脳出血2度目の認知神経リハビリテーション・透析・寝たきり状態生活とは

両麻痺、認知聴覚障害、体幹不安定など。透析歴34年。

またしても座り直しが多くメチャクチャ?

2020-04-03 10:56:45 | 日記
座り直しがまた多くなった直接的な原因は最近の体調の悪さっぽい?
最近の食欲があることか体調が悪いと言えるかどうか。
毎日疲れていてやる気がないだけ。。。

今朝も座り直しが頻繫にあり、よく考えたら、座り直ししてもらった状態をキープする方法を自分はわかっていないし、いくら座り直ししていただいても、咀嚼は座っている状態を破壊している感覚がした。

う~ん。
咀嚼しても座り直しの必要がないときがあるのになんでだろう。
よくわからないが、今朝は自分の身体は骨や筋肉でできているはずなのに流動的感じたし、座るような支える仕組みがないと感じた。



コロナの検査が必要か透析で相談してみては?と訪問看護師さんに言われちょっと驚いた。
私は先週から透析ではドライウェイトがきつくなりだし。透析中に血圧が下がったり、除水は400g位やめたり、自宅で血圧が下がって嘔吐などあったせいか、今週はずっとつかれていると思っていた。

訪問看護師さんから熱がなくても陽性になることもあると伺い、透析の医師や透析スタッフに確認した内容は以下のようであった。


  • コロナの倦怠感は普通のものより強いらしい

  • 熱が37.5度が続き、咳が出るなどなければ様子をみるそうです

  • 上記症状があり、画像検査が必要あれば行い、感染センターを紹介し、検査になるそうです

  • 中国のデータで、透析患者は炎症を悪化させる物質が少なく重症化しにくいそうです



私は4/1のレントゲン検査で肺に問題ないそうです。
コメント

こんな日もあるんだな、透析。

2020-03-24 21:25:12 | 透析
今日の訪問看護師さんに伝えたことである。
ーーーーー
昨日透析でまだ1時間程残ってるのに血圧は100を切ってしまい、
足を上げたり体温を機械で上げたりちょっと大変でした。
風邪をひいていたりすると、まれにこんなことはあります。
でも風邪はひいていませんし・・・
不思議だったのは、血圧がさがっても無症状だったことなんですよ。

土日に食べすぎでもなく、土日に連日透析がなかったけど血圧は
110だったことがちょっと気にはなりました。
 
昨日透析は体重400g残して終わっています。血圧95。
透析で血圧が下がると、機械で除水を減らすことがあるので。
昨日は300g残して100g水を足していました。
昨日は過除水しても、自宅では手がつっていたので、次回透析
でドライウェイトを上げるかもしれません。
ーーーーー
今回の異変に気づいて、除水をどこでやめるか判断したのは、技師さんだった。
必ずどのくらい除水を残すか、患者に聞いてくれる。
この透析スタッフとの確認のやりとりがあるから、患者は安心できると思っている。

昨日の透析で血圧が下がったのに、訪問看護師さんに言われたことは、「顔色がいい」と「シャント音がいい」だった。


コメント

▲近頃の自分、気合い入ってる?

2020-03-21 23:04:02 | 通院リハビリ
リハビリは、車で片道40分程かけて朝9時から、夫付き添いで週1で通っている。
2018年秋頃から通っていて、当初私は朝5時台に目が覚めて空腹だった。
ところが最近は、夫に起こされ、お腹はすいていないので朝食をとらずにリハビリを受け、帰宅するとお腹はぺこぺこだ。

リハビリは運動である、運動イメージの研究ではイメージは運動したときの脳と似た部位を活性化して筋力を増強する実験結果があり、朝食は抜いても、リハビリ後においしくたべられればいいか、と思ってしまう。 高校の頃、体力維持になぜか早朝走っていたが、朝食前だった。
気になるのは、早く起きられなくなった自分のやる気のなさではないかということだ。
広い意味だと、40歳代でコレステロールが高く運動しない緑内末期の夫のことを考えると、自分の病気のことばかり考える場合でもない気もする。
でも自分にとってリハビリは、生きる上で透析のように重要になっていて、リハビリのやる気のなさに気づいたら、何かおもしろそうなことを考えてみようと思っている。
やる気のなさの原因は、自分の場合は生活のマンネリ化でどんよりした気分のときが多い。

今回リハビリで、立ち上がって足裏に踏んだ小さな絨毯の切れ端で、平均台のイメージをしたかったができず、麻痺の右足はじっとせず滑っていた。 先週は少しできたのになあ。
リハビリを指導してくださる三上さんに失礼なのでは、と思われそうだが、リハビリ中、頭は霧がかかったようにぼんやりしていた。
でも頭がぼんやりしていると、あれこれ考えられず、必要最小限に考えていたような・・・
リハビリ後の車中は右足がひどく痛かった。
帰宅後には知らないうちに痛みは消えていて、リハビリの痛みだったんだなと思った。
コメント

多くの方にご迷惑をお掛け大変申し訳ございませんでした

2020-03-21 23:04:02 | 美容
自分のブログは、読んでくれる方はよく訪問してくださっていて、今回放送日変更の聯絡は予定日間際だったが、放送日変更のブログをアップするとアクセスは上がっていたのでよかったなどと思った。

でも本当に良かったのだろうか、1日毎に閲覧された記事の多い順50件をアクセス解析で見られるため、取材のあったときの記事をアップ後の閲覧状況をみた。
放送日変更の記事は、取材のあったときの記事より読まれてはいない。
3/20の放送を観てくれた方はかなりいらっしゃるのでは・・・真っ青になった・・・

◆取材のあったときの記事の閲覧数
3/6 45
3/7 54
3/8 26
3/9 3
3/10 7
3/11 33
3/12 2
3/13 10
3/14 0
3/15 0
3/16 0
3/17 3
3/18 22
3/19 3
3/20 2

◆放送日変更の記事の閲覧数
3/18 60
3/19 31
3/20 9

ブログを見てくれた方全員に変更があったとお伝えしたかったのに・・・
本当にごめんなさい。
コメント

声を聴く感じ

2020-03-20 11:00:23 | 聞こえ
最近お世話になっている、変更のあった新しいヘルパーさん。
もう8年以上お世話になっているヘルパーさん曰く、新しいヘルパーさんは、声が低いから聞こえるかもしれないと伺っていた。

確かに新しいヘルパーさんは、時々はっきり話されているように思っていた。
でも話されている内容はわからず、おそらく声の質が違うと感じていたようだった。

今日は、新しいヘルパーさんは、先週私が取材を受けて今日放送されると伝えていたことを話しはじめた。(実際番組タイトルは放送されるが、私は放送されるのは6月位に変更のようだ)
今から思うと、筆談せずに、話されてわかる内容とはちょっと考えにくいと思った。
可能性がありそうなのは、ヘルパーさんは、私が聞き取りできる声で、私が連想できる文に必要なキーワードのみ話してくれたのではないか。
今までいつもそうだったが、言葉を理解したとき、どんな言葉を聞いたのかを忘れ、わかった感覚だけが残るのが多いのは困ったことである。

今日はヘルパーさんの「大丈夫?」などという声をたくさん聴いた。
筆談ではない、音声ある生身の言葉である。
聴き続けて、音ある言葉が自分の心に染み渡るようだった。
コメント