ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『スキャナー・ダークリー』 

2006-11-07 21:33:55 | 新作映画
----おつ、遂に公開前の映画の紹介だね。
「うん。これはずいぶんと前に観ていたんだけど、
いま、ちょっと思い出して。
『ビフォア・サンセット』などで根強い人気を持つ
リチャード・リンクレイター監督が
『ウェイキング・ライフ』と同じ手法で作った映画なんだ」

----『ウェイキング・ライフ』って
ロトスコープによるデジタル・アニメーションだったよね。
「そう、アニメーションで人物の動きをリアルに表現するため、
まず俳優を使って撮影し、
そのフィルムを動画台の下から投影して1コマずつトレースしてゆく技法。
確かアニメ版『指輪物語』がそうだったよね。
でも彼のはデジタルで、
技術的には大きく飛躍しているらしい。
まあ、ぼくにはよく分からない話だけどね」

----でも『ウェイキング・ライフ』は
確かあまりノッていなかったよね。
「う~ん。哲学的すぎてね。
今回は原作がフィリップ・K・ディック。
つまりSFなんだね。
これが意外とこの手法にあっていた気がする。
お話はこうだ。
究極のドラッグ“物質D”がはびこる近未来。
政府は、犯罪を常時監視できるシステム“ホロスキャナー”を
あらゆる場所に設置していた。
同僚にさえ正体を隠し、
おとり捜査を進めていた覆面麻薬捜査官は、
その結果、自分が自分を監視する破目に陥る」

----ニャんだか、分かりやすいお話だね。
「いや、これはほんの一部。
けっこう省略して喋ったからね。
物語の根底に流れるのは
人格が分裂し始めた主人公が
“本当の自分はだれなのか”次第に見失って行くと言う
『ブレードランナー』『トータル・リコール』と同じ、
ディックらしいテーマ。
ビジュアル的にもスクランブル・スーツなどが
このロトスコープで効果的に見せていた」

---ニャに?そのなんとかスーツって?
「極秘任務の覆面麻薬捜査官が着用するスーツ。
コンピュータ・メモリに保存された
150万もの老若男女の人相学的特徴を、
全身を包む超薄膜スーツの表面にランダムに連続投影する仕掛けで、
着用者はおぼろげな影法師のようにしか見えない。
顔や体形だけでなく声の識別も不可能になるので、
本人以外に正体を知られることはない。(以上資料より)」

----うわあ。その映像は観てみたいなあ。
俳優もスゴいんだよね?
「キアヌ・リーブス、ウィノナ・ライダー、
ロバート・ダウニー Jr.、ウディ・ハレルソン」

----それってほんとスゴくニャい?

                                    (byえいwithフォーン)

※フォーンの一言「『トラックバックのお返しが遅れて申し訳ありません。
コメントにはなるべく早くお答えします。
懲りずに遊びにきてね』とえいが言ってたニャり」もう寝る

※アメリカでは珍しい監督だ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


コメント (13)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 『デスノート the Last name』 | トップ | 『犬神家の一族』 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どこで観たかは、忘れましたが (あかん隊)
2006-11-08 01:38:43
この映画の予告編を劇場で観た記憶が…。キアヌの影法師というか、アニメーションというか、Photoshopで加工した画像というか、そんな映像が頭に残っています。この映画じゃなかったかもしれないのですが。>いい加減なヤツ!>はい。すみません。

あ、そうだ。下のコメントに書き忘れましたが、「虹の女神」のストラップ、同じものを購入しました! わーい! えいさんとお揃いです。ついでに「虹の女神のプロジェクターペン」も購入。綺麗です。うっとり…。(場違いなところへすみませんでした。)
■あかん隊さん (えい)
2006-11-08 09:19:27

おはようございます。

Photoshopで加工……確かにそういう感じの映像ですね。

さて、「虹の女神」のストラップ。
いいですよね。プロジェクターペンにも惹かれたのですが、
やはりいいですか?
今度機会があったら、買っちゃおう。
ロトスコープの画像 (とらねこ)
2006-11-10 15:26:08
ロトスコープの画像、っていうんですね、こういうの。
予告で見た限りですと、『ウェイキング・ライフ』よりずっと、人物がハッキリしてましたねえ。
ロバート・ダウニーJr.には、ワクワクさせられっぱなしです。早くみたいです!
『パプリカ』といい、すごく今楽しみな作品が二つともアニメ画像絡んでまして。うふふ
えいさんの評価もいいなんて、この作品楽しみです!
■とらねこさん (えい)
2006-11-10 21:20:33
こんばんは。

いえいえ、本当をいうと少し苦手なタイプ。
『ウェイキング・ライフ』よりはオモシロかったです。
後半、とんでもない展開になっていきますので、お楽しみに。
そういえば『パプリカ』、スゴいらしいですね。
早く観たいです。
文中リンクさせていただきました (とらねこ)
2006-11-17 14:33:36
こちらの記事を紹介させていただきました。
以前、文中リンクさせていただいたときは、あまり本文と関係がなかったので、TBしませんでした。
すみませんでした
■とらねこさん (えい)
2006-11-17 21:11:38
こんばんは。

リンクありがとうございます。

実は今日『パプリカ』観てきました。
こちらは噂通り見応え十分でした。
近々、アップしますので、
またよろしくお願いしますね。
見てきました。 (とらねこ)
2006-12-10 03:07:16
ダークな近未来SFでしたね。
自分も、『パプリカ』の方が好きでしたヨ。
でも、この映像は、やっぱり、独特の感触がありましたね。
なかなか面白かったですが、また、他の人にはあまり理解しても、好きにも、なってもらえなそうですが・・
■とらねこさん (えい)
2006-12-10 21:55:11
こんばんは。

ぼくは、あの微妙な動きも絵に、
いまひとつ慣れることができないでいます。
内容としてはフィリップ・K・ディックらしいテーマでしたね。
えいさん☆ (mig)
2006-12-11 00:39:51
こんばんは。

とらねこさん同様、わたしはリンクレイターのファンでして、、、
こういう世界観も好きです
ストーリー的にはつまらないと言えばつまらないかもなので
皆にはおすすめできませんけど
嫌いじゃないという感じです(笑)

次回作も楽しみです。
■ migさん (えい)
2006-12-12 11:37:06
こんにちは。

リンクレイターは『ビフォア・サンセット』が好きです。
インディーズ色が強い、この手の映画は苦手な方かなあ。
でも、原作が原作だけに、
興味深く観ることができました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

この作品が楽しみ♪ (レザボアCATs)
予告で見て、絶対これ見なくちゃ、と思ったのが、『パプリカ』と、『スキャナー・ダークリー』。今一番私が楽しみな作品、というのがどっちもアニメ、なんて、本当に久々なんですよ、実は。
スキャナー・ダークリー A SCANNER DARKLY (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
キアヌ・リーブス、ウィノナ・ライダー、ロバート・ダウニーJr主演? 近未来カりフォルニアのオレンジ・カウンティ ジャンキーだらけです 麻薬捜査官のフレッドは麻薬犯罪について講義をするのですが その正体を明かさないで 万人の前に立つにはスクランブ ...
「 スキャナー・ダークリー/ A Scanner Darkly(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : リチャード・リンクレイター 出演 : キアヌ・リーヴス /ロバート・ダウニ
139.スキャナー・ダークリー (レザボアCATs)
自分的には、待ちに待った、リチャード・リンクレイター監督の最新作でした!今回もやっぱり、人を選ぶ作品で、下手に人にオススメは出来ない世界観。とは言え、この映像は、やっぱり、圧倒的なものがあるなあ。『ウェイキング・ライフ』で初めて見せた、“ロトス ...
スキャナー・ダークリー (八ちゃんの日常空間)
デジタルロトスコープアニメーションという名称が付いた手法だが商標とか特許とかの関係だろうか。何でも名前を付けて登録するのが商業主義アメリカだからね。 というわけで、この映画は近未来に横行しる麻薬を取り締まる囮捜査官が、その麻薬に溺れてしまう話だ ...
スキャナーダークリー/ A SCANNER DARKLY (我想一個人映画美的女人blog)
大好きなリチャード・リンクレイター監督の最新作{/kirakira/} これまでも『恋人までの距離(ディスタンス)』『テープ』『スクール・オブ・ロック』 など、ジャンルが全くバラバラな作品を撮ってきたけど 今回は『ウェイキングライフ』で試みたロストコープとい ...
スキャナー・ダークリー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
カッコよすぎ! ビジュアルトリップとしての満足感! 鈴木英人のカセットレーベルが好きで買ってたFMステーションを思い出したw
スキャナー・ダークリー (パフィンの生態)
2006年、リチャード・リンクレイター監督。 キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダー目当てに観たが、 実験的な映像が物語に似合っており、切ないラストに胸がしめつけられる☆ 究極のドラッグ”D”を撲滅するため、政府が容疑者の常時監視用に ”ホロスキャナ ...
スキャナー・ダークリー (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  現実の闇・自分の闇を直視できるか?  
真・映画日記『スキャナー・ダークリー』 (CHEAP THRILL)
12月14日(木) 今日はなんとしても映画館で見ないと。 わざととはいえ4日間連続007は……(笑)。 午後6時10分に仕事を終業させ、 急いで渋谷へ。 6時40分に着く。 109近くにある映画館「シネセゾン」へ。 やはり客入りが良くない。 40人前後といっ ...
スキャナー・ダークリー@シネセゾン渋谷 (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
何にでも意義を求めようとするのは良くないと思っていながらも、つい理屈をこねたくなり、大した知識も価値観も持っていないのですぐ袋小路に入る。ギャランティーが半端ではない俳優を起用して実写で撮影し、それをわざわざ膨大な時間と手間をかけてロストコープ ...
スキャナー・ダークリー (knockin' on heaven's door)
A Scanner Darkly 「現在から7年後」の近未来。「物質D」というドラッグが蔓延する世界で、自分で自分を監視することになる麻薬捜査官のお話。 気になる監督のひとり、リチャード・リンクレーターの最新作は、実写映像をデジタル・アニメ化した「ロストコー ...
スキャナー・ダークリー (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
スキャナー・ダークリー  アメリカ  サスペンス&犯罪&SF  監督: リチャード・リンクレイター  出演:キアヌ・リーヴス      ロバート・ダウニー・Jr      ウディ・ハレルソン      ウィノナ・ライダー 近未来のアメリカでは物質 ...
スキャナー・ダークリー(12/9公開) (第八芸術鑑賞日記)
 12/20、シネセゾン渋谷にて鑑賞。7.0点。  フィリップ・K・ディックの原作は未読だが、この人の他の小説から考えるに「らしい」作品であることは伺える。  近未来、ドラッグ「物質D」を取り締まるべく、主人公の刑事は自らもDに手を出した上、おとり捜査を始め ...
「スキャナー・ダークリー」 今までで最もディックの臭いがする作品 (はらやんの映画徒然草)
フィリップ・K・ディックの小説「暗闇のスキャナー」の映画化作品です。 ディックの
リチャード・リンクレイター「スキャナー・ダークリー」(やっちまった) (Mani_Mani)
スキャナー・ダークリーオフィシャルサイト 満を持して観た、P.K.ディック原作「スキャナー・ダークリー」 入場整理番号も一桁台をゲットし、パンフを上映前に買って、しっかり席を確保。 いよいよこのときがきた~~っ と意気込んだが、くっそぉ~~中盤か ...
スキャナー・ダークリー (ケントのたそがれ劇場)
★★★  ア二メと実写の合体というのか、実写のアニメ化と言うべきか、とにかくこのような映像は初体験である。種明かしは、実写映像へのデジタルペイントだという。それによって、リアルだがオドロオドロしい映像が合成出来たのだ。  舞台背景は近未来。新種の ...
映画「スキャナー・ダークリー」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年5本目の劇場鑑賞です。スクール・オブ・ロック」「ビフォア・サンセット」のリチャード・リンクレイター監督作品。SF作家フィリップ・K・ディックの『暗闇のスキャナー』を、「ウェイキング・ライフ」で試みたデジタル・ペインティング手法を用いて映画化し ...
フワフワのゆらゆら「スキャナー・ダークリー」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「ウェイキング・ライフ」で使用されたロトスコープ(※)を更に深めて制作されたリチャード・リンクレイター監督の新作「スキャナー・ダークリー」(原作フィリップ・K・ディック)。ただ、DigitalCame
「スキャナー・ダークリー」 15分くらいで (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
ジャンキー映画ダメ~! 『裸のランチ』、『ラスベガスをやっつけろ』とか、好きな監督の作品でも、ジャンキーが題材になると全くわからん。 会話芸を得意とするリチャード・リンクレーター監督の技量をもってしても、ジャンキーたちのファミレス会話は「THE 3名様」...
スキャナー・ダークリー (映画鑑賞★日記・・・)
【ASCANNERDARKLY:2006/12/09】製作国:アメリカR-15監督:リチャード・リンクレイター原作:フィリップ・K・ディック    『暗闇のスキャナー』(東京創元社刊)出演:キアヌ・リーヴス、ロバート・ダウニー・Jr、ウディ・ハレルソン、ウィノナ・ライダードナ・ホ...