MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

「寒九」の花と花虻

2019年01月15日 | 21世紀の森と広場で(松戸)


昨日は寒中の快晴に誘われ久しぶりに「21世紀の森と広場」へ。

ちなみに昨日は寒の入りから数えて九日目で、
この日に雨が降ると「寒九の雨」といわれ豊作の兆しがあると喜ばれ、
また、この日に汲んできた水は「寒九の水」といわれ、薬を飲むのによいといわれている。

一年で一番寒い時期なのだが、自然には花も咲いている。

「寒梅」
品種名は不明だが、梅ノ木の前を通る人はみな春の兆しに喜んでいるように見えた。


「なのはなと細平田虻」
菜の花の語源は「何の花?」といわれ、この時期に咲く黄色の菜花は「なのはな」ということに・・・。
花蜜や花粉を集めているのは花虻の「細平田虻」で、晴れた真冬も活動している。


「オオイヌノフグリ」
オオイヌノフグリも、寒風が防げる日当たりのよい場所では開花している。
荒涼とした冬ざれの中で咲いている一輪、春よ早く来い・・・と思う。


「雛菊と縞花虻」
雛菊の品種は「チロリアンデージー」か。


巻頭の写真は「蝋梅(ロウバイ)」
毎年12月後半には咲く花で、この日は風もなく周辺には芳香が漂っていた。
コメント

謹賀新年 元日の富士

2019年01月01日 | あらかると


あけましておめでとうございます。

今年もさまざまな記事を発信していく予定です。

2019年元日の初日の出は東の空に雲が発生していたため、
元旦にふさわしい写真は来年に期待・・・・

初日の出の後の都心や初富士は下の写真のように美しいものでした。


そして穏やかな元日が過ぎ、箱根山の右側に日没。


日没の直前に見られたのが、赤富士と笠雲のような金色の雲。
今年がよき年であることを暗示しているようでした。


やがて都心は残照に包まれ、新年の第一日が暮れて行きました。
コメント

Nissan LEAFで八ッ場ダムへ その2

2018年12月23日 | あらかると


八ッ場ダムの工事現場を訪問したのはほぼ1ヶ月前なので、
現在の景色とは異なっていることと思われますが、
個人的な記録としての投稿になります。

最初に到着したのが、現地の工事現場が一望できる「八ッ場大橋」で、
橋の入り口近くの駐車場に車を止め、徒歩で10mほど行ったところからの光景が下の写真で、
写真の左端中ほどの施設が八ッ場ダム。


渓谷沿いにあった民家や施設はすべてダム近くに造成された土地に移り、
新築の家々が並んでいました。


八ッ場大橋入り口方面を撮ったのが下の写真で、
やはり新築の家々が立ち並んでいました。
おそらく、以前は山の中腹辺りで何も無かった場所に造成されたものと思われます。


巻頭の写真がダムを中心とした光景で、谷底には鉄橋が見られました。
おそらくこの鉄橋は、以前「特急草津」で草津温泉を訪れたときに、
渡っているものと思われ、やや感傷的な思いがよぎりました。

下の写真は帰京の折に立ち寄った「三芳パーキングエリア」


以上、八ッ場ダム訪問の記録でした。
コメント

Nissan LEAFで八ツ場ダムへ その1

2018年11月30日 | あらかると


知人が、今話題の電気自動車「Nissan LEAF」を
「一泊二日の無料試乗」することになり、同乗した。

私は車の免許を持っておらず、従って車に関しては門外漢だが、
やはり新車は静かで乗り心地がいい。
行き先は数年前から話題にもなっている「八ツ場ダム(やんばだむ)工事現場」。

都心から外環に抜け、関越自動車道へ。
関越道周辺の山沿いは丁度紅葉の見ごろで、撮影スポットが多くあったが、
やはり走行中は好みのアングルで撮るのは難しかった。


関越道の「三芳パーキングエリア」で最初の小休止。


渋川伊香保インターで下り、車両の充電(無料)のため、
「(株)日産サティオ群馬 渋川店」(巻頭の写真)へ。
コーヒーや茶の接待を受けつつ30分ほど充電。


充電中に周囲の山々の紅葉を撮ったのが下の写真。
渋川周辺はまさに紅葉の見ごろで、遠くの丘陵地帯まで染まっていた。


下の写真が今回無料試乗できた「Nissan LEAF」
さまざまなセンサーがあるようだったが、門外漢なので不明。
ただルームミラーに写る後方は鮮明で、信号で停止していると、
後続車の運転手の顔が認識できるほどにはっきりと映っていた。
おそらく被写界深度の深いやや広角気味のレンズを利用しているのだろう。


次回は八ッ場ダム周辺について上梓の予定。
コメント

初冬の蝶たち

2018年11月08日 | 大町公園(市川市動植物園)にて


昨日11月7日は「立冬」で、暦の上では冬に入ったということになります。
が・・・
今年は例年よりも暖かいようで、今日の大町公園も午前中は快晴で、
「春の日差し」のような、小春日和(冬の季語)の陽気となっていました。

そんな公園で多く見られたのが越冬をする蝶などの、
小灰蝶(シジミチョウ)や蛺蝶(タテハチョウ)の仲間でした。

「黄蛺蝶(キタテハ)」


「姫赤蛺蝶(ヒメアカタテハ)」・・巻頭の写真。

「褄黒豹紋(ツマグロヒョウモン)♂」


「褄黒豹紋(ツマグロヒョウモン)♀」
枯れ草の中に入り込み新芽に産卵しているようでした。


「裏波小灰蝶(ウラナミシジミ)」


「裏銀小灰蝶(ウラギンシジミ)♂」


「大和小灰蝶(ヤマトシジミ)」


「黒木間蝶(クロコノマチョウ)」羽化間もない蝶で水に流されていましたが、浅瀬に辿り着きました。


「長崎揚羽(ナガサキアゲハ)」
大青糸蜻蛉の番を撮影していたところ、目の前に飛んできて止まった。


「紋黄蝶(モンキチョウ)」


「紋白蝶(モンシロチョウ)」
鉄管製の柱の上の黄色いプラスチックの蓋を花と間違え、
何度も止まったり離れたり、他所に行けば蒲公英や姫女苑、
菊、酢漿草などが咲いているのに・・・・大きさに拘ってしまったのかも。


写真には撮れなかったが他には、
黒揚羽、瑠璃蛺蝶、紅小灰蝶を確認しています。
ただ時期的に蛺蝶や小灰蝶以外の種類は個体数が少ないので、
園内で出会うことができればラッキーです。
コメント