ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

トラック用汎用コンソールボックスを購入して取り付けた (2018/4/30)

2018年04月30日 | アラモの快適化
 しばらく前にどなたかのブログにトラック用汎用コンソールボックスを取り付けた記事が載っていた。(ごめんなさいどなたのブログかわからなくなってしまいました)その時に一応販売サイトをブックマークしていた。

 自分はいずれは自作するつもりで、とりあえず木箱を置いてシートベルトで固定して使っていた。



 この木箱は2~3年前の九州からの帰り道、道の駅周南ソレーネで刑務所の受刑者の作品即売会だ買ってきたものだ。かなり容量が大きく奥が何でも入れるのでごちゃごちゃになっている。また木箱そのものなのでうっかり手をぶつけたりすると痛い目に合う。さらに奥がぐいぐい押してきてシフトレーバーが動かしにくくなることもある。

 もうそろそろ製作に取り掛かろうかなとと思ったところで、この汎用コンソールボックスのことを思い出した。楽天のサイトだったが、楽天のポイントもあるし自作するのが面倒になってきたのだ。大きさとしても悪くない。そういうことでポイントを使って0円で購入した。



 いよいよやってきた。



 底が上げ底(いい言い方が思いつかない)で、内部の収納の底が浅いのが残念だ。CDのケースが少しだけ頭を出す。





 取り付けは底面の後ろ側から出ているひらひらしたシートの端の袋状の所に、ポリスチレンフォームの棒を入れてシートの座面と背もたれの間の隙間に入れるのだが、引っ張ると出てきてしまう。



汎用なので仕方ないがこのひらひらシートが長すぎて、コンソールボックスが前へ前へと出てしまう。



これを防止するために販売店ではシートベルトで固定することを推奨している。



 自作ではなくて製品なのでこんな無粋な固定方法は取りたくないな。メーカに期待したいことはこのひらひらシートの長さをシートのサイズに合わせるための工夫だ。例えば後ろの板とひらひらシートに面ファスナーをつけたら長さが可変にできるはずだ。



 自分としてはマイ・アラモにぴったりと固定できればいいので、お金をかけずに簡単に加工することにした。そこでミシンがけ。



 袋の部分をほどいて、ぴったりになる長さに再加工、さらに袋の大きさを大きくした。これは座面の隙間から抜けることのないように、太い角材をここに入れるためだ。



 さあ、完成だ目論見通りぴったり収まった。





 奥の荷物が置けるようにセンター席の足元になる所にかごを押し込んだ。



 内部は100均ショップの箱を入れて仕切った。
 なかなかいい出来だ。といっても既製品を置いただけなので自慢にもならないか。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。


コメント (2)

今日はタイヤローテーションのリバランスだが、今度は肩まで痛くなった (2018//4/29)

2018年04月30日 | キャンピングカー
 4月27日にタイヤローテーションをして腕が痛くなったのが少し回復したところで、今度は肩まで痛くなった。



 その原因となったのはこの自転車用のポンプを500回以上も押し込んだこと。



 今回は図の右側のようにタイヤ3本を入れ替えるわけだが、スペアタイヤの空気圧が4kg/㎠だった。前輪の標準は6kg/㎠なので、ここまで空気を入れる必要がある。



 こんな簡易なエアーポンプを持っているのだが、ゲージには7kg/㎠までの目盛りがあって仕様上は150psiだから10kg/㎠以上まで使えるはずなんだけど、4kg/㎠でもスッコン、スッコンと音がするだけで全く入っていかない。仕方なしに自転車用ポンプを押すこと250回。5番のタイヤをスペアに回すのでこちらも250回ポンプを押して、合計で500回以上もかなりの力で押し込んだ。

 それでもう肩というか腕の付け根の筋肉が悲鳴を上げている。それこそ腕を持ち上げると痛い。

 まともなコンプレッサーが欲しくなるが、あまり使わない機械で場所を取るのも考え物だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

間違いだらけのタイヤローテーション? (2018/4/28)

2018年04月28日 | キャンピングカー
 いすゞでの12か月点検を終えてアラモを引き取ってきた。一応タイヤローテーションは済ませたが、前輪左を前輪右に持ってきたのでこのタイヤはこれから1万キロさらに厳しい摩耗に耐えることになる。



 このオールシーズンタイヤで7回ローテーション(7万キロ)走れば、7本のタイヤがひとわたり各位置を回ることになるので摩耗の度合いは平均化される。しかし負担の大きい前輪を左→右と2回連続して使っていくのは、間違っているというほどのものでもないが、その時点でのバランスが悪いように思える。そこで次のように再度タイヤの入れ替えを行うことにした。



 左側の図は4月26日に行ったローテーションだが、これに対してさらに右の赤い矢印のように3本のタイヤを入れ替えることにしよう。

 今日はまだ腕が痛いのでこれは明日作業を行うことにした。

 ついでに次回のタイヤローテーションの計画も作っておいた。ここに書いておけば思い出すだろう。



 さらにその次はタイヤの摩耗の状況を見て考えよう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

両腕が痛くてたまらない (2018/4/27)

2018年04月27日 | 日記
 昨日タイヤローテーションを行った。今朝になったら体中が筋肉痛になることを覚悟していたが、幸いにも痛いのは両腕だけ。しかし痛くて痛くてキーボードを打つにも、腕を浮かすこともできない。筋力がなくなってきている。次回のタイヤローテーションはいすゞかタイヤ屋にでもお願いしようかな。

 そして今日はいすゞで12か月点検だ。10時にサービスセンターに持ち込んだ。今日の内に出来上がるかと思っていたが、明日の朝になるという。特に出かける用事もないが時間がかかるものだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
 
コメント (2)

たびの荷物を下して水の処理も終えたが、今日は体力を使うタイヤローテーションだ (2018/4/26)

2018年04月26日 | キャンピングカー
 たびは終わった。昨日のうちに荷物は下ろして、ブラックタンク、グレータンクの水処理と余った水は畑に放流した。

 そして今日はグレータンクの洗浄だ。



 所詮排水なので洗剤を入れて内部を振り洗いした後に、高濃度の漂白剤入りの水を少量入れて6面を洗浄するだけのことだ。

 もっとオオゴトなのはタイヤローテーションなのだ。昨年6月末にダンロップのオールシーズンタイヤ SPLT21 195/75R15 109/107Lに入れ替えたのは77千キロの時だった。
 その後北海道に行き東北までさくらを追いかけているうちに89千キロになってしまった。10千キロごとにローテーションすることにしているので、今や何が何でもローテーションをしなければならない時期だ。



 それが今日になった。

 まず、必要な道具を出して確認する。基本は車載の工具と自作の保持具だ。



 スペアタイヤを下して空気圧を確認すると520kpaだ。このタイヤはフロント左に入れるので600kpa必要だ。

 ここで自転車用ハンドポンプで入れるかどうかしばらく考えた。520から600まで入れるのはかなり大変だ。えい、このままでいこう。実は明日はいすゞに12か月点検に出すのでその時に補充してもらおうと安易な解決策を選択した。

 


 あとはいつもの通りのタイヤローテーションだ。



 取り外したタイヤを洗って全周を点検する。



 オールシーズンタイヤは溝が深いのでたくさんの石を噛んでいる。

 これはすべてはじき出したが、そのあとを見るとタイヤのトレッド面に食い込んでいるものがある。食い込んだ側が尖っていると案外内部までダメージを与えることもありそうだ。危ない、危ない。これからはできるだけ早めに石を除去しよう。

 今回気になったことは、フロントタイヤが思ったよりも摩耗していること。



 これは前の左側だ。



こちらがスペアタイヤで未使用のもの。

 かなり差がある。そして後ろのダブルタイヤはほとんど摩耗していない。今回はメーカー指定通りスペア→フロント左→フロント右→リア右外→リア右内→リア左内→リア左外→スペア とローテーションしたが、見直しが必要と思う。

 重いタイヤにホイルナットを緩めて締めてと普段使わない筋肉をあれこれ使ったので体中がよれよれだ。明日は全身が筋肉痛になるのは必定だ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

一目三十品は弥彦神社のさくらの園  (2018/4/13の分)

2018年04月25日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 4月13日に弥彦神社に参拝して、出てきたら、またまたさくらのシャワーだと書いたのは、駐車場の手前でこんなさくらの花がいっぱいの所に入ったからなのだ。記事を書いたが投稿をするのを忘れていたので、もうさくらの季節が終わるころだが、再びさくらの話題だ。
--------------------------------------
 弥彦神社の駐車場側の鳥居を出た所に、さくらを植えた小さな園地があった。ここには多種多様なさくらの木が所狭しと植えられている。

 参拝から戻ってこの桜の園を訪れた。

まずは見応えのある真っ白い大きな花が特徴の「白雪」



 個人の好みとしてはちょっと大きすぎるように思う。

 次はこんな花。薄桃色でさくらだ、という思いを強く感じる花だ。





 その次はちょっと見にはわからない。





 さらに次は「雨月」



 そして「薄墨桜」。これはこんなに接写しないで、離れた所から全体を見るさくらかもしれない。



 次はよくある「八重紅枝垂れ」



 初めて見るのは「紅豊」。八重というほど重い感じではなく、なかなかキリッとした感じと色合いがいい。



 次は枝垂れ桜とソメイヨシノの中間的な感じがする花、「山桜枝垂れ」



 次は「越の彼岸」





 これは何だったかよくわからなくなってしまった。



 次は「八重紅大島」





次が「雨情枝垂れ」



 これは山桜かな



 「八重紅彼岸」



 次は「仙台枝垂れ」





次は三波川の冬桜」





 次に「天城吉野」






 こんな具合に咲いていた花だけで二十種位あるし、まだつぼみのものを含めると三十種くらいになる。それで一目千本ならぬ一目三十品(種)とした。改めて見ると色々な花が思い出される。

 伊豆の大室山の麓のさくらの里にも色々な種類の桜があったが、こことはまた違った品種だったように思う。本当に日本はさくらの国だなと思う。こんなにたくさんの種類があるとは思わなかった。ソメイヨシノを作ったように色々なかけあわせでどんどん新品種ができているのかな。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。





コメント

道の駅高野に立ち寄って長いほっつき歩きから帰ってきた (2018/4/24)

2018年04月25日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 天気予報通り雨が降っている。朝食もそこそこに道の駅高野に急ぐことする。道の駅高野は松江道で1区間先にある。広島県に入って最初の道の駅だ。雨が降るので、早めに行って出来るだけ道の駅の建物に近いところに駐車したいというわけなのだ。

 前日からここにきていればいいようなものだが、ここの駐車場はどの区画も斜めに傾斜しているので、全く落ち着かない。そういう事もあって、ひとまず道の駅たたらば壱番地で車中泊していたわけなのだ。



 道の駅高野は観光情報は充実しているし、野菜などの産直品も豊富だ。そしてここのジャンボいなり寿司がいいのだ。(写真を撮る前に食べてしまったので、2014年5月の写真を載せた)



 あれれ、2014年には寿司が五目だったのか。そして値段が150円。今回は250円になっている。これではお買い得とは言い難いぞ。
他にこごみと菜の花を買った。

 高野ICの少し先が松江道の最高地点で標高637mだ。ここからは三次に向かって気持ちよく下っていく。今日はソーラーの充電が見込めないので、高野でSUB1もSUB2も共に走行充電モードに切り替えた。そしたらほぼ平坦なところから軽い登りの所でまるっきり走らない。自分の感覚よりもギアを1段落として走ったくらいだ。
 オルタネータの最大出力辺りになってかなり負荷が大きくなっているのだろう。27.6Vで80Aなら2.2kwになる。エンジン出力は2,000rpmで52kwだから、影響があると言えばある。燃費にはもちろん影響する。

 途中で買い物をして帰ってきた。雨の中で荷下ろしは面倒なので、最低限のものだけ下して後は明日のことだ。



 標高600メートルの所から降りてきたにしては燃費が9.9km/Lと振るわない。走行充電しながら(途中でSUB2は充電を停止した)走ってきたためだろう。広島市内に入って信号停止が多くなった影響もあるが、市内に入るまででも10.0だった。



 出発前に85,371キロだったので、全走行距離が3,436キロだ。よく走ったものだ。

 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

今日は広島県には入らず島根県の道の駅たたらば壱番地までだ (2018/4/23)

2018年04月24日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 たびもいよいよ最終段階で頑張って走れば自宅に帰り着けるところだが、広島県には入らず島根県の道の駅たたらば壱番地までだ。





ここは松江道の無料区間のぎりぎり島根県という所にある。松江道側から入っていくとSAで裏側に回ると道の駅になっている。



こちらはSA側になる。SA側の駐車場はクルマの出入りがあるのと、駐車場の傾斜があるのでくつろげないので、道の駅の側に停めた。



営業時間は長いが遅くなると元々少ない産直の生鮮品がなくなってくる。せっかくなので山椒みそを買ってみた。



 ここに来たのは駐車場の傾斜があまりないことと、静かなこと。

 実は本当の目的地は次の道の駅高野なのだが、それはまた明日のことだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

いつも立ち寄る道の駅羽合(ハワイ)ではナガイモがお買い得だ (2018/4/23)

2018年04月23日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 白うさぎの次に立ち寄ったのは道の駅羽合だ。産直品として青果店が2店と鮮魚店がそれぞれ独立したテナントとして入っている。愛知県のめっくんハウスのような形式になっている。



ここに来たらいつも買うものはナガイモだ。長いままの一本ものと、折れてしまった等外品が安い。





 買ってきたこれが\500だ。それから面白いものがあった。



 例のムカゴだ。他には山菜もある。コシアブラと天然の山ウド、ワラビなど。

 ナガイモはこの先の北条公園や大栄が本場だが、他の野菜類もあるのでどうしてもここになってしまう。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

道の駅神話の里白うさぎでのんびりと昼寝してワニラーメンを食べたが (2018/4/23)

2018年04月23日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 今日は松江自動車道(無料区間)の途中にある道の駅たたらば壱番地まで走る予定だ。200キロ程度なのであまり先を急ぐこともない。鳥取県内は国道9号線を走るわけだが、区間の大部分がバイパスだったり山陰道の無料区間だったりするので、かなりのハイペースになるから尚更だ。

 それで道の駅神話の里白うさぎまで行ってちょっとのんびりしていた。



 白兎海岸は少しだけ波がある。向こうの島がウサギが渡ってきた淤岐ノ島(おきのしま)だ。

 道の駅の中は小さなコマに分かれていて、ちょっとごちゃごちゃしている。これでもモデル道の駅なんだそうだ。

 その中の一つに「とうふちくわの里」という店がある。



鳥取名産のとうふちくわを販売している。



 とうふちくわは木綿豆腐を70%、白身魚のすり身30%が基本の材料で、ちくわのように整形して蒸して作られる。広島でもスーパーで売っているが、基本の白いやつとネギの入ったものしか知らなかった。ここで見ると、トマトやチーズ、こしょう、レモンの入ったものや白身の魚を鯛にしたもの、あご(トビウオ)にしたもの、焼いたものなど様々な変化をつけたものが売られていた。このなかからシンプルなものとこしょうの入ったビールに合うとうふちくわを買ってみた。

 それをクルマに戻って冷蔵庫に入れて、少しうたた寝をしていたようだ。

 お昼に何を食べようか。道の駅の2階の店はちょっと値段が高いので、1階にある白うさぎの台所という店を覗いてみた。



ここに「ワニラーメン」というのがあった。ワニというのはフカのことでフカヒレが入っているそうだ。





海の見えるカウンターの席に持って行って食べたが、フカヒレらしきものはありました。でもぷるんぷるん感がなく、なんだか春雨のような感じでがっかり。ラーメンの方はスーパーで売っている生ラーメン程度のものだった。まあ、話の種としてはこんなものだな。

 クルマに戻ってコーヒーを入れて一息入れて、またスタートだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

今日は山陰道の山越え区間を150キロ余、道の駅ジオパーク山陰海岸まで降りてきたら驚愕の燃費 (2018/4/22)

2018年04月22日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 うみんぴあ大飯であまりにものんびり過ごしていたので、今日はあまり遠くまでは走れない。北海道に行くときにフェリーに乗船する舞鶴まで行って、国道175号線で福知山。そこからは国道9号線の山越え区間になる。
 標高400メートルの但馬トンネル越えを始めとする3つの大きな山越えと、小さな上り下りを繰り返した。



 まず湯村温泉の薬師湯で疲れを取って、さらに新温泉町の日本海岸に降りていく。

到着したのは道の駅ジオパーク山陰海岸というところで、ここに来るのは初めて。どうも最近開設されたところらしい。





 新しいところはいろいろ工夫があって楽しい。もう店が閉まっているので明日のお楽しみだ。



 さて燃費は151キロの走行で、あれだけ登りの登坂車線で4速ベタ踏みがあっても何と11.6Km/Lだ。これはできすぎだ。ああそうだ、今日はまだDPDの燃焼をしていないよ。そいつが入ると11.3Km/L位になるのかな。

 どちらにしても素晴らしい好燃費であることは間違いない。あまり止まらないように走ってきたからだと思う。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。

コメント

いい天気なのでここで少しのんびりしていこう (2018/4/22)

2018年04月22日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 うみんぴあ大飯の朝はいい天気だ。



 こんな日に一日中走るだけというのももったいない。予定を変更して半日ぐらいは何もしないでのんびりしていこう。





 日曜日でもあるし道の駅の駐車場にいたら営業の邪魔になりそうなのと、外でゆっくりできないの。そのため昨日見ておいたすぐ横にある公園の駐車場に移った。ここは芝生の広場が気持ちよく、またもう散ってしまったが、桜の木が軽い木陰を作ってくれている。ここでキャンピングチェアに座ってのんびりすることにした。

 家族連れがやってきてお弁当を広げたり、犬の散歩の人がいたり、中にはキャンピングテーブルを出してワインを飲みながら食事をしている優雅なご夫婦がいたりする。自分も犬と散歩をしている人と話をしたり。

 今日はソーラーがかなりいい調子で発電しているぞ。鉛バッテリーを充電していたが満充電になってFloat充電になっていた。そこで充電をLiBの方に切り替えたためにFloat充電のままになっているが、これがBulk MPPT充電ステージならもう少し発電していたのかな。



 お昼は道の駅まで歩いて行ってもいいが、久しぶりに鍋ご飯を炊くことにした。菜は色々と残り物がある。



2合炊いて半分少しは長細くラップにくるんで冷凍しておこう。



 お昼を食べたら少し散歩してから出発だ。






 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

富山湾に別れを告げて広島に向かって285キロ走ってきたら予想外の高燃費

2018年04月21日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 ウェーブパーク滑川の裏に出て富山湾にお別れをしてきた。素晴らしい蜃気楼を見せてくれてありがとう。今日は立山連峰もよく見えるし、気温も上がりそうなので、かなりしっかりとした蜃気楼が見えるだろう。だが思いを振り切って帰ろう。

 今日はここから国道8号線に出て、寄り道もしないで敦賀に、さらに国道27号線を西に走る。

 途中の山では知らないうちに若葉が吹き出して目に優しい若緑色になっている。





 もう北陸でも桜は散って完全に春の景色になっている。

 昼食と買い物の2回の休憩を入れて走った距離が285キロ。道の駅うみんぴあ大飯に到着だ。





 それで今日の燃費だが10.8Km/Lでかなりの好成績だ。オールシーズンに履き替えてから標準タイヤよりも1割程度燃費が悪化していたが、今回は主要国道をハイペースで走ってこの数字なので、いよいよタイヤが摩耗してきたかなと心配にもなる。なおメーターの燃費表示はかなり正確だと思っている。最初の頃しばらくメーター表示と満タン法の比較をしてみたが、メーター表示の方がごくわずか燃費が悪い数字を出していた。

 マイ・アラモは高速道路では燃費が悪くなる。80キロオーバーで走るとてきめんに8Km/L台になる。バンクの形状がぼってりしていて、風の抵抗が大きいせいだと思う。一方で田舎の信号のない3桁国道を50キロ程度で走っていると11Km/L台になったりする。だから主要国道をハイペースで走っていてこの数字なら立派なものだ。

 それはともかく、ここのうみんぴあ大飯は広々としたところで、本当はゆったりと半日くらい過ごすのにいい場所だ。



横にある海に面した公園も芝生張りで気持ちがいい。ゆっくり過ごすならこちらの公園の駐車場がいいんだが、明日は朝になればすぐ出発するので、道の駅の前の駐車場の端っこに停めた。





 道の駅のあるこの一角は最近開発が進んでいろんなサービス施設がオープンしている。近くオープンのホームセンターやスーパーマーケット。





 これからますます便利になるぞ。

 ああ、そうだ到着してから蜃気楼通信を見たら今日はDランクだった。好条件がそろっていると思ったんだけど難しいもんだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント

今日も出た ! けどランクはE 残念だがこれで見納めだ (2018/4/20)

2018年04月20日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 お昼前には晴れ上がってきた。だが北寄りの風が少し冷たい。

11時に海の駅蜃気楼に行って早めのお昼にした。海の駅には食事の店が2軒あって、海鮮ものを出す幻魚房という店で11時の開店だ。



食べたのは限定*地魚丼で¥600でコーヒー付きとかなりお食べ得だ。



 ゆっくりと食べて出てきたがまだカメラをかまえている人たちに動きがない。立山連峰の天気も良くなってきたんだけどなあ。



(以下カメラの補正(SCN油絵モード)を入れて無理矢理くっきり撮っている)
駐車場もいっぱいになって蜃気楼の出現を待っている人がじりじりしている。





 今回は海の駅の2階のテラスで双眼鏡をかまえていた。14時20分頃に生地鼻の先の海に、北の方から空気の界面らしい青黒いラインが見えてきた。だがちょっとその高度が低く海岸のポールのようなものが少し伸びただけに終わった。

 さらに14時35分になるとふたたび青黒いラインがかなり高い位置に現れて、そのラインまでコンクリート護岸が持ち上がってきた。蜃気楼だ。こいつがEランク認定だそうだ。



 これも15分くらいで終わり、その後は何もなし。あっけない終わり方だった。

 Eランクにしても今日も蜃気楼を見たのは確かだ。証明書も貰ってきた。

 さあ、これで今回の蜃気楼祭りは終わりだ。実は明日と明後日も出現確率は40%なのだ。それまで残って見ておきたい気もするが、どこかで踏ん切りをつけなければならない。残念だがこれでおしまいにしよう。

 今日は温泉に入って、道の駅ウェーブパーク滑川にやってきた。





明日は朝からがんがん走ることになるぞ。





 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント (2)

今朝は予報と違って曇り?だったがだんだん日差しが出てきた 出るまであなん谷を使って辛子和え作り (2018/4/20)

2018年04月20日 | 2018/3-4 さくらを追いかけて北に
 今日は快晴で出現確率が40%だというのに、早朝は雲が出て立山連峰がはっきりしない。



 これはカメラの補正(SCN油絵モード)を入れて無理矢理くっきり撮っている。今日はこれで行こう。実際には少し晴れてきてもこんな画面にしかならない。



 これで新湊大橋を見るとカメラのモニター画面では真っ白。



 640×480で切り出したもの。それをSCNで撮るとこうなる。



 双眼鏡では昨日はよく見えたのでそれなりに満足した。今日は新湊大橋方面がクリアになることを期待している。

 出現するまで暇なので海の駅で買った「クキタツ菜」というので、辛子和えと煮浸しを作っておこう。あなん谷を使ってみた。



 さあ、出てこい蜃気楼。待ってるよ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。
ここをクリックして投票をお願いします。
コメント