パフィンの生態

映画と美術好きなパフィンの感想を記録。香港映画が一番好き!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカン・ギャングスター

2008年02月27日 17時23分10秒 | 映画全般
リドリー・スコット監督らしい骨太かつ繊細な映画♪
二人の男の生き様を交互に描き、2時間半の長さを感じさせない
見応えある映画だった☆☆☆☆

舞台は1970年代前半ニューヨーク。
ベトナム戦争を利用して暗黒街で成功した男フランク(デンゼル・ワシントン)
暗黒街と癒着した警察内部で浮いた存在だったが地道な捜査でフランクの
密売ルートを探る警官リッチー(ラッセル・クロウ)

暗黒街と警察…癒着を嫌い一匹狼のように行動する男二人が対決した時が
印象的、ラストも渋い!

時代の空気を感じさせる衣装、音楽のおかげで馴染みのない世界に
すんなり入っていけた。監督らしい丁寧な演出は好み

銃撃戦もアクションもないけれど、俳優の演技がリアルなので
臨場感を味わえる。脚本も撮影も編集も一流で安心して
観ていられた。

なぜアカデミー賞作品や監督賞にノミネートされないのかなぁ。
昨年のスコセッシ監督より良質なのに
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

テラビシアにかける橋

2008年01月31日 21時20分55秒 | 映画全般
絵を描くのが好きな少年が隣に越してきた活発な少女と二人で
森に空想の王国テラビシアを作って遊び、現実の困難をも乗り越える心を
もてるようになるまでを描いた感動的映画☆☆☆


CGを極力使わない撮影とごく普通の家庭や学校を舞台に子供たちの不満や
憧れなど細やかに時にコミカルに描きながら現実と対峙する姿も
見せてくれる。人物設定が上手い!!

姉二人、妹二人と両親。ジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)は
親にかまってもらえず、音楽の先生に憧れていた。どちらかというと
苛められっこのジェスの楽しみは空想の動物を描くこと。
隣に越してきた活発な少女レスリーとの友情を通して心を開き、
彼女を手本に行動的になるのだが・・・

子供たちが成長する姿を繊細に、爽やかに描いた映画

『チャーリーとチョコレート工場』でガムかんでいたジャージ少女
(アナソフィア・ロブ)が小説家を両親にもつ大人びたレスリーを好演
彼女の輝く笑顔が胸に焼きつく☆

大人は子供たちを見守る立場に徹しており、子供たちの台詞と行動で
物語を展開させる脚本が秀逸!!
レスリーの言葉をジェスが妹に言って終わるラストに感動した。
”Close your eyes .Keep your mind open!"

大人にも子供にも観て欲しい良質な映画です。
上映館を増やして、もっと多くの人に観て欲しい

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

銀色のシーズン

2008年01月21日 23時31分51秒 | 日本映画
雪猿たちの友情も、寂れた町営スキー場に雪の教会で客を呼ぼうと
する町民の雰囲気も田中麗奈と瑛太の爽やかなロマンスも悪くないが、
一番の見所はプロスキーヤーによる滑走と迫力ある映像♪

『海猿』と比べるのは無理がある。海猿は厳しい訓練を受けている上、
責任ある任務を与えられるのに対して、”雪猿”たちはスキー場に
迷惑をかけているモラトリアム人間だから。彼らが変る姿がドラマの
軸となっており、田中麗奈演じる七海と瑛太演じる銀の演技が重要
壮大なドラマを期待せず、若い二人を見守る視線で鑑賞したので
満足できた

伊藤英明と海東健は自分で潜って、そのリアリティに感動した。
『銀色のシーズン』では瑛太や玉山鉄二の滑走はプロが担当。その
滑りを「スパイダーマン」のカメラクルーが参加した撮影隊が迫力
ある映像に仕上げた。
この雪山の映像だけでも観る価値あり

ただし、ウエディング・ドレスを見たとき、「Limit Of Love 海猿」を
思い出してしまうのはいただけない。「電話してる場合か!」と突っ込む
ほど大げさな演出はないけれど、「海猿」の監督という表現は逆効果では?

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ジェシー・ジェイムズの暗殺

2008年01月16日 20時50分36秒 | 映画全般
色や音楽が最小限に抑えられたアート系映画。伝説の強盗
ジェシー・ジェイムズと彼を銃殺した青年の出逢いから最期までを
淡々と描いた意欲作だが、中弛みしていたのが残念!

ブラッド・ピットが制作に関わった作品だけあって彼の演技は圧巻
伝説の強盗の凄味、逃亡に疲れた焦燥諦観…台詞が少なく存在感がある。

強盗に加わった仲間との絡みを多少削っても展開上問題なかったと思う。
兄弟以外の男たちは脚本で処理して上映時間を2時間以内にすれば、
暗殺以降の話に集中できて、この映画の面白さを味わうゆとりが、
生まれただろう。

映画の本当の主役はジェシーに憧れた19歳の青年だったコトが、
映画の見所なのだから集中力を途切れさす長さは残念。ジェシーに
憧れながら殺さなくてはならず「臆病者」と呼ばれた青年を
ケイシー・アフレックが繊細に演じている。
彼の不気味な話し方、晩年のジェシーとの関係など丁寧に作られた映画。
編集さえ上手くいっていればお奨め作品になっていただろう。

この長さではブラット・ピットの最期、その後の興味深い部分を味わう
までに疲れてしまう!残念です

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

再会の街で

2008年01月05日 17時58分00秒 | 映画全般
20年ぶりに大学のルームメイトと再会した二人の男の心の交流を
ユーモアを交えて描いた男性向けの人間ドラマ。単館上映中♪
Reign Over Me 2007年、アメリカ映画。

NYで歯科医として成功したアラン(ドン・チードル)は街角で大学の
ルームメイトだったチャーリー(アダム・サンドラー)と再会する。
チャーリーは飛行機事故で家族を失い心を閉ざしていた。

ゲームや音楽や映画に逃避しているチャーリーをアランは同じビルで
開業しているセラピスト(リヴ・タイラー)に紹介するのだが…


コメディの印象が強いアダム・サンドラーがシリアスな役を
演じている。ヘッドホンで音楽を聴いて外界をシャットアウト
している孤独な男を熱演

アランやセラピストとの会話を通してチャーリーの心の痛みの原因を
明らかにしていく丁寧な展開に好感持てる。が・・アランに嫌がらせ
していた美女が、いつのまにかチャーリーの裁判を応援し、
最後はチャーリーの希望のように位置付けられた所でリアリティを
感じられなくなった

静かな画面からチャーリーの悲しみが伝わってきて共感できる物語
だっただけにラストで失速してしまったコトが残念だ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2007年観てよかった欧米映画

2007年12月31日 22時52分15秒 | 映画全般
1『パリ、ジュテーム』各国の監督がパリ市内の一区をロケ地に
選び六分程度の短編映画を撮影。短編なのに監督の個性が出ていた!
『パフューム』のトム・ティクヴァ監督も参加。


2『ボーン・アルティメイタム』シリーズ三作めにして最高というのが
嬉しかった。本物のアクションを丁寧に撮影することの大切さを
実感させる作品!!


3『パフューム ある人殺しの物語』トム・ティクヴァ監督の卓越した映像センスとベルリンフィルの音楽によってグロテスクで非道かつ理解不能な物語なのに
引き込まれた。映画の醍醐味を味わえる映画。


4『ボルベール 帰郷』ペドロ・アルモドバル監督がペネロペ・クルスの魅力を
堪能させてくれた。鮮やかな色彩とあっさりしたラストが気に入った。


5『ラブソングができるまで』落ち目のポップ歌手が歌詞を作って
くれた女性との出会いで変わっていく様子を楽しめるゴキゲンな映画☆
ヒュー・グラントのダンス必見!サントラ購入。

6『ボビー』アメリカ大統領候補が暗殺された当日、ホテルにいあ
わせた人たちの希望と諦観、衝突と和解を群像劇として描いた秀作。

7『主人公は僕だった』奇妙な設定ながら、緻密な色彩の変化と
普通の暮らしが幸せだと気づかせてくれるマーク・フォスター監督らしい
温かい視線が好き。

8『ホリディ』キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットが
失恋をきっかけにホーム・エクスチェンジ☆
環境が変れば新しい自分と会える。他人に優しくしたくなる映画!

9『ヘアスプレー』前向きなヒロインと心も体も大きい彼女の
母親(ジョン・トラボルタ)が踊りながら立ちはだかる壁を乗り
越えていく姿に感動。

10『ドリームガールズ』十代の頃、コーラスグループを結成し、
夢がかなうにつれ、心がすれ違うが、挫折したとき絆を取り戻そうと
する女たち。鳥肌のたつ歌とオシャレな舞台に魅せられた。

★特別に・・
リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』を観て
25年前の作品とは思えない斬新さに驚きました。
未見の方は是非、DVDご覧になってください。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

2007年観てよかったアジア映画と日本ドラマ

2007年12月31日 22時40分21秒 | 映画全般
1『河童のクゥと夏休み』原恵一監督によるアニメは大人も子供も
一緒に観られる奥行きのある作品。お奨め☆

2『キサラギ』古沢良太脚本と俳優の熱演が生み出す温かい空間。

3『それでもボクはやってない』周防監督によるユーモアを交
えた社会派映画。

4『プロジェクトBB』ジャッキーが親不孝の泥棒を演じた香港映画。

5『バッテリー』あさのあつこの小説を映画化、中学野球の投手を
見守る祖父役、菅原文太が味わい深い。

★以下、順位関係なく観てよかった映画。

『グミ・チョコレート・パイン』ゆるい笑いの青春回顧映画。

『墨攻』中日韓国・香港の共同制作、アンディ・ラウとアン・ソンギの
対面シーンが印象的。共同制作された近年の映画の中で説得力があった作品。

他にも意欲的な映画『呉清源』や俳優の演技が際立つ映画『傷だらけの男たち』があった。

★今年はテレビドラマに見応えのあるモノがあった!
『風林火山』舞台俳優たちが戦国武将を演じて目が離せない緊迫感。
美術や脚本、撮影や音楽も好みだった☆

『ハゲタカ』原作とは違う切口で現代の企業倫理と働く意味を考え
させる骨太なドラマに仕上がっていた。大森南朋他、出演者も脚本、
音楽も良かった。夏の再放送も観た。

『SP』岡田准一がアクションをこなし、深夜枠ながら評判になった
ドラマ。同じ俳優で続編または映画化を希望!来年に持ち越しに
なりドキドキが続く

香港で観てきた『投名状』(ジェット・リー、アンディ・ラウ、
金城武共演)が大変、よく出来た映画だったので2008年に
日本で公開されたら再度、じっくり鑑賞したい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

グミ・チョコレート・パイン

2007年12月30日 00時21分06秒 | 日本映画
ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督・脚本なので『時効警察』好きな
人向け。ゆるい笑いをまじえた展開、ラストにじ~んとくるカッコ悪
くて愛すべき青春回顧映画。疲れた心に効きます!!

失業し実家に戻った大橋(大森南朋)は高校時代に憧れていた人からの
手紙を読んで戸惑う。「あなたのせいなのだから」
当時のバンド仲間から彼女の自殺を知らされた主人公は当時を思い出そうと
するが・・・

高校時代の大橋を演じる石田卓也と憧れの彼女を演じる
黒川芽以始め、役者たちが良かった!カメオ出演も楽しかった☆

大森南朋が失業中で母親に叱られたり、呆た父親に手をやいたり、
どこにでもいそうな38歳を自然体で演じており、「クライマーズ
・ハイ」「ハゲタカ」とは違った役柄を見ることができて満足

パンクロック聞いたコトないのでバンドに関わる部分はわからない
けど、マイナーな映画観て「自分はクラスの連中とは違う」なんて
感じたコトはあるから高校時代の彼女の焦りに共感できた…

主人公が八ミリで彼女を撮影したり、バンドを結成したりするので
その辺りに心を熱くした観客もいたのでは?

コメディと呼べるレベルに達しないナンセンスな場面が度々出てき
て何度も笑ってしまった☆
下ネタもあるけれど、母親役の高橋ひとみの存在があるせいか
抵抗なく見られた。男の子って大変なのね、と思ったけどネ。

テンション低い映画だからこそ、不思議な題名の意味がわかるシーンや
手紙に書かれた「あなたのせい」の意味がわかるシーンでは感動!!
幾つかの伏線が集約されて心に染みてくる展開は「キサラギ」に似ているかも?

何人もの視点で見なければ、一人の人の実像には近づけない。まして
先ばかり見ている不安定な高校時代は”妄想”が先行してしまう。
「恥ずかしい時代」を思い出し、過去の仲間の”情報”から
彼女の真意に迫っていく物語のラスト10分が切なく温かい!

今年最後の映画がこれで良かった
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの香港☆

2007年12月24日 22時32分19秒 | 旅行、散歩
香港の旅をリンク「パフィンの記憶」にアップしました♪
お暇なときにどうぞ

「投名状」のポスター、香港島のトラム、クリスマスの飾りつけ
糖朝で食べたものなど「香港映画を観る旅☆」で写真を拡大して
次へで読むことができます
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス前のコスメ☆

2007年12月22日 21時46分02秒 | ファッション、美容
香港に行ったので成田の免税店で、ディオールの
パレットを買いました。(左側)パウダーとチーク、
アイシャドウ4色、口紅とグロスにブラシもついてます
普通は売っていないらしいけど4700円で
素早くメークができそうです

帰りの機内販売で、ロクシタンのシアバター6個セットが
3900円だったので、これは家族へお土産に
自分でも洗いものした後にハンドクリームみたいに使って
います。爪や唇にも使えるので2個は自分のために

今、飛行機の手荷物検査の時、化粧水やクリーム、ジェルを
持っていくのには20センチ×20センチの透明ポーチに
入れなくてはなりません。だから、普段使っている化粧水と
美容液ディオールのカプチュールトータルのサンプルをもらって
持っていきました。

ファンデーションは夏も冬もエレガンスのベースと薄づきの
パウダーを使っています。そしてキラキラ光るピンクの
「クールアイカラー」もお気に入り
エレガンスの製品は容器が上品で好きなのです。

みなさま、クリスマスの連休を楽しく
リンク電影朋友館の「写真」に映画とトラムの写真をアップ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加