ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

美幌峠の道の駅まで来たら涼しいというか寒いくらい (2018/7/31)

2018年07月31日 | 2018/7-9 北海道のたび
 弟子屈の公園で「うなぎ」さんと色々と話をした後で、いよいよ出発だ。まずお昼はいつもの弟子屈ラーメンに。



 定番の醤油ラーメン。これは大だ。



 しっかりした麺にスープが美味しい。



この右側の弟子屈(ラーメン)オリジナルスパイスと書いてあるスパイスがとてもいい。多分山椒の実とこしょうが入っていると思うがピリッとしてラーメンがさらに美味しくなる。このスパイスを豚丼にかけたら自分にとって素晴らしく美味しいものになると思うんだけど、どうかなあ。

 お風呂は公衆浴場「亀の湯」だ。番台にだれもいない。ガラス戸の向こうに代金皿があったので¥200を入れておいた。いい湯加減のお風呂に浸かって(ここは源泉は75度でとても熱い)気持ちよく出てきた。

 これから美幌峠に向かう。途中の屈斜路湖はパスしてひたすら坂道を登っていく。



 下から見たときは山の上に霧がかかっていたが、上まで来れば明るい。そして屈斜路湖の景色がはっきりと見える。絶景だ!







 明るい曇り空なのは残念だが、これだけ見えれば十分満足だ。
 そしてここは涼しいぞ。気温は25度くらいかな。それでも風があって気持ちのいい場所だ。

 ひとわたり景色を楽しんで、じ~さん家定番の自家製すもものジェラートを食べたら何だか眠くなった。バンクベッドで昼寝だ。

 目が覚めたら18時。よく眠ったものだ。そして何だか寒い位だ。外はこの通り霧が立ちこめている。



 トイレに行って戻る時に函館ナンバーのバンコンの横で半袖の薄手のシャツ一枚でいる人に、「それで寒くないですか」と声をかけて色々と話をしていた。そこで箱に入っていた立派な毛ガニの足を5本もいただいてしまった。いやいや、これはありがとうございます。何でも興部雄武方面の漁協の等外品を安く購入されたとのこと。それでも太っ腹な方に感謝しながら、早速夕食でビールを飲みながらいただきました。ありがとうございました。

 

 こ時の外気温は21.8度。風もあるし半袖では寒かった。



 真っ暗になってきて霧はますます深く向こうが見えない。



 期待しているのは明朝の屈斜路湖の雲海だが、ここが霧の中なら外れ。明日起きてからのお楽しみだ。

今日は昨夜に続いてたくさん飲んだのでぐっくり眠れそうだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (4)

今朝は駐車場で「うなぎ」さんに会った (2018/7/31)

2018年07月31日 | 2018/7-9 北海道のたび
 朝方、駐車場でブログの投稿をしている時に、ドアの外から呼びかける声がする。
おお、あの快適化の神様「うなぎ」さんが来て下さった。今は網走方面の滞在だと思っていました。

 色々な快適化の話を伺って、すごいの一言。

 ありがとうございました。

 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

マイ・アラモを停めた駐車場に「もりのくま」さんがやってきた (2018/7/30)

2018年07月31日 | 2018/7-9 北海道のたび
 そろそろ夕食の準備でもと思っていたら、外から声がかかった。
 ご近所のキャン友の「もりのくま」さんがそこに立っていた。



 やあ、やあこっちに回って来たんですか。この日は「もりのくま」さんのCREAで奥も入れて3人で菜や酒を持ち寄って宴会だ。楽しいひとときを過ごした。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

裏摩周は霧よりも下側にあって深い青の湖面が見える、次いで神の子池の透き通ったブルーよ !! (2018/7/30)

2018年07月31日 | 2018/7-9 北海道のたび
 中標津のいすゞさんでのパワーウィンドウの修理を一日仕事にしたくはない。あ、いや美味しいスープカレーも食べたか。 

 この先オホーツク沿いに稚内に行く計画だ。ところが31日まで北見、網走方面は気温が30度越え。北見に至っては33度なのだ。そこで31日までは弟子屈あたりで過ごそう。ということで弟子屈に逆戻りだが、これは面白くないので裏摩周と神の子池を回って行くことにした。



 裏摩周展望台へはこの長いスノーシェードを出てすぐに左折する。ここから3キロほどセンターラインのあるこんな道路だ。





 見える、見える。ずーっと向こうまできれいに見える。



 ところが左手のカムイヌプリの上側から右手の第一展望台、第三展望台などの外輪山の上側は霧に覆われている。これでは向こう側の展望台からは湖面が見えないぞ。
ここの裏摩周展望台は位置が低いので霧に覆われることが少ないのだそうだ。







 ここは湖面に近いだけに、湖の深い青色に引き込まれそうになる。

 駐車場の脇にはトイレとビジターセンターがある。



ここまでは商用電力が引き込まれていないので、トイレはソーラーでビジターセンターは横の箱バンの後ろでポータブル発電機を回していた。


 次は神の子池に行こう。再び道道に出て北上。今度はエントランス道路はダートの1.5車線の道路だ。



 大きな穴はないが先の方で路面が洗濯板状態になっていて、しなやかではないキャブコンのサスペンションではちょっとつらい。



 神の子池は摩周湖の伏流水が湧き出ていて、摩周湖の湖面と同水位だそうだ。摩周湖は流れ込む川も流れ出る川もないのだが、こうして水は川になって流れ出ている。



 いろいろ神秘のブルーとの再会だ。





 水深は5メートルだそうだが、どうやったらこの透き通ったブルーになるのか不思議だ。



 底からグレーの砂が吹き出している。それは横に広がってふんわりと落ちる。底に落ちると砂の色は白なのだ。これも不思議。

 ここからは北に向かって札弦から川湯温泉経由で弟子屈に戻るか、南に走って国道243号線に出るか迷うところだ。便利なGoogleMapもこのあたりはドコモの電波がないので、弟子屈までの距離と時間が分からない。まあいいかと北の札弦ルートにした。(弟子屈で調べたら札弦ルートは50キロ、南回りは48キロで時間的には札弦回りの方が少し短い。)

 そんなことで道の駅摩周温泉まで戻ってきて、ふたたび川向かいの公園駐車場だ。
公園の池ではたくさんのかもが泳いでいた。






 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

トラブルはパワーウィンドウの不調だが、いすゞの広島の営業さんから手配して貰って中標津で修理 (2018/7/30)

2018年07月30日 | 2018/7-9 北海道のたび
 昨日の開陽台で窓を閉めてクルマから降りようとしたら、パワーウィンドウが「ガッ、ガッ、ガ」といって停止してしまった。窓は一番下に落ちたままで持ち上げてもストンと落ちてしまう。

 その日は無理矢理上から5センチのところまで引っ張り上げて、なんとなく固定していた。このままでは外の風が入らないので暑いし、クルマから離れて動き回るにも不安がある。



 そういうことで本格的に修理することにした。

 今朝、いすゞ広島支店の担当の営業さんにメールと電話で状況を説明した。
①運転席のパワーウィンドウが動作しない
②助手席は動作するし、運転席側もモーターが回る音はする
③窓ガラスを手で持ち上げたら手応えなく半分ぐらいはあがるが、手を離すとストンと落ちる
●こういうことから恐らくレギュレータ(巻上装置)の不具合と思われる
○弟子屈から近い中標津に行くのはOK、中標津に部品がなければ北見でも網走でもいいが到着は午後になる

 そうすると中標津ということになった。

 弟子屈から中標津まで約50キロ、1時間の走行だ。



 広島から話を通して貰っていたので、すぐに作業に取りかかった。その間は事務所の休憩所で休んでくれと言われたが、じ~さん家はここに着く前に町を見ていたので、いすゞの近くの coop+NAGASAKIYA+DAISOでショッピングだ。

 一時間で完了と見込んでいたが作業が難航しているとのことで、お昼休みを挟んで14時完成目途ということになった。
 お昼はNETで調べると coop のすぐ先にスープカレーの店があるようだ。





じ~さんはチキン野菜カレーの3.5辛で奥はポークカレーの2.5辛だ。





 じ~さんのカレーの写真が半分しか写っていない。辛さのイメージが掲示されていたが、どうも4辛にすると辛すぎるのではないかという気がして3.5辛にしたのだ。これが丁度良かった。なんというか爽やかな辛さという感じなのだ。



 パワーウィンドウの不調のおかげでおいしいスープカレーにもありついたし、いすゞさんのサービスネットワークの良さを実感したしで、結果は大満足だ。

 
 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント (2)

開陽台からの景色は広々として素晴らしい、残念なことは山が見えない (2018/7/29)

2018年07月29日 | 2018/7-9 北海道のたび
 「もりのくま」さんと分かれて開陽台に向かう。主として道道をトコトコと走る。舗装の関係でがたがたするのであまり早くは走れない。

 途中の牧場がすごい。とにかく広い。





 これだけの広い土地だがしっかり守ってほしいものだ。経営難で外国に買われたりすると、あっという間に広島市一個分がよその国になってしまう恐れがある。

 いよいよ開陽台。



 ここでちょっとクルマのトラブルがあってごちゃごちゃした。明日いすゞさんと連絡を取って対応しよう。



 ここには30年くらい前に来たことがあるが、こんなに立派な展望台はなかったように思う。



下にある「地球が丸く見えます」というモニュメントはあった。







 どっちを見ても雄大な大地だ。惜しむらくはどちらの山も山頂が雲に隠れて山の名前も形もよく分からない。二階の展望ラウンジに山の説明板があるが、ちょっとわかりにくい。

 弟子屈に向かう途中の道道で目の前を茶色の小動物が横切っていった。あれれ、、



道の端の草むらでこちらを伺っている。キタキツネだ。奥は大興奮だ。

 今日は弟子屈に行く。道の駅ではなくて川の向かい側にある公園にする。



 どうもここの道の駅の駐車場は設備はいいが、環境が今ひとつのような気がするのでじ~さんは敬遠気味だ。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。



コメント (6)

今朝の霧多布岬の霧はさらに深く、波はなお高い (2018/7/29)

2018年07月29日 | 2018/7-9 北海道のたび
 あさ目を覚ましたら霧雨というか深い霧の中だ。



 こういう霧ではここではソーラーの充電は絶望的だ。今日はここから脱出しなければならないだろう。

 朝食後に霧多布岬まで歩いてみた。昨日よりも霧はさらに深く、波はより高く岸に打ち寄せている。浜中湾側の波も強く、昨日波間に浮かんでいたウミウもいないしアシカの姿もない。



 そんな状態なので下ばかり見て歩いていた。



 これは昨日の花とは違うような気がする。









 同じような黄色の花だけど違う花だよね。

 霧多布岬キャンプ場もこれまでだ。また来年に会いましょう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント

霧多布大橋の先で「もりのくま」さんとすれ違い、Uターン追走して霧多布展望台で追いついた (2018/7/29)

2018年07月29日 | 2018/7-9 北海道のたび
 「もりのくま」さんはご近所のキャン友さんで、じ~さんのソーラーの工事などの際にも色々とお世話になっている。そのブログで昨日は根室方面に出没されていたことは承知していたが、その後どちらの方面に向かうのかは聞いていなかった。

 じ~さんはお昼過ぎまで霧多布岬キャンプ場にいて、ゆうゆでさっぱりしてから開陽台に向かうところだった。



 ゆうゆを出発して霧多布大橋を渡ってすぐ向こうからキャンピングカーがやって来た。いつものように手を上げてふとナンバーを見ると広島ナンバー、そして青いCREAとくれば今このあたりにいる車なら「もりのくま」さんだ。運転者が半逆光で見えなかったのだ。

 すぐにUターンして追走して霧多布展望台に入ったところで追いついた。



 やあ、やあ、やあ!! こんなにうまく出会えるとはびっくりだ。こちらの出発時間やお風呂の時間がずれても出会えなかった。「もりのくま」さんももう少し先まで行くようなので、ここで分かれた。安全運転で行きましょう。

 こちらは「もりのくま」さんがここにやって来た逆回りで北に行きます。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

霧多布岬の海は荒れていた、あれはアシカかな (2018/7/28)

2018年07月29日 | 2018/7-9 北海道のたび
 霧の中、霧多布岬まで花を見に行ったら、海はかなり荒れている。風は強くもなく近くに低気圧もいない。1000キロ彼方の台風12号の影響だろうか。





 内側と外側を分ける岬へと続く狭い尾根の両側でこんなにちがう。



 お!!あれは。内側の海の波の静かな所に、アシカだろうか頭を出した。しばらくすると潜って遙か先に頭を出したが、その後は行方不明になってしまった。



 外海から打ち寄せる波。



 内側の浜中湾は静か、霧多布岬のおかげだ。こちらの方向を見るとここや岬の方面は霧が引いていて、湾の対岸まで見える。しかしキャンプ場方面は左の太平洋の方から霧がどんどん流れてきて、霧の中だ。



 こうして霧多布岬キャンプ場の一日は終わりだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

霧多布岬の花が可憐だ (2018/7/28)

2018年07月28日 | 2018/7-9 北海道のたび
 霧多布岬キャンプ場ステイが決定したので、霧多布岬に花を見に行った。今回は時期がいいと思うのでかなり期待していた。



 これはほんとに小さな花だ。



































コメントも何もなしに花だけで申し訳ないが、花の名前を知らないのだ。

エゾフウロ、とクサレダマ、エゾカンゾウ、ハバヤマボクチ、ツリガネニンジンくらいは分かるかな。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

霧多布の霧は晴れないが11時頃には明るくなってきて、13時にはソーラーも必要量を発電した (2018/7/28)

2018年07月28日 | 2018/7-9 北海道のたび
駐車場所をアラモの左サイドに少し芝生がある場所に移動した。ここで魚を焼くことくらいはできるだろう。タープを出すスペースもあるが、霧多布では次の日に乾燥させるのが大変だ。



 その霧はなかなか晴れてくれないが、霧の上は晴れてきたようでかなり明るくなってきた。

 13時過ぎにチャージコントローラーを確認したら7.6A 206Wほど発電している。発電電力は34AH/0.9kWだ。これなら冷蔵庫の昼間の消費電力を考えても20AH以上の充電はできたと思う。それで霧多布岬キャンプ場ステイが決定だ。



 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (4)

霧多布は朝から深い霧の中、電力が不足ならば移動する必要があるが (2018/7/28)

2018年07月28日 | 2018/7-9 北海道のたび
 当地方の天気予報では朝方は晴れ、その後曇りということだが、霧多布は深い霧に覆われている。



100メートル先までしか見えない。クルマの中は20度くらいだが、外はどうだろうか。出て見ると長袖のシャツを着ていても寒い。浜中町の天気予報では最低気温は13度だそうだ。

 さてもう一日ここにステイのつもりで食料は買ってきたし、キャンプ場なので水はある。問題は電力だ。



 今朝のバッテリー電圧は2段目のSUB1(AGMバッテリー24V/150AH)は25.2V(放電電流0.0A)、3段目のSUB2(LiB 24V/80AH)は26.4V(ソーラー充電中 1A)、5段目はSUB3(鉛バッテリー 12V/210AH)で12.5Vだ。

 これで明日の朝まで持てばいいのだが、インバーターでAC冷蔵庫を駆動しているSUB2が厳しそうだ。残存容量はざっと40%だがら32AH、使えるのは20AH程度かな。対してインバーター+AC冷蔵庫は丸一日で30AH強消費する。今日の天候でどれだけ充電できるか。14時頃までに20AHほどソーラー充電ができれば一応安心だ。





 SUB1の方は普段はあまり電力の消費はないが、今回は車載のDC冷蔵庫を運転している。出発前に自宅の冷蔵庫内にあった食品を色々と持ってくるために、小さなAC冷蔵庫には入りきらなかったのだ。25.2Vで消費電流0.0Aなので残存容量は80%以上あると思われる。いざとなればこちらからSUB2に20AH横流しすることもできる。



 SUB3は12V系の電源で照明とポンプ、ルーフベントに使っている。ここではルーフベントを回さないのでこちらは大丈夫だ。

 いよいよとなれば14時に判断してどこかに移動してもいい。とりあえず静かに霧多布の霧と花を楽しもう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

霧多布岬キャンプ場にやって来たが、ここはいつものように寒い (2108/7/27)

2018年07月27日 | 2018/7-9 北海道のたび
 細岡展望台からは台地の上の牧場を縫うようにして厚岸に出てきた。

 厚岸からは国道44号線を走って浜中町だ。ここから霧多布湿原を突っ切って霧多布島というか半島に着いた。橋でつながっているので島なのかな。その先端部に霧多布岬キャンプ場がある。



ここは無料のキャンプ場だがゴミの処理ができる(有料のゴミ袋)ので大変ありがたいところだ。



この管理事務所に昼間は管理人が詰めている。

 ここのキャンプ場の先の岬には原生花園があって、遊歩道を歩きながら海の景色と花を楽しむことができるのがいいのだ。明日の天候によってはもう一日いてもいいだろう。それにしても18時になればここは寒い。テントの外で飲みながらわいわいやっているライダーの人たちは、ヤッケを着込んで冬支度だ。気温は16度くらいかな。車内は窓を開けていても22度で半袖だけど、そろそろ窓を閉めよう。



 時速60キロ前後のスピードで走り、信号停止も少ないので(今日は一時停止が多かった)11.4km/Lと燃費は良好だ。ずっとこうならいいんだけど。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

細岡展望台から釧路湿原の眺めを楽しむ (2018/7/27)

2018年07月27日 | 2018/7-9 北海道のたび
 道の駅うらほろから国道38号線を釧路に向かう。この道を走る車は少ないし信号も少ないのでスピード注意だ。

 ところどころで海が見える場所があるが、今日はかなり波が強く打ち寄せている。ドライブインのあるところで駐車場に入ってみたら、海はこんな具合だ。



これは台風12号の影響ということはないよね。

 いよいよ釧路湿原の細岡展望台だ。展望台へのエントランス道路ですれちがうのは、キャンピングカー1台の他はレンタカーばかりだ。



 駐車場の先にビジターズラウンジ(休憩所)がある。その横の遊歩道をあがっていく。





 最初に見えてくる東屋は展望広場という名前になっているが、展望がよくない。





 そこから200メートルくらい先が細岡展望台だ。





 ボランティアのガイドの方にいろいろ説明していただいた。
天候は今ひとつで雌阿寒岳は見えなかったが、広大な湿原とゆったり流れる釧路川の眺めを楽しんだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

あの階段を上がったら何があるんだろう、道の駅うらほろ。

2018年07月27日 | 2018/7-9 北海道のたび


 道の駅うらほろの裏手にある長い階段が気に掛かる。あの上にあがったら何があるんだろう。見たところは公共の建物で体育館のようにも見える。
 ということであがってみた。



 上からは当然のように道の駅の全体が見渡せる。そして左手の方に移動すると浦幌の町が見えるようになる。



 気になる建物の正面に回るとこんな建物だ。



正面に「浦幌町農村環境改善センター」わかったようなわからない名称だが、どんな事業をしていたんだろうな。いまは中に照明一つなく閉鎖されているように見える。

 そして奥には



野球場と野外音楽堂、その向こうにコテージ風のものが何棟か並んでいる。そこまで歩いて行く気にはなれなかった。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント