さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 台北 その8

2009年08月31日 | 海外旅行
二日目の夕食の後に、士林(シリン)夜市を訪れました。 台北市内の各所には、食べ物や物売りの屋台が並ぶ夜市があります。その中でも、士林夜市は、最大の規模で賑わっています。この夜市では、屋根の下に食べ物屋が並んでいるので、露天の店よりは安心感があります。 まずは、飲み物のお店です。このツアーではタピオカティーが含まれており、まず配られました。 甘いミルクティーの中にタピオカが入っています . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 台北 その7

2009年08月27日 | 海外旅行
九份(キュウフン)は、台北の東10kmの位置にある山間部の小さな町です。日本統治下時代の古い街並みが残されていることから、台北観光のコースに組み込まれています。 九份は、かつて人口僅かの寒村でしたが、1893年に金鉱が発見され、日本統治下にはアジアのゴールドタウンと呼ばれる賑わいを見せました。その後、金鉱脈が尽きたことから、忘れられた存在になっていました。 この . . . 本文を読む
コメント (2)

さすらいの風景 台北 その6

2009年08月26日 | 海外旅行
二日目の観光は、國立故宮博物院から始まりました。 國立故宮博物院は、フランスのルーブル、アメリカのメトロポリタン、ロシアのエルミタージュと共に世界の四大美術館といわれるといいます。フィレンツェのウフィツィ美術館、マドリッドのプラド美術館は入らないのかという疑問も出てきますが、それは別問題としておきましょう。 國立故宮博物院は、台北観光のハイライトになっています。 國立故宮博物院の成立には、複 . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 台北 その5

2009年08月25日 | 海外旅行
台北101 世界第一の高さ509.2mを誇り、地上101階、地下5階の超高層ビルです。ビルの輪郭は伝統的な宝塔と竹の節がイメージされています。 現在の日本の超高層ビルの第一位は、大阪市の近鉄・阿倍野橋ターミナルビル300mとなっています。 超高層ビルを世界的にみると、激烈な高さ競争が繰り広げられています。ドバイのブルジュ・ドバイが818mで、建設中ながら、すでに世界一の高さに達しています。ア . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 台北 その4

2009年08月24日 | 海外旅行
中生紀念堂 中華民国元首として台湾を治めた蒋介石((台湾では一般に蔣中正と呼ばれています)を記念し、1980年に作られた巨大な建物です。 現在、中華人民共和国を中国の代表としているため、台湾の中華民国は表向きは国交の無い国ですが、台湾製品は、コンピューター製品などで身近な存在になっています。 今回の台湾訪問は、お決まりの観光ツアーでしたが、複雑な台湾の歴史を再認識することになり . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 台北 その3

2009年08月20日 | 海外旅行
続いて龍山寺。清の乾隆帝の時代に建立された270年の歴史を持つ、台北で一番古いお寺です。 第二次大戦の際には、空襲によってお堂は焼失したそうですが、本尊は無事で、一層の信仰を受けるようになったようです。 入口の門の上に所狭しと飾られた像に圧倒されます。 これらの像が陶器製か見極められませんが、これと同じ人物、瑞獣、植物をモチーフとした小さな陶器製の像は、台湾交趾焼(こうちやき)と呼ばれて . . . 本文を読む
コメント (4)

さすらいの風景 台北 その2

2009年08月19日 | 海外旅行
二日目の観光は、忠烈祠から始まりました。 忠烈祠は、抗日戦争や共産党軍との内乱で命を落とした軍人の霊を祀った廟です。1969年に作られ、北京の紫禁城の大和殿を模した中国風建造物です。 日本でいうならば、靖国神社といったところですね。 入口で車を下りると、門の前には大勢の人が集まっていました。 お目当ては、門の両脇に立つ衛兵で、脇に立って記念写真を撮る観光客がとぎれることがありません . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 台北 その1

2009年08月18日 | 海外旅行
桃園国際空港に下りたって台湾に到着。出迎えのツアーガイドに車でホテルに送ってもらいました。 泊まったのは、圓山大飯店です。 丘の上に立つ巨大な中国風建物は、周囲からも良く目立ちます。 歴史のあるホテルで、この建物自体、見物の価値があります。 日本統治下に設けられた台湾神社の跡に造られ、蒋介石夫人の宋美齢の迎賓館として使われました。かつては、世界10大ホテルに選ばれたといいますが、市内に . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 仁川国際空港

2009年08月17日 | 海外旅行
8月12日から4日間の日程で、台湾の台北観光に行ってきました。 新潟空港からの出発ですと、成田発よりは便利ですが、コリアン・エアライン利用で、ソウルの仁川(インチョン)国際空港で飛行機を乗り換える必要があります。 仁川国際空港はヨーロッパを含めて世界各方面への便が発着するハブ空港になっています。 以前は、コリアン・エアラインというと格安航空会社で、飛行機も古びた感じでしたが、現在では、最 . . . 本文を読む
コメント (2)

帰ってきました

2009年08月16日 | 海外旅行
お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。 私は、かみさんと二人で、4日間日程の台湾・台北観光に行ってきました。台湾の中部から南部は先日の台風で大きな被害を受けましたが、台北部は問題のない状態でした。 歩くよりは食べる時間の方が長いようなツアーでした。今回の観光旅行が玉山登山の偵察になると良いのですがね。 写真は、宿泊した圓山大飯店です。歴史のあるホテルです。 詳しくは、おいおいと。 . . . 本文を読む
コメント (4)

お休み

2009年08月12日 | 雑感
ちょこっとさすらいに出かけてきます。どのような風景と味に出会えるでしょうか。 では、良いお盆休みを。 . . . 本文を読む
コメント (2)

さすらいの風景 アラスカ上空 マッキンリー

2009年08月06日 | 海外旅行
1984年2月8日、アンカレッジ経由の北回りでヨーロッパに向かっていました。 この当時、シベリア上空は通過できなかったため、16時間ほどの長時間のフライトが必要でした。 アラスカ上空で、マッキンリーが見えているというアナウンスがありました。そこで撮ったのがこの写真です。 マッキンリーは、6194 mの標高を持つ北米の最高峰です。先住民デナッイア族の言語に基づいて「デナリ」(偉大なもの)という . . . 本文を読む
コメント (2)

さすらいの風景 ノイシュヴァンシュタイン城 その4

2009年08月04日 | 海外旅行
ノイシュヴァンシュタイン城の場内は、残念ながら撮影禁止です。そのためWebの旅行記を見て回っても、内部の様子は掲載されていません。 幸い、お城の売店でお土産スライドを買ってきていましたので、それをデジタル化したものをどうぞ。 「歌人の間」 「タンホイザー」の歌合戦の場面をイメージして作られた広間です。 「王座の間」 天帝の一団や十二使徒が描かれ、天井からは巨大なシャンデリアが下がって . . . 本文を読む
コメント

さすらいの風景 ノイシュヴァンシュタイン城 その3

2009年08月03日 | 海外旅行
登山道を下り立ったところはマリエン橋で、正面にノイシュヴァンシュタイン城を眺めることができます。 ここは、ノイシュヴァンシュタイン城を眺める定番スポットで、観光客もここまで足を延ばします。 お城からマリエン橋を眺めたところ。 ルートヴィヒ2世はワーグナーのパトロンとなってオペラの完成の援助をしました。ワーグナーの楽劇に思いをはせるならば、この橋は「ラインの黄金」の終幕の、神々がワルハラ城 . . . 本文を読む
コメント (2)