MAICOの 「 あ ら か る と 」

写真と文で綴る森羅万象と「逍遥の記(只管不歩)」など。

強烈な濃霧で視界100m以下に

2019年02月07日 | あらかると


今日の当地の日の出時刻予定は、6時37分。
ということで日の出前の朝焼けを観察しようとベランダに出ると、
濃霧が発生しており、いつもの視界が70~80m程しかなく、
まるで山頂で経験した雲の中のような状態だった。(巻頭の写真6時15分撮影)

これまでも当地では濃霧の発生はあったが、平地でこれほど濃いのを見るのは初体験で、
私が現在地に住み始めて15年目の珍事となりました。

下の写真は、日の出直前の6時36分の撮影で、更に濃さが増したようで、
道路越しの50m程先の民家もおぼろげに見える程度となった。


約一時間後、濃霧は徐々に薄くなり青空が出始めたものの、
地表近くには濃霧が残っていて、約800m先にあるマンションが、
霧の中で浮いているような光景が見られた(下の写真)。


さらに、ほぼ真東にある高層マンションは上部だけが見え、
海上の船のように見えていました。


上の写真の本来の姿が下の写真であり、
さまざまに変化する濃霧の世界はまるで別世界のようでした。


立春を過ぎ、今日は春のような陽気でしたが、
寒暖の激しい日々は続くようで、明日は寒波、明後日には雪の予報まで出ている。
コメント

ダイヤモンド富士

2019年02月05日 | 写真


久しぶりに「ダイヤモンド富士」の撮影チャンスに恵まれた。
自宅からしか観察していないので、
年に2回のチャンスしかなく、曇っていたり雨に出会ったりで、
撮れない年も多い。

巻頭の写真が、富士山頂にかかった太陽だが、
これをダイヤモンド富士というにはやや違う気がする。

下の写真は山頂から右へと転がっていくような太陽。


そして富士山の斜面に日没。


当然前日にも撮っていたのだが・・・・


そして山頂の中心近くに沈んでいったのが下の写真で、
むしろこの写真のほうが巻頭の写真よりも「ダイヤモンド富士」というべきだが、
写真的には面白みがなかった。


最近投稿数が減ってしまっているが、これは
友人の誘いにより「短歌・俳句」の創作や投稿が中心になっており、
製作、推敲、作品のPCへの入力等々に時間がとられているため。

ちなみに昨年は句歌あわせて2800以上の作品が生まれました。
コメント

「寒九」の花と花虻

2019年01月15日 | 21世紀の森と広場で(松戸)


昨日は寒中の快晴に誘われ久しぶりに「21世紀の森と広場」へ。

ちなみに昨日は寒の入りから数えて九日目で、
この日に雨が降ると「寒九の雨」といわれ豊作の兆しがあると喜ばれ、
また、この日に汲んできた水は「寒九の水」といわれ、薬を飲むのによいといわれている。

一年で一番寒い時期なのだが、自然には花も咲いている。

「寒梅」
品種名は不明だが、梅ノ木の前を通る人はみな春の兆しに喜んでいるように見えた。


「なのはなと細平田虻」
菜の花の語源は「何の花?」といわれ、この時期に咲く黄色の菜花は「なのはな」ということに・・・。
花蜜や花粉を集めているのは花虻の「細平田虻」で、晴れた真冬も活動している。


「オオイヌノフグリ」
オオイヌノフグリも、寒風が防げる日当たりのよい場所では開花している。
荒涼とした冬ざれの中で咲いている一輪、春よ早く来い・・・と思う。


「雛菊と縞花虻」
雛菊の品種は「チロリアンデージー」か。


巻頭の写真は「蝋梅(ロウバイ)」
毎年12月後半には咲く花で、この日は風もなく周辺には芳香が漂っていた。
コメント

謹賀新年 元日の富士

2019年01月01日 | あらかると


あけましておめでとうございます。

今年もさまざまな記事を発信していく予定です。

2019年元日の初日の出は東の空に雲が発生していたため、
元旦にふさわしい写真は来年に期待・・・・

初日の出の後の都心や初富士は下の写真のように美しいものでした。


そして穏やかな元日が過ぎ、箱根山の右側に日没。


日没の直前に見られたのが、赤富士と笠雲のような金色の雲。
今年がよき年であることを暗示しているようでした。


やがて都心は残照に包まれ、新年の第一日が暮れて行きました。
コメント

Nissan LEAFで八ッ場ダムへ その2

2018年12月23日 | あらかると


八ッ場ダムの工事現場を訪問したのはほぼ1ヶ月前なので、
現在の景色とは異なっていることと思われますが、
個人的な記録としての投稿になります。

最初に到着したのが、現地の工事現場が一望できる「八ッ場大橋」で、
橋の入り口近くの駐車場に車を止め、徒歩で10mほど行ったところからの光景が下の写真で、
写真の左端中ほどの施設が八ッ場ダム。


渓谷沿いにあった民家や施設はすべてダム近くに造成された土地に移り、
新築の家々が並んでいました。


八ッ場大橋入り口方面を撮ったのが下の写真で、
やはり新築の家々が立ち並んでいました。
おそらく、以前は山の中腹辺りで何も無かった場所に造成されたものと思われます。


巻頭の写真がダムを中心とした光景で、谷底には鉄橋が見られました。
おそらくこの鉄橋は、以前「特急草津」で草津温泉を訪れたときに、
渡っているものと思われ、やや感傷的な思いがよぎりました。

下の写真は帰京の折に立ち寄った「三芳パーキングエリア」


以上、八ッ場ダム訪問の記録でした。
コメント