ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『母べえ』

2007-10-28 22:18:43 | 新作映画
----これって最近、よく聞くタイトル。
お母さんの話だろうということは想像つくけど、
この“べえ”というのは一体ニャによ。
「じゃあ、順番に分かりやすく説明しよう。
この映画は、黒澤明監督のスクリプターとして知られる野上照代が、
幼い頃の家族の想い出を綴ったノンフィクションが原作。
彼女の父であるドイツ文学者の滋(坂東三津五郎)は、
家族全員に“べえ”をつけて呼ぶようにしていたんだ。
自分は“父べえ(とうべえ)”
母親・佳代(吉永小百合)は“母べえ(かあべえ)”。
長女・初子は“初べえ(はつべえ)”。
そして次女・照美は“てるべえ”。
この映画は大人になった“輝べえ(てるべえ)”のナレーションによって
彼女の回想の中に綴られていく」

----ふうん。それってどんなお話ニャの?
「昭和15年2月。
戦争反対の姿勢を曲げない父・滋が治安維持法違反で検挙されてしまう。
映画は、その苦難の中で夫を信じ、
娘たちを愛し、つつましくも気高く生きる“母”の姿を描く----。
あらら。こんな簡単に要約しちゃっていいのかな」

----あれっ、浅野忠信の役は?
「滋のかつての教え子で、
今は小さな出版社に勤める山崎徹の役。
これまでぼそぼそと喋る役が多かった彼だけど、
ここでは思わぬコメディのセンスを披露して
思いっきり場を和ませてくれるよ」

----笑いと言えば、鶴瓶も出ていなかった?
「彼の役はさらに印象的だったね。
我が道を行くその姿が
窮屈な世相に風穴を開けてくれて痛快。
でもやはり見どころは主演の吉永小百合だろうね。
ここでは幼い子供たちの母親役。
たくましくも情愛深く、凛々しく美しくそして若々しい。
実年齢と役の差による違和感をまったく感じさせないんだ。
なかでも溺れる山崎を助けるべく
海に飛び込むシーンは息を飲んだね。
ワンカットでカメラに収めているんだもの」

----ふうんボディダブルじゃないんだ。
当時の風景はどうやって撮影したの?
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を始め、
昭和を描いた最近の映画は時代再現のために
CGを多用するのが常となってきているけど、
ここではオープンセットが中心。
おそらくノスタルジーにはしたくなかったんだろうね」

----そうか、テーマがテーマだからね。
「そうだね。
キャッチコピーは『日本はもう、この「母」を忘れている----』。
確かにラストでは
“日本の母親の偉大さ”をたたえる印象的な詩(?)が流れるけど、
その少し前、“母べえ”の最期の言葉には、
これ以上ないくらいに強く平和への思いが込められていた。
原爆詩の朗読等を通じて、
長年にわたって平和の尊さを訴え続けてきた吉永小百合にとっても、
これは忘れられない記念碑的作品となるだろうね」



(byえいwithフォーン)

フォーンの一言「そういう映画とは思わなかったニャ」身を乗り出す

※山田洋次の思いがいっぱいにつまった映画だ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー 

※ちょっとCM。けっこう凝ってるかも。
(画像のどこでもクリックしたら動画が観られます)

<キスミント

コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 『チャプター27』 | トップ | 『Mr.ビーン カンヌで大迷惑... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2008-03-01 00:19:50
早く観ないと終わっちゃうと思い、やっと行ってきました。
やはり山田洋次は凄いなあと、改めて思わされる作品でした。
テーマをしっかりと描く術を心得ていますよね。
セット撮影の見事さも含めて、非常に良く出来た作品だと思います。
ただ、どこか微妙な居心地の悪さを感じたのですが、それが何なのか良くわかりません。
もしかした、母べえを主人公にしているけど、山田洋次の視点は父べえにより強く向いている様な気がしかからかもしれません。
■ノラネコさん (えい)
2008-03-02 16:17:28
こんにちは。

山田洋次=どっしり
つまり安定感があるって感じですね。
最近の日本映画は
一時期、そう80年代のころに比べて
オモシロくなっているとは思うのですが、
才気が勝っている感が強いです。
こういう撮影所あがりの監督は、
これからは減る一方でしょうし、
とても貴重な監督だと思います。

あっ、山田洋次が父べえ視点というのは、
ぼくもそうだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

『母べえ』舞台挨拶付き完成披露試写会@丸の内ピカデリー1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
速報の通り、巨匠・山田洋次監督と握手した(笑)映画監督としては、故・深作欣司、三谷幸喜、行定勲に続いて4人目。\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ昨日11日に、1/26に公開される吉永小百合主演『母べえ』の完成披露試写会へ行ってきた。18:45開場...
母べえ(2007年、日本) (泉獺のどうでも映画批評)
 この映画は、試写会で観ました。 監督:山田洋次主演:吉永小百合出演:浅野忠信、
「母べえ」:有明テニスの森バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}なに、ソワソワしてるの? {/kaeru_en4/}いや、吉永小百合って、テニスとか乗馬が趣味らしいから、ひょっとして有明あたりにいたりしないかなあと思って。 {/hiyo_en2/}いるわけないでしょ。 {/kaeru_en4/}でも、俺がいると知れば、来てくれるかもしれないぜ...
映画「母べえ(かあべえ)」 (happy♪ happy♪♪)
昭和15年2月のある夜、東京に暮らす野上家では、 夫の滋(坂東三津五郎)と妻の佳代(吉永小百合)、 しっかり者の長女・初子(志田未来)と天真爛漫な次女・照美(佐藤未来)が 笑いの絶えない楽しい夕食を囲んでいた。 それが、家族揃った最後の晩餐になってしまった。...
[映画『母べえ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼うちの<母べえ>が、映画『母べえ』の前売り券を持っていたので、いつもの<MOVIX昭島>に観に行く。 今夜は、レイトショーで『テラビシアにかける橋』も観に行く予定なので、<MOVIX昭島>三昧である。 うちの<母べえ>は、市の婦人会のお手伝いをしてい...
「母べえ」自由のない時代でも信じる思想を通して信じ合った強い絆の家族愛 (オールマイティにコメンテート)
「母べえ」は野上照代さん原作、山田洋次監督作品で、太平洋戦争へ突入する前の1940年から太平洋戦争へ突入した1942年を中心に父べえが治安維持法違反で検挙されて帰りを待つ母べえら家族とその知人と親戚の絆を描いたストーリーである。当時戦争に突き進んだ日本...
『母べえ』初日舞台挨拶@丸の内ピカデリー1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『SP』の岡田准一、『篤姫』の宮崎あおいの『陰日向に咲く』と晴海通りを挟んで、舞台挨拶2本立てを計画していたが、ジャニーズファンの恐るべき猛攻によりチケット瞬殺オクでも万単位で取引されていたので、泣く泣く1本のみ(爆)山田洋次監督と完成披露で握手したのは...
母べえ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
混迷の時代を明るく懸命に生き抜いた母の物語。日本はもう、この「母」を忘れている__。 1940(昭和15)年の東京。野上家の父・滋(坂東三津五郎)と母・佳代(吉永小百合)、娘の初子(志田未来)と照美(佐藤未来)は、互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」...
「母べえ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・松竹/監督:山田 洋次) 黒澤明監督のスクリプターを長く務めた野上照代さんの自伝ノンフィクション「父へのレクイエム」を元に、戦前・戦中・戦後を生きた家族の物語を、日本
「 母べえ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【母べえ 】2008年1月26日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 山田...
「母べえ」を観る (紫@試写会マニア)
流石、山田洋次監督作品。映像が美しく、無駄がない。独特の清々しくも品のある、吉永小百合・主演「母べえ」を観てきました。 参加した試写会はいつものそれと違って、平均年齢がかなり高い感じ。正直なんで呼ばれたかちょっと不思議な(!!)感じもするくらい。上映中...
★「母べえ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは、「テラビシアにかける橋」か「陰日向に咲く」を観ようかと思ってたけど、 時間が合わず、吉永小百合主演の本作に。 ココ数年で映画を観だしたひらりんとしては、吉永小百合は初鑑賞。 高倉健さんのときにも書いたと思うけど、 お年の割りに、この人...
母べえ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原作=野上照代「母べえ」。脚本=山田洋次、平松恵美子。監督=山田洋次。撮影=長沼六男。美術=出川三男。音楽=冨田勲。原作は、黒澤明監督のスクリプターを長年務めた野上照代さんが少女時代の思い出を綴ったノンフィクション。☆☆☆☆★
*母べえ* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2007年  日本 日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家では、ドイツ文学者の夫・滋と妻・佳代、そしてしっかり者の長女・初子と天真爛漫な次女・照美の4人が貧しくも明るく暮らしていた。お互いを「父べえ」...
母べえ 08013 (猫姫じゃ)
母べえ 2008年   山田洋次 監督  野上照代 原作吉永小百合 浅野忠信 檀れい 志田未来 佐藤未来 坂東三津五郎 笑福亭鶴瓶 中村梅之助 ATOK 偉い! つるべ、一発変換ですね。 婆べえ、とか言う陰口も聞こえますが、なんのなんの、吉永小百合さん、お...
「母べえ」を観て (再出発日記)
世評があまりにも高いので、私は最初から冷静に、辛口でいこうと決心していた。監督・脚本:山田洋次出演:吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、戸田恵子、坂東三津五郎特高役の笹野高史が土足で野上家に上がりこみ、調度品や蔵書を足蹴にする。江戸時代がかかったよ...
観ました、「母べえ」 (乙女千感ヤマト)
日曜日の夕方に観賞したのですが、月曜日の朝上手く起床できないほどオチました(Φ▲
「母べぇ」いい映画です (ももたろうサブライ)
監督 山田洋次少しあらすじ ドイツ文学者野上滋の家族は仲良くお互いを「○○べぇ」と呼び合う。ある夜、特高が野上の家に踏み込み、二人の娘と妻の目の前で滋を縄にかける。 家族は滋の教え子山ちゃん、滋の妹久子に支えられながら滋の帰りを待ち続けるが・・・。感想...
【母べえ】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/山田洋次   脚本/山田洋次、平松恵美子    原作/ 野上照代 『母べえ』(オリジナル題『父へのレクイエム』)    製作年度...
母べえ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
山田洋次は、今の日本映画界で巨匠と言う称号の似合う、数少ない映画監督の一人だと思う。 その事を改めて実感させてくれた、藤沢周平原作に...
真・映画日記『母べえ』 (          )
JUGEMテーマ:映画 2月5日(火)◆706日目◆ この日も午後6時前に終業。 珍しく新橋まで歩きJR山手線で有楽町へ。 昼間、「ニュー新橋ビル」にある金券ショップで『母べえ』のチケットを750円で買ったのでマリオン9階の「丸の内ピカデリー」で見ることに。 ...
母べえ [監督:山田洋次] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
----??なキャスティングも、「サザエさん」実写版だと思うと深みが出てくる----
mini review 08317「母べえ」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえて、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ。夫のいない家族を支える強くてけなげな母親を演じた主演の吉永小百合をはじめ、坂東三津五郎や浅野忠信、子役の志田未来、佐藤未来が、戦前の動乱...
『母べえ』(TV/地上波) (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「母べえ」 □監督・脚本 山田洋次 □脚本 平松恵美子□原作 野上照代 □キャスト 吉永小百合、浅野忠信、檀れい、笑福亭鶴瓶、坂東三津五郎、       志田未来、佐藤未来、笹野高史、でんでん、神戸浩、近藤公園、 ...
母べえ (Blossom)
母べえ 監督 山田洋次 出演 吉永小百合 浅野忠信 檀れい     志田未来 佐藤未来 中村梅之助 日本 2007