自転車のサドルの上で・・・

サドルの上での気ままなひとりごと

伊賀越え

2019-04-21 | Weblog

 昨日の土曜は絶好のサイクリング日和だが、山の神が他県へお茶行事ということで留守番。家の改造工事に大工さんと電気工事の方が来た。電気工事の方がコンセントの位置を常識的な所へ付けようとしていたので、使い勝手が悪いと感じて変更をお願い。設計図もないので指示をしていないとこういうことになる。内部は山の神の仕切りだがコンセントの場所まで指示していなかったようだ。

 日曜の今日は工事はないので、投票を済ませて9時過ぎからサイクリング。最初二ーウォーマーを付けたが、後は夏仕様のいでたち。久しぶりに錫杖湖から伊賀越えの道。坂を登っていると脚の回復はまだまだだなと思うが、大会に出なくなってから4年、強度を下げた走りばかりしているので、あながち暮の坐骨神経症のためだけとは言えないかな、と思う。峠ではアナグマか狸に出会う。写真の後方の暗い所の穴へ逃げ込んでいった。逃げ込んでからこちらを窺っていたので、棒きれで突っついてみたが反応なし。狸などの巣はあちこちに出入り口があるからな。

 津に降りてくると既に11時半、腹が空いたのでコンビニでランチ。帰途は中勢BP。走行74㎞

コメント

春眠暁を覚えず・・・

2019-04-18 | Weblog

 暖かくなってきた。遠くで鶯の鳴き声を聞きつつ、今日も二度寝の体たらく。寝過ぎの毎日。

 我が家の改造工事も外郭ができてきて、内装の段階に移ろうとしている。毎日工事の人が来るので、家を空けられない。改造は現場合わせの仕事なので誰かいないとコミュニケーションが取れないのだ。従って家の中で絵を描くのは出来るが、自転車で外へ出かけるのはなかなか難しい(山の神のお茶の行事が多いため)。

 とはいいつつも、午前中は山の神が家にいるというので、業者に工事の一部変更を伝えて、9時頃家をでる。

 行先はグリーン~久居~中勢BP、63㎞。帰途、中勢BPの交差点で、先頭のトラックが信号が青になっても止まったままだ。横を追い抜いて、後ろを振り返ると、運ちゃんは運転席で口を空けて寝ていた!200mほど進んだところでやっとそのトラックは動き出したが、追い抜かれるときはヒヤリとした。こういう「春眠暁を覚えず」はちょっとね。

コメント

最後の花見サイク

2019-04-13 | Weblog

  良い天気。これがまぁ、この春、最後の花見のサイクかな、ということで安楽越えて鮎河の桜の開花状況を視察に行くことに。滋賀県側の鮎川は標高もあり、毎年10日は遅い。10時頃、現場へ着くと、近場の駐車場は満杯で、その案内で車は数珠繋ぎ。土日は桜祭りでもう一杯の人だかり。毎年というほど見に来ているが、いささかこの中へ入って行く元気もなかったので、Uターン。青土ダム湖畔の桜もなかなか良いところがあって、ゆっくり楽しむのであればこっちの方が良さそうとも思えたぐらい。満開の桜を横目で見ながら、頓宮から鹿深の道へ。櫟野の上の組から中の組集落にかけての下りこう配のスピードを上げて走れる気持ちの良い道はこの辺りで一番好きな所で、でも今日は数本の満開の桜のさく景色が目に入り、立ち寄ることに。

 何度も通過する場所だが、桜が咲いていなければ立ち寄ろうとも思わなかった。ちょうど小腹も空いてきたので、田んぼの中にあるその場所へ。4本の桜が、茶の木の囲いの中で満開だ。どうも地域の人の憩いの場として整備されたようだ。誰もいないベンチに腰かけて、いつもは速度を上げて通過する景色を桜の花とともにゆっくり眺める(写真)。小川は親水護岸工がされていて、圃場整備かなにかで、地元要望でつくられたんだな、と思う。

 この後、柘植の街中を走っていると、ロードと出会う。挨拶すると、なんとS水さんでした。近くの「杜のカフェ」は土日はやっていないよ、というと「帰ろうかな」とUターンを決意され、一緒に加太経由、JR関駅前のお寿司屋さんで巻きずし(450円)を食べることに。帰路は自分の帰宅コースの農免道路で鈴鹿市内まで引いて頂きました。月に1500㎞は乗るS水さん、70歳を越えてますます元気(100㎞は乗らないと乗った気がしないとのたまう)。坂で千切れるどんなべでした・・・。引いて頂き感謝、楽でした。走行101㎞

 

コメント

花見サイクリング

2019-04-08 | Weblog

  満開となったが、今年は花見サイクリングをしてないな、と思い立ち、家の改造工事も日曜はないので、花見サイクリングの日とした。

 津までクルマでデポして安直サイクリングスタート。雲出川沿いに花見とする。まずは石橋から大仰の桜。次は亀が広の桜。片側の桜がなくなり、桜トンネルの雰囲気はなくなったが苗木が育てばそのうち復活するだろう。次は家城の先の真見の桜(写真)。最後に支流の八手俣川にかかる君が野ダム湖畔の桜。ちょうど桜祭り開催中で車もぞくぞく登ってくる。ゆっくり眺めながら走って、最後の駐車場の所で練習中のsakaiレーシング一行と出会う。大魔王氏とも久しぶりの面会。

 この後は八手俣川沿いの桜などチラチラ見つつ、多気(立川)の羊羹屋で羊羹を買って、仁柿を下る。行楽シーズンか登ってくる車11台と対向。こんなに多いのは初めて。お昼はあちこち山花、本マグロ丼。同時入店の伊勢・玉城からサイクリングに来たお二人も注文したが在庫一人分で「あいもり」となった(先に頼んで申し訳ない)。ビワイチに備えて練習中だとか。
 食後はデポ地まで帰るのみ。走行95㎞。最近、自転車に乗らない時はジョギングをするようにしている。リハビリとして左脚に負担をあたえるためには自転車より、体重のかかるジョギングの方が効果的で良い。まだまだだが、今日のサイクリングでも少しは回復が感じられる。
 
 
コメント

留守番

2019-04-04 | Weblog

  桜が満開だ。しかし今日はお留守番。今月からわが家の改築・修繕が始まっていて、連日、業者の方が来る。今日は山の神が信楽の美術館へ行楽なので、前日から婆さんの家にある油絵の道具を持ち込んでいて、絵を描くこととする。

 が、まてど暮らせど、一向に業者の方が来ない。休みなのかと、昼飯を食べてサイクリングに行こうと思ったら、物音がして、やっと来た。ということで、仕舞いかけた絵の道具を再度だして作業続行。でも2時過ぎには業者の仕事も終わったので、どうしようと思ったが、椿~八島川サイクリング。走行50km。帰途、和泉の「うお徳」で昆布の佃煮購入。この店の昆布の佃煮は旨いので、切れると買いにいくというパターンが定着しつつある。明日は婆さん連れて花見ドライブでもいくか・・・。

コメント

ら行は重い

2019-04-01 | Weblog

 新元号が「令和」と決まった。これまでは漢籍(中国の古典)からとられていたようだが、初めて万葉集から採用されたという。「春の初めの良い月(令)にさわやかな風が柔らかく(和)吹いている 」という歌(一部)からとったようだ。

 しかし、ら行の元号は響きがやや重いネ。そう感じたのは、霊、麗、齢、黎、隷など画数が多い字や、冷、零などの字の響きとおなじだからかも知れない。まぁすぐに、誰もが使うから気にならないかもネ。

 昨日は、安楽越え~鹿深の道サイクリングとしたが、どうにもこうにも脚が回らない。以前なら家に着くころに加太のあたりをゆるゆる走っていたりしている。走行88㎞。

コメント

婆さんの診察

2019-03-30 | Weblog

  婆さんの診察結果は「大きくなっていない。リンパ節への転移はなさそう・・・。」とのことで、何もなければ2,3年は持ちそう、ということだが、老化衰弱とどちらが早いか、という感じかなと思っている。生理検査はしていないので、これも「診断」ではないのだが、長兄が診察でもない限り帰省しないので、1年後でも良さそうだったが、次回も半年後とした。

 体力的には1年前より衰えているので、転倒が一番注意すべき事、と何度も言うも、中高年の親父ギャグと同じで、脳の抑制コントロールが効かなくなっているので、ダメですな。

 写真は、最近買った酒。田光 純米吟醸 無濾過。酒米は酒造好適米と表示しつつ酒米名はない。酒米名を付けるためには公的検査・承認が必要で、コストを省いているともいえる(混ぜても良いし)。税込み3024円。田光 雄町のような透明感がややないが、旨いし、十分。

コメント

診断日前のドライブ

2019-03-28 | Weblog

  明日は婆さんの先週のCTの結果を見ての診断日。ということで、東京から兄貴も来ている。というので、今日は婆さんと兄弟でドライブ行楽。

 出来立ての新名神鈴鹿PAから乗り込んで、甲南ICまで。新しい道は気分が良い。交通量も多く、開通で大幹線道路となったことを肌で感じる。野登トンネルは4㎞強と鈴鹿トンネルと同等以上の長さ。

 甲南ICで降りて、行先は甲賀流忍術屋敷。サイクリングで近くを通ることがあって気にはなっていたが、寄ることもなかったので行ってみることに。伊賀上野城敷地内にある忍者屋敷は移築、ここはそのまま残っている忍者屋敷(甲賀忍者53家の筆頭格、望月氏本家旧邸)で元禄年間に建て直されているが、現存するものとしては唯一(伊賀上野の屋敷のからくりはどうも移築後の造作らしいので甲賀のここが本物唯一らしい)

 見学後は近くの予約限定蕎麦屋「作美」で早めのお昼。なかなかのお店。(写真はカメラにSDカードを入れ忘れてありません)、食後は少し東の方にある、地蔵を祀る六角堂など見物して、再度、新名神で鈴鹿PAへ。PA内を見物して帰宅。婆さんもこのごろは疲れやすくなり、早めの帰宅で正解。

コメント

自転車で絵画鑑賞

2019-03-24 | Weblog

 冬タイヤの交換をしたと思ったら、また、少し寒くなってきた。とはいえ、もう春だ。軽くサイクリング、と椿神社へ。帰途小山田美術館で絵画鑑賞を予定する。

 椿へ向かうと、交差点に新しい鈴鹿PAの標識がでている。17日に開通した新名神のPA兼スマートインター。椿へ向かう道は日曜と言うこともあるが、車の通行量も増えている。チャリダーにとって歓迎することではないが、致し方なし。ということで、神社の帰途、PAを覗いてみることに。PAだけの利用者は、北側の田舎道から入るようになっている(インター利用者は東側)。もう駐車場も満杯で、店内は押すな押すなのすごい人出。2007年に佐藤琢磨が乗っていたF1カーを携帯写真に納めてそそくさと引き上げる。

 堂ケ山から目的地である小山田美術館へ。第一美術所属の片岡一憲さんの個展。作品の描き進め方などについてご本人から教えて頂く。参考になりました。帰途、婆さん宅にも顔を出して、走行49km。

コメント

絵の作業

2019-03-22 | Weblog

  今日は昼一に婆さんのCT撮影があるので、朝から神戸(かんべ)へ。来週が診察で、今日の結果で1年前との比較がどのように説明されるのか気になるところ。

 昼までの間、絵の作業。新しい油絵は30号の自分としては大きな絵。なにしろ先月描いた10号がこれまでの最大だから。7枚目の油絵。描いているのは人物像。親族ではなく、モデルをお願いした夫妻を描き出した。他人がモデルであるので、出来上がりまじかまでは非公開。9月の丘の会展用に制作中。絵の知識や技術は一歩一歩の歩みで色々分からないことも多く、苦労するがそれも愉しみ。あとは孫の絵も描かなくてなならないのだけど、それまでは人物画ばかりの予定。人物画が描きたくて絵をやり始めたが、静物画、風景画にも挑戦しないとね。

 

 

コメント