さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

エジプト旅行

2017年11月30日 | Weblog
エジプト旅行に行っており、しばらく留守しておりました。旅行中にエジプトでテロが起きましたが、場所もシナイ半島と離れており、観光中に影響は見られませんでした。ただ、先回の2010年の訪問時と比べると、観光客もかなり少ないという感じでした。 この報告は、インドが終わってからになるので、少々お待ちください。 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 エローラ石窟群 その6

2017年11月16日 | 海外旅行
第10窟を出て進んでいくと、岩山の上から滝が落ちてきているのが見えました。雨が降った後のためかと思いましたが、普段でも滝になっているようです。 ここで自由見学になりました。 第8窟の前にやってきました。上にある第9窟の前の壁には彫刻が施されていました。 細かい彫刻ですが、距離があって良く見えないのが残念です。 第8窟手前の壁にも彫刻が施されていました。中央の像は、仏像にしては胸 . . . 本文を読む
コメント (2)

さすらいの風景 エローラ石窟群 その5

2017年11月15日 | 海外旅行
カイラーサナータ寺院の見学を終えて、次は1~12石窟の仏教寺院群の見学に向かいました。 幸い雨も止みました。歩いていくと第12窟が現れました。 第12窟の内部見学は帰りの際に行いましたが、番号順ということで、最初に載せておきます。 第12窟は、三階建でエローラ最大の僧院です。アパートのような印象です。 内部は広く、柱が並んでいました。ただ、ヒンドゥー教やジャイナ教と違って、 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 エローラ石窟群 その4

2017年11月10日 | 海外旅行
エローラ石窟群見学のハイライトといえるカイラーサナータ寺院見学です。軒下でしばらく待ちましたが、雨も止まないので、本殿へ移動することになりました。二階への階段入口。見事な彫刻が施されています。岩山を削りだしたものとは思えません。 二階へ上がる前に、周囲の彫刻を見ました。像が軒を支えていました。 0 シヴァ神でしょうか。引っ込んだ壁には色が残っています。 塔門の内壁の彫刻。 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 エローラ石窟群 その3

2017年11月09日 | 海外旅行
ジャイナ教石窟群を見学した後、バスい乗って、再びカイラーサナータ寺院の前の広場に戻ってきました。ジャイナ教寺院からカイラーサナータ寺院No.16の間には、No.29~No.17のヒンドゥー教寺院窟があるのですが、残念ながら省略になってしまいました。全部の石窟を回るには時間がかかりすぎるので仕方がないですね。 仏教が衰退していく中、勢いをつけてきたのが、ヒンドゥー教寺院です。僧侶達が住むヴィハ . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 エローラ石窟群 その2

2017年11月07日 | 海外旅行
ジャイナ教の第32窟の内部に進みました。石窟内は暗く、一部ではフラッシュ撮影を行っています。 内部の柱には細かい彫刻が施されていました。 ご本尊ティールタンカラ(祖師)。 象に乗るクベーラ像。 インドラーニ女神(樹精ヤクシー)。 ご本尊ティールタンカラ(祖師)。 天井には、蓮の彫刻が施されていました。 ご本尊ティールタンカラ(祖師)。 仏像と見分けが . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 エローラ石窟群 その1

2017年11月01日 | 海外旅行
エローラ石窟の入口にあるホテルで昼食をとった後、歩いて遺跡に向かいました。土産物屋が店を並べていました。 猿もいました。ここの猿は、エレファント島で見たものとは種類が違っていました。ハヌマンラングーンと呼ばれる白毛の猿で、猿の神様ハヌマーンの使者として大事にされているようです。エレファンタ島で見たのは、ボンネットモンキーと呼ばれる種類のもののようです。 歩いていくと、エローラ石窟群の最 . . . 本文を読む
コメント