野芝100%の新潟記念と、Princely GiftやGrey Sovereignの「レトロな斬れ」

2010-08-25 22:53:53 | 血統予想

硬肉の力馬が多いオペラハウス産駒ながら、メイショウサムソンが柔らかくストライドを伸ばして走れたのは、祖母がPrincely GiftとGrey Sovereignを通じてNasrullah3×4を持っていたからだろう…ということは何度も書いてきました
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2003102205/

Princely GiftとGrey Sovereignは、Nasrullah直仔でThe Tetrarchのクロス(4×5)を持つ点が共通しますが、このThe Tetrarch的な柔らかさこそが「日本向きの斬れ」の源なのだ…と筆者は考えています

サンデーサイレンスの独特の柔らかさも、Haloの母CosmahがThe Tetrarch5×5・6で、Promised Landの母MahmoudessがThe Tetrarch4×4である…というあたりで説明は可能でしょう

そして新潟外回り2000mで行われる新潟記念は、Princely GiftやGrey SovereignのThe Tetrarch的柔斬れがモノを言うことが多いのです

外2000mになってからの過去9年の連対馬18頭のうち、Princely Giftを持つ馬はスーパージーン、アルコセニョーラ、マイネルキッツ、ホッコーパドゥシャの4頭で、Grey Sovereignを持つ馬はサンプレイス、トーワトレジャー、ダービーレグノ、カンファーベスト、レニングラード、トップガンジョー、サンレイジャスパー、ユメノシルシ、サンライズベガの9頭、そして両方持つのがヤマニンアラバスタで、つまり18頭中14頭はPrincely GiftかGrey Sovereignを持っているのです

ダイナサッシュかトニービン経由ばかりやないか!というツッコミは軽く受け流して(^ ^;)、まあ柔らかすぎて緩慢でスピードに乗るのに時間がかかるような脚質でも、直線が659mもあれば間に合うというわけですな~

それと夏の新潟は野芝100%ですから、一昔前に「日本向き」と言われたNasrullahが強いのも合点がいくというか、たしかにヤマニンアラバスタなんてちょっとレトロな斬れで差していたように思いますね~

ヤマニンアラバスタ
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2001102124/

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Never Bendと夏馬(8)~ステゴ... | トップ | 野芝100%の新潟記念と、Prin... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。