ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

本土最南端、佐多岬まで走り打って返して道の駅「たるみず」に(2016/1/31)

2016年01月31日 | 2016/1-2鹿児島のたび 2016


 今日の南九州は好天に恵まれるようだ。明日からまた下り坂の天候のようなので、この機会を逃さず、宮崎から一気に佐多岬まで180キロを行く。自衛隊の基地のある鹿屋までは変化の乏しい道中でなかなかに遠かった。
 鹿屋から錦江湾に出てくると、右に開聞岳が見えるようになり走る楽しみも感じられる。



佐多岬付近では道幅の狭い山道になるのではないかと心配していたが、最終の佐多岬駐車場までほぼ2車線の道路で駐車場は50台くらいのスペースがある。



 駐車場をでるといきなり立派な歩行者専用トンネル。ここから佐多岬まで徒歩で800メートルくらいUP&DOWNのある遊歩道を歩く。





 途中に御崎神社があるので参拝する。祭神は伊邪那岐命、伊耶那美命でたびの安全を祈願した。



 さらに進むと「本土最南端佐多岬」の看板の向こうに佐多岬灯台が見える。



本当の最南端は灯台のある岩の二つ手前の岩のところなのだそうだが、今は通行できないそうだ。



向こうには種子島が薄く見えている。

ここの上に展望台がある。開聞岳がきれいだ。さらに南には三島村の硫黄島と竹島が霞んで見える。



 しばらく展望を楽しんで駐車場に戻る。駐車場の隅にガジュマルの木が気根を下に伸ばしている。いかにも南の国に来たという感じがする。



道路の途中でも道の脇にあるガジュマルの木が道路に張り出して、気根を伸ばしているので屋根に当たらないように気を遣う。



 佐多岬から少し無理をして道の駅「たるみず」にやってきた。ここは温泉があるので、入浴してそのまま車中泊ができる。午後6時に到着したところで日没後の桜島。



昨年2月は黒い噴煙がこちらに延びていて、一夜でクルマに2ミリくらい火山灰が積もったものだが、今日は噴煙は白く量もかなり少なめだ。これなら灰が積もることもないだろう。

本日の走行は271.0キロ、燃費は10.7Km/Lだった。よく走ったものだ。






 
コメント (4)

高鍋温泉めいりんの湯に入って、いつもの宮崎臨海公園駐車場にやってきた(2016/1/30)

2016年01月30日 | 2016/1-2鹿児島のたび 2016
 道の駅「やよい」の隅には地下水を流している樋がある。番匠川の伏流水を汲み上げた水という表示があって、前回ここに来た時にはかなり遠方からも水を汲みに来た人が並んでいた。昨夜も今朝も誰もいない。今回は看板には飲用不適とはっきり書いてあった。たぶん保健署の指導が入ったのだろう。自己責任で雑用清水と沸かして飲用にする水を少し補給した。あとは近くの水道水を飲用として補給。今朝の物産品の店は朝早くから結構賑わっていた。



 ここから国道10号線を南下していく。後で気がついたが佐伯から延岡南まで東九州自動車道が延びていて無料区間だった。ナビのデータが古いのでこのルートを案内してくれなかった。道の駅やよいで道路情報を見ていれば気がついたはずなのに・・・。

 道の駅「北川はゆま」に立ち寄った。ここは二度目かな。



大型車の駐車スペースが多くて路盤が傾斜しているので、車中泊としてはちょっと落ち着かない。

 さらに海岸沿いに南下して道の駅「日向」だが、その横を左折して「日向サンパーク」の駐車場までやってきた。ここは総合レクレーション施設のなれのはてといえばいいのか、温泉施設とレストラン、キャンプ場があるようだ。ここの駐車場で昼食を取った。





こちらは入口にある道の駅「日向」。昨年も立ち寄ったが小さな道の駅だ。

 ここから少し走って国道10号線から5キロ程西に入って、高鍋町営の高鍋温泉「めいりんの湯」\500に入った。



お湯は薄い緑茶色。駐車場がほぼいっぱいになっていたので混雑しているかと思ったが、内湯も露天も広くてゆったりと入浴できた。源泉の湯温が48.4℃で成分総計が8.15g/kgなので立派なものだ。主な成分は塩素イオン4628mg、ナトリウムイオン2803mg、炭酸水素イオン476mgで心持ち肌がツルツルする。

 ここで午後4時になったので、いつもの宮崎臨海公園で車中泊だ。近くのイオンで買い物をして、サンビーチの駐車場に。今日は少し波がある。



ここには食事(昼間)もできるし、トイレと外水道があって便利だ。夜間は22時で入口が閉鎖されるので、深夜の暴走族がやってくることもない。今、21時20分ごろ警備の人が泊まりかどうか確認に来た。「お世話になります」と言っておいた。

 本日の走行は164.1キロ、燃費は11.7m/Lだった。




 
コメント

別府温泉に入って国道10号線を道の駅「やよい」にやってきた(2016/1/29)

2016年01月29日 | 2016/1-2鹿児島のたび 2016

 中津からはずっと国道10号線。宇佐神宮の横をかすめて別府に下りてきた。
別府で国道から近いわくわく温泉かっぱの湯に入浴。

 

本日は金曜日でメンズサービスデイということで、通常520円の入浴サウナセット(遠赤外線サウナ、バスタオル)が380円だった。内湯はちょっと狭いが露天風呂が気持ちいい。スチームサウナは蒸気が出始めると、どっと汗が出てきていい汗をかいた。ここのお湯は無色透明の食塩泉。弱アルカリ性低張性高温泉で成分総計が2.4g/Kg、主な成分は塩素イオン849mg、ナトリウムイオン630mg、硫酸イオン254mg、炭酸水素イオン183mg、メタケイ酸252mgと色々ある。少し肌がつるつるするようだ。

 引き続き国道10号線を走って道の駅「やよい」に着いた。今夜はここで車中泊。ここは二度目の車中かと思う。お風呂はあるが、温泉ではない。
 前回来た時には道の駅は工事中だったが、物産販売店が新しくなっていた。

本日の走行は131.6キロ、燃費は10.6Km/Lだった。

コメント

豊前市の温泉に入って、道の駅「なかつ」にやってきた(2016/1/28)

2016年01月28日 | 2016/1-2鹿児島のたび 2016
 昨夜は夜中に目が覚めて布団の中でiPadを見て二度寝したので遅い目覚めだ。起きたのが10時前。こんな朝寝は家では滅多にないことだ。

 朝食を作って奥を起こして食べていたら、出発は11時半頃になってしまった。もう雨が降っている。これから明日までずっと雨のようだ。

 関門トンネルをくぐってネットで調べておいた小倉南区のスタンドで給油。軽油が\86/Lだ。安くなってありがたいことだ。

 豊前市営の温泉「天狗の湯」で入浴。ここは二度目になる。



無色透明の中性低張性低温泉ということで、これといった特徴のないお湯だ。成分総計は0.31g/Kgで炭酸水素イオンが114mgあるが特段つるつるする感じはなかった。

 本日の宿泊は道の駅「なかつ」だが、少し手前にイオンタウン三光がある。ここで「とりのたたき」を買った。九州にくると魚もいいがこれが楽しみだ。今夜は自宅の残り物とゴーヤでゴーヤチャンプルーを作る。

 少し薄暗くなった17時20分過ぎに道の駅に着いた。近隣の「豊前おこしかけ」や「しんよしとみ」には何度か立ち寄ったり車中泊もしているが、ここはこれまで気がつかなかった。国道10号線のすぐそばだが、回り込んだ奥の方に停めたら騒音もあまり気にならない。



あすの朝開店してから店の中を見てみよう。

本日の走行は124.2キロ、燃費は9.9Km/Lだった。

コメント

今日から鹿児島に行く(2016/1/27)

2016年01月27日 | 2016/1-2鹿児島のたび 2016
 例年2月は暖かい鹿児島に出かけている。今年は少し早めに出発だ。



 今日のうちに九州入りしたいと思っていたが、出発時間が遅すぎた。途中で夕食とゆたんぽなどの買い物をして、いつもの道の駅「きららあじす」に16時すぎに到着。



 キャブコンが1台先着している。



 本日の走行は140.8キロ、燃費は11.1Km/Lだった。

 明日からは九州の東岸を走って鹿児島に向かう。
コメント (4)

シークァーサーのママレードを作ってみた(2016/1/7)

2016年01月07日 | 日記


庭のシークァーサーが完熟している。このまま置いておくと中がスカスカになってしまう。正月に帰ってきた次女が「あれでママレードを作ろうよ」と言っていたのを思い出して、ダメ元でやって見ることにした。なお手順や量はほっつき歩きと同様の無手勝流なので、他人様の参考にはならないと思う。

 小さな木だが100個くらい収穫することができた。まずヘタを取って半分に切ってから、ざるで種を受けつつ指で果汁を絞る。実の大きさの割には種が大きくてたくさんある。果汁が1リットルくらいとれた。

       

 次に果皮から内皮を取る。内皮に果汁が残っているので、絞った後の果皮を入れた鍋に半分くらい水を入れて、沸騰させてしばらく上下を返して全体にむらなく火が通るようにする。それから(熱いので)トングで果皮をはさんで、フォークで中の内皮をはぎ取る。火を通しているので果皮の内側の白い繊維質の部分も、内皮と一緒にある程度取れた。これはこのまま鍋に残しておいて、最後にざるでこしとる。

      

 さあ、いよいよ果皮の千切り。小さくて丸っこいのでなかなかに手こずった。先ほどの内皮をこしとった煮汁と一緒に圧力なべで10分ほど加熱。

 次に少し深めの鍋に移して、最初に搾り取った果汁を半分くらいと砂糖を適当に入れて(1キロの袋の1/4くらい)ことことと煮詰めていく。
 あれれ全然固まってこない。水あめでも買ってこようかな。

    

 ここでネットで調べてみると、種に多量のペクチンがあるので、種と一緒に煮詰めるとトロトロになるとのこと。
 ザルに残っていた種と煮汁の一部を小鍋に入れて煮立てると、なるほど煮汁がトロトロになってきた。この煮汁を元の鍋に戻して焦がさないように弱火でかき混ぜていくとほどよい感じになってきた。
 保存ビンを煮沸してから乾かし、瓶詰めして完成。

    

 手前のマグカップは最後に少しの水を鍋に入れて、残ったママレードを溶かしたホットシークァーサーで、ほんのり苦くて酸味のある香りのいい飲み物になった。

 砂糖が少ないので日持ちはしないが、我が家では瓶のまま冷凍庫に入れておくのでこのくらいがちょうどいい。ネットの情報によると、苦味を取るためには果皮をゆでこぼすといいようだ。しかしゆでこぼすと果皮に含まれるノビレチンという成分も流れ出てしまうので、お好み次第かな。ノビレチンはポリフェノールの一種で、認知症やメタボリックシンドロームを予防、あるいは改善する効果が期待できるそうだ。
 それならこのマーマレードをお湯にいれて、お茶代わりに飲むのもいいかもしれないな。
コメント

2016年新年(2016/1/1)

2016年01月01日 | 日記


 昨夜は紅白をながめながらずっと清酒を飲んでいた。この頃は地方の聞いたこともないような酒蔵でもそこそこにおいしい酒を出している。純米の大吟醸は普通に飲むには手が出せないが、アルコール添加の大吟醸なら手頃な値段で、味も一応納得できるレベルだと思う。

 紅白”歌合戦”とはいいながら、どっちが紅か白かわからないような総合音楽バラエティになっている。昔むかし一世を風靡した人が歌手でございと出てくるのも不思議な世界だし、司会が4人もいてそれぞれの立ち位置がまったくわからない。そうした中で森進一の紅白卒業宣言は立派だ。

 昨年のクルマでのほっつき歩きは152泊163日、走行距離は16,776キロメートルだった。日数の割には距離が出ていない。昨年は行った先でのんびりしていたということと、一気に長距離を走る東北地方に行かなかったということが大きい。今年は北海道の帰りに東北の下道をゆっくり走って帰るのもいいかもしれない。
コメント (2)