ロクマルでいこう、60でGo!

" AS SLOW AS POSSIBLE AND AS FIRST AS NECESSARY "

ガソリン価格

2022年05月27日 | 日記

 昨年からインフラで日用品の値段が上昇し、将来の見通しが付かない事からこの傾向はまだ暫くは続きそうである。移動の足となる自動車のガソリンの値段は昨年から30%は上昇しているので、ガソリンスタンドでの給油後にレシートを見るとその金額に驚く。先週、行きつけのガソリンスタンドでロクマルを満タンにした後にオレとガソリンスタンドのあんちゃんとの間で交した会話。

 

給油後に頂いたレシートを見て、

 

オレ:オーマイガー、いつもより全然高えじゃねーか!

あんちゃん:ちょうど先程30分前に30セント/ガロン値段が上がったんだ。

オレ:なんだとお!俺って運悪ぃぃ...

あんちゃん:いやいや、悪くないぞ!

オレ:なんでや?

あんちゃん:来週はまた上がるから今週入れといて正解だ。

オレ:...

 

 生活費が値上がりするというのは不安要素である。この時代を乗り切る為に思考を変えなければいけない基点に立っていると感じる。インフラはけしからん、何とかしろ、という感情が時代の世相であるが、そもそも平和、安定、安全等があたり前ではなかった。という事に気が付く時世である。ガソリンスタンドに行って金を払えばガソリンが買える、という事があたり前であるという事に疑いを持った時に思考は変わってくる。

 ガソリンタンクの表示を見ると、今週もそろそろ給油しなければならないが、今週はどの様な会話が待っているのであろうか...。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロクマルがもたらした縁

2022年05月14日 | ロクマル日記

 日照時間が長くなった事が嬉しい。仕事が少し早く終わった夕方、陽はまだ明るく眩しかった。森の脇の路肩にランクルを停めてトレールランニングをする為にジョギングシューズの紐を締めようとしていた所、路肩を走ってきた自転車野朗が急に近づいてきていきなり、ナイストゥミーチュウ!と声を掛けてきた。彼の名前はロブと言って、自分は97年型のフォードレンジャーの白いピックアップトラックに乗っており、時々この青いランクルとすれ違っているが、その都度手を振っているんだが気が付いているかい?...(汗)、手を止めて暫く立ち話が始まった。彼は機械関係の先生であった。機械として車を観た時に現在の車よりもロクマルの様な古い車に対して関心が湧くという事であった。ジョギングシューズは片足に足を突っ込んだままで、片手でランクルにもたれたまま10分以上話し込んだ。彼と別れた後に、自分の知らない所でこのロクマルは随分と観られて関心を持たれているという感覚が残った。車に関心のある輩に対して、古さ、ボロさ、珍しさで刺激を提供している存在だとは思っている。

 翌日の朝、自宅を出て最初の信号を左に曲がった所で信号で停まっていた前から4番目の車の窓から長い手が上に伸びているのが見えた。白いフォードレンジャーである。ライトをパッシングさせ車内で手を振った。彼の笑顔と白い歯が心に残った。出会って翌日にすれ違うというのも何かの縁かなと思った。おそらくロブも同じように感じているのであろう。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オーバーランダーがランドクルーザーに求める4つの条件

2022年05月10日 | OVERLAND VEHICLE

 今年2022年はアメリカではコロナ過回復の傾向にあり、今まで自制されていた様々なイベントが警戒心を抱きながらではあるが回復傾向にある。今年はオーバーランドイベントにおいても回復する流れとなっている。10年前は全米で一箇所だけの開催であったオーバーランドエクスポは現在アメリカの西部と東、ロッキー山脈とパスフィックウェストと開催場所が拡大した。全国的イベントがローカルイベントへと移行する流れである。年々増加してきたオーバーランド指向者に順応した自然の流れであり、急上昇してきたブームが需要を維持しながらの安定期に入るステージの時代を迎えた様に感じる。近い将来はオーバーランドというアクティビィティはキャンプやバックパッキングという野外活動の一つとしての定着時代を向かえるのではないかと感じている。

 今年4月の終わりに overlandexpo.com から届いた定期的なニュースレターに、ランクル乗りとして興味深々なタイトル、オーバーランディングに最も適したランドクルーザーはどれか?Choosing the Best Toyota Land Cruiser for Overlandingという問いかけで以下の四つの条件を挙げている。

 

1.An overland vehicle should not be so expensive that you don't want to take it out on the trail.

 トレール(悪路)に持ち込む事に躊躇するような高価な車体ではない。

2.It  should be easy to maintain-or at least have specialists nearby that know how to work on your vehicle.

 メインテナンスが容易である事。あるいは整備や修理を任せられる人が近くに存在する。

3.Replacement parts should be readily available, and

 パーツの入手が容易である。

4.There should be a significant catalog of aftermarket parts and accessories to choose from.

 社外品パーツやアクセサリーが充実している。

 

 上記の内容を頭の隅において思い浮かぶランクルのモデルは住む国や地域によって異なるはずである。上の写真はエクスペデッション7のチームが当時ベストオーバーランドビークルとして選んだ70系トゥルーピーであるが、当時の選択理由が今日も生きている。そして、これらの用件は今後も引用されれる課題として存在する。今後、オーバーランドというアクティビティが浸透した時代を迎えたとしても、ランドクルーザーに限らずこの価値観はブレないで継続して行くと見ている。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロクマルサンライズドライブ

2022年05月02日 | ランクル ドライブ

 晴れた休日の早朝ドライブは自分の中でロクマルの楽しみ方の一つを確定した習慣となっている。早朝のドライブを楽しむという行為は、誰も見ていない、人との接触もほとんど無い。旧車とかスポーツカーを所有している立場からするとそれに乗っている自分を見て欲しい、そしてかっこいいと言ってもらいたい。そんな魅せたい気持ちがあるものだ。しかし、休日の早朝ドライブとはその気持ちと欲に封印する。休日の早朝ドライブとは孤独な世界を愉しみ嗜む男の美学の追及行為なのだ。その時間は、自身とロクマルとの関係を繋ぐ物語となる。日常の中の非日常であり、クルマの持つ実用機能に距離を置いた愉しみ方であると思っている。別の観点から観るとコソコソしやがって、昼間に堂々と運転しろ!と思われるかも知れない。早朝はある程度スピードが出せる。ロクマルの窓を開けると春の冷気が忙しく進入してくる。音楽は聴かない、ラジオはオフ状態。2Fエンジンの音、トランスミッションとデフ、タイヤが拾い上げるノイズが風切り音と混ざり、そこに燃焼したガソリンの匂いが加わる。これら全てが心地良さの正体である。

 

 健康生活の為に太陽の光を浴びる事が良いと聞く。特に早朝の新鮮な太陽光は体に良いと言っていた。結果、早朝のランクルサンライズドライブは心と体に良い行いなのである。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サバイバル現行車

2022年05月01日 | VINTAGE CARS

 仕事で訪れたニューヨーク郊外の町にある半地下の駐車場に駐車されていた一台のビンテージカー。これはスゴイと思った。タイヤの空気はしっかりと充填されナンバープレートが付いている。フロントウィンドーには定期的なオイルチェンジのステーカーが貼ってある。ナンバープレートは年に限定的な走行距離を規制されるクラッシックカーナンバープレートではなくて、一般的なものであった。写真を見ると分るが右ハンドルである。フロントの先端に栓抜きの様なロゴがあるが何処のメーカーが何時作ったのかはさっぱり分らない。1930年代?かとは思った。車体の塗装はレストレーションが施されている光沢で埃の積もり具合から一月程動かされていない?様子。当時のセダンは観音開きであった。後部座席はタイヤの真上に在する。フロントボンネットの中にインライン(直列)エンジンがあるのであろう。前後の車輪の中に見えるドラムブレーキ、垂直なAピラーとフロントウィンドゥ、前輪のアプローチアングル等を見るとランクル40を連想させらる。戦前のニューヨークの街にはこういった車が沢山走っていたのであろう。こういったクルマを観る事が出来たのは仕事プラスアルファであった。これからは暖かい季節。街や郊外でこういったビンテージカーを見かける機会が増えるのを楽しみにしている。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

変わってゆく時代

2022年04月17日 | NEW YORK

 情報収集の為に定期的に大型書店に立ち寄る習性がある。書店は一箇所ではなく何箇所か存在しており、少し遠出をすると時間を作ってコーヒーを買いに書店に足を運ぶ。雑誌コーナーに足を運び自動車関係特に四駆やアドベンチャー及びオーバーランド旅行系の雑誌は必ずページをめくり興味深い記事があれば会計を済ます。今年になってからも同じパターンを繰り返し先週もニューヨーク洲の郊外の書店で時間を使った。そういった書店に並ぶ車関係の雑誌の視点から言うと、今日、車に関する人々の関心は薄くなりつつある。残念な事だが四駆雑書も少なくなり、オーバーランドジャーナルやアウトドアX4等が地域の書店から(一時的な事かも知れないが)姿を消してしまっている。しかし、英国系の自動車やバイク雑誌は生き延びている様子。英国系の雑誌は旧車を扱ったものが多いのは事実、正確に言うと雑誌業界は旧車を扱ったものが生き延びているのかも知れない。いずれにせよ、これらの所感はアメリカ北東部という地域限定の有様だとは思っている。街を行き来する自動車が新しくなる事によって街の景色も変わる、同時に人々の意識も徐々にモダンな未来へと土台が上がり伝染病の影響でその変化は加速した様にも感じる。

 

 写真の犬は2019年のオーバーランドエクスポウエストで見かけた犬達。最近ニューヨークの街には犬が増えたと実感する。犬の散歩をしている人々には若者が多い事を思って、最近の若い人々はクルマに金を掛けないで犬のいる生活を選んだのだ。若い人々はクルマをなでるのではなくて犬をなでている時代になったのだと感じている今日である。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

価値観は覆されるのだろうか?

2022年04月10日 | PICKUP TRUCKS & 4X4

 リンカーントンネルは大陸とニューヨークのマンハッタン島を結ぶ主要交通ルートの一つ。そのトンネルの入り口に聳える新型トヨタタンドラの看板はマンハッタンにアクセスする人々の目に否応無しに飛び込んでくる。今の所、新型タンドラは路上では数回しか目撃していないが、おそらく時間の問題であろうと思う。インフレーションが進みガソリン価格も上昇している今日において大型ピックアップトラックの需要は街中を観る限り良好ではないかと思わされる。フルサイズピックアップトラックは近年においては高級車となっている。国土が広く巡航スピードのリミットが時速130キロを超えるこの大陸では需要に叶っており、アメリカ大陸という環境の中で大型ピックアップトラックは独自の発展と進化を継続している。

 個人的な見解ではあるがトヨタ車は他のメーカーの同時代、同走行距離の比較の中では車の信頼性と耐久性が高い。これは車歴の異なる友人知人の意見なども総合しての意見である。トヨタトラックの強みというのは信頼と耐久にある。小利口な車内のごちゃごちゃした機能はおまけであるが、それさえも他メーカーと比べると壊れにくい。タンドラの存在はその信頼と耐久を背後にしてオーバーランドビークルとしての期待も存在している。以前、オーバーランドジャーナルのスコット氏はランクル70系で世界を回った後にオーバーランドビークルの十戒として10の重要な項目について解説を行った。最初の重要な戒律は車両がシンプルである事、二つ目の戒律は車両の軽さである。おそらくメーカーにとってはその様な項目は百も承知であるに違いない。シンプルで軽いが壊れ易い車量よりも、多少複雑で重いがそれ以上に壊れにくく快適な車両を生み出す事によって価値観を凌駕していこうとする姿勢である、これは同時に時代のトレンドと安全基準をクリアする術となっている。4代目タンドラは今市場に出たばかりであるが、カタログ上の評価よりも10年後以降の評価が今から気になるところである。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Sunday Morning Driving (SMD)

2022年04月02日 | ロクマル日記

 今週の日曜も夜明けと同時にシルバーのランクル60の運転を楽しんだ。シルバーのランクル60は長期に渡ってエンジン内の液体巡回の問題を抱えておりオーバーヒートの問題を起こしやすい。しかし、かといって安静にして何もしないのも健康に悪い。定期的にエンジンを回し、いわゆる散歩をさせる必要がある。そういう課題を抱えているがゆえに選んだのが休日の早朝時間のドライブであった。休日、朝日が昇って直ぐの時間はニューヨークの都会に隣接している我が街でも交通量が圧倒的に少ない故に、30分程の時間でも街中をトップギアで走りぬけそこそこの距離を走る事が出来る。窓を開けエンジンの音色を聞きながらロクマルと対話をする。結果的にシルバーのランクル60は休日の朝の30分を楽しむ為の存在となっている。これは、旧車を所有維持しそのクルマを楽しむ為の一つの形態(旧車のある生活)なのではないかと最近感じる様になってきた。別の表現をするならば、あなたがもし晴れた日の休日のサンライズと同時に30分だけドライビングを楽しむとすれば、その為にどんなクルマを選びますか?そんな問いが生じてくる。これがクルマを所有する事によって得られる非日常を味わう一つの姿なのだと思う。

 

 今年になってからマンハッタンのミッドタウンにあるトヨタディーラーのショールームの中央に美しくレストレーションされたマスタードイエローのFJ40が置かれている。FJ40は近年ニューヨーク周辺のトヨタディーラーで人気の様で、コネチカット州のグリニッチ、ニュージャージー州のイングルウッドのショーウィンドー内でも見る事が出来る。FJ40を前にして、晴れた休日の早朝のマンハッタンをこのFJ40で流したい。SMDの為の一台を選ぶとしたらこいつは選択内となる。旧車を観る度に思うのが、ビークルオブSMDである。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

道端のメッセージ

2022年03月29日 | NEW YORK

 マンハッタンのウェストサイドハイウェイをウォール街から北上して行くと、ハドソン河に面した右手側の古くて小さなレンガビルの上部に STOP WARS のメッセージが込められた見事な壁画が目に飛び込んでくる。壁画は数年前から存在していたが、今日の情勢に伴って意味を持ちニューヨークの人々の関心を集めている。僕もその一人だ。この壁画はブラジルはサンパブロ住在の壁画家EDUARDO KOBRA氏の作品の一つで、ニューヨークの街とその周辺には15程彼の作品が展開している。彼の独特のスタイルは白黒のリアルな絵にレインボーカラーをアレンジするオリジナル性を持っている。

 写真で観るとこの壁画は大きく見えるが実際に見るとそうではない。絵が描かれているビルも古くてしよぼい。しかし、不思議なものだ’と感じる。数ヶ月前までは、ああなんか絵があるなぁ。という程度で意識が行かなかったのであるが、今日、この絵をチラッと観るととても大きく見える。そして、その意味と有り方を考えさせられている。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゴールデンタイムを征服せよ

2022年03月21日 | ロクマル日記

 先週の日曜日の朝は薄い雪に覆われた氷点下であったが、今日の日曜の朝は10度を超える暖かい朝であった。僅か10度の温度差でランクル60のエンジンの掛かり具合が大きく異なるのは、ランクルにも感情があるのだと思わされる。朝日が昇って直ぐにエンジンを温め走りに出かけた。晴れた日曜日の早朝は最高の条件となる。空気が新鮮で車が少なく、ただただ走っていて楽しいの一言に尽きる。道が空いているので容易に街を抜けることが出来る。走り出して10分程で緩やかなワインディングのあるハイウェイに入る。アクセルを強く踏んで車の調子を探る。15分程北上してハイウェイから降り、その後信号の少ない下道を風を感じながら戻ってゆく。一時間にも満たない走行時間だが至福の時間であった。移動の為の運転ではなく過程を愉しむ為の運転。古い車であるが故に車の調子が気になり、それが車との対話となる。晴れた休日の早朝はまさにゴールデンタイム。人生におけるこの時間をCONQUER(征服)する為に手元にランクル60があると言っても過言ではない。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする