ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ラスト、コーション』

2008-03-02 14:02:44 | 映画
(原題:戒|色 Lust Caution)

----これは知ってるよ。
アン・リー監督の映画。
性描写がスゴいんだよね。
「うん。
でもけっこうボカしがはいってたからなあ。
これ、映画館で観たわけだけど
試写だったらどうだったんだろう」

-----でも、それだけだったら
いわゆるポルノと変わらないよね。
話題になるにはそれだけの理由があるんでしょ。
ヴェネツィアで金獅子賞に輝いたくらいだし。
「うん。じゃあ、まずお話を。
戦時中の日本占領下において
日本に協力し、抗日運動家を次々と死に至らしめている
特務機関の顔役イー(トニー・レオン)を暗殺するべく、
彼に近づく女スパイ、ウォン(タン・ウェイ)。
映画は、このふたりの逢瀬を
センセーショナルな映像で描いている」

-----それは、時代再現だけでも大変そうだ。
「うん。
40年代の上海、香港の街並が
息を飲むほど素晴らしい。
でも、それをさらに超えるのがタン・ウェイだね。
その美貌、そしてたたずまい。
彼女が街に立つだけで一枚の画となる。
その美しさで映画を牽引していくところは、
まるで40年代のハリウッド女優のよう。
もちろん、その背後にはアン・リーの
緻密に計算された演出があるのは間違いないけどね」

-----計算?
「うん。話だけ取り上げると、
これは古色蒼然としているよね。
ウォンがなぜ、そんなスパイとなったか?
それは彼女が惹かれた演劇青年クァン(ワン・リー)が
抗日という政治的姿勢を取っていて、
その彼に気に入られようと
身を呈して敵の懐に入るというもの。
それまで彼女が処女で、
人妻という設定との間に齟齬が生じるため
好きでもない男と経験を重ねるという、
とても辛いエピソードもあるけどね。
この映画が巧いなと思うのは、
イーをだれも信じたことがない男という設定にしているところ。
そんな彼だけに、観客は
ほんとうに彼がウォンを疑っていないのかと、
その一挙一動、表情の裏を読み解こうと
食い入るようにスクリーンを見つめることとなる。
そして、いくら任務とはいえ、
好きでもない男に抱かれるものなのか、
観客はウォンの表情をこちらもじっと凝視してしまう」

-----で、どっちだったの?
「そこなんだよね。
イーは、ウォンのことを
『美しすぎる』と言う。
最初の出会いですでに彼は彼女にその心を奪われてしまう」

----それって分かるシーン、あるの?
「麻雀。
イーが捨てた牌七筒をチーしようとするウォン。
しかし、これは別の人に優先権があるポンをされて
取られてしまう。
しかしこれによってイーが七筒が必要なことは
みんなに分かってしまう。
なのに、次の一巡でまたウォンは七筒を出す。
まあ、これは麻雀をヤル人なら分かるけど、
ありえないことだね」


        (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ほんと、きれいな人だニャ」ぼくも観たい

日本に対してもチクリチクリあった度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像は台湾・オフィシャル(ダウンロードサイト)より。

※ちょっとCM。けっこう凝ってるかも。
(画像のどこでもクリックしたら動画が観られます)

<キスミント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 『黒い家』(韓国版) | トップ | 『明日への遺言』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ノラネコ)
2008-03-03 12:21:38
マージャンのシーンは作品世界を象徴してるように思いました。
仮面をかぶっての腹の探り合い。
相変わらずアン・リーの映画は一筋縄ではいかないです。
でも変な体位にはちょっと笑ってしまいました。
■ノラネコさん (えい)
2008-03-04 11:05:15
こんにちは。

観ていて思ったのですが、
あの麻雀は、西洋の人にはよく分からなかったのでは?
チェスやオセロとは違いますし…。

あのアクロバティックな体位は、
サービス精神ですかね。
そんな体力、もうとっくにないなあ(笑)。
あ、ヤバいヤバい(爆)。
えいさん☆ (mig)
2008-03-05 12:02:48
こんにちは☆

これ、ハマっちゃいました。
キャストも良かったし脚本もぐいぐい引き込まれてしまって、、、、

わたしはどうやらこういう悲しい結末も好きみたいです
細かい表情のやりとりなども印象的ですごく注目してしまいました。
いまのところ今年のいちばんです
気が早いけど(笑)
■migさん (えい)
2008-03-06 00:10:25
こんばんは。

今年のベストとはスゴい!

ぼくは一ヶ月遅れで観に行きましたが、
同じくハマりました。
女スパイ映画は、
これまでにもいろいろありますが、
ヒロインが「演劇」をやっていたというのが
巧く生きていた気がします。

その表情も、虚か実か見分けがつかず、
それを確かめようと食い入るように見ていました。
はじめまして (Babi Kaoru)
2008-03-06 19:30:35
いつもTBありがとうございます。

ご指摘いただきました「鳩の糞」ではなく「卵」。
何故に「糞」になってしまったのか謎でお恥ずかしい(笑)

当初、イー夫人が「鳩の卵」大の指輪を旦那にねだったのに買ってもらえてないって
ちゃんと伏線ははってあったのに…。

これに懲りませず今後とも宜しくお願い致します。
■Babi Kaoruさん (えい)
2008-03-08 10:37:17
こんにちは。

いやいや、これは本気でそう思ったのでした。
というのも、ぼくは観ていて
鳩の卵の大きさを勘違い。
頭がこんがらがっていたのでした。

というか、あそこでなぜ比喩が「鳩」なんだ?(笑)

冒頭で、その宝石の話をしていて、
そこから後半のところに一気に繋がるという構成でしたね。
あっ、と気づいたときはすで遅し。
気を抜いて観ちゃいけないなと、瞬間、反省したものでした。

こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

真・映画日記『ラスト、コーション』 (          )
JUGEMテーマ:映画 午前9時に起きる。 この時間から急いで出ても「ル・シネマ」の朝一の回にも間に合わない。 西新井のシネコン「TOHOシネマズ西新井」へ。 10時半に着く。午前11時の回がとれた。 客のほとんどは「シャンテシネ」や「ル・シネマ」に行っただろう。...
ラスト、コーション (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告で観る限り、、、性描写がキツイっぽい? R-18だしムフッ【story】1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は、女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送られる。しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年クァン(ワン・リーホン)との間で心が揺れ動...
ラスト、コーション・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
台湾の異才、アン・リーの最新作「ラスト、コーション」は、やはり一筋縄ではいかない。 前作「ブロークバック・マウンテン」は、ゲイのカウ...
ラスト、コーション 色|戒☆独り言 (黒猫のうたた寝)
トニー・レオンの映画はなぜか長いというそんな印象は、どこから付いちゃったのかな?あぁ、でも150分以上は、猫には長いのよね(爆)結局、長い分は自動調整してるらしい^^;;;抗日運動に身を投じたのは好きな人がいたからそんなチアチーはマイ夫人として特務機関の...
ラスト、コーション [監督:アン・リー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ここではこの映画を「良質のスパイ映画」と見なして、スパイ映画的視点で褒めてみたい。
『色/戒(LUST, CAUTION)』 (不良老年のNY独り暮らし)
今年のヴェネツィア映画祭で金獅子賞(グランプリ)を受賞した『色/戒(ラスト、コー
ラスト、コーション (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その愛は、許されるのか?』  コチラの「ラスト、コーション」は、「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が再び禁断の愛で世界に衝撃を与えたR-18指定の問題作なのですが、2/2公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  原作は、 アイリーン・...
映画 「ラスト・コーション」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
R-18指定なのでちょっとwktk(ワクテカ)してます(*ノωノ)キャー 激しい性描写だけが大きく話題になっている気もしますが…(ノ∀`) ア...
ラスト、コーション/ Lust,Caution/色|戒 (我想一個人映画美的女人blog)
平日昼間なのに満席!整髪剤の臭いと加齢臭{/ase/}とが入り交じって ちょっとうっとなるような空気の中、 (見渡したらおじいさんだらけ!) 約3時間も大丈夫か?という不安がよぎってたけど そんなことは30分くらいでほとんど気にならなくなるくらい 面白かった...
ラスト・コーション を観ました。 (My Favorite Things)
チケットを持っており、明日で終わりらしいので、雨の中、早起きして鑑賞!
ラスト、コーション (ももママの心のblog)
日本の占領下の上海を舞台に、若い女スパイの愛の葛藤を描く。過激な性描写は確かに評判どおり。秘密めいて切ない表情のトニー・レオンに新人タン・ウェイの幼顔なのに触れなば落ちん色香がエキゾチック。
ラスト・コーション ( Art- Mill  あーとみる)
ラスト・コーションHP http://www.wisepolicy.com/lust_caution/ 上映最終日の最終時間に間に合った。こんな映画は周りに人の気配を気にせず見たいものだが、ほとんど満員状態。隣の席に人が
「ラスト、コーション」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
1942年、日本軍占領下の上海。女子大生チアチー(タン・ウェイ)は、抗日運動に心血を注ぐ クァン(ワン・リーホン)に秘かな恋心を抱き、彼と行動を共にする中で次第に感化されていく。 やがてチアチーは、日本の傀儡政府に協力する特務機関のリーダー、イー(トニー・レ...
ラスト、コーション (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ, 中国, 台湾, 香港 洋画 ラブロマンス ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:切ない、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ 出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン 時代は第二次世界大戦中。日本軍による占領下、抗日運動...
『ラスト、コーション』'07・中・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のトップであるイーは、かつて香港で出会った女性マイ夫人と再会する。数年前、香港大学の学生だったチアチーは抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた・・・。感想女が嵌めるか?男が見破るか?隙を見...
映画評「ラスト、コーション」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年アメリカ=中国=台湾=香港映画 監督アン・リー ネタバレあり
『ラスト、コーション』 (『映画な日々』 cinema-days)
ラスト、コーション 日本軍占領下の1942年の上海 女工作員と特務機関長の禁断のラブストーリー 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞) 張愛...
ラスト、コーション (Addict allcinema 映画レビュー)
その愛は、許されるのか?
ラスト、コーション  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  舞台は1940年前後、日本占領下の上海で、日本軍寄り特務機関のリーダーであるイー(トニー・レオン)と、抗日運動組織の女スパイ・ワン・チアチー(タン・ウェイ)の禁断の愛を描く名作である。 そもそも普通の学生だったチアチーだが、演劇仲間のクァン...
ラスト、コーション  (Blossom)
ラスト、コーション LUST, CAUTION 色・戒 監督 アン・リー 出演 トニー・レオン タン・ウェイ     ワン・リーホン ジョアン・チェ...