さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 額済納(エチナ)から嘉峪関

2019年10月17日 | 海外旅行
第6日目は、額済納(エチナ)からバダインジャラン砂漠を横断して河西回廊沿いの嘉峪関に向かうことになりました。 額済納(エチナ)の郊外に出ると、「英雄影視」という看板が掲げられた施設が現れました。 「英雄影視」は、映画の撮影所のようで、砦のような建物も設けられていました。 エチナ川(黒河)を渡りました。 道路の周囲には、バダインジャラン砂漠が広がるようになりました。 砂漠の . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 黒水城(カラホト) その3

2019年10月16日 | 海外旅行
黒水城の見学を終え、来た道を戻って紅城を見学しました。 紅城は、BC120年頃に造られた漢代の砦跡です。漢が争った相手となると匈奴ですね。武帝に仕えた衛青や霍去病の活躍が思い浮かんできます。 日干しレンガの色が赤味を帯びていることから紅城と呼ばれています。 続いて、紅城と道路を挟んで向かい合う怪樹林を見学しました。 ここでは、胡楊の林が広がっていましたが、川の流れが変わって . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 黒水城(カラホト) その2

2019年10月15日 | 海外旅行
黒水城は、東西374m、南北480mの広さを持つ城砦都市です。 城内に入ると、半ば砂に埋もれた建物の跡が見られました。 西門から入場し、北西の角に黒水城のシンボルである仏塔が見られます。 見学用に遊歩道が設けられています。監視カメラが設置されていて、遊歩道から外れると、マイクで警告が発せられます。ただ、遊歩道の大部分は砂に埋もれており、遺跡の雰囲気は損なわれていませんでした。 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 黒水城(カラホト) その1

2019年10月10日 | 海外旅行
額済納(エチナ)博物館の見学後、昼食をとってから今回の旅のハイライトといえる黒水城(カラホト)の見学に向かいました。朝に居延海観光で使った四駆自動車で向かうのかと思ったら、ここまで乗ってきた観光バスを使いました。 現地の道路標識では黒城と書かれていました。 シルクロードへの憧れをかきたてたNHK「シルクロード」の第4集でも「幻の黒水城(カラホト)」が取り上げられており、強烈な印象を与えてく . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 額済納(エチナ)

2019年10月09日 | 海外旅行
額済納(エチナ)での宿は、天賦商務酒店でした。 客室は簡素な造りでした。 額済納(エチナ)には、西夏王国の黒水城見学のために泊ったのですが、最も観光客が多くなるのは、胡楊林が黄色に染まる時期で、その時期にはホテル代も高騰するとのことでした。 第5日目は、まず日の出を見学するため居延海を訪れました。四輪駆動車に分乗して訪れました。観光地として整備されており、入り口にゲートが設けられてい . . . 本文を読む
コメント (1)

さすらいの風景 阿拉善左旗から額済納

2019年10月07日 | 海外旅行
第四日目は、阿拉善(アルシャー)左旗から額済納(エチナ)へ丸一日がかりの移動になりました。8時に出発しましたが、途中アクシデントもあり、額済納(エチナ)に到着したのは夜の7時過ぎになってしまいました。 阿拉善左旗の街を出て、すぐに高速道路に乗りました。 高速道は額済納(エチナ)まで続いており、道の状態に関しては良いといえます。 ただ、高速道路といっても、ラクダや羊が入り込んでおり、車 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 阿拉善(アルシャー)左旗 その4

2019年10月04日 | 海外旅行
ホテルに戻ってひと休みした後、定遠営古城の夜景見物のために再び出かけました。 予想通りに道路沿いに延びる城壁はライトアップされていました。 城内に入ります。 城内に入って左に曲がり、城壁に上がることにしました。 賀蘭門とは反対側に延びる城壁の眺め。 延福寺の白塔の眺め。ライトアップされて昼間とは違った美しい眺めになっていました。 賀蘭門方面に歩くことにしまし . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 阿拉善(アルシャー)左旗 その3

2019年10月03日 | 海外旅行
福因寺(北寺)の見学を終えて、阿拉善(アルシャー)左旗の街に向かってしばらく砂漠の中を移動しました。 砂漠の中に池が現われると、阿拉善左旗の街に到着しました。 宿泊したのは、阿拉善大酒天でした。このホテルでのチェックインの際には、顔写真をとられました。パスポートの提出は外国では普通にあることですが、ホテルでの顔写真の撮影は初めての経験です。内モンゴル自治区の外国人旅行者の監視が厳しいこ . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 阿拉善(アルシャー)左旗 その2

2019年10月02日 | 海外旅行
広宗寺(南寺)に続いて、福因寺(北寺)を訪れました。 門には四天王像が描かれていました。 門からしばらく山道を進んでいきました。ここでも五色の祈祷旗(タルチョー)が飾られていました。 岩に仏画が描かれていました。 福因寺(北寺)に到着。 参道の下部に四面それぞれを向いた観音像が置かれていました。 ここでも、八基のストゥーパが置かれていました。 釈迦 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 阿拉善(アルシャー)左旗 その1

2019年10月01日 | 海外旅行
阿拉善(アルシャー)左旗の街に入る前に、まず賀蘭山脈の麓にある広宗寺を訪れました。この寺は現地で南寺と呼ばれています。 内モンゴル自治区では、治安維持の目が厳しいようで、お寺の見学でも、入り口で登録が必要でした。外国人観光客はめったに訪れないようで、現地ガイドが許可を得て戻ってくるまで結構時間がかかりました。 道路沿いに、五色の祈祷旗(タルチョー)が飾られていました。 入口脇には、馬 . . . 本文を読む
コメント