トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「トルコとFSAがアフリンを完全に支配した」エルドアン大統領

2018年03月18日 | 国際
3月19日 トルコ軍と自由シリア軍(FSA)が、北西シリア・アフリンを完全に支配したと、3月18日、エルドアン大統領が発表しました。

 Hurriyet

アナドル通信によると、トルコ軍は午前5時頃、町の中心に入りました。「トルコ軍とシリア自由軍がアフリンの町の中心を征服した」と、参謀本部が公式ツイッターで言いました。現在、地雷と即製爆発物の探査作業が行われています。トルコ軍は1時間で、東側、西側、北側から、町の中心に入りました。

FSAの戦闘員が町の中心に入るとき、テロリストが町の入口に埋めた地雷が爆発しました。トルコ軍とFSA軍は抵抗を受けることなく、町の中心に入りました。「市内では戦闘がつづいている。トルコ軍と同盟軍は市内のいくつかの地区を制圧した」と、英国ベースの「シリア人権監視団」は言っています。
 

在仏トルコ大使館が相次ぐPKKの放火テロを非難

パリのトルコ大使館が、3月16日、パリとマルセイユで起こった、トルコ市民の車やカフェを標的にした放火テロを非難しました。

 Hurriyet

「フランスのPKK/YPGテロリスト組織が、マルセイユとパリに住むわが国の市民の車や店舗に放火攻撃を行っている」と、トルコ大使館が声明文を出しました。声明文は、3月5日と10日、トルコ市民の2台の車が放火され、3月11日夜にはトルコ市民所有のカフェが放火されたと言っています。

「日曜、トルコ協会会長所有の2台の車が放火された。トルコ協会はフランスの法の下に、女性の権利や文化、教育などの分野で活動している」と声明文は付言しています。「われわれはこれはテロ行為を非難する。テロリスト組織はこの事件に公然と関与し、図々しくもビデオ映像をシェアしている」

声明文はまた、352の土仏友好団体が、フランス当局に、PKKの不法な活動に対して警備対策をとり、PKKが犯罪行為を行っていることを認めるよう求める要請に調印したと言っています。「これら最近のテロ攻撃は、土仏友好協会の歴史的要請の重要性と正しさと熱意を、ふたたび示すことになった」


アフリンで重傷を負ったトル軍少佐がハタイの病院で死亡

3月17日、アフリンの「オリーブの枝作戦」中、トルコ軍少佐が重傷を負い、死亡しました。ミトハト・ドゥンジャ少佐(43)は、トルコのハタイ国立病院に運ばれましたが、治療中、死亡しました。軍はドゥンジャ少佐の家族に弔文を贈り、アッラーの恵みを祈りました。

 Hurriyet

トルコはYPGの戦闘員をアフリンから一掃するために、1月20日、「オリーブの枝作戦」を始めました。トルコ政府はYPGはPKKにつながるテロ組織と見ています。


   「ときどきダイアリー」ヘ

コメント

裁判所がジャーナリスト、アルパイ氏の釈放を命令した

2018年03月18日 | 国内
3月18日 イスタンブルの裁判所が、16日、最高裁判所に次いで、2016年の未遂クーデター以来、拘留されていたジャーナリストのシャヒン・アルパイ氏の条件つき釈放を命じました。

 Hurriyet
家族と釈放を喜ぶジャーナリストのシャヒン・アルパイ氏


裁判所はアルパイ氏を、自宅に住み、国外に出ないことを条件に釈放したと、アナドル通信が報じました。最高裁判所は、1月、アルパイ氏と彼の仲間のメフメト・アルタン氏の拘留は人権侵害であるという理由で釈放を決定しました。1月の最高裁の裁決後、アプライ氏は最高裁に2度目の申請を行い、最高裁は、3月16日、過半数票によって、拘留は人権侵害であるという判決を下しました。

メフメト・アルタン氏は、2月16日、2016年の未遂クーデターに関与した容疑で、彼の兄弟のアフメト・アルタン氏と、ヴェテラン・ジャーナリストのナズル・ウルジャク氏とともに、終身刑を言い渡されました。

アルパイ氏も、べつのケースで、未遂クーデターに関与した容疑で裁判中で、もし有罪となれば、終身刑が舞っています。アルパイ氏はクーデター後すぐに逮捕され、2016年7月、審理前に拘留されました。メフメト・アルタン氏も最高裁に同様に申請をしているので、追って審議されるでしょう。最高裁はアルパイ氏に、2万リラ{5100ドル)の補償金の支払いを求めました。

欧州人権裁判所は3月20日、アルパイ氏とメフメト・アルタン氏のケースについて裁決する予定だそうです。2人はストラスブールの欧州人権裁判所に訴えていました。


ネヴシェヒルの地下都市が、7月、一部公開される

世界最大の地下都市の整備作業が進んでいます。2014年、中央アナトリアのネヴシェヒル県で発見された地下都市は、「ネヴシェヒル要塞と周辺の都市改革プロジェクト」中に発見されました。

 Hurriyet

10万平米の古代居住地は、39万6000平米のエリアを完全にカヴァーしています。ネヴシェヒル市のハサン・ウンヴェル市長は、今年7月には古代都市の一部を公開すると言っています。

地下都市の発掘は、市と文化観光省と、多くの大学の学者たちの協力で、4年前からつづいていると、ウンヴェル市長は言いました。市長はオスマン時代の居住地としての、このエリアの重要性を強調しました。

「首相府国家文書総局の助力で、われわれは、ダマート・イブラヒム・パシャの時代からトルコ共和国初期までの多くの文書を入手しました。それら約8万部の文書の中から、われわれはダマート・イブラヒム・パシャと彼の妻ファトゥマ・スルタンの時代に築かれた水路の記録と、このエリアに貯水池があったという記録を見つけ出しました」ト、ウンヴェル市長は言いました。

「われわれは長さ7キロもある回廊に到達し、通常の生活空間のほか、12世紀の岩窟教会や、6世紀の修道院、セルチュク時代と思われる、モスクのような祈りの場も掘り出しました。軍馬が飼われていたと思われる馬小屋も発見しました。また、4戸の油小屋と、たくさんのメルシャン(海泡石)製のパイプも見つけました。出土品はすべて、われわれが管理しています」と市長。

地下都市はトルコ住宅開発局(TOKI)の都市改革プロジェクトで、新しいビルを建てるために地ならしをしているとき、偶然、発見されました。ネヴシェヒル要塞の中や周辺にあった建物約1500戸は取り壊されました。

ネヴシェヒルの地下都市周辺のエリアは、カッパドキアの“妖精の煙突”と呼ばれる奇岩で世界的に知られ、カッパドキアはすでにユネスコの世界遺産に登録されています。「われわれは、6月、世界最大の地下都市の一部を公開することによって、カッパドキア観光に大きく貢献することができるでしょう」と市長は言いました。


トルコはアフリンの病院爆撃を否定し、証拠ビデオ公開

3月17日、トルコ軍は破壊されていないアフリンの病院の建物のビデオを公開しました。

 Hurriyet

午前9時43分に撮られた1分間のビデオは、病院の建物が無傷であることを示しています。最近、YPG(クルド人民防衛隊)が、トルコ軍がアフリンの病院を攻撃したと言い出したため、トルコ軍は3月17日、声明を出してこの報道を否定した後、ビデオを公開しました。

「トルコ軍による病院爆撃はフェーク・ニュースだ」と、トルコ軍はツイッターで声明を出しました。「オリーブの枝作戦」は無辜の市民も、環境も、傷つけていないと、軍は明言しています。トルコ軍はまた、攻撃のターゲットはテロリストのみで、市民を傷つけることのないよう最大限の注意を払っていると言っています。


   「ときどきダイアリー」ヘ



コメント