ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『戦場でワルツを』(@「シネマのすき間」)

2009-11-17 10:00:00 | 新作映画
-----今日は、ここでは珍しいアニメ。
フォーンは、ちょっといや~な予感。
だって、えいはアニメには詳しくないし、
これまでにもツッコまれて、困っているのを何度か観ているし…。
ところが、これは普通のアニメとは違うのだとか…。
いわゆるドキュ・アニメ(なんて言葉あったっけ?)。
ドキュメンタリー的な手法で作られたものらしい。
詳しく話し始めると、
「シネマのすき間」
ダブっちゃうから、それは止めておくけどね。
あらら、映画のタイトル、
まだ言ってなかったけ。
それは『戦場でワルツを』
えっ、どこかで聞いたことあるって?
それはそうだよ。
だってこの映画、
昨年度のアカデミー賞外国語映画賞の有力候補だった作品。
結果的には、 『おくりびと』が取って
日本中が湧いたわけだけど、
その出演者たちも
本命はそれはこっちと思っていたというくらいだから…。
なあんて、そこまで言われると、やはり気になるよね。


           (byフォーン)

「とにかく最後が驚きなのニャ」2009.4.7フォーン

blogram投票ボタン

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。


※画像はドイツ版ポスターです。

コメント (8)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 『バッタ君 町に行く』 | トップ | 『Disney\'s クリスマス・キ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰しています。 (あかん隊)
2009-11-22 21:28:34
さる映画ブログ繋がりの友人に誘われて、試写会を観ました。ふるえました。泣けてきました。なぜか、わかりません。公開されたら、必ず、また観賞しようと思っています。
■あかん隊さん (えい)
2009-11-23 12:12:00
ごぶさたしてます。
コメントいただけて、とても嬉しいです。
この映画、
抽象概念的な世界を追い求めていきながら、
ラストで形而下というのか、
歴史的事実の逆襲を食らうじゃないですか。
インテリゲンチャの思い上がりというか、
そういうものを根本的に揺さぶり崩してしまう。
ほんとうに重かったです。
Unknown (mig)
2009-11-28 23:34:27
えいさんこんばんは★

観ました~、朝一だったのと淡々としてるのでちょっと眠気もきたけど、、、、。
あのラストがこの作品の革命的な効果をもたらしたのだと理解しました。

えいさんこの間言ってた
ダメだった映画って
まさか「かいじゅうたちのいるところ」
じゃないですよね???
タノシミなんですけどー!
何か教えて下さい~ 気にナルの(笑)



■migさん (えい)
2009-11-29 00:16:37
こんばんは。

あれっ。そんなこと書いたかなと、
過去のmigさんのところへの書きこみを調べました。
「驚きの映画」という言葉を使ってたあれですね。
「公開してから話そう~」ということで思い出しました。
あ~、あの映画ね(笑)。
今度メールしますね。
ちなみに『かいじゅうたちのいるところ』ではありません(汗)。
こんばんは (ノラネコ)
2009-12-02 23:31:31
扱ってるモチーフから、社会派的なものを期待すると戸惑う作品じゃないでしょうか。
私もどんどんと作品が内に内に沈み込んでゆくのにちょっと驚きました。
だけど、考えてみたら自分の心に封印された過去へ向かう映画だから、究極の個人映画なんですよね。
そういう思いで見ると、また違った印象となります。
大変な力作ですが、独創の作品というのは観る方にも努力が必要ですね。
■ノラネコさん」 (えい)
2009-12-05 14:33:05
こんにちは。

ここまでこの映画が内面の旅を描いたものだとは
思ってもいませんでした。
こういう手合いの映画は久々です。
しかもそれがアニメという手法と言うのが驚き。
観る方にも努力ですか…
その昔、分かりもしないのにATGの洋画を観ていた頃を思い出しました。
これぞ反戦映画 (にゃむばなな)
2010-01-02 18:15:11
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

あのラストシーン。久しぶりに映画を見て言葉を失いましたよ。
これは凄い映画でした。
■にゃむばななさん (えい)
2010-01-02 22:41:46
あけましておめでとうございます。

正直言って、この映画のアニメ部分は、
中身がプライベートなことと、
難解さから、
少し眠気を感じました。

でも、それを吹き飛ばしたのがあのラスト。

この衝撃は忘れられません。

ことしもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

戦場でワルツを / VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞で受賞した「おくりびと」の対抗馬で本命と思われていた作品{/atten/} 1982年にレバノン・ベイルートの難民キャンプで起き...
戦場でワルツを (だらだら無気力ブログ)
イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自身が一兵士として参加した80年代の レバノン戦争の経験をもとに、戦争によって引き起こされる凄惨な現実を 描いたドキュメンタリー・アニメーション。 戦場での記憶が抜けおちている主人公が、かつての戦友たちを訪ね歩いていく ...
戦場でワルツを (LOVE Cinemas 調布)
第81回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。『おくりびと』のおかげで惜しくも受賞は逃したが、下馬評ではコチラが大本命だった作品。イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自らの戦争体験をアニメーションで綴ったドキュメンタリーだ。旧友との再会で失っていた自...
『戦場でワルツを』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:イスラエル+ドイツ+フランス+アメリカ合作映画、アリ・フォルマン脚本・監督・製作。
戦場でワルツを (Diarydiary!)
《戦場でワルツを》 2008年 イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ映画 -
戦場でワルツを・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「戦場でワルツを」は、イスラエルの映画監督アリ・フォルマンによる、自身の記憶を巡る長編ドキュメンタリーアニメーションという異色作だ...
戦場でワルツを (映画的・絵画的・音楽的)
 「戦場でワルツを」を銀座のシネスイッチで見ました。  昨年3月のことになりますが、パレスチナ問題関係でドキュメンタリー映画『パレスチナ1948 NAKBA』を見たこともあり、この映画を予告編で知ってから、ぜひ見たいものだと思っていました。  実際に見てみると、...
戦場でワルツを (風に吹かれて)
消し去った記憶の真実公式サイト http://www.waltz-wo.jp/監督の実体験をアニメー
「戦場でワルツを」 恐怖で歪む記憶と事実 (はらやんの映画徒然草)
ドキュメンタリーでありながら、アニメーションという手法が話題になっているのが、本
*戦場でワルツを* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 2006年のイスラエル。映画監督のアリは、友人のボアズから26匹の犬に追いかけられる悪夢の話を打ち明けられる。若い頃に従軍したレバノン戦争の後遺症だとボアズは言うが、アリにはなぜか当時の記憶がない。不思議に思ったアリは、かつ...
「戦場でワルツを」アリ・フォルマン (Mani_Mani)
戦場でワルツをVALS IM BASHIR 2008イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ 監督・脚本:アリ・フォルマン アニメーション監督:ヨニ・グッドマン 音楽:マックス・リヒター アニメ大国的観点からするとやや荒いつくりに思えるアニメーションであるけれども、アニ...
戦場でワルツを(2008) (銅版画制作の日々)
 過去が、語り始めるVALS IM BASHIRWALTZ WITH BASHIR レバノ~ン♪レバノ~ン♪ この歌が印象的 これは監督自身の経験を元に製作した自伝的ドキュメンタリー。 ドキュメンタリーのアニメ化というのは珍しいですね。アリ・フォルマン監督が何故アニメにこだわったの...
「戦場でワルツを」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                            「戦場でワルツを」 シネ・スイッチ銀座にて。 監督・脚本・音楽 アリ・フォルマン イスラエルの映画監督アリ・フォルマンが“アニメーション”で自らのレバノン戦争従軍の記憶を追う、異色のドキュメンタリー...
『戦場でワルツを』 (めでぃあみっくす)
もしこの映画を実写化したら、恐らく世界各国で上映禁止になっていたのではないか。そう思えるほど、ショッキングな映画でした。 アカデミー外国語映画賞にノミネートされながらも日本ではそれほど高い評価を受けていないみたいですが、個人的にはアニメーションという手...
戦場でワルツを (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『戦場でワルツを』  (2008) = 2006年冬、友人のボアズがアリに対して、毎夜みる悪夢に悩まされていると打ち明けた。 ボアズは、それがレバノン侵攻の後遺症だという。 しかし、アリの記憶からは、レバノンでの出来事が抜け落ちていた。 記憶から...
戦場でワルツを (心のままに映画の風景)
久しぶりに旧友と再会したアリは、ある一時期の記憶がないということに気づく。 抜け落ちた過去の記憶を求めて、当時を知る知人たちのもと...
戦場でワルツを■何故、アニメなのか? (映画と出会う・世界が変わる)
冒頭から画面にひきつけられ、アニメといいながらも非常に現実感があり、しかも訴える力の強さも感じられながらも、どうしてこの映画をアニメで作らねばならなかったのかという思いがつきまとっていった。もしかしたら奇をてらっただけなのかとか、そんな感想を持ちながら...
【映画】戦場でワルツを…私の記憶からは大川興業のネタぐらいしか出てこない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告。 先週は夜勤だったのですが、お仕事は暇でした…ずっと忙しめだったので少し休めて良かった感じですが。そんな暇な週なのに2011年4月16日(土曜日)は夕方からお仕事。 2011年4月17日(日曜日)は、ほとんど寝て過ごしました 最近こんな週末が多いです...
喪中映画評「戦場でワルツを」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年イスラエル=フランス=ドイツ=アメリカ合作映画 監督アリ・フォルマン ネタバレあり