ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

泉屋 @愛知県春日井市

2018年08月15日 | 愛知県(尾張)

せっかく普段あまり来ない春日井駅に居るのだからちょっと呑んで帰ろうかなと思うが、目当ての店の開店時間までまだ間があった。連日の酷暑で外は灼熱地獄だが春日井駅前は時間をつぶす場所、暑さを避ける場所が全く無い。普段なら知らない町でウロウロするのは楽しいものだが、いくら歩くのは苦にならないといってもこの暑さじゃ…。汗をダラダラかきながら時間を潰してでも入ってみたかったのが駅の西にある居酒屋「泉屋」。昭和14年(1939)に大衆食堂として創業したという。焼鳥を扱うようになったのは昭和34年からだとか。祝日だったので電話して営業は確認しておいた。もちろん開店してすぐに飛び込んだはずなのにすでに先客が何組も。カウンターでさえ予約が入っているとかで「1時間なら」と時間を区切られる盛況ぶりだ。次々に客が入って来て、予約だ、グループだと忙しくちょっと落ち着かない。

まずはずーっと我慢してきた水分補給。アサヒ、キリン、サッポロと選べたのでサッポロ黒ラベル(大瓶)を選ぶ。つまみにはすぐ来そうな「マカロニサラダ」をとりあえず。キンキンに冷えたやつをグイーッと喉に流し込む。…ウメーッ。主人がグループ客の大量注文に取り掛かる前に焼物をと「とんやき(豚ホル)」と「きもやき(豚レバー)」を注文しておく。プリッとした歯ごたえの「とんやき」。口中は幸福感でいっぱい。串はどちらもなかなかの大振りで食べがいがある。あっという間に大瓶が空になったので「ニッカハイボールW」と「イカダ」「とんび」を追加。「イカダ」は手羽先が串に刺して焼いてあるもの。「とんび」は烏賊のくちばしだとか。さっぱりと塩味。どれも旨いなァ。濃くて大きいグラスのハイボールで洗い流す。まだまだ食べたいものばかりだが、暑くて消耗したからか意外と食は進まず、悪酔いする前にこのあたりで勘定してもらった。次こそゆっくりと呑んでみたいなァ(無理か…)。(勘定は¥2,200程)

泉屋

愛知県春日井市上条町1-189

 

( 春日井 かすがい いずみ屋 いずみや 居酒屋 酒場 大衆酒場 とんやき とん焼 やきとり 焼き鳥 生ビール 老舗 )

コメント