ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

雨の中を帰宅だ  (2018/5/13)

2018年05月14日 | 2018/5 春の四国2018
 出発してから帰ってくるまでずっと雨だ。忠海から山越えで国道2号線に出て、本郷のショッピングセンターに行って買い物と昼食。ちょっとゆっくりしてからおもむろに帰路につく。

 出発前にショッピングセンターにあるセルフの給油所で燃料を入れようとしたら、トリガーを引いてもガタンという音がするだけでノズルから軽油が出ている気配がない。半分引き抜いて給油口の隙間から覗いて見ても出ていない。この給油機はぐっと奥まで押し込まないと燃料が出ないようになっているようだ。さらに給油口ギリギリまで入れようと思ってノズルを少し引き抜き加減にすると、給油が停まってしまう。安全に配慮した作りはいいが不便だ。

 幸いにも国道2号線はまったく渋滞がない。あっさりと帰ってきた。





 ここまでの積算距離は89,428キロで出発前が88,820キロだから10日間でわずか608キロの走行だ。そろそろエンジンオイルとオイルフィルターの交換時期だなあ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

忠海に向かうフェリーに乗って帰ろう (2018/5/13)

2018年05月13日 | 2018/5 春の四国2018
 今朝は夜明けとともに雨が降り出した。もうちょっと持ってくれると期待していたがだめだった。



 こんな雨の中でもカッパを着て自転車で走る人たちもいる。日程を工面してやってくるので走るのだろうけど、これでは楽しさは半分以下だろうなあ。

 じ~さんとしてはこの雨の中でじっとしているのもいやだし、この島の中も大体行ったのでもう帰ろうかな。産直品販売所で甘夏を買って食べてから出発だ。



 盛港を11時25分発の便がある。出航の30分前にターミナルに行ったらガラガラだ。





23分に折り返しの便がやってきた。このフェリーは20分もかからずに大久野島に立ち寄る。





大久野島では乗船するお客さんがいっぱいだ。この時間だから国民休暇村の泊まり客かなあ。

そして10分そこそこで忠海に着く。



 雨の中を走るのも楽しくないが仕方がない。奥にこれから帰るよとラインで送ったら、買い物をしてきてねとのご要望だ。


 
 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

しまなみ海道のお気に入りの生口島一周コースを走る (2018/5/12)

2018年05月13日 | 2018/5 春の四国2018
 しまなみ海道のサイクリングコースの中で一部を走るなら、オススメはこのしまなみ公園から多々羅大橋を渡り生口島を一周して戻ってくるコースだ。自分としてもお気に入りでこのあたりに来たら必ず走るコースだ。多々羅大橋からの眺めはいいし、生口島は道路のUP&DOWNが小さい。また交通量(特に大型車両)も少ないので怖い思いをすることもない。

 それでは出発しよう。道の駅の建物側から道を挟んだ第二駐車場が広くて駐車車両が少ないので、自転車の積み卸しなどにはいい。乗用車でここに来て自転車の準備をしている人も散見される。



多々羅大橋へのエントランスを上りながら道の駅をちらっと見る。手前側に自転車が並んでいる。



橋の上からの眺めも格別だ。





 橋から降りて生口島の海岸線沿いを右回りに走るのがいつものルートだ。



ずっと左側に海を見ながら気持ちよく走っていく。

こちらを回るのがしまなみ海道全線走破の一般的なコースになっている。実は反対側を回る方が距離は短くなるが、少し山に寄ったルートになるので坂道が少しあるし、海が見える区間が少なくて楽しめない。加えて瀬戸田の観光名所を通過しない。

 沖合にみなれない船?が停泊している。



ちょっと見にはノアの箱船みたいに見えるが、恐らく海洋構造物を積んだ台船だろう。

 左前方に高根島が見えてくる。この島は生口島と橋でつながっている。その高根島側に赤い屋根の小さな家が見える。あれは何だろうか?昨年は気がつかなかったぞ。



 瀬戸田の市街地に入って平山郁夫美術館の前を通過。



そのまま走って行ってドルチェで小休止だ。




 補給も済んだしまた元気に走り出す。



生口橋が見え出す。







 このブルーラインの真上にタイヤを乗せて走ると滑らかに走れるが、スキルがないので少しはずれることがあるのが残念なところだ。



 この先にちょっとした駐車場があって、その先から少し山よりのルートになって上り道になってくる。もう終盤なので足がくたびれているところにこれはきつい。ただ今日はここで向かい風にならなかったので有り難い。

 そこを頑張って走って一気に下ると多々羅大橋が見える。



ここからは海沿いの道を一気に走って多々羅大橋の真下だ。



 エントランスの坂道をよれよれしながら登って行く。



左側の壁の企業名は自転車道無料通行の今年度のスポンサーだ。だんだん少なくなっているような気がする。長く続けてほしいものだ。







 31.4キロの走行と出ているがサイクルコンピュータでは32.5キロだった。どうしてこんなに差が出るのかなあ。それにしても足がよれよれで、膝が痛い。

 自転車を片付けてお風呂に行ってまた道の駅だ。今度は道の駅の横手の駐車場に停めた。
ヨレヨレながらも順調に戻ってきたので橋を見ながら乾杯だ。









 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。



コメント (2)

今回の旅の最後のうどんは西端手打ち上戸うどんだが初めて見る行列 (2018/5/12)

2018年05月12日 | 2018/5 春の四国2018
 一週間うどんを食べ歩いてきたので、今回のたびのうどんは今日までにしよう。

 最後のうどんは西端手打ち上戸うどんだ。ここはしまなみ海道を渡って西から讃岐入りする際に最初に食べる店なので、東から入った今回の最後はここでいいのだ。

 このあたりだなと意識していたのに危うく通り過ぎる所だった。で、駐車場がいっぱいなのだ。



出て行ったくるまの後に入れることができたが、店の前に行列ができている。土曜日だけどまだ8時半だ。ここも人気が出てきたのはいいことだ。



 一玉注文してひやあつで食べよう。勢いでげそ天をのせた。太麺だが固くもなくコシもある。最後にこれで満足して食べ止めだ。

 この後は色々な日程が押してきているので、あまり遠くには行かないでしまなみ海道をうろうろしてから帰ることにする。今日はとりあえず道の駅多々羅しまなみ公園までだな。





 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

琴弾公園を起点に自転車で荘内半島の南半分を一回りした (2018/5/11)

2018年05月12日 | 2018/5 春の四国2018
 うどんの後は自転車だが、今回は琴弾公園を起点にした。



 ここからまず詫間まで行ってそこから荘内半島の東側を走る。詫間まではあまり広くもない県道だ。



 詫間からなかなか海が出てこない。



海の見えるところはちょっと高台に上がってからだ。



 紫雲出山という方に左折して荘内半島の西岸に向かう。ここから山越えかと思ったら家屋が連担する田舎の集落の中を少し登るだけだった。





 向こうに抜けたら今度は尾根越えが2つある。







 登り坂の途中に休憩所があってしばらくベンチで海を見ながら休憩だ。



 ここでスマホのアプリをPAUSEにしたまま走り出したので、距離が出ていなかった。

ともかくぐるっと回って自転車のメーターで38.5キロを走りきった。疲れた。



 
 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

今日もまた素晴らしい天気だ どこにいこうか (2018/5/11)

2018年05月11日 | 2018/5 春の四国2018
 道の駅たからだの里さいたの駐車場は裏手にあるため池の横が静かでいい。昨夜は外に出てみたらずっとエンジンをかけているワンボックスのワゴンが停まっていたが、今に時期にエンジンをかけて何をするのだろうか。



 今朝も素晴らしい天気だ。こういう日は外に出ないともったいない。電気はソーラーが有り余るほど作ってくれる。



今朝のうどんは朝の早い山内うどんからだ。





ひやあつで天ぷらは止めておこう。変わらぬおいしさだ。

 次が本命のやすなみだが開店が11時なので再び道の駅に戻ってきて、産直店で買い物など。野菜が安いけど今はたくさんはいらない。

 やすなみに開店時間丁度に着いた。



ところが暖簾が出ていない。まあ、ここは10分遅れはいつものことだ。しばらくすると包丁でうどんを切るトントンという音が聞こえだした。そして開店だ。

 まずはひやあつを一杯、次いでざるを一杯といつものコースだ。店主がうどんを切り終わって出てきて、このあたりの秋祭りの話などをしていたら写真を撮り忘れていた。

 
 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

満濃池の一周は思ったより短くて追加で自転車道を2往復して、道の駅たからだの里さいたにやってきた (2018/5/10)

2018年05月10日 | 2018/5 春の四国2018
 うどんを食べた後は自転車を走らせよう。やってきたのは満濃池の堰堤の上。



ここから見ると満濃池は広い。この池の北側は岸沿いに自転車歩行者道が整備されている。ところが南側は複雑に入り組んだ岸に途中まで細い道があるようだが、その先はゴルフ場につながっていて通り抜けできないようだ。そのためゴルフ場を大きく迂回して一周するルートを走ることになる。

 

 まず池を左回りに回ろう。最初から一般道の登り坂だ。



 その後は県道を経て農免道路に入る。



この先の登り坂がきつい。このあたりには大小のため池が多い。





また登りだ。



登り切って下っていくと満濃池に出てくる。



 その先に北岸の自転車道が現れる。



ここからはほぼ平坦な道を快適に走ることができる。







 終点の満濃池の堰堤だ。



 堰堤の上から下を見下ろす。すごい高さだ。



これでかなり大回りの一周だがなんと11キロしかない。



 もう少しあると思ったんだけど何だか走り足りない感じだ。一休みしたら今度は逆周りに行ってみようか。
と思って走り出したが自転車道を過ぎてしばらく走って、ちょっとした坂になると自転車が走らない。もう足に力が入っていないのだ。もう坂道は諦めて平坦な所だけ2往復して14.5キロ走ったからこんなものでいいかな。



 出発しようとしたところで隣に駐車していた年配の人に話しかけられた。なんでもキャンピングカーを買おうかと思うとのこと。あれやこれや話し込んでしまった。

 出発は遅れたが道の駅たからだの里さいたの産直店はまだ営業中だったのでよかった。営業時間は18時までということだった。満濃池からここまでスーパーマーケットもコンビニもなかったので、今夜は何を食べようかと心配していた。






 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

今朝は釜玉の名店、池上製麺所と山越えうどんをはしご (2018/5/10)

2018年05月10日 | 2018/5 春の四国2018
 今朝は好天に恵まれて早朝からソーラーがぐんぐん充電している。2日間雨が続いた後に昨日は日差しが弱くて十分に充電ができなかったのだ。

 
朝食がうどんなのですぐに出かけたいところだが、香南楽湯の近辺には朝の早い好みのうどん店がないのだ。10時開店の池上製麺所に行って少し待つことにした。



一番乗りだ。開店の5分くらい前に大阪ナンバーのレンタカーに乗った若い人が3人やってきただけ。なにか寂しい感じだ。

 注文したのは釜玉。



すこし柔らかめだなあ。

 次は山越えうどんで、ここから香南楽湯の前を通って20分くらいだろうか。



 いつもの駐車場には20台くらいの車が入っている。



店の前は並んでいるというほどでもない。注文は釜玉で、ここのうどんは釜玉が合うようだ。



 池上製麺所と比べて見ると、ムチムチもちもち感があっていいと思う。

 次はどこかに行って自転車を走らそう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

この日3軒目のうどんはぱっとみて飛び込んだ作業服の人でいっぱいのお店 (2018/5/9)

2018年05月10日 | 2018/5 春の四国2018
 自転車で香東川自転車道を走っているときにお昼どきになった。ちょっと食べていこうにも自転車道では店はないので対岸にわたった。そこで見つけたのは駐車場にいっぱいの車が道にまであふれている。



 大きなガラス窓から中を見ると作業服を着た人でいっぱいだ。そうだなあ、現場で仕事をしている人の多い店は美味しい店だ。空海房というロードサイド店だ。早速入ってみた。お客さんが多い。



ひやあつを注文した。少し柔らかめだけど腰があってなかなかいいよ。次に来たら冷たいぶっかけにしてみよう。

 久しぶりに43.6キロ走ったので足が痛い。香南楽湯でゆっくりとお湯に入ってそのままビールを飲んだらバタンとベッドだ。






 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

成合運動広場の駐車場をベースに香東川の自転車道を走る (2018/5/9)

2018年05月09日 | 2018/5 春の四国2018
 例年のごとく香東川の河川敷と川土手を使った自転車道を走るために成合大橋の下にある成合運動広場の駐車場にやってきた。この自転車道は「塩江香川高松自転車道線」という名前の付いた、れっきとした香川県道269号線なのだ。





 以前は直射日光を避けて成合大橋の下に停めていたが、いまはソーラーでの充電のためにお日様大歓迎の広いところに停めている。



下流側はおおむねこんな感じだ。



橋の下で地上高2.1メートルのところがあるので、思わず頭を下げてしまう。



この先の坂を上がると一般道に出るので、ここで引き返そう。

折り返して川をさかのぼるわけだが、川そのものの勾配がわずかなのであまり傾斜はない。土手への登り降りがある程度だ。車の脇を通り越して進んでいく。





麦畑がある。これが讃岐うどんになるのだろう。

自転車道の終点近くになると川も上流らしくなってくる。



向こうに高松空港の誘導灯の架台が見えてくる。このあたりで自転車道も一般道路と合流するのでここで引き返そう。

 自転車道を走っているときに川の反対側に面白いものが見えたので、立ち寄った。



 これは高松市香南歴史民俗郷土館で、由佐城跡に建てられている。復元でも何でもなくお城の形をした博物館ということだ。



 これでクルマに戻ったら31.6キロだった。





 この後少し休んで再度下流への往復をしたのでさらに+12キロで合計43.6キロ走行した。まあまあいい所ではないか。ここは信号はないし、UP&DOWNもほとんどないので走りやすくていい。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

朝一うどんは昨年よかったヨコクラうどん、そして期待の一福の開店を駐車場で待つ (2018/5/9)

2018年05月09日 | 2018/5 春の四国2018
 昨年食べに来て美味しかったヨコクラうどん。ここは朝が早いのでこのあたりで朝一に食べにくるには丁度いい。



駐車場の向こうの暖簾をくぐって入っていくと誰もいない。



というのは昨年経験したのでわかっている。通り抜けてその向こうが店なのだ。



 さて、昨年と同じくひやぶっかけにした。あれれ、昨年書いたイメージと違うなあ。作る方は同じように作っているのだろうから、感じ方がおかしいのかな。ちょっと固めだなあ。これならかけの方がよかったかな。




 さて、一福は少し早めに行って駐車場で待っていて、お客さんの並び具合を見て出て行く。向こうにもキャンカーが自分よりも早くに到着して待っているようだ。



 今日はざるの中(2玉)にした。



 ざるは初めてだと思う。細いうどんがつやつやと光って美味しそうだ。一本箸でつまんで引っ張ると伸びる伸びる。2本ほどつゆをつけて口に入れるといつまでもぐにゅぐにゅして、弾力で押し返してくる。

 ああ、おいしくて満足した。

 これから少々運動だ。時々晴れ間が出てくるという天気で、気温が低めで自転車程度なら汗ばむことともなさそうだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

道の駅滝宮から府中湖の周りの自転車道を走って、さらにセルフはゆかに行こう (2018/5/8)

2018年05月08日 | 2018/5 春の四国2018
 10時頃に道の駅で自転車を降ろして準備しているとだんだん雲行きが怪しくなってきた。天気予報では雨が降り出すのは14時頃だったので、かまわず出かけたら自転車道を1キロも走らないうちにパラパラと降り出した。



 この府中湖の周りの自転車道は道の駅から3.5キロくらいなので、とりあえず行き止まりの所まで行って戻ってこよう。

 当初の予定では適当なところで一般道に出て、セルフうどんのはゆかに行ってお昼を食べるつもりだったのだ。

 でもここで雨に打たれて風邪を引きたくもないので、すっ飛んでクルマに戻って衣服を全部着替えた。こういう所はキャンカーの有り難いところだ。

 おちついてコーヒーを飲んでいても雨が止む気配はない。仕方がないアラモでセルフはゆかに向かう。

 この店も最初に来たときには自転車に乗ってきたように思う。ここから車でものの7分くらいだ。

 国道32号線の信号で止まったときに正面に形のいい山が見える。



あの山にもいつか登りたいものだ。

 さて雨の中はゆかについた。



 おすすめは冷ぶっかけだがちょっと体が冷えたのでかけでいこう。



トッピングに穴子の天ぷらをのせて食べる。かけにするとちょっと柔らかい感じがするがまあこれでいいだろう。

 さあ、明日は一福に行くぞ。





 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

連休の影響で今日の朝一うどんも外れ、幸いにも田村うどんの開店が早かった (2018/5/8)

2018年05月08日 | 2018/5 春の四国2018
 今日の朝一うどんは山越えうどんの釜玉にしようと思って開店時間に合わせていつもの駐車場にやってきた。そこには非情の張り紙がある。



 この店は日曜日が定休日だが、連休明けの臨時休業とはのこのこやってきた自分に運がない。考えるにGW中はてんてこ舞いの忙しさだっただろうから、従業員へのいたわりかなあ。昨年秋には山越えうどんを後回しにしたら、長蛇の列であきらめたのだった。

 まあ、営業していないものは仕方がない次に行く予定だった田村うどんに向かう。

 少し離れたところにある駐車場にクルマを入れて店に行くと店の前の駐車場に車が一台。暖簾が出ていないがたしか暖簾のない店だったような。一口の引き戸は閉まっているしちょっと不安がよぎるが、道路を横断して近づいて行くと店の中で人影が動いている。



 よかった。あのうどんが食べられそうだ。大(2玉)をもらってそのままあついつゆを張っていただきます。



 固いわけでもないこの弾力がたまらない。

 とりあえずこれで朝は満足して一旦道の駅に戻ってきた。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

連休が明けて麺処綿谷のオープンだ、次に行った蒲生うどんは雨なのでマイ・アラモの車内で食べる (2018/5/7)

2018年05月07日 | 2018/5 春の四国2018
 昨日からの雨は、今日一日続くようだ。そういうことなので今日は長距離を走るわけでもなく、食べるだけで運動はなしだ。

 そんな一日の開始に連休明けの麺処綿谷がオープンだ。待ちに待ったという感じでもないが、自分としては定番となった温かい肉ぶっかけ+卵別を食べなければうどんの旅は終わらない。





クラッシュ鷹の爪とおろし生姜、天かすはどんぶりの隅に分けて置いて、それぞれの吸い口からうどんを引き出して溶き卵につけて味わう。それぞれに異なる味が楽しめる。 う~ん、うまい。これでかなり腹一杯だ。

 次は少しずつ高松方面に進むつもりで、がもううどんだ。



 きょうは駐車場もすいているし並んでいる人もいない。さすがに店の中のテーブルはいっぱいだった。それはそれで温かいのを一玉貰って熱いつゆをかけてマイ・アラモの中に持ち込んだ。



 ここでたべると落ち着いて食べることができる。ちょっと柔らかめだなあ、ひやあつにした方が良かったかもしれない。

 すこし落ち着いたらもう一軒行こうと思ったが、これで止めにした。
 今日は道の駅滝宮までやってきた。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

 
コメント

なかむらうどんの横から自転車でこんぴらにうどんを食べに行った (2018/5/6)

2018年05月06日 | 2018/5 春の四国2018
 とりあえず落ち着いた土器川の河川敷は有名店のなかむらうどんの少し下流側にある。今日は連休最後の休日でもあるしなかむらは大混雑だろう。そんなところに並んで食べる気力もないので、今日は自転車を走らせるだけのつもりで河川敷の自転車道を走り始めた。



 少し上流側に走って行くと河川敷がちょっとした親水公園のようになっていて、10台くらいの車がデイキャンプをしている。



 さらに土手上を走って行こう。



この先で自転車道は途切れて採石工場の横の未舗装の道になるのだが、今まではかまわずその未舗装の道を走り抜けていた。



 今回はここで右折して橋を渡り土器川の左岸の堤防上の道路を上流に向かって走ることにした。



 どんどん行くと見覚えのある鳥居がある。そうだよこれは金比羅さんの東の一の鳥居だよ(たぶん)



 ここから鳥居のところから西にこんぴらさんを目指して走って行く。



むこうに金比羅が見えてきた。そして突き当たったらすごい駐車場の客引きだ。当然自転車には見向きもしない。

 自転車を押して参道を歩き出したが観光客/参拝客が多すぎる。この時点であの石段を上がるのは諦めた。



 参道を進んでいくとこんぴらうどんがある。だがこの近くにこんぴらうどんの工場店があったはずだ。裏通りをうろうろして見つけました。



こんぴらうどん工場だ。ここの横がセルフの工場店だ。

 温玉ぶっかけを2玉。太さも腰も中庸で丁度いい感じだ。ただ温玉が少し火が通り過ぎていた。



 食べている目の前がお土産うどんの棚だ。¥300を4箱で¥1000という生うどんが目にとまった。賞味期限は6月中旬だというので、食べながら注文した。



 ああ、満足した。もう石段を歩いて上まで行くのはどうでも良くなった。ここから帰ろう。というのは午後からは雨の予報なのだ。

 ふたたび土器川左岸の土手上の道路だ。



 正面に讃岐富士がずっと美しい整った姿を見せている。そして左側に麦畑。



 来た道をどんどん走ってクルマに戻ってきたのが12時40分過ぎだったが、パラパラと雨が降り始めていた。ぎりぎり間に合った。



 走行距離は24キロだったのか。もっと走ったような気がした。急いで自転車を片付けたらしばらくお昼寝だ。

 その後道の駅宇多津に戻ってきた。



 

 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント