光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

淡い淡い、春の雪

2011-03-03 06:37:48 | 散策


  白梅、ポツポツ花はある。



  道々の借景。
  この鉢の梅、たしか去年も同じところで、見ました。
  赤と白が出て来るもの。
  このお天気ではもったいない。


  朝のお天気は雪。
  きのうの宵の時間、すでに雪が瓦にあった。
  その後、その瓦は白いままだと想像する。
  起きて外を見ると、瓦は白い。
  その白さが、ペンキで塗られたようになって
  さらに、多少は厚さが増したようだ。
  朝に近い時間、ちょっと辺り全体が白い。
  起きたときの感じだと、積雪は5cm。
  道路とかに雪は溶けてもうない。
  雪予報。最高気温はでも4℃までゆくらしい。

  アメダスの6時の気温、マイナスで、1.2℃。
  晴れている太平洋側だともっと寒そう。
  気圧は1018.0hPa、湿度は90%。
  南の風が2mとあり、積雪深は、1cm。
  2cmあったが、6時では1cmになっている。
  室温は5℃。ブルブル。

  雪がチラチラしているか、と思うと
  今は止んでいるようだ。
  でも寒い。
  この程度の雪なら、もう溶けてなくなるだろう。
  でも寒いのはかなわんなー。
  寒いのはもう結構。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 続、寒空・雨花日記 | トップ | 冷え冷えひな祭り散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散策」カテゴリの最新記事