタイヤになる。



 これは当初は右前輪に着けていたものだ。外側がかなり減っている。

 お昼を挟んで午後3時に7本全部入れかえた。帰ってから増し締めをしよう。

 紅葉も最後の見頃なので聖湖一周を走ってみた。



 ここは樽床ダムでここでせき止めたダム湖が聖湖というわけだ。



ダムから下流を見ると上の方はもう葉が落ちているようだ。

 そのまま一周道路を走ってきた。





 再び国道191号線に出てきて、聖湖キャンプ場はすぐそこだ。

 戻ってきたら向こうの方にバイクのソロキャンパーが来ていた。どうやらここで泊まるようだ。



 さて、今日の夕食は非常用の食料があったはず。



 あった、あったよかった。ROSTIだ。安い上に日持ちするので便利だ。
他に冷凍のハンバーグがあるし、白菜の煮浸しを作っていた。これで手持ちの食料が尽きた。明日は帰ろう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

聖湖キャンプ場4日目 81歳も登る深入山に登ってきた (2018/11/6)

2018年11月06日 | 2018/11 キャンプ
 
ここまで来たらいつもの深入山ということで、今日は深入山の麓の深入山グリーンシャワーに向かう。



 平日にもかかわらず駐車場にかなりクルマがあると思ったら、山の麓にあるグランドゴルフ場の大会が行われているようだ。

 お昼は下山してから食べることにして、お米を浸漬してから11時に出発だ。



 今日は南登山口からの直登ルートでいってみよう。





 かなりの急傾斜で息が切れる。でも視界を遮る木がない気持ちのいいルートなのだ。





 下から追い上げてくる登山者がいる。わんこちゃんが先導している。



 ちょっと休憩して待っていて話をしたらなんと御年81歳だそうだ。「この山にはよく登っているが今回が最後かもしれないなあ」などと話しておられたが、なんの元気そのものだ。



 ここから山頂まで残り100メートルくらいのところにある見晴台からの眺めだ。



 山頂に到着だ。



 山頂から聖湖が✙字に見える。この山は独立峰なので周囲360度見渡すことができる。



北の方向を見た景色だ。パノラマはどうもうまくいかない。12時を過ぎたので腹が減ってきた。早く降りてお昼にしよう。下りは林間ルートで南登山口に降りることにしよう。



 向こうの山の紅葉が燃えるようなオレンジ色になっている。



 かなり降りてから振り返るとススキの向こうに山頂が見える。



 登山道の落ち葉もキレイだ。(ちょっと画像処理が入っている)



 駐車場まで降りてきた。往復2時間だった。



 お昼はなべでむかご飯。うまくできたようだ。



 うん、なかなかうまい。残りはおにぎりにして、また明日のお楽しみだ。

 しばらく山を見ながらくつろいで、向こうにあるいこいの村広島で入浴してからキャンプ場に戻ってきた。



 ペール缶の焚き火台に点火して夕食にしよう。燃える薪を片側に寄せてそろそろと焼いていく。



 こうしてたき火で焼くと、ありきたりの鶏肉もおいしい。キャンプ場ならではの贅沢だ。今夜もキャンプ場独り占めだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

聖湖キャンプ場3日目 今日もデイキャンプのお客さんが来ただけ (2018/11/5)

2018年11月05日 | 2018/11 キャンプ
 今朝は寒いなあと思ったら、9時前の室温が5.3度だ。これでは外は2度くらいかな。



 ここまで来れば冬だ。ヒーターを入れて暖かくなってから起き出した。

 今日はテントデッキの撤去工事が始まっている。やはりこちらサイドに移動したのは正解だった。



 お昼はおかゆで簡単に済ませて、サイドタープをアラモから切り離してみた。



 実はこの駐車位置では午後になると後ろから太陽光を浴びるようになってソーラーの受光角度が浅くなる。このため、発電電力が低下するようだ。そこで午後からは駐車場に移動して若干前下がりの場所で正面から受光するようにしてみた。



 これでよし。と思ってチャージコントローラーを見ると、先ほどまでの発電電力とほとんど差がないのだ。



 感覚的には受光角度が10度くらい変わったような気がするのだが、どうしてかな?

 17時頃に元の場所に戻ってきたが、サイドタープを取り付けるのが面倒になってきた。たき火をするのでテーブルや椅子はタープの下ではまずいだろう。



 今回、むかごの残りを持ってきたので、ゆでてからフライパンで炒めている。これも焚き火台が活躍だ。

 こんな風にキャンプ場で野性味あふれる食事をするのがいい。

 お昼の時点では新たにやって来たグループが2組いたのだが、夕方には片づけて帰って行った。また一人になった。

 食事が済んだらまた小枝などをたき火に放り込んでいく。炎が上がると暖かい。



そして暗い中で踊っている炎を見ているとちょっとほっとするものがある。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

聖湖キャンプ場2日目、誰もいなくなった (2018/11/4)

2018年11月05日 | 2018/11 キャンプ
 前日に駐めたサイトは下が土なのはまだいいが、午後にならないと陽が当たらない。さらに月曜日になるとテントデッキの撤去工事の邪魔になりそうな場所なのだ。

 日曜日も午後になれば撤収する人たちも出てくるはずなので、待っていたら終日陽当たりの良さそうな場所で片付けをしている。撤収中の邪魔にならない頃合いを見計らって、話をしてとりあえずテーブルと椅子を置かせてもらった。金、土、日の3日間のキャンプをされていたそうだ。片付けの整理整頓の上手な人たちだった。

 

 場所を移した頃はたくさんのキャンパーもどんどん後片づけをしている。まずはサイドタープを張って、じ~さんはここでたき火をするつもりなので、燃料探しだ。奥に入っていくと聖湖があるがこれはダム湖なので予想では岸辺に流木が打ち上げられているはずだ。ということで中折れの鋸と鉈、大きめの袋を持って出ていった。

 ところが湖畔に出たら岸辺をうろうろと探しても、その流木が全く見つからない。流木狙いは早々と諦めて、遊歩道回りの折れた枝を集めた。



 ここのキャンプ場の紅葉も見事なものだ。

 

 アラモの後ろの人たちはこの日の午後やって来たので、ここに泊まるのだと思っていたら陽が落ちる頃に片付けを初めてあっという間にいなくなった。
 これで回りには誰もいなくなった。



 こんな静かなキャンプ場もいいものだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

 
コメント

エエッ!? 聖湖キャンプ場の大賑わいにびっくり (2018/11/3)

2018年11月04日 | 2018/11 キャンプ
 焚き火台を作ったら使ってみたくなってくる。まあ、火遊びがしたいわけで、自宅で燃やすわけにはいかないので、急遽キャンプ場に出かけることにした。

 この時期は紅葉も楽しめ軽い山登りもできる聖湖キャンプ場に出かけよう。

 キャンプ場に向かう途中の筒賀にイチョウの大樹がある。



 筒賀大歳神社のご神木で、樹高48メートル、目通り幹周9.85メートルだ。





 まだ少し緑色が残っているが、すごい木だなあ。


 三段峡、聖湖の入り口の道の駅「来夢とごうち」に立ち寄った。



第二駐車場まで満杯で出て行った後に何とか駐めることができた。



 この駐車場側にあるお弁当やラーメンなどの小屋も大賑わい。



いつもの弁当屋でおにぎり弁当を買って、クルマに戻って遅い昼食にした。



 駐車場横のJAの産直で野菜を買っていこう。

 深入山下の「深命水」を汲んで聖湖キャンプ場に向かう。





 山の紅(黄)葉も今が見頃で見事に色づいている。



 キャンプ場の入り口は静かなものだったが、芝生の広場まで来てびっくりした。通路の片側にはクルマがびっしり。



 これまで10月末から11月3日くらいのうちの何日かここに来ているが、いつもは誰もいないか3台くらい。こんなに多いのは初めてだ。天気もいいし暖かい日が続いているからだろう。



 結局通路の反対側のテント用デッキがある側にアラモを入れて、今日はタープはなしだ。



 そのテントデッキは老朽化していたので、撤去工事が行われていた。

 聖湖の方に向かって歩いてみた。



奥の方までテントがぎっしりだ。


 暗くなる前に焚き火台の試験点火をしてみよう。



 太めの針金二本で火床を支えて持ってきた庭木を剪定した時の枝や木くずを入れて点火したら調子よく燃える。これは大成功だ。時間が経つにつれてペール缶の外側の塗料が熱のために剥がれていく。



 燃え上がる炎が落ち着いたところで、焼き網を載せてホッケやサンマなどを焼いた。これがまさに遠火だが、火の通りが早い。これも大成功で、炉端大将よりも遙かにいい。キャンプ場限定だが燃料も無料だ。



 あっという間に焼けて、否応なしに早い夕食になってしまった。
その後、網の上で親鳥の細切れを焼いて食べたら、これがめちゃくちゃにうまかった。

 食べて飲んで陽が落ちて、焚き火台に落ち葉と小枝を放り込んだらまた火が上がった。



 この炎を見ていると子供の頃の昔に返った気分になった。

 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

廃品を利用して焚き火台を作ってみた (2018/11/2)

2018年11月02日 | アラモの快適化
 エンジンオイルを交換した後に20Lのペール缶が残る。当初はロケットストーブを自作するつもりでいた。しかし住宅地の屋外で木を燃やすことはできないようなので、キャンプ場でしか使えそうにない。

 それなら焚き火台の方が面白そうだし、簡単にできる。



 ペール缶の上蓋は思ったよりも簡単に取り外すことができた。



 側面の下の方に開口部を作って空気の取り入れ口兼灰のかき出し口にした。この開口部は蓋を作った方がいいのかな。



 火床はこれまた廃品利用でペール缶の蓋に穴を開けたものを使う。



さあ、出来上がりだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント