ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『最強のふたり』

2012-08-18 00:37:37 | 新作映画
(原題:Intouchables)




----この映画、
確か昨年の東京国際映画祭でグランプリを受賞したんだよね。
すでに観た人が絶賛していたのを覚えている。
「うん。
タイトルも不思議でね。
電動車椅子に乗っている白人と
それを介助している黒人。
このふたりに“最強”という修飾語がついている」

----車椅子ということは、
主人公のひとりは体が不自由ということ?
「そうだね。
では、まずはお話から…。
パリに住む大富豪のフィリップ。
ある事故により
首から下が麻痺してしまった彼は、
自分の介護者を選ぶ面接で
スラム街出身の無職の黒人青年ドリスと出会う。
生真面目な応募者たちの中にあって、
不採用の証明書でもらえる失業者手当が目当てだという
ふざけた態度のドリスに興味を抱いたフィリップは、
<試用>という形で彼を採用。
音楽からファッション、会話の内容と、
何から何まで正反対のふたりだが、
以後、フィリップの毎日は、
わくわくするような冒険の日々に変わってゆく…。
ドリスはフィリップにマリファナを回したり、
興味津々で彼の性欲について尋ねたり…。
一見、タブーと思えるようなことを
次々と言ったりやったりもする。
しかしそこには、
これまでフィリップが味わってきたような
他人からの<同情>の視線は皆無。
それがすごく嬉しかったワケだね。
ただ、この映画は、
以後、どのように物語が運ぶかがおおよそ想像できちゃう」

----どういう風に?
「違う世界に住むふたりが
ひょんなことから出会い、
友情が芽生える…。
このプロットを
映画として盛り上げるには、
以下のような流れが考えられる。
思いもよらぬ事件による<別離>。
だが運命は彼らに<再会>の時を用意。
それにより、さらに深まる友情の絆…」

----ニャんだか、身も蓋もないニャあ。
「まあまあ。
実際、この映画もこれを基軸として進んでいく。
特別な驚きもない予定調和の物語。
ところがそれでも、最後の最後で
ぼくはやられてしまった。
いつしか、瞼に熱い涙が浮かんでいたんだ」

----なぜ?
「この涙の理由を説明するのが実に難しい。
言葉で説明できない感動。
これがこの作品が<映画>であるゆえんかなと…
観た直後はそう思ったワケだけど…」

----その言い方だと、
今は分かるということかニャ?
「そう、少しはね。
この映画は、実に緻密な脚本で構成されている。
ポイントとなるのは、
フィリップの奥深い心理。
大富豪の彼は、
一方で紳士でもある。
人に弱音を吐くこともなく毅然としている。
しかし、やはりそれは表面的なもので、
実際には彼ならではの引け目がある。
それをよく表しているのが
文通のエピソード。
フィリップは
相手の女性を魅力的とは思いながらも、
会うことはおろか、電話一本かけたことがない。
そんな彼にドリスは
自信と勇気を取り戻させていた…
そのことが最後に分かる仕組みになっているんだ」

----奥歯にモノが挟まったような言い方だニャ。
「やはりストーリーを語ってしまうわけにはいかないからね。
でも、ここでぼくが話していることの意味、
それは
映画を観た人みんなに伝わると思う。
あのラストシーンで
なぜ涙が自分たちの頬を伝うか?
それがこの映画のポイントだよ」



※(追補)
ドリスのフィリップに対する接し方は仕事ではなく
むしろ恋人に対するそれのよう。
最初は、排泄関係はやらないと拒否したりなど、
その距離を自分なりに取っていた。
そこで素朴な疑問。
彼は、後年、排泄関係も介助したのだろうか?
プレスによるとモデルとなったアブデルが映画を観て、
「もっと深く掘り下げても良かったんだよ」と言ったという。
もしかしてそこにはこういうことも理由としてあるのかも?



フォーンの一言「主演のフランソワ・クリュゼ、オマール・シー
東京国際映画祭で主演男優賞をW受賞なのニャ」ぱっちり

※リメイクされるという噂もあるけど、
たとえ感動したとしてもそれは別モノだ度



人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はフランスのオリジナルポスター。

コメント (19)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『ヴァンパイア』 | トップ | 『ザ・レイド』 »
最新の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (rose_chocolat)
2012-08-18 10:26:58
>この作品が<映画>であるゆえん
ですね。 何がどうとこまこまと説明する必要がないよさ。
観た後でHAPPYな気分になれれば、それでいいんじゃないかと改めて思うんですよ。

この作品、リメイクはありえないのに、何でリメイクしたがるんだろう?不思議です(笑)
ご無沙汰してます (ノルウェーまだ~む)
2012-08-23 08:53:21
えいさん、こんにちは☆
確かに予定調和で、激しい盛り上がりを見せるわけでもないのに、暖かい涙が滲んでくる映画でした。
特に私はドリス役の彼がよかったです。
■rose_chocolatさん (えい)
2012-08-25 00:58:10
こんばんは。

この映画は、このキャストでこの空間だからこそ意味がある。
そう思います。
ぼくは、リメイクに否定的な方ではないですが、
この映画に関しては少し違うなと、
そう思いました。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2012-08-25 00:59:29
こんばんは。

そう、予定調和的なお話なんです。
しかも、細かいところには目をつむっている。
だけど、なぜか感動してしまう。
そういうところに
映画という者の秘密がひそんでいるという気がしました。
介護業界 (iina)
2012-08-30 10:04:59
>彼は、後年、排泄関係も介助したのだろうか?
つきっきりの介護をするのですから、その分野もせざるを得ないでしょう。まして、最後は信頼関係を深く結びついたわけです。

介護業界にちょっぴり身を置きましたが、介護に巡回する人たちは明るいですよ。ウンにあっちゃった、アハハハ・・・てな調子です。
日の当たり難い業界では暗く落ち込んだら、ますます暗くなります、明るくふるまうことが自噴も救われるに違いありません。
ふたたび参上 (iina)
2012-08-31 09:03:04
(ラムの大通り の らむ) さん へ
こんな適切な解説をみつけたのでします。
『出会うはずのなかった2人が、常識破りの人生に繰り出す !
車いす生活を送る富豪フィリップは、その気もないのに介護者面接にやってきた場違いな黒人男性ドリスを採用した。
全く違う世界で生きてきた、趣味も嗜好も相容れない2人だったが、不躾ながらも正直で、容赦がないながらも温かいドリスの言動に、少しづつフィリップの心は開かれていく。
2人は、介護用の車をスポーツカーに乗り換え、車椅子を加速させる修理をし、パラグライダーで空に飛び出し、風俗に繰り出し、オーケストラをバックに踊り・・・。
背負った障害はブラックジョークで笑い飛ばし、それまでは思いつきもしなかった、新しい挑戦に満ちた日々に繰り出していく。ところが、--。
人生は、こんなにも予想不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも笑えて、こんなにも涙があふれる !』
こんにちは (dai)
2012-09-01 17:18:21
物語としては凡庸な展開ですが、
映画の中での出会いと別れを上手く使って、
感動させるようなつくりは上手さを感じました。
■iinaさん (えい)
2012-09-02 21:57:46
こんばんは。
いやあ、自分のあまのじゃく根性が出てしまいました。
障害者の現場を知らないワケでもないこともあり、
この映画はあまりにも、
上澄みだけを描いたように見えてしまったのでした。

■daiさん (えい)
2012-09-02 21:59:30
こんばんは。

この映画、
ツイッターでも、感動の嵐のようです。
ただ、ぼくとしては
この映画で障がい者とのつきあ方が分かったような論調に出会うと、
どうしても引っ掛かりを感じてしまいます。
これは、このふたりのケースのヒストリー。
おっしゃるように
確かに、素敵な出会いが作り上げた物語だと思います。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-09-03 22:11:38
もしかしたら実物ドリスさんは実物フィリップさんの耳を揉んであげていたかも知れませんね。
ほんと恋人のような距離感とは的を得た表現だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事