ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

やっとさくらの追っかけらしくなってきた、春谷寺のエドヒガンザクラが7分咲きだ (2019/3/26)

2019年03月26日 | 2019/3-4 春のたび さくらを求めて東に北に
 道の駅から自転車で出かけたのはここから6キロほどの春谷寺にエドヒガンザクラを見に行くためなのだ。

 ソメイヨシノを見ていたらこの地方はまだ開花していない。その中で春谷寺のエドヒガンザクラはtenki.jpにも「春谷寺エドヒガン桜の桜開花情報 2019」として掲載されている。それによると25日情報で5分咲きとのことだった。

 駐車場はあるようだが様子が分からない。狭いところに入り込むのは厳しいので運動も兼ねて自転車にした。



 国道422をしばらく走ってから橋を渡って対岸に出て県道を行く。







難なく到着、春谷寺に手前が少し狭いが駐車場は10台分くらいはある。いまはお客さんがいない。乗用車が1台だけだ。



 これが春谷寺にエドヒガンザクラ。見た感じではつぼみはほとんど開花して8分の咲き具合というところではないかと思う。今日も暖かいので明日は多分満開だ。





 木は貫禄のある樹齢400年だが、かなり樹勢が弱っている。つぼみのついていない枝がたくさんあるので、あまり開花していないように見える。

 周囲にはこの時期に花を開く桜が多数あるが、花の色が濃いので品種が異なる桜と思われる。





 ちょっと色が濃いので、向こうに咲いているエドヒガンザクラの白っぽい色よりも派手だ。

 その中でこの木だけは春谷寺桜と同じもののようだ。



 ところで駐車場だが春谷寺の下側で駐車場の工事が行われていた。30台分の有料駐車場だ。もうすぐ満開なのでお客さんも多くなるのだろう。

 自転車で走ると帰り道もいろいろと楽しめる。






 道の駅を通り過ぎて走って行く。実は昨日こんな花をチラリと見たのだった。



 行ってみるとお寺の墓地の上の方に満開の花をつけていた。





はなが小さいのでヒガンザクラの系統だと思われる。今がほぼ満開だ。

 もう一つこんなのもあった。



文殊堂の脇にひっそりと咲くヒガンザクラという感じかな。

 そのほかにも橋のたもとにさりげなく咲いていたりする。





 大木ではないので目立たないが、満開のさくらだ。どうやらやっとさくらの追っかけらしくなってきた。

 この日、自転車で走ったのは約20キロだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント