ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『Disney's クリスマス・キャロル』

2009-11-19 11:06:42 | 映画
-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。
この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、
フォーンもこっそり観てきたのニャ。
監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや
『フォレスト・ガンプ/一期一会』の監督だよね?
って、こう聞いたら、
「うん。でも最近は
『ポーラー・エクスプレス』『ベオウルフー呪われし勇者ー』など、
CGによるユニークな世界を作っているんだ」だって。
そのユニークという意味がよく分からず、
フォーンはもう少し掘り下げて聞いてみたのニャ。
で、分かったのは、それって
パフォーマンス・キャプチャーという、
俳優の演技をデジタル的に採り込む手法のこと。
で、原作のチャールズ・ディケンズの描きだす古都ロンドンの世界が
それに向いていたのか、
今回がいちばん、うまくいっている気がするとも言っていた。
内容は、誰でも知っているから改めて言うまでもないよね。
映画にも何回もなっているし…。
最近ではビル・マーレイ主演『3人のゴースト』かな。
自分の金銭欲を満たすためだけに生きる、
街一番の嫌われ者スクルージ。
彼のもとに、あるクリスマス・イブの夜、
かつてのビジネス・パートナーの亡霊がやってくる。
続いて、3人の亡霊が現れ、
スクルージを彼自身の過去・現在・未来をめぐる時間の旅へと連れ出す。
今回は、3Dでも公開されているけど、
眼鏡が嫌いなのと、やはりオリジナルの声が聞きたいのとで、2D。
主人公を演じているのは顔面パフォーマンスが有名なジム・キャリー
後で知ったけど、彼はこの映画で一人七役。
まるでビル・マーレイみたいだよね。
なあんて、それはともかく、
クリスマスにピッタリの映画であることは間違いニャいよ。
ちょっと怖いかもしれないけど、
こどもたちにもお勧めだよ。

           (byフォーン)

「CGにはこういうこともできるのニャ」身を乗り出す


blogram投票ボタン

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。


※画像はドイツ版ポスターです。

コメント (14)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 『戦場でワルツを』(@「シネ... | トップ | 『パブリック・エネミーズ』 »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実写版のリメイク予定も聞いたことあるんですが… (よろ川長TOM)
2009-11-19 13:14:31
…たちぎえになったのかも。もう何年にもなりますしねぇ。
私はあまりにも70年のアルバート・フィニー主演のミュージカル版が大好きなので、『3人のゴースト』も受け付けられませんでした。
しかしその作品、手元のLDしかなくて、レンタル屋からビデオも消えた今、一般的には観ることが叶わない70年版をなんとか復刻または放映して欲しくて、ひとりでキャンペーン(?)やってます。
てなわけで同名異作品で申し訳ありませんがトラバさせてください。

ちなみに『P・E』もベオちゃんも観ましたが、どうもこのアニメの作り方は、動いてるけど、生きてないというディズニーの良くない伝統だけが浮き彫りになってる気がしてなりません…
1000%! (maruneko)
2009-11-19 14:14:09
監督に言わせると、
そのパフォーマンス・キャプチャー、
ポーラー・エクスプレスから技術が1000%
も改善されているって事です!
こちらにも~♪ (ひろちゃん)
2009-11-20 00:42:26
TBをつけに来たら、この作品がなくて、
あれっ?って思っていたのですが、えいさんにしては公開後の感想って珍しいですね^^

2Dでの鑑賞でしたか!えいさんは、3D
お嫌いですか?(^^;
私は3Dで観たかったので3D鑑賞でしたが、後でジムが7役と聞いて、彼の7つの声が聞きたかったなあって思いました。ゲイリーも声3役でしたし・・・

このクリスマスキャロル、小さいお子様には
ちょっと怖くないですか?(笑)

今日は、雪のイメージで字がホワイト
ですね(^_-)-☆
こんばんは (ノラネコ)
2009-11-20 23:14:14
私はCGアニメの世界でわが道を行くゼメキスを大いに評価するのですが、これは期待以上の仕上がりでした。
「クリスマス・キャロル」の映像化は数ありますが、これはその中でもかなり成功しているのではないかと思います。
立体版があっても立体の意味の無い作品も多いですが、さすがに長年立体表現を追及してきたゼメキスだけあって立体で観てよかったという作品でしたね。
クリスマスに観るのにぴったりだと思います。
■よろ川長TOMさん (えい)
2009-11-21 09:06:40
こんにちは。

ロナルド・ニーム版『クリスマス・キャロル』。
スゴく懐かしい記憶がよみがえってきました。
自分はまだあの頃、10代でしたが、
映画には、片方で夢があったという感じで、
大きな映画館で『チキ・チキ・バン・バン』とかが
ロビーに流れていた記憶も…。

ゼメキスの手法、ひとつの自分の世界の在り方かなって感じがします。
ほかの人もやり始めたら、どうなるか分かりませんが、
おそらく彼だから、俳優も認めて出演しているのではという気がします。
■marunekoさん (えい)
2009-11-21 09:12:34
こんにちは。

こちらではお久しぶりです。
ゼメキス監督は、この手法にこだわり続けているので、
そういうこともあるかもしれませんね。
でも「1000%」とは大きく出たなあ。
10倍ということですね(笑)。
■ひろちゃんさん (えい)
2009-11-21 09:22:46
こんにちは。

はい。この映画は劇場に観に行きました。
試写ばかりじゃないですよ(笑う)。

この映画、3Dの評判がとてもいいですね。
もう一回、観た方がいいのかなあ。
時間的にもお手ごろだし…。
ただ、どうしてもあの眼鏡が苦手。
『コララインとボタンの魔女』はどうしよう。
■ノラネコさん (えい)
2009-11-21 09:42:50
ぼくは
何かのアニメのとき
ノラネコさんが「ゼメキスの行き方」を
認めてられたのを読んで、
なるほどと思ったものでした。
で、その観点で今回この映画を観たら、
とてもすんなりと入っていけました。
そうか、やはり3Dがよかったか。
ちょっと悔んでます。
Unknown (Ageha)
2009-11-21 23:24:58
かのんさんだったかな、IMAX3Dでしかも字幕。
うらやましい。

この3つが揃ってるとこがホント少ない。

7色の声を聞きわけたくて2Dなひとが結構いるんですが
3Dもここまで来たんだ~って感動してました。
正直なとこストーリーはわかってるんで、何が楽しいかって
アトラクション感覚、
飛び出す絵本感覚だったので
大満足でした。☆
■Agehaさん (えい)
2009-11-22 16:08:46
こんにちは。

>IMAX3Dでしかも字幕

えっ!?
それは観てみたいです。
それだと、おっしゃるようにこの映画、
「飛び出す絵本」じゃないですか。

しかも緻密に描き込まれている。

観るというよりも体験したいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

30 トラックバック

『クリスマスキャロル』これほどの傑作、名作。今こそ再放映を! (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
70年版。これほどの傑作、名作でありながらレンタルも少なく、DVDも稀少。世界に愛を伝えるためにもクリスマス特番でノーカット放映して貰えないでしょうかねえ。
Disney's クリスマス・キャロル (Blossom)
Disney's クリスマス・キャロル A CHRISTMAS CAROL 監督 ロバート・ゼメキス 出演 ジム・キャリー ゲイリー・オールドマン     ロビン・...
Disney'sクリスマス・キャロル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、か...
Disney's クリスマス・キャロル (LOVE Cinemas 調布)
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといっ...
Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol (我想一個人映画美的女人blog)
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました~♪ (本...
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん~」と「アバター」だった。
★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★ (CinemaCollection)
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的....
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズの小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Disney'sクリスマス・キャロル (悠雅的生活)
神の祝福を。すべての人々に。
Disney's クリスマス・キャロル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Disney's クリスマス・キャロル」は、デジタルアニメーション映画の世界で、独自のスタイルを追求しているロバート・ゼメキス監督による最新...
Disney'sクリスマス・キャロル (心のままに映画の風景)
家族を持たず人とのきずなに背を向け、 金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。 あるクリス...
Disney’s クリスマス・キャロル 3D <日本語吹替版> (DVD YouTube CINEMA)
ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民た...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (或る日の出来事)
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
時代を超えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 (日々“是”精進!)
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
Disney's クリスマス・キャロル (風に吹かれて)
百面相のジム・キャリーにぴったり公式サイト http://www.disney.co.jp/movi
Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリス...
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
Disney'sクリスマス・キャロル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
Disney'sクリスマス・キャロル’09:米 ◆原題:A CHRISTMAS CAROL◆監督: ロバート・ゼメキス「ベオウルフ/呪われし勇者」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」◆出演: ジム・キャリー 、 ゲイリー・オールドマン 、 ロビン・ライト・ペン 、 ボブ・ホスキンス 、 コリ...
Disney'sクリスマス・キャロル(2009) (銅版画制作の日々)
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エ...
Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのど...
すべての人に祝福を~『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 A CHRISTMAS CAROL  "God bless us, every one!"  19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが 大嫌いな孤独な...
クリスマス・キャロル (Peaceナ、ワタシ!)
- ディズニーが完全映画化! - 一週間前なのですが… レディースデーに、ディズニーの『クリスマス・キャロル』を観てきました! どうしても‘字幕版’で観たかったので、レイトショーに1人で鑑賞。(地元のワーナー・マイカルでは、字幕版はレイトショーのみの上映な...
こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。
[遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧...
クリスマス・キャロル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
未来は変えられる__、ある一夜の出来事が、それまでの人生を変えるとしたら・・・。 金がすべての嫌われ者、エベニザー・スクルージ。クリスマス・イヴの夜、彼の前に3人の“クリスマスの精霊”が現れる。それは人生を変えるための最悪のプレゼント。 彼らに連れ...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 チャールズ・ディケンズの原作をご存じない方でも、「クリマス・キャロル」という言葉には、なぜか暖かな響きを感じるのではないでしょうか。  この物語が誕生した19世紀半ばのロンドンでは、産業革命により貧富の格差が広がり、多く市民が貧困に苦しんでいました。...
Disney's クリスマス・キャロル (RISING STEEL)
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...
映画評「Disney's クリスマス・キャロル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ロバート・ゼメキス ネタバレあり