脳出血2回目の認知神経リハビリテーション

主に透析やリハビリに関する内容が多いです。

入院の原因は、デパケン中毒?

2022-12-03 18:44:30 | 日記
中毒に達しなければ濃度を測ることはできても、透析患者はそもそも水分摂取量は不安定。
2回目の脳出血で、水分摂取は減り、結果血中デパケン濃度は上がった可能性がある。

仕様がコロコロ変わるデパケンを真面目に飲み続け、自分ではとりうるデパケン濃度はいつもMAX、月水金曜日に透析を受けているので、透析を受けない土、日曜日は最も飲んだ薬が血中に残っている可能性がある、夜中は呼気などで血中濃度を上げやすい、月曜日の朝にけいれんが起きたっぽいのである。

ネットをみると、脳出血の患者の抗てんかん薬には新しいものがでており、その方が副作用がなく安全なのではないかという脳外科医の意見があった。
抗てんかん薬の長期的な影響 ある脳外科医のぼやき

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

退院の話がでてきた!

2022-12-03 13:40:57 | 日記
結局今回の入院って薬害だったのかな。
今まで20年近く飲み続けてきたデパケン、不真面目に飲まなかったことがよかったのかデパケンの仕様が変わり透析患者が飲めない薬になっていたとか・・透析患者は腎臓で代謝される薬は飲めない。
透析で抜けないものを摂取した場合、永久に体に残る。

口入るものは自分でコントロールする。
私は現在おかゆ食だが、どうもしょっぱいお味噌汁やリンが高い牛乳がついてくる。
リンは高くても徐々に骨が溶けるレベルだが、カリウムが非常に高いと心臓を止めてしまうので要注意である。
今日はカリウムの王様と言われるバナナがだされ、看護師さんに透析患者はバナナは食べられないと伝えた。
カリウムは腎臓が機能すれば塩分を尿として排出してくれるのだが・・

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

また入院してしまった・・

2022-11-30 20:00:08 | 日記
気が付いたら病院の中で点滴してる。
ゴージャスなホテルに寝てるみたい。
グレーのカーテンでシックな感じ。東京都済生会中央病院。
20件でようやく引き受けてくれたらしい。
とにかくきれいで大きな病因の9階にいた。

「どうして気を失ったのかわからない」
すると先生は、
先生「バルプロ酸ナトリウム?飲んでいなかったのですね」
私「飲んでいました」
先生「中止してます」
私「え?」

バルプロ酸ナトリウム(デパケン)は抗けいれん薬。
それなのにけいれん起こしちゃった。
近所の田中脳神経外科で、デパケンは脳出血に処方する歴史があるだけで・・飲むのやめましょうか?なんて言われたっけ。

今年デパケンの仕様はコロコロ変わってへんだった。
夕1錠だったものが2錠になり・・朝夕苦い粉末・・シロップ・・

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おばさんにまだあるイメージ

2022-11-17 09:26:23 | 透析
透析の誕生日月の検査は入院で大分遅れた。
普通なら自分で歩いて検査室へ行くが、私は車イスで連れて行ってもらう。
しかも私は聞こえず話せないので、連れていってくれた透析の技士さんだったが、磁気ボードと文字指差すものを持ってきてくれた。 おかげで、「何を話されているかわからない」となることが全くなかった。 大変助かりました!

検査をちょっと待つことがあった、
技士さんの年令は自分に近いのかな、と思い男性だし質問した。
「ふ、ふーん。」
パパだが5歳以上も年下であった・・・若かったのである。
この技士さんの顔を分類するとジャニーズ系かなと思ったことはあった。
13歳で透析を開始して、あまりしゃべらない患者だったが、週に3回見る透析の技士さんは「あんちゃん」に会う人だった。
今や透析40年に近づきつつあるし、技士さんの年齢は自分とは親子に近いこともあると思う。
そうなんだけど、技士さんにはお兄さんのイメージが残っているんです。












  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久しぶりの訪問歯科

2022-11-12 10:24:06 | 訪問歯科
普段は月1回で受けている訪問歯科だが、入院続きで食事も歯磨きも介助が必要だった。
虫歯ありそうだなと思ったがなくて一安心。

入院すると、歯科検診があった病院があった。(日本大学医学部附属板橋病院)
確かに痛くない虫歯できていて、そのまま入院して虫歯が悪化する可能性は考えられたのでこれは有り難いと思った。
私が入院したのは、透析を受けている病院の発熱外来受診時にコロナは陰性でも39度以上で菌が疑われたので大きな病院へ緊急搬送された。 実際に菌はいて、高熱はしばらく続いた。
この病院のイメージは白衣の医師が見当たらないことだった。
不思議に思ってリハビリを診てくれたPTの方に聞くと、緊急に対応できるからだろう、と。
救命救急センターと書かれた青いジャンパーを着た医師が動いていた。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする