「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

感染を制御しつつ、子ども達の学び・育ちの環境づくりをして行きましょう!病児保育も鋭意実施中。子ども達に健康への気づきを。

小児科の観点からの災害への備え、『災害時小児周産期リエゾン』と日ごろからのネットワークと備蓄・準備

2021-05-03 16:45:44 | 防災・減災

 災害に対しては、小児科医の専門的な視点からは、やはり、災害への備えが最も大切となります。

 小児科学会としては、『災害時小児周産期リエゾン』なる組織を構築し、医療支援体制を整備しています。

 自助のポイントとして、かかりつけの方々へお伝えすべきことがらは、以下。

●日ごろからのネットワークの構築の大切さ

●食物アレルギーの児➨アレルギー食の備蓄

●在宅医療的ケア児
 電源の確保(外部バッテリー、市販蓄電池、電気自動車など)
 電源に依存しない方策
 避難場所の確認(福祉避難所、病院)

●慢性疾患の児
 内服薬のカードを携帯(とくに、てんかんや内分泌疾患など)
 病院、主治医との連絡手段の確保


●重要なマニュアル

 国立成育医療研究センター災害対策マニュアル➨ https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/cooperation/shinsai_manual.pdf
 
 日本栄養士会 災害時に乳幼児を守るための栄養ハンドブック➨ https://www.dietitian.or.jp/news/upload/images/38b6b832444fbf45e58316b947b4b30d9a448c29.pdf

 小児科医用マニュアル類➨ http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=202

*参考、第124回日本小児科学会学術集会 教育講演9『日本における災害時の医療支援』 井田孔明氏2021.4.17



 

コメント   この記事についてブログを書く
« がんゲノム医療の課題 | トップ | 子ども達の遺伝医療、がんゲ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

防災・減災」カテゴリの最新記事