ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ワールド・オブ・ライズ』

2008-11-18 23:07:33 | 新作映画
(原題:Body of Lies)


「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」
-----ん?それって、どういうこと?
「いや、今日は『悲夢』という
キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、
場所を間違えてしまって…。
あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったものの
結局、間に合わなかったってワケ」

----ニャるほど。
それで別の映画を…ってことだね。
確か、これってリドリー・スコット監督作品だよね。
あんまり評判がよくないみたいだけど…。
「ぼくもそう聞いていたため、
ちょっと斜にかまえて臨んだんだけど、
そこまでのことはことなかったよ」

----やはりリドリー・スコットっていうだけで、
最初からみんなの期待値が高くなるのかニャあ?
「そういうことだろうね。
さて内容のご紹介。
この映画、一言で言えばCIAの内幕を描いたようなもの。
ディカプリオ演じるフェリスは中東に派遣されたCIA工作員。
生死ギリギリのところで戦っていて
常に生傷が絶えない。
かたやラッセル・クロウ演じるホフマンは
自宅から、電話一本で指示を送る上司。
こちらは子供の送り迎えや
家事をそつなくこなし、かなり嫌み。
それでいて、人の命をなんとも思わず、
戦争中ということで軽く切り捨てる」

----このラッセルってかなり太っていニャい?
「うん。役にあわせて20キロほど太ったみたい。
ダンディ&セクシーを自認する彼が
まさかここまでやるとは思わなかったね。
さて、物語は
フェリスがテロ組織の首謀者アル・サリームに対して
大胆な陰謀を仕掛けるところから
物語が急展開してゆく」

----大胆な陰謀って?
「それは、サリームと同じくらい残忍で効果的な手段を持つ
偽のテロ組織を作り出すことによって、
彼を表舞台におびき出すこと」

----あ~、だからこういう邦題ニャんだね。
そうか、“嘘の世界”ってワケだ。
「うん。
この“嘘”というのはこの映画のキーワードだね。
なかでもホフマンは、
その嘘によって、
フェリスを何度も危機に陥れる」

----どういうこと?
「たとえば、CIAに情報を提供する男に対して、
彼の身の安全を約束していたフェリスは
ホフマンの指示によって
その男を見捨てた上に殺さなくてはならなくなったり、
ヨルダンの情報局のリーダーが
『自分に嘘をつくな』とフェリスに約束させていたにもかかわらず、
自分の知らないところでホフマンが取った行動によって
それを反古にせざるをえなくなったり…」

----ふん。それって、いま流行りの合衆国批判?
「いや、一方的に合衆国だけを責めているワケじゃないよ。
フェリスなんて思わぬところからも
嘘をつかれてしまい、
それこそあわや命を落とすという
絶体絶命の危機に陥るしね。
そんなこんなで
物語も二転三転。
けっこう見応えあるんだけど、
ホフマンの指示に従わなくなるフェリスの心の変化が
あまり突っ込んでは描かれていなかった。
彼が恋に落ちるイラン人看護士とのエピソードなんかもあるけど、
こちらもちょっと舌足らずだったような気もするね」



           (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「ラッセル・クロウってリドリー・スコット映画の常連だニャ」身を乗り出す

※アクション・シーンはさすがだ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。

コメント (14)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
« 『ララピポ』 | トップ | 『007/慰めの報酬』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう一皮 (かめ)
2008-12-14 15:56:57
コメントありがとうございました。
やっぱり、デカプリオには、もう一皮むけて欲しいですね。
ちょっとキャラも作品も同じようなものが続いているので、いったんリセットして賞を意識しない作品を目指して欲しいです。
自分には、斜に構えたアカデミー賞はあまり好きではないので、偏見のある審査員より観客に訴える作品を残して欲しいです。
■かめさん (えい)
2008-12-15 21:30:48
こんばんは。
ディカプリオはさすがにカッコいいのですが、
パターン化してきたのが残念。
幸いにも『レボリュショナリー・ロード~』は
これまでとは少し違う役柄。
しかもゴールデングローブ賞にもノミネート。
期待しています。
ラッセル・クロウ (にゃむばなな)
2008-12-20 21:26:53
そういえば最近ラッセル・クロウは外に出て戦うという役をあまり演じないですね。
やっぱりメグ・ライアンといろいろあったあの映画が影響しているのでしょうか?
■にゃむばななさん (えい)
2008-12-21 11:20:14
こんにちは。
そういえば『プルーフ・オブ・ライフ』。
あの頃のラッセル・クロウは大活躍でしたね(映画の中で)。
いや、映画の外でもメグ・ライアンと大活躍(笑)。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-12-25 14:20:25
胃カメラ何事もなくて、良かったです^^

この作品アメリカではあまり評判は良く
ないらしいですが、私は結構好きな作品
でした。

>ホフマンの指示に従わなくなるフェリスの
心の変化があまり突っ込んでは描かれていなかった

そうですね。時間も長くなくスピーディーな
展開で面白かったのですが、その分、フェリスの心の変化はあまり描かれていなかったかも・・なので、彼の恋もちょっと唐突な感じが
してしまいました(^^ゞ

最近のレオはこういう役柄が多いですが
次回作、レボリュショナリー・ロード~は
かなり役柄が違うみたいなので、楽しみに
しています^^
■ひろちゃんさん (えい)
2008-12-25 23:03:55
こんばんは。

おっ、胃カメラのところまで読んでいただけましたか。
ありがとうございます。


さて、とても素晴らしいボールを投げていただきました。

これは早くどこかで言いたかったのですが……
『レボリューショナリー・ロード~燃え尽きるまで』の
ディカプリオは最高です。
ぼくは彼にぜひ、オスカーをあげてほしいです。


ご無沙汰しています。 (あかん隊)
2008-12-28 14:11:19
えいさん、こんにちは。
この作品、やっと観ました。今年は、忙しいのもありましたが、観たい気持ちをプッシュするような作品が少なかったようにも思います。

この作品でも、アップのシーンがやたらと多いのが気になりました。手元があまり写らず、カメラとの距離感に単調なパターンの繰り返しが多かったかな、と。『レボリューショナリー・ロード…』観賞予定です。

来年は、映画鑑賞のペースを取り戻したいです。
■あかん隊さん (えい)
2008-12-28 17:32:47
おおっ。
お久しぶりです。
ときどき覗かせていただいていました。
更新が少ないので気にかけておりましたが、
そうとうにお忙しかったようですね。
(でも、ちょっと羨ましいかも)。


この作品、前評判が悪かったので
覚悟していたのですが、
ぼくはすんなり中に入り込めました。
リドリー・スコットの語り口と肌が合うのかも。

さて『レボリューショナリー・ロード』、
これはいやになるくらい凄まじいです。
まだ、頭が整理できていません。
ただ、ディカプリオには
そろそろこの映画でオスカーをあげたいです。
(ぼくがあげるわけじゃないけど…)

こんばんは (ノラネコ)
2008-12-29 00:59:07
海外でイマイチの評価なので、あまり期待せずに観に行きましたが、面白かったです。
ただ、構成にちょっと懲りすぎて全体が薄味になっていたような。
よーく考えると微妙につじつまが合ってないんじゃ・・・って所もありましたし、詰めの甘さは残ってますね。
でも色々な意味でリドリー・スコットらしい作品でした。
■ノラネコさん (えい)
2008-12-29 21:35:33
こんばんは。
海外でも評判よくないんですか?
リドリー・スコットは
前作がゾクゾクしただけに、
その落差が大きく感じてしまうのは否めませんが、
彼の名前を伏せて観たとしたら、
けっこう楽しめていたんじゃないかという気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

53 トラックバック

「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2008年11月27日01:33 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。    レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この...
ワールド・オブ・ライズ 憎悪の連鎖を断て! (労組書記長社労士のブログ)
【44-21-】 映画館においてあるチラシで観て興味津々。 なんせ『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコットが監督で、出演が最近とみに演技派になっているレオナルド・ディカプリオと、そして言うまでもない名優ラッセル・クロウなんやもん...
騙し騙され・・・☆『ワールド・オブ・ライズ / BODY OF LIES』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ共演&『ブラックホーク・ダウン』や『エイリアン』を監督したリドリー・スコット作品なので、アメリカでの興業成績は芳しくなかったけど、観てきました~! 頭脳戦を展開するストーリーを主軸に描かれてるから、全体的にはお...
ワールド・オブ・ライズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待...
『ワールド・オブ・ライズ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:BODYOFLIES監督:リドリー・スコット原作:デイビッド・イグネイシアス脚本:ウィリアム・モナハン出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Stor...
ワールド・オブ・ライズ/Body of Lies ネタばれあり (うだるありぞな)
今回は、レオナルド・ディカプリオ とラッセル・クロウ の演技派スターが、爆破テロリスト逮捕の為、「嘘」対「嘘」で頭脳戦を繰り広げる「Body of Lies ワールド・オブ・ライズ」 ランキングに参加してます。    ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者...
「ワールド・オブ・ライズ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました~現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリス(ディカプリオ)最近似たような役多いような気がする...
「ワールド・オブ・ライズ」みた。 (たいむのひとりごと)
もはや「レオさま」ってアイドル的な呼び方は失礼かな?・・ってくらいに深みを身につけ始めたディカプリオだと思うのは贔屓目?チンピラ風から脱皮して、誠実で頭のキレル役どころが似合ってきたように思う。それに
ワールド・オブ・ライズ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ     ラッセル・クロウ    カリス・ファン・ハウテン    ヴィンス・コロシモ マーク・ストロング    オスカー・アイザック    マイケ...
ワールド・オブ・ライズ (映画鑑賞★日記・・・)
【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニどっちの嘘が、世界を救うのか。
ワールド・オブ・ライズ (めでぃあみっくす)
映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画で描かれていることは今もこの世界のどこかで確実に行わ...
ワールド・オブ・ライズ (LOVE Cinemas 調布)
私的にはお正月映画最大の注目作品2つ(もう一つは『ミラーズ』)のうちの1本。レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウが共演。そして監督はリドリー・スコット。CIA工作員の中東を舞台にした話です。原題は「Body of Lise」。これはどう訳したらいいんでしょう。...
[映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美幼女賞は?    ◇   ◇ 「これはッ!!」と言う、特...
ワールド・オブ・ライズ(2008年) (勝手に映画評)
もはや定番の、中東モノの映画です。やっぱり、中東の現状が収まらない限りは、映画の舞台となるのは続くのでしょうか・・・。冒頭”この映画はフィクションである”と言う旨のクレジットが出ますが、同時に”現実にもこの様な事は行われている”と言う旨のクレジットも出...
ワールド・オブ・ライズ (心のままに映画の風景)
危険な現場で任務を遂行するCIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)と、 安全なアメリカから指示をするエド・ホフマン...
ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies (いい加減社長の映画日記)
直前まで「K-20 怪人二十面相・伝」と迷ったんだけど。 「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ」の方が安全ということで。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな? 「ワールド・オブ・ライズ」...
ワールド・オブ・ライズ (Diarydiary!)
《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - BODY O
ワールド・オブ・ライズ (Yuhiの読書日記+α)
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・デ...
ワールド・オブ・ライズ (to Heart)
どっちの嘘が、世界を救うのか。 原題 BODY OF LIES 製作年度 2008年 上映時間 128分 原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊) 脚本 ウィリアム・モナハン 監督 リドリー・スコット 出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/...
兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』 (水曜日のシネマ日記)
テロリストのリーダーを捕らえる為、奔走するCIA工作員の物語です。
劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」 (日々“是”精進!)
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコット&ラッセル・...
「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由 (はらやんの映画徒然草)
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で
ワールド・オブ・ライズ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ     ラッセル・クロウ    カリス・ファン・ハウテン    ヴィンス・コロシモ マーク・ストロング    オスカー・アイザック    マイケ...
【ワールド・オブ・ライズ】 (+++ Candy Cinema +++)
【BODY OF LIES】 【監督】 リドリー・スコット     【原作】 デイビッド・イグネイシアス    【脚本】 ウィリアム・モナハン  ...
【ワールド・オブ・ライズ】 (日々のつぶやき)
監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 「CIAの優秀なエージェントのロジャー・フェリスの任務は、爆破テロ組織のリーダーを見つけ捕らえること。危険に囲まれての潜入捜査は
ワールド・オブ・ライズ [監督:リドリー・スコット] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
デカプリの顔面演技とラッセルのデブ演技とヨルダン情報部役のマーク・ストロングの男前演技・・・だけを堪能する映画・・・
★ワールド・オブ・ライズ(2008)★ (CinemaCollection)
BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナル...
ワールド・オブ・ライズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
テロ組織を相手に、熾烈なスパイ戦をくり広げる男たちの偽りに満ちた世界! 世界一の嘘をめぐるアクション・サスペンス超大作! 物語:中東のCIA工作員フェリス (レオナルド・ディカプリオ) はとあるミッションで失敗し、大怪我を負う。 傷の癒えたフェリスはラング...
ワールド・オブ・ライズ (ももママの心のblog)
中東を舞台とした、騙し、騙される殺伐とした嘘を主題とした秀作。主演二人の演技が見たくて行ったが、果たしてガチンコ演技対決が見もの。アメリカではヒットしなかったためか、宣伝も地味。しかしフィクションとはいえ、現実にこういう事態が起こっているのだろうと考え...
ワールド・オブ・ライズ (だらだら無気力ブログ)
現地で危険な仕事をする工作員と安全な場所から指令を下すだけの局員が あるテロ組織の首謀者を捕獲するため、味方すら欺きながら組織を追跡 するさまを描いたサスペンス。中東でテロ組織などの情報収集等を行い常に死と隣り合わせなCIA工作員の フェリス。一方、彼に指...
映画「ワールド・オブ・ライズ」 (FREE TIME)
映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞しました。
ワールド・オブ・ライズ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
激動の中東を舞台に、リドリー・スコット監督が、レオナルド・デ・カプリオとラッセル・クロウの二大スター共演で描くスパイサスペンス大作...
【100.5Kg】 「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
すっかり日付も替わってしまいましたが、今日は映画を観てきました。
ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES (我想一個人映画美的女人blog)
リドリー・スコット監督最新作。 ほんとラッセル・クロウがお気に入りだな~。 名作『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、 『アメリカンギャングスター』に続いて4回目の起用。 電話一本で遠く離れた場所から、やすやすと指令を出すCIAの上司。 監督に...
ワールド・オブ・ライズ/Body of lies (描きたいアレコレ・やや甘口)
この映画のレオナルド・ディカプリオは髪も目もダークで髭だらけなんですが...『綺麗な人は綺麗に』の管理人のモットーで控えめにしました、...
ワールド・オブ・ライズ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
いやー,まいった。いかにも密度の濃い,見事な作品だ。リドリー・スコットらしい,ずっしりとした重い手ごたえを感じる作品。対テロという使い古されたテーマだけど,実際に現地で繰り広げられる緊迫感あふれる情報戦が息詰まるほどにスリリング。 「フィクションだけど...
ワールド・オブ・ライズ (へでいくっ!)
フトッテルクロウ&ミケンノシワガフカプリオ 最新鋭の武器にばかり目が行ってしまって、その武器で人が死んでいるということが、あまり気にならないのは、恐ろしいことだと思う。アメリカが撤退しないと、この戦争はいつまでたっても終わらないんじゃないの~。 今も継...
「ワールド・オブ・ライズ」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
 来た来た来たーーーーっっ!!リドリー・スコットきたーーーーっっ!! シビレましたぜ久しぶりに\(◎o◎)/!!! 昔風に言うなら、手に汗握るってやつですよ!! いやーーこれだから映画はやめられないですよ・・!! レオナルド・ディカプリオだから、「ど~か...
ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES (銅版画制作の日々)
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・ク...
ワールド・オブ・ライズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのため...
No.104 「ワールド・オブ・ライズ」(2008年 米 128分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 リドリー・スコット 出演 レオナルド・ディカプリオ    ラッセル・クロウ    マーク・ストロング いよいよ2008年の映画観賞も今日の2本でおしまいです 年末の日曜ってこともあり大阪のミナミは人でごった返しております ついでに今日は競馬のグラン...
ワールド・オブ・ライズ を観ました。 (My Favorite Things)
第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。
『ワールド・オブ・ライズ』 2008-No88 (映画館で観ましょ♪)
「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」 いえいえ、会議室どころか、 日々の暮らしで、 家庭で、 子供を...
【映画感想】ワールド・オブ・ライズ(レオナルド・ディカプリオ×ラッセル・クロウ)[2009-055] (映画+小説+家族=MyLife)
アメリカCIAと中東のテロ組織との戦いを描いた『ワールド・オブ・ライズ』。今も世界のどこかで行なわれているであろう、終わりの無い対テロ戦争の一端が垣間見える作品です。 しかし、アイドル俳優だったディカプリオが見せる傷だらけでヒゲ面の顔は、あの「タイタニッ...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売! (MOVIE レビュー)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品...
「ワールド・オブ・ライズ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
嘘つき合戦・・
『ワールド・オブ・ライズ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令...
映画『ワールド・オブ・ライズ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
103.ワールド・オブ・ライズ■原題:BodyOfLies■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月27日、吉祥寺セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□製作:ドナルド・デ...
【映画】ワールド・オブ・ライズ…看護師には萌えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。 今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/} 夜は…海峡花火大会に行こう...
「ワールド・オブ・ライズ」(BODY OF LIES) (シネマ・ワンダーランド)
「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリアム・モナハン脚本、ワーナー映画配給)。この映画は米中...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督 (英国日記)
国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実...
『ワールド・オブ・ライズ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ワールド・オブ・ライズ 中東で対テロ殲滅作戦を展開する 米CIA中東局の主任ホフマンと 現地工作員フェリスは爆破テロ組織の リーダーを追う...
映画評「ワールド・オブ・ライズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督リドリー・スコット ネタバレあり