ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『最強のふたり』

2012-08-18 00:37:37 | 新作映画
(原題:Intouchables)




----この映画、
確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。
すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。
「うん。
タイトルも不思議でね。
電動車椅子に乗っている白人と
それを介助している黒人。
このふたりに“最強”という修飾語がついている」

----車椅子ということは、
主人公のひとりは体が不自由ということ?
「そうだね。
では、まずはお話から…。
パリに住む大富豪のフィリップ。
ある事故により
首から下が麻痺してしまった彼は、
自分の介護者を選ぶ面接で
スラム街出身の無職の黒人青年ドリスと出会う。
生真面目な応募者たちの中にあって、
不採用の証明書でもらえる失業者手当が目当てだという
ふざけた態度のドリスに興味を抱いたフィリップは、
<試用>という形で彼を採用。
音楽からファッション、会話の内容と、
何から何まで正反対のふたりだが、
以後、フィリップの毎日は、
わくわくするような冒険の日々に変わってゆく…。
ドリスはフィリップにマリファナを回したり、
興味津々で彼の性欲について尋ねたり…。
一見、タブーと思えるようなことを
次々と言ったりやったりもする。
しかしそこには、
これまでフィリップが味わってきたような
他人からの<同情>の視線は皆無。
それがすごく嬉しかったワケだね。
ただ、この映画は、
以後、どのように物語が運ぶかがおおよそ想像できちゃう」

----どういう風に?
「違う世界に住むふたりが
ひょんなことから出会い、
友情が芽生える…。
このプロットを
映画として盛り上げるには、
以下のような流れが考えられる。
思いもよらぬ事件による<別離>。
だが運命は彼らに<再会>の時を用意。
それにより、さらに深まる友情の絆…」

----ニャんだか、身も蓋もないニャあ。
「まあまあ。
実際、この映画もこれを基軸として進んでいく。
特別な驚きもない予定調和の物語。
ところがそれでも、最後の最後で
ぼくはやられてしまった。
いつしか、瞼に熱い涙が浮かんでいたんだ」

----なぜ?
「この涙の理由を説明するのが実に難しい。
言葉で説明できない感動。
これがこの作品が<映画>であるゆえんかなと…
観た直後はそう思ったワケだけど…」

----その言い方だと、
今は分かるということかニャ?
「そう、少しはね。
この映画は、実に緻密な脚本で構成されている。
ポイントとなるのは、
フィリップの奥深い心理。
大富豪の彼は、
一方で紳士でもある。
人に弱音を吐くこともなく毅然としている。
しかし、やはりそれは表面的なもので、
実際には彼ならではの引け目がある。
それをよく表しているのが
文通のエピソード。
フィリップは
相手の女性を魅力的とは思いながらも、
会うことはおろか、電話一本かけたことがない。
そんな彼にドリスは
自信と勇気を取り戻させていた…
そのことが最後に分かる仕組みになっているんだ」

----奥歯にモノが挟まったような言い方だニャ。
「やはりストーリーを語ってしまうわけにはいかないからね。
でも、ここでぼくが話していることの意味、
それは
映画を観た人みんなに伝わると思う。
あのラストシーンで
なぜ涙が自分たちの頬を伝うか?
それがこの映画のポイントだよ」



※(追補)
ドリスのフィリップに対する接し方は仕事ではなく
むしろ恋人に対するそれのよう。
最初は、排泄関係はやらないと拒否したりなど、
その距離を自分なりに取っていた。
そこで素朴な疑問。
彼は、後年、排泄関係も介助したのだろうか?
プレスによるとモデルとなったアブデルが映画を観て、
「もっと深く掘り下げても良かったんだよ」と言ったという。
もしかしてそこにはこういうことも理由としてあるのかも?



フォーンの一言「主演のフランソワ・クリュゼ、オマール・シー
東京国際映画祭で主演男優賞をW受賞なのニャ」ぱっちり

※リメイクされるという噂もあるけど、
たとえ感動したとしてもそれは別モノだ度



人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はフランスのオリジナルポスター。

コメント (19)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« 『ヴァンパイア』 | トップ | 『ザ・レイド』 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (rose_chocolat)
2012-08-18 10:26:58
>この作品が<映画>であるゆえん
ですね。 何がどうとこまこまと説明する必要がないよさ。
観た後でHAPPYな気分になれれば、それでいいんじゃないかと改めて思うんですよ。

この作品、リメイクはありえないのに、何でリメイクしたがるんだろう?不思議です(笑)
ご無沙汰してます (ノルウェーまだ~む)
2012-08-23 08:53:21
えいさん、こんにちは☆
確かに予定調和で、激しい盛り上がりを見せるわけでもないのに、暖かい涙が滲んでくる映画でした。
特に私はドリス役の彼がよかったです。
■rose_chocolatさん (えい)
2012-08-25 00:58:10
こんばんは。

この映画は、このキャストでこの空間だからこそ意味がある。
そう思います。
ぼくは、リメイクに否定的な方ではないですが、
この映画に関しては少し違うなと、
そう思いました。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2012-08-25 00:59:29
こんばんは。

そう、予定調和的なお話なんです。
しかも、細かいところには目をつむっている。
だけど、なぜか感動してしまう。
そういうところに
映画という者の秘密がひそんでいるという気がしました。
介護業界 (iina)
2012-08-30 10:04:59
>彼は、後年、排泄関係も介助したのだろうか?
つきっきりの介護をするのですから、その分野もせざるを得ないでしょう。まして、最後は信頼関係を深く結びついたわけです。

介護業界にちょっぴり身を置きましたが、介護に巡回する人たちは明るいですよ。ウンにあっちゃった、アハハハ・・・てな調子です。
日の当たり難い業界では暗く落ち込んだら、ますます暗くなります、明るくふるまうことが自噴も救われるに違いありません。
ふたたび参上 (iina)
2012-08-31 09:03:04
(ラムの大通り の らむ) さん へ
こんな適切な解説をみつけたのでします。
『出会うはずのなかった2人が、常識破りの人生に繰り出す !
車いす生活を送る富豪フィリップは、その気もないのに介護者面接にやってきた場違いな黒人男性ドリスを採用した。
全く違う世界で生きてきた、趣味も嗜好も相容れない2人だったが、不躾ながらも正直で、容赦がないながらも温かいドリスの言動に、少しづつフィリップの心は開かれていく。
2人は、介護用の車をスポーツカーに乗り換え、車椅子を加速させる修理をし、パラグライダーで空に飛び出し、風俗に繰り出し、オーケストラをバックに踊り・・・。
背負った障害はブラックジョークで笑い飛ばし、それまでは思いつきもしなかった、新しい挑戦に満ちた日々に繰り出していく。ところが、--。
人生は、こんなにも予想不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも笑えて、こんなにも涙があふれる !』
こんにちは (dai)
2012-09-01 17:18:21
物語としては凡庸な展開ですが、
映画の中での出会いと別れを上手く使って、
感動させるようなつくりは上手さを感じました。
■iinaさん (えい)
2012-09-02 21:57:46
こんばんは。
いやあ、自分のあまのじゃく根性が出てしまいました。
障害者の現場を知らないワケでもないこともあり、
この映画はあまりにも、
上澄みだけを描いたように見えてしまったのでした。

■daiさん (えい)
2012-09-02 21:59:30
こんばんは。

この映画、
ツイッターでも、感動の嵐のようです。
ただ、ぼくとしては
この映画で障がい者とのつきあ方が分かったような論調に出会うと、
どうしても引っ掛かりを感じてしまいます。
これは、このふたりのケースのヒストリー。
おっしゃるように
確かに、素敵な出会いが作り上げた物語だと思います。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-09-03 22:11:38
もしかしたら実物ドリスさんは実物フィリップさんの耳を揉んであげていたかも知れませんね。
ほんと恋人のような距離感とは的を得た表現だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

43 トラックバック

【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ....
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ....
「最強のふたり」心はひとつ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・
最強のふたり (もののはじめblog)
「最強のふたり」の試写券を頂いたので、かみさんとふたりで観てきた。 突然に舞い込んだ幸運のため、この作品については何も知らず、タイトルからふたりが大暴れして何かとてつもないことを遣りそうなイメージ。 実際のふたりは、フランスのテレビ番組に取り上げられの....
最強の二人 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
首から下が麻痺した大富豪とスラム出身の黒人青年の交流を描いている。介護担当として採用された青年が同情しないで接するのがとてもいい。自分が障がい者なので大変に共感できた。 原題の「UNTOUCHABLE」は「無敵、無比」という意味になるだろう。主人公の二人の関係が無...
最強のふたり (ここなつ映画レビュー)
「アース・ウィンド・アンド・ファイヤー」の「September」。オープニングのシーンから、劇場予告編から、この曲がテーマソングのように鳴り響いていました。で、この「September」だったからこそ、この作品はいわゆるお涙頂戴物にはならずに、爽やかに駆け抜けていくこ...
最強のふたり ---試写会--- (こんな映画見ました~)
『最強のふたり』---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。 実話を基に、首か...
おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』 (Healing )
最強のふたり ★★★★★ 住む世界が違っても、 最強になれるふたり フランス国民の3人に1人が見た。という大ヒット。 ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。 昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主演男優賞(写真の2人とも)をW受賞。 ハリウッドリメ...
最強のふたり (Memoirs_of_dai)
“最高”のふたり 【Story】 不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた...
最強のふたり (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・ルフーロ、アンヌ・ル・ニ
最強のふたり / Intouchables (Untouchable) (勝手に映画評)
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。....
最強のふたり (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情もたまには良いもんだ。
「最強のふたり」 (或る日の出来事)
よい話ではある。
最強のふたり (新・映画鑑賞★日記・・・)
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、ト....
心は自由。『最強のふたり』 (水曜日のシネマ日記)
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。
最強のふたり (風に吹かれて)
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ
劇場鑑賞「最強のふたり」 (日々“是”精進! ver.F)
固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by ...
最強のふたり (心のままに映画の風景)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)を新しい介護者として採...
『最強のふたり』 (こねたみっくす)
大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。 実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ...
最強のふたり (to Heart)
さぁ、人生に繰り出そう。 原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 製作年度 2011年 上映時間 113分 監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ 車い....
最強のふたり・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
悪ガキ二人、突っ走る。 事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪と、ひょんな事から彼の介護人として雇われたスラム出身の青年。 一見すると水と油、境遇も性格も人種も異なる二人は、何時しかお...
映画・最強のふたり (読書と映画とガーデニング)
2011年 フランス 原題 INTOUCHABLES 英題 UNTOUCHABLE スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という、なにもかもが正反対の男たちの実話に基づいた物語 映画冒頭、高級車で....
『最強のふたり』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
映画「最強のふたり」 (FREE TIME)
映画「最強のふたり」を鑑賞しました。
無敵~『最強のふたり』 (真紅のthinkingdays)
 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失業手当受...
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた~(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
最強のふたり  INTOUCHABLES (映画の話でコーヒーブレイク)
話題のフランス映画です。 2011年にフランスで最大のヒットとなり、 東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞 セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 というだけあって人気が高く、 平日なのにネットでチケット...
『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い (映画のブログ)
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
最強の友情 (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
最強のふたり      評価★★★★★ (パピとママ映画のblog)
昨年の東京国際映画祭でグランプリと主演男優賞に輝いた、実話をベースにしたドラマ。揃って男優賞を受けた「PARIS」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」のオマール・シーの主演で、他には「ぼくの大切なともだち」のアンヌ・ル・ニ、「屋根裏部屋のマリアたち」...
映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...
映画「最強のふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「最強のふたり」観に行ってきました。頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから...
最強のふたり (にきログ)
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あらすじ 不慮の事故で全身...
最強のふたり (悠雅的生活)
先導。ウザい詩。Earth, Wind & Fire。
最強のふたり (だらだら無気力ブログ!)
とっても良い映画だった。
[映画][☆☆☆☆★]「最強のふたり」感想 (流浪の狂人ブログ~旅路より~)
 エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督・脚本。実話を基に、全身麻痺の富豪と、彼の介護人となった貧民層の黒人青年との交流と友情を描いたヒューマンストーリー。 「感動作」=「泣けるエピソードのパッチワーク」が常識化してしまった映画業界に、一石を投...
映画『最強のふたり』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマー...
最強のふたり (いやいやえん)
口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。 事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。 実話に基づいているそうで...
最強のふたり (銀幕大帝α)
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ....
「最強のふたり」 2011年 仏 監督 エリック・トレダノ (トリ猫家族)
 いや~おもしろかった。 なんか車椅子のおじさんを介護するファンキーなお兄さんの話だぐらいしか情報持ってなかったんで、見るの躊躇していたんですが、久々に見終わった後 ...
映画評「最強のふたり」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2011年フランス映画 監督エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ ネタバレあり
1+1 (もののはじめblog)
こんな映画が創られた。 このふたりは 車椅子の大富豪とその介護者 人は相互に欠点を補いあえる 『 1+1=∞ 』 にも なり得る 本当のタイトルは「最強のふたり」