光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

淡いクリーム色のシャクヤクがいい

2011-05-31 16:06:28 | 植物・花(春)
  今日は今のところ、雨が降る感じはなく朝から、大体曇りか、晴れ。
  多分目が覚めて、その後雨は降っていないと思うが、ちょっと昔のことも
  すぐに忘れる。
  気温はあまりないようだが、日が出ているから、室内の温度も上がった。
  この2、3日、台風と雨風でかなり冷たいと思える気温だったから
  余計、お日様が出ると、暖かく感じられる。湿度もあるので、
  これも少しムッとする要因か。湿度は今はあったほうがいい。

  台風とか、眩暈で、このところカメさん持ちで、外に出て歩いた
  というのがなかった。先週の木曜が最後で、その後がないまま。
  で、今日はムッと来たので、これは大丈夫だと、一応傘は持って
  でも気軽に歩いた。なんだか様子もかなり変わった。チョウは、少なく
  チラッと見た程度。


  シャクヤクはもうほとんど咲いているか、咲き始め。
  すでに咲いたというのは、花びらが落ちている。
  台風の北風と雨が、シャクヤクをかなり揺らせたようだ。
  一番好ましい色と思える、クリーム色を基調としたものもあって
  これはまずまず。




  その一。これは白いですね。かなり白い。




  その二。これは上と同じ花。でも花の中心の辺りはクリーム色。




  その三。




  その四。赤味が抑えられていると思う。




  その五。少し角度を変えて。上と同じ花だけど、赤味は画像の調整で結構感じは
  変わるなー。





  その六。他の株。これは赤い。真っ赤というか濃い赤紫の、シャクヤク。
  この株も大きい。




  その七。これは大きいとしかいえないシャクヤクで、そのうちのクリーム色と
  もも色の花。




  その八。大きな株が、二つかそれ以上ありそうで、でも花は上を向くものも
  多い。これは画像の枚数が多すぎて、この後にまたいずれ。

  
コメント

ずいぶんと涼しい朝

2011-05-31 06:35:39 | 散策


  ヤグルマギクだと思う。
  ヤグルマソウとも。でも違う「ヤグルマソウ」があるということ。



  朝のお天気は、少し前は太陽は見えていたが、 
  今は雲に隠れている。
  でも空に青空はあって、晴れていて、曇っていて、雨も降りそう。
  お天気は安定しない。
  ずいぶんと涼しい。
  それから、風はほとんどない。
  きのうの宵の時間、だんだんと晴れた。星も見えた。
  そのまま、晴れるかと思いきや、そうはいかなかった。
  ややこしいお天気。
  予報は曇り。

  アメダスの6時の気温、13.8℃。
  南南西の風が1.5mとある。湿度は、95%。
  室温は、16.7℃。

  涼しい、しばらくすると寒く感じる。明日は6月だというのに。
  きのうのじらされた、なかなか止まない、止んだと思ったら、また降る雨。
  それで、日も沈んで、ある時間たつと、星も見えてきた。
  いい空になりそうだ、と思うのだが、これを見ていると冷えてくる。
  結局一回か二回、空を見て、あー星空だと思って、その後がなかった。
  夜はよくわからない。
  起きた時間、もう日はかなり高い。雲も多いが、日も出たが・・・。
  同じことを書いているか。

  カッコウ、鳥の、が鳴く。5月の最後の日。
  最初に聞いたのは、一昨日だったかな。



  今頃の、アネモネ。
  もう今は花びらも散っている。(間違って、同じヤグルマギクが出ましたが、
  入れ替えました)。

コメント

不思議なバラ

2011-05-30 16:05:45 | 植物・花(春)
  朝からずっと、細かい雨が降っている。
  いっとき、その雨粒が大きくもなったと思う。
  でも時間とともに、その雨粒の大きさは小さくなるようで、
  でも北からの風が吹き止まない。その風に乗って、まるで
  雨が空間に白いカーテンかレースのような模様を作っていて、
  それを見ているのはいいが、まずは間違いなく、傘など差しても
  濡れるので、いい感じはしない。

  それから寒い。寒い中、雨に濡れてしまう。これも仕方ないか。
  台風で暖かい風が入るかと思いきや、反対で冷え冷えである。
  アメダスの午後3時までの最高気温は、16.6℃。
  大体15℃で、北風で、雨で、これに濡れると特に寒いと感じる。
  空の便も、北陸本線など交通機関もかなり乱れている。風で運休とか。

  ずっと雨。それに体調不良で、昔の画像から、引っぱり出している。


  バラの花、カラフルなバラだな。このバラは一本のというか
  一つの株のバラだろうと思うのだけど、そこからいろいろな色の花が
  咲いている。
  単色の花だけというのもあって、いろいろの色が出るバラがあっていい。
  どうゆう仕組みでこの色違いになるのか、というのがちょっと不思議。




  バラの、一。




  バラの、二。




  バラの、三。なかなかいい感じ。




  バラの 四。




  バラの、五。




  バラの、六。

  お天気が今ひとつというときで、でも曇りのほうがいい色合いが出る
  ときがある。これもそうだったと思う。
  花の傷みがところどころあるのは、これは致し方ない。

  明日は晴れるかなー。


コメント

吹き荒れる強風

2011-05-30 06:33:31 | 散策


  浅い、緑色、ヨモギのような葉の色をしていた。
  今は普通に緑の、木。


  朝のお天気は雨。
  今は雨は小雨程度で、今日になってから、雨はほとんど降っていない。
  今も雨はポツリポツリ程度だが、これから降りそうである。
  風がひどい。この風きのう夜もおさまらず、
  ずっと今まで強風で、北風でもろに窓ガラスに当たっていないが、
  うるさくて、眠れない。
  お隣のお隣の福井県では、大雨。
  予報は雨のち曇り。
  でも不安なお天気が続きそう。

  アメダスの6時の気温、16.0℃。
  涼しいというかちょっと寒いというか。
  北の風が8mとある。湿度は、90%。
  室温は、17.6℃。

  眩暈の治し方といのはわからない。
  安静にしているというか、でも、多少はよくなるので
  体も動かす。そうしないと今度は体がゆうことをきかなくなる。
  それでも昼寝とかする。
  夜は同じように横になって、TVを見ている。
  休んでいるようで、くたびれる。
  昼寝の後はより、眩暈の方はなくなった。安心した。
  でも結局、昼寝ると夜は眠れない。風もあって
  朝も早くから目が覚めて、なんだか落ち着かない。
 



  普通で、さらに濃い緑になって、ヨモギ色があったことも
  感じさせない。


コメント

ちょうど夕日の沈むころ

2011-05-29 15:30:57 | 散策
  ここは富山の真ん中辺りより、ちょっと北側で、平野部である。
  それで台風2号の状況というか、雨と風の様子であるが、
  どちらもだんだんと強くなって、午前より午後がひどく、
  風は北からか、北北東で、これもあまりいい感じはない。

  気象庁のレーダーによると、まだ降水はさほどひどいという状況で
  なく、アメダスは時間当たり、4mmから6mmの雨だが、この後のひどい
  雨雲の進行方向は、ほぼ真北で、これは風の方向とは反対!で、
  まことに感じは悪い。さらにひどい雨と風が予想される。
  嫌な感じが当分続くようである。


  それで、ちょっとずつ眩暈の方もよくはなっている。
  で過去のファイルを見る余裕もあるので、少し振り返ってみると
  ちょうど日が沈むというとき、のものがあった。そういえば
  ちょうど建物の屋根の上に夕日が沈んだ日があったことも思い出した。




  日没の、その一。穏やかな夕空があって、太陽が、建物の向こうに沈む寸前である。
  これが夏至だとさらに右側寄りの大木の辺りに、日が沈む。




  日没の、その二。




  日没の、その三。




  日没の、その四。




  日没の、その五。影の向こうにまだ太陽があるが、見えない。

 
  ここのブログの編集画面も見ない、書かない時間が長いと、文字を打ち間違うは、
  さらには、ファイルに付いている、情報を削除するのも忘れるは、まーいろいろ
  大変である。いつもの3倍くらい時間をかけている。
  で、眩暈というのも、PCとかカメさんファイルの見過ぎが原因の一つだから
  物事なかなかうまくはゆかない。


コメント

雨降り続く。

2011-05-29 06:24:29 | 散策


  これはエゴノキの、一番新しい画像。
 

  朝のお天気は、小雨。
  風は弱く、ほとんど雨の音もしない。
  弱い雨が降っている。
  明るさはあるが、明りはまだいる。
  予報は雨。

  アメダスの6時の気温、16.5℃。
  北の風が1.2mとある。湿度は99%。
  室温は、18.7℃。

  眩暈、めまい。
  きのうはほとんど一日、横になっていて。
  昼寝のあとはかなり回復した。
  食事はまー喉を通る。結局、眩暈はいつ直るか
  はっきりしない。風邪のようなもので、それゆえ不安感はある。

  昼寝して、眠れたので頭痛もなくなった。
  夜はもちろん早めに眠って、夜の間は
  頭痛もなく、実によく眠れたが。
  朝は起きると、わかってはいるが、眼球が揺れる。
  よってクラクラである。始まるのである、これが。

  眠ってばかりで、立つと、ちょっと疲れる。
  キーボードも触らないと緊張するものです。




  カエデの緑。
  

 
コメント

小雨か曇り

2011-05-28 06:25:21 | 散策


  シロツメクサ。



  朝のお天気は、小雨。あるいは曇り。
  瓦を見ると湿っている。雨粒はない。
  明るさはある。今の雲も、大雨を降らす感じはない。
  予報は見ていなかったが、今見直して
  雨ときどき曇り。

  アメダスの6時の気温、16.3℃。
  北西の風が、0.4mとある。湿度は95%。
  室温は、19.0℃。
  寒いとか、ヒンヤリするとかもない。

  きのうの夜のことだったが、
  いろいろ、あちこちで情報を見ていた。
  大体、パソコンだのカメラだの、というもので
  でも、もういいかというときと、なんだか体が
  おかしいというのが、同時に来た。
  あれーやっちゃったかも知れない、と思う。
  体がふらつく感じで、でも眼球の振動はない。
  これはアカンということで早めに眠ったが、
  まずはなかなか回復はしない。
  歩くのも少しふらつくし、
  困ったな。
  これくらいは書けるが、他のことが出来ない。




  もう一枚、シロツメクサ。


コメント (2)

満開のシャクヤクと、シランと

2011-05-27 19:03:21 | 植物・花(春)
  雨が少しだけ降っている。
  風はほとんどない。雨だけで、この程度の雨だと降っている方が
  いいような、そうゆう雨の降り方。風のないときの程ほどの雨は
  あった方がいいときがある。

  あるシャクヤクが満開で、ここのいえのシャクヤクも、もうそうは
  多くは花は咲かない。今が、もも色とクリーム色のシャクヤクの
  見ごろで、この花そうは長くは持たない。
  シランの花も、まだ蕾が多いと思っていると、ほぼ花を咲かせていて
  順々に咲いてはやがて花も終わってゆくのだろう。
  シャクヤクの花は、他の種類がまだのものが多いと思う。
  でもシランはみなどこでも咲いている。




  シャクヤクの一。ここのいえのもので、すでに咲いたものの下、横から
  新しい花。



 
  これも新しい花で、例のごとく、緑色の花蜘蛛がいて、でもチョウとか来る
  気配は今はない。




  大きな株の シャクヤク。




  中央に花がいくつか。




  曇っている。切れ味とかないかも。




  まあるく、周りに花が咲くようで、これは自然かどうか。




  蕾少なく、でもこれだけの花を一気に咲かせるのはさすがだなー。




  シラン、その一。




  シラン、その二。いつもだと花の数はもうすこし多い。全般的に今年は
  花の数は他のところでもそうだが、少ない感じ。




  アヤメの紫色。




  同じところでの、アヤメ。これは紺色が強い。まだ花びらが完全に開いていなくて
  濃いままの色素があるか、そうゆう性質か。


  草なども毎年生えてくるが、同じものが出てくるかというと違うようで
  それでも望ましい、花が出てくればうれしいものだが、それが雑草というわけで
  みな刈ってしまうのは惜しい気がする。が、この辺りのことはなかなか伝わらないか
  あるいは草は刈るべきものと昔から決まっているのか、あらゆる草はむしり取られたり
  もする。だから最近は、草刈りをお願いするときは、ここの雑草は残しておいて下さい
  とかはいわない。いずれ草は生えてくる。そう思う。それにしても、草の生えている
  ところにゆくとあるときは安心感もあり、またあるときはいつこの草は刈られるのか
  疑問にも思ったりもする。すると、その草は永久に残らず、刈られている。極めて
  少ないと思えるが、でも一年通して草が刈られないとかいうところはあるのかどうか。
  よくわからない。でも空き地、といっても私有地だろう、は数あってあるところに道だけ
  付けられたりする。そこを歩いて、チョウがいたりするとありがたい。

  草は概して、徹底的に刈り取られることはなく、根っこは残る。徹底して、草を撲滅
  させるとかはならないようで、一つは茶色い地面が裸で出ているというのも結構不安が
  あるのだろう。もっとも草も生えない、茶色い土となると、いったいどうゆうものか
  ということにもなるが。

  一昨日だったと思う。もう外は暗いがまだ明るさがあって、何かそこにあるはずのない
  ところに何かがいた。それがなんだったかというと、しばらくして鳥の雛だとわかった。
  さらに、それはスズメの雛ではなく、どう見てもモズ。
  なんでモズの雛が、ここにいる。飛べない雛。歩くので精一杯。
  どうにか草むらの方へと、動いた後、その辺りを離れてというか玄関前に出よう
  としてここの仔ネコが出て来た。しばらく一緒に、そこから動かぬように遊んで
  いたが、と私は思う。近くでモズの成鳥がひどく囀っている。警戒音を出す。暗いから
  か至近距離で。

  それがきのうも続いて、さらに今日もであって、でもどうなったか、というのはモズの
  一羽の幼鳥だが、これはわからない。


コメント

エゴノキの真っ白な花と、カエデの緑葉

2011-05-27 16:25:27 | 植物・花(春)
  梅雨入りしそうなお天気だけど、雨は降ってもまだ弱く、
  台風2号の影響もまだ出ていなくて、風も弱め。
  気温は18℃とか19℃、アメダスの午後3時までの最高気温は、20.2℃。
  どんよりお天気で、でも少しだけ立山連峰の青い山並みは見えている。
  木々の生えているところは青く、雪のあるところはもちろん白い。
  頂上は雲の中。

  エゴノキ、というと、何のことかわからないが、白い花を
  咲かせる大きな木はここに昔からあって、その花で状態がいいと
  木の全体が真っ白になるといっていいくらいの花を咲かせる。
  一昨年はよかった。去年がだめで、花は全然咲かず、これは虫がついたせい。
  葉がほとんど枯れた。
  今年は今頃になって、かなり花の調子はよく、すでに散っている花もある。
  まーかなり白い。エゴノキかも知れない。エゴノキに似ている、と思う。
  そのそばにカエデの木もあって、これは背は低いが、上から見ると
  四国の形に見えないこともない。
  その様子。

  エゴノキから。



  エゴノキの一。まだあまり白い花のないとき。こちらの木は、葉が少なく虫に喰わ
  れた後、あまり回復していない。




  エゴノキの二。薄っすらと白い感じが全体に出ている。




  エゴノキの三。




  エゴノキの四。




  エゴノキの五。この画像三枚は、花がかなり咲いている。光線の関係で花は
  細かくて一つ一つは見えていない。今はもっとすごいが・・・。




  エゴノキの六。ここのいえの木で他にもあった。下から見たらあれ、あの木と
  同じだというところ。これで花の様子もわかる。




  エゴノキの七。もう少し気合を入れてカメラを構えないといけないかな。


  四国の形に見える、カエデの緑葉。



  カエデの、一。カエデの芽吹きはもう十分で、葉もしっかりとしている。




  カエデの、二。




  カエデの、三。




  カエデの四。最近のもの




  カエデの、五。同じく、最近。

  ちょっと惜しいと思うのは、あると思った、ごく最近の画像がまだカメラのカードの
  中だったということ。惜しいというか、ミス。



コメント

小雨の空、涼風の朝

2011-05-27 06:43:30 | 散策


  真っ白のシャクヤクと思ったが、赤味があった。
  八重のかなり込み入ったシャクヤクで、 
  でも遠くから見ると真っ白でポツンと一つ。 


  朝のお天気は、小雨。風があって乱風気味。
  雨が降ると明るさがないので、明りがいる。
  部屋の中というのは暗い。でも昼間でも蛍光灯というのもどうか。
  雨は今は小雨だが、空の様子を見ると、雲に模様があって
  大雨を降らす雲ではないようである。
  これでもし梅雨入りとかになると、もしかして晴れて来ないか。
  いいように考えと。

  アメダスの6時の気温、15.4℃。 
  東の風が4mとある。東からの風が吹くのは珍しい。
  それで窓を開けると涼風に思える。
  湿度は、90%。室温は、18.7℃。

  もうコタツに電気を入れることはないが、でも
  座っていてお尻が痛くなると、ゴロンと寝転がるときもある。
  すると、どうゆうわけか、足を組んでいるので、ちょうどお尻の辺りに
  そのまま空気が当たって、冷える。これがよくないようだ。
  でもゴロンと横になっても、どうしても足は折るか、組んでいる。
  体が歪んでいるのだろう。

  体も硬いと、また重くも感じられるときがあるので、これは
  眠っているとき以外はいつもかも知れないが、
  自己流の体操をやる。寝転がって、足を上に上げたり体をねじったり。
  体操といいつつ、寝転んでやっている。立って、あるいは座ってやる
  体操というのをやっていない。
  寝転んでしか体操も出来ないのか。なんだかそのようである。
  昔はストレッチで、足の筋肉を伸ばしたりするときは立っていたし
  太股を上げたりするのも立ってやった。
  でも今はよろけるだろう。
  TVでやっている体操など、出来るわけがないのである。



  

  大きくなる花だから、雨が降るとお辞儀をする。
  礼儀正しい花。


コメント