さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 七彩丹霞 その2

2019年10月31日 | 海外旅行
三番目の展望地です。尾根上へ登りました。 乗ってきたシャトルバスを見下ろすようになりました。 ここも美しく、変わった風景が広がっていました。以下、その絶景をどうぞ。 所々テラスが設けられていました。 前方に見える岩山は、赤壁長城と呼ばれるようです。 その案内板。 少し下がった所からの赤壁長城の眺め。 観光用のラクダも . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 七彩丹霞 その1

2019年10月30日 | 海外旅行
平山湖大峡谷、氷溝丹霞と見学し、最後に本命の七彩丹霞を訪れました。 予想以上に広大な駐車場が設けられ、大勢の観光客が訪れていました。 張掖丹霞地貌とも呼ばれる七彩丹霞は、2002年に発見されたばかりの中国でも知る人ぞ知る絶景ポイントと言われていますが、観光地としての整備が急速に進められています。 七彩丹霞が広く知られるようになったきっかけは、世界的映画監督のチャン・イーモウが2009年の . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 氷溝丹霞 その2

2019年10月29日 | 海外旅行
シャトルバスに乗って、二番目の展望地に移動しました。 丘の上へ遊歩道が続いていました。 トーチ岩。 ここでも階段登りが続きます。 蝦蟇岩。案内板がありましたが、どこを言っているのか少し判りにくいですね。 蝦蟇岩のアップ。 ひと登りした所に展望台が設けられていましたが、さらに先の高みに進みました。 先の展望台に到着。 目の前に印象的な巨石が聳えてい . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 氷溝丹霞 その1

2019年10月28日 | 海外旅行
平山湖大峡谷の見学後、張掖市内に戻って昼食をとり、午後になってから氷溝丹霞に向かいました。 幸い天気も回復してきました。 氷溝丹霞の入り口に到着。観光客は少なく、広い駐車場は閑散としていました。 ここもゲートからはシャトルバスの利用になります。 岩山の中にわけ行っていきました。 バスを降りると、氷溝丹霞と書かれた石碑が置かれていました。 日本で「丹霞(たんか)」といえば . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 平山湖大峡谷

2019年10月25日 | 海外旅行
第7日目は、平山湖大峡谷、氷溝丹霞、七彩丹霞といった自然景観の見学を行うことになりました。 まずは、平山湖大峡谷へ。張掖の市街地から山岳地帯へ進んでいきました。新しい高速道路が整備されていました。 周辺には、赤味を帯びた台地が広がるようになりました。 山岳地帯から川が流れ出ていました。平山湖大峡谷という名前ですが、太古には湖があったようですが、現在は湖はありません。 平山湖大峡 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 張掖 その2

2019年10月24日 | 海外旅行
張掖滞在二日目の夜、夕食後に夜歩きに出かけました。 まずは、大仏寺前の広場。 夜は、集団で音楽に合わせてダンスを行っていました。 広場脇の建物。 回廊が設けられていました。 涅槃像のレリーフが飾られていました。 西夏国寺の石碑。 万寿寺木塔。ここの広場も大勢が踊っていました。 塔の前に進んでようやく人に邪魔されない写真が撮れました。 夜の方が美しく . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 張掖 その1

2019年10月23日 | 海外旅行
張掖では鼎和国際大酒店に二泊しました。 このホテルは、旧市街地のはずれで、街歩きを行いやすい所にありました。 張掖の歴史は、漢の武帝のときに霍去病が匈奴に勝って張掖郡を置いたことに始まります。以来、シルクロード交易の中継都市として栄え、祁連山脈を越えて青海省へと至るルートとの交差点にもなっています。 匈奴征伐に功績を上げた霍去病の名前を聞くと、シルクロードの物語に一気に引き込まれますね。 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 嘉峪関から張掖

2019年10月22日 | 海外旅行
嘉峪関から張掖へは、高速鉄道で移動することになりました。乗車する嘉峪関南駅は、高速鉄道専用駅のようで、新しい建物でした。 駅の電光掲示板を見ると、蘭州行は30分おきに出ているようです。嘉峪関から蘭州の間には、張掖や武威といった河西回廊の往来とともに発展した都市が連続しているので、列車の利用者も多いようです。 列車の切符。青く塗りつぶしたところには利用者の名前が記載されています。鉄道利用 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 嘉峪関

2019年10月21日 | 海外旅行
本降りの中、嘉峪関(かよくかん)を見学することになりました。この日の朝に出発してきた砂漠の中の額済納(エチナ)とは全く異なる天候です。 入口の脇には、世界遺産のマークと共に「天下第一雄関」と書かれています。 嘉峪関は、万里の長城最西部に位置する関で、「天下第一関」と称される最東端の山海関と共に万里の長城における要衝になっていました。明代初期の1372年に建設された後、ティムール軍に対する防 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 額済納(エチナ)から嘉峪関

2019年10月17日 | 海外旅行
第6日目は、額済納(エチナ)からバダインジャラン砂漠を横断して河西回廊沿いの嘉峪関に向かうことになりました。 額済納(エチナ)の郊外に出ると、「英雄影視」という看板が掲げられた施設が現れました。 「英雄影視」は、映画の撮影所のようで、砦のような建物も設けられていました。 エチナ川(黒河)を渡りました。 道路の周囲には、バダインジャラン砂漠が広がるようになりました。 砂漠の . . . 本文を読む
コメント (2)

さすらいの風景 黒水城(カラホト) その3

2019年10月16日 | 海外旅行
黒水城の見学を終え、来た道を戻って紅城を見学しました。 紅城は、BC120年頃に造られた漢代の砦跡です。漢が争った相手となると匈奴ですね。武帝に仕えた衛青や霍去病の活躍が思い浮かんできます。 日干しレンガの色が赤味を帯びていることから紅城と呼ばれています。 続いて、紅城と道路を挟んで向かい合う怪樹林を見学しました。 ここでは、胡楊の林が広がっていましたが、川の流れが変わって . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 黒水城(カラホト) その2

2019年10月15日 | 海外旅行
黒水城は、東西374m、南北480mの広さを持つ城砦都市です。 城内に入ると、半ば砂に埋もれた建物の跡が見られました。 西門から入場し、北西の角に黒水城のシンボルである仏塔が見られます。 見学用に遊歩道が設けられています。監視カメラが設置されていて、遊歩道から外れると、マイクで警告が発せられます。ただ、遊歩道の大部分は砂に埋もれており、遺跡の雰囲気は損なわれていませんでした。 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 黒水城(カラホト) その1

2019年10月10日 | 海外旅行
額済納(エチナ)博物館の見学後、昼食をとってから今回の旅のハイライトといえる黒水城(カラホト)の見学に向かいました。朝に居延海観光で使った四駆自動車で向かうのかと思ったら、ここまで乗ってきた観光バスを使いました。 現地の道路標識では黒城と書かれていました。 シルクロードへの憧れをかきたてたNHK「シルクロード」の第4集でも「幻の黒水城(カラホト)」が取り上げられており、強烈な印象を与えてく . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 額済納(エチナ)

2019年10月09日 | 海外旅行
額済納(エチナ)での宿は、天賦商務酒店でした。 客室は簡素な造りでした。 額済納(エチナ)には、西夏王国の黒水城見学のために泊ったのですが、最も観光客が多くなるのは、胡楊林が黄色に染まる時期で、その時期にはホテル代も高騰するとのことでした。 第5日目は、まず日の出を見学するため居延海を訪れました。四輪駆動車に分乗して訪れました。観光地として整備されており、入り口にゲートが設けられてい . . . 本文を読む
コメント (1)

さすらいの風景 阿拉善左旗から額済納

2019年10月07日 | 海外旅行
第四日目は、阿拉善(アルシャー)左旗から額済納(エチナ)へ丸一日がかりの移動になりました。8時に出発しましたが、途中アクシデントもあり、額済納(エチナ)に到着したのは夜の7時過ぎになってしまいました。 阿拉善左旗の街を出て、すぐに高速道路に乗りました。 高速道は額済納(エチナ)まで続いており、道の状態に関しては良いといえます。 ただ、高速道路といっても、ラクダや羊が入り込んでおり、車 . . . 本文を読む
コメント