ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『タイタンの逆襲』

2012-04-11 23:00:56 | 新作映画
(原題:Wrath of the Titans)



----この映画って、この前、予告編を紹介していた作品だよね。
“逆襲”なんてタイトルになっているってことは『タイタンの戦い』の続編ってこと?
「まあ、そうなるかな。
時系列的には、あれから10年。
物語としては、実にシンプルで、
神々の王であるゼウス(リーアム・ニーソン)が冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)の裏切りに遭い、
捕われの身となってしまう。
そこで、ゼウスと人間の間にできた子で半神半人のペルセウス(サム・ワーシントン)が
父を救いに旅に出る…というもの。
もちろん、ハデスがなぜ裏切ったかだとか、
そのハデスの味方に付いているのが
ゼウスのもう一人の息子“闘いの神”アレス(エドガー・ラミレス)であるだとか、
ペルセウスと行動を共にするのが
ポセイドン(ダニー・ヒューストン)の息子でやはり半神半人のアゲノール(トビー・ケベル)だとか、
まあ、キャラクター設定だけでも語れないこともないんだけど、
この映画の魅力は一にも二にもスペクタクル。
“見せる”ことに徹底していること」

----あれれ、アクションだけの映画って好きじゃないのでは?
「うん。普通はね。
でもこの作品は別。
冒頭、ペルセウスの住んでいる村は、
いきなり、空飛ぶ双頭の獣キメラに襲われる。
頭はライオン、体はヤギ、尻尾は蛇で
灼熱の火炎を吐く。
これがウルトラマンだったら、
取っ組みあって、最後はシュワッチ。
しかし、ペルセウスはスペシウム光線を持っているわけじゃなく、
しかも体格だって比較にならないほど小さい。
その彼がどうやってキメラを退治するのか…。
これはその後のミノタウロス、マカイも同じ。
一つひとつの戦いが変化に富んでいるんだ。
そうそう、このマカイというのもオモシロい。
腰から上が二つに別れ、腕4本に剣4本。
その動きもどことなくレイ・ハリーハウゼンの骸骨剣士のよう」

----ミノタウロスも頭が牛じゃなかった?
「そう。
で、今回、このミノタウロスの迷宮が出てくるんだ。
このミノタウロスの迷宮は
子どもの頃、ギリシャ神話で読んだことあるけど、
その頃、思っていた迷宮とは全然違う」

----『シャイニング』に出てきたようなのとは違うの?
「でしょ?
ぼくも、あれの岩石ヴァージョンを想像していたんだけど、
なんと、この迷路は平面的でなく立体的。
上下にも連なっているんだ。
で、その石が扉のように動いて一行の行く手をふさいだり…。
野暮を承知であえてと言えば、
実際にこんな迷宮があったら、
最後まで辿りつくことは、まず無理(笑)」

----ニャるほどね。
でも疲れそうだニャ。
それだけの大作だと上映時間も流そうだし…。
「そう思っちゃうよね。
ところが、これ、
なんと99分しかないんだ。
実際には製作費もたっぷりかかっていて
いわゆる超大作のはずなんだけど、
嬉しいほどに“続編”ということに徹している」

----どういうこと?
「あれは70年代だったかな。
いわゆるB級アクションのシリーズ映画がたくさん作られていた頃があった。
その頃、よく言われたのが
『2作目は1作目を超えられない』ということ。
ところが、『エイリアン2』あたりから、
そうとばかりは言えなくなってきた。
次々とシリーズ化された続編、
その一作一作が、
メガホンを取った監督の個性を表し、
それぞれ独立したオモシロさを有するようになってきたんだ。
ところがこの映画、
そんな流れに逆らうかのように
ほとんど前作と変わらず。
冒頭から説明無用で
獰猛な獣が出てきて、それと戦い、
そして、同じく戦いの旅に出る。
“正しき続編”とでも言ったらいいのかな。
なんとも安心感がある。
オモシロさをコンパクトに詰め込んで
余計な説明を排除したこの姿勢、
こういう娯楽映画だったら、逆にそれの方がいいのでは…と、
そう思ったわけさ」



                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「それにしてもレイフ・ファインズとリーアム・ニーソン、よく似てるよニャ」小首ニャ

※タイタンの王クロノスは全長500mだ度



コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はオフィシャル・ダウンロードサイトより。

※ここからはPR

(予告編映像)

コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 『映画クレヨンしんちゃん・... | トップ | 『この空の花 長岡花火物語』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
脳が麻痺? (ノルウェーまだ~む)
2012-04-14 22:17:17
えいさん☆
99分しかないと聞いて、私も闘いのみのこの映画、なんとか乗り切れるかな?と思っていたのですが、やっぱりダメでした。
翌日も1日クラクラしていて、もう脳が麻痺したかと思ったくらい。
ま、そのぐらいアクションが凄くて圧倒される映像だったってことなのですが・・・
Unknown (mig)
2012-04-19 23:42:09
ほんとだ!えいさんも同じ事書いてる!
いや~私こういうただCGのばけものと戦うもの、ニガテなんですよね。
□ノルウェーまだ~むさん (えい)
2012-04-21 20:26:46
あれあれ、ダメでしたか。
ぼくは、これは昔よくあった
頭空っぽで楽しめる作品という風に
割り切ったからか、
ノリで観てしまいました。
□migさん (えい)
2012-04-21 21:55:30
あらあら、migさんもダメでしたか。
これは、やはり、基本男子の映画なのかな。
Unknown (通りまくり)
2012-05-01 23:32:00
すみません、気になったもので・・

>乳を救いに旅に出る…というもの。

行頭なのでちょっと目立つかなと。
■通りまくりさん (えい)
2012-05-02 20:34:38
こんばんは。
ご指摘、ありがとうございます。
ほとんど勢いで書いているから、
こうなっちゃうんですね。
これからは少しきちんとやろうかと…。
と言いつつ、また『ぼくたちのムッシュ・ラザール』でもやっちゃってましたが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

「タイタンの逆襲」危ないっ!! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
爆風も砂埃も火の粉も降り注ぐ、無数の岩が飛んでくるっ! 思わず頭をよけそうになる3Dの迫力は、技術の明らかな向上を感じずにはいられない。 しかーし! 危ないのはそれだけではなかった~~
タイタンの逆襲 (試写会) (風に吹かれて)
父親ペルセウスどでかい魔物と対決公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans24月21日公開監督: ジョナサン・リーベスマン  「世界侵略:ロ
タイタンの逆襲 (2D) / WRATH OF THE TITANS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「タイタンの戦い」から10年後。 サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズが再集結したスペクタクル大作。 監督は、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「テキサスチェーンソー ビギニング...
映画:タイタンの逆襲 Wrath of the Titans タイタンの戦いの続編だが... CGに頼りすぎ、な事例に(涙) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
これはタイタンの戦い の続編。以上!(ヲイヲイ...) で終わりにしてしまいたい気分。 前作「タイタンの戦い Clash of the Titans」 最後まで一気に見せるリメイク活劇(2010-04-05アップ)という具合で気に入っていた。 ので、積極的にこの続編に向かい合った。 ...
タイタンの逆襲 (2D字幕版) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【WRATH OF THE TITANS】 2012/04/21公開 アメリカ 99分監督:ジョナサン・リーベスマン出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ダニー・ヒューストン、エドガー・ラミレス、ロザムンド・パイク、ビル・ナイ、トビー・ケベル この闘い、怒...
タイタンの逆襲/WRATH OF THE TITANS (いい加減社長の映画日記)
「タイタンの戦い」の続編ということで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 恐ろしい魔物、クラーケンを打ち破り英雄となってから10年、ゼウスと人間との間に生まれたデミゴッドのペルセウスは、村の猟師として静かに暮らしていた。 一方、かつて自分の父だっ...
映画「タイタンの逆襲」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「タイタンの逆襲」観に行ってきました。 前作「タイタンの戦い」の続編で、ギリシャ神話の主神ゼウス・ポセイドン・ハデス3兄弟の父親で残虐な神クロノスとの戦いを描いた作品。 今作は2D版と3D版で同時上映されていますが、私が観たのは2D版となります。 ...
タイタンの逆襲 (だらだら無気力ブログ!)
神々の親子喧嘩、兄弟喧嘩に巻き込まれる人間こそがいい迷惑。
映画「タイタンの逆襲」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「タイタンの逆襲」観に行ってきました。前作「タイタンの戦い」の続編で、ギリシャ神話の主神ゼウス・ポセイドン・ハデス3兄弟の父親で残虐な神クロノスとの戦いを描いた作品...
タイタンの逆襲 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  4月23日(月)に観に行ってきました     3D吹替えで観てきましたが 映像が迫力あって凄かった  スクリーンもでっかいとこやったので   こりゃ 映画館で観るに限るだわと 思った     ゼウスが意外と弱...
「タイタンの逆襲」 やっぱり記憶に残りにくい作品 (はらやんの映画徒然草)
2010年に公開された「タイタンの戦い」の続編です。 続編が作られるのはけっこう
「タイタンの逆襲」 (或る日の出来事)
いくらIMAXといえども、内容を楽しめないと、どうしようもないのだな、やはり。
タイタンの逆襲3D     評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
勇者ペルセウス、再び起つ!クリーチャー大増量の第2弾 ギリシャ神話を背景に、神と人間、魔物が壮絶バトル!未体験の映像と壮大なスケールで、強烈なインパクトを残した「タイタンの戦い」が、すべてをパワーアップさせて戻ってきた。 今回は、冥界に封印されていた“最...
タイタンの逆襲 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
タイタンの逆襲 '12:米 ◆原題:WRATH OF THE TITANS ◆監督:ジョナサン・リーベスマン「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「テキサス・チェーンソー ビギニング」 ◆出演:サム・ワーシントン、レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソン、ダニー・ヒューストン、エドガー...
タイタンの逆襲 (銀幕大帝α)
WRATH OF THE TITANS/12年/米/99分/アクション・アドベンチャー/劇場公開(2012/04/21) -監督- ジョナサン・リーベスマン 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 -出演- *サム・ワーシントン『アバター』・・・ペルセウス *リーアム・ニーソン『アンノウン』・...
タイタンの逆襲 (Wrath of the Titans) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 サム・ワーシントン 2012年 アメリカ/スペイン映画 99分 ファンタジー 採点★★★ ギリシャ神話をモチーフにしたゲームをやってたら、小学生になる娘と息子が「ポセイドンだぁ!ゼウスだぁ!」とやたら食いついてくる。「お...
タイタンの逆襲 (いやいやえん)
あれ…前作の記憶がほとんどないです。メデューサのシーンは覚えてるんだけど。まあいいか!とにかく続編です。 神々の派手な家庭問題に人間が巻き込まれていく話ですね。今回は巨大なクロノスたちとの戦いで燃えたー!どれだけ巨大ってあなた、山ひとつぶんVS人間み...
「タイタンの逆襲」 相変わらずラストが・・(>_<) (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
この闘い超ド迫力[E:sign03] レイ・ハリーハウゼンが手がけた往年の特撮映