ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『イースタン・プロミス』

2008-03-15 14:40:37 | 新作映画
(原題:Eastern Promises)

----この映画、ヴィゴ・モーテンセンが
アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたんだよね。
「うん。だけど、
もっと多くの賞にノミネートされてもよかったんじゃないかな。
デヴィッド・クローネンバーグの、
これはいい意味での成熟を感じさせてくれた作品だったね」

----クローネンバーグって
ホラーというイメージがあるけど…。
「そうだね。
でも近年では
ドラマ志向が強くなってきている。
とはいえ前作『ヒストリー・オブ・バイオレンス』もそうだけど、
目を背けたくなるような
直接的なバイオレンス描写が多いのは変わらない。
今回のこの映画は、
その冒頭から間違いなくクローネンバーグ印。
観客の予想をはぐらかすような展開の妙も含めて
実によくできた導入部だ」

----脚本は誰ニャの?
「『堕天使のパスポート』のスティーヴ・ナイト。
前作がロンドンに住むアフリカ人とトルコ人のお話。
こんどは、ロシアなど東欧からやってきた人々を軸に、
人身売買を題材にしている」

----えっ、そんなキツいお話ニャの。
「この映画のヒロイン、アンナ(ナオミ・ワッツ)は助産師。
子供を身籠った14歳の少女の帝王切開に立ち会ったことがきっかけで、
彼女の持っていた日記をもとにその身元を割り出そうとする。
少女は死に、アンナは生まれてきたこの子どもだけでも
故郷へ送り届けようと思ったわけだ。
しかしアンナはロシア人のハーフでありながら、ロシア語がわからない。
日記に挟まれていたロシアン・レストランのカードを手に、
その店を訪ねたアンナは、
そこでロシアン・マフィアの運転手をしている
ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)という謎めいた男に出会う。
そして、それがきっかけで
彼女は今まで知ることのなかった裏世界へと近づいていく」

----ニャルほど、ストーリーだけでもオモシロそう。
でも、クローネンバーグ印ってのは?
「う~ん。
これはかねてより思っていたことだけど、
このクローネンバーグはビジュアルを重視する監督。
特に、メタモルフォゼした人間の異様な姿が
彼の世界を特徴づける。
代表作『ザ・フライ』が分かりやすい例だね。
今回は普通のドラマだけに
その『ザ・フライ』や
『ラビッド』のような目を引く肉体の変化はないけど、
ロシアン・マフィアを特徴づけるタトゥーがそれの代わりをする。
主人公ニコライは、マフィアの一員として認められるための儀式として
ある印を体に刻み付ける。
痛みを伴うそのタトゥーが、彼の新しい存在の証になるんだ」

----で、それをヴィゴ・モーテンセンが…というワケだニャ。
「うん。
このタトゥーを観客に見せるため、
彼は全裸にならなくてはならない。
しかも物語の流れからも、
この全裸シーンは必要不可欠な仕組みとなっている。
公衆浴場で繰り広げられる、この全裸ファイトシーンは、
ちょっと信じられないほどの壮絶さ。
そこでは「見えた」「見えない」などということを気にするのが
恥ずかしくなるほどの
ギリギリの命のやり取りが行なわれる」

----ゴクッ。
「それに加えて
映像的にも、
まるでかつてのソ連映画を見ているかのような
澱んだ寒々しい色調と触感。
これは撮影だけでなく衣装の人にも敬意を表したいなと、
その名前を確認したら
デニース・クローネンバーグ。
監督のお姉さんだ。
そうそう、スタッフとしては音楽ハワード・ショアの貢献も大きいね。
クローネンバーグの世界を知りつくした音作りで、
こちらもクラシカルな雰囲気を醸し出している」

----俳優では、ほかに誰が出ているの?
「ボスにはアーミン・ミュラー=スタール。
その息子で情緒不安定なキリルにヴァンサン・カッセル。
これはちょっと見モノ。
いかにも、こういう人いるよなって感じの二代目バカを好演。
映画通の人たちには受けそうだ。
それと、アンナの叔父役に、
『早春』という名作で知られる監督のイェジー・スコリモフスキー。
彼はしばらく監督業を離れていたけど、
今年、新作『America』を撮るのだとか。
こちらも観たいなあ」

----でも、話聞いていると、
残酷シーンとかファイト・シーンばかり。
ドラマの方はどうニャのよ。
ヒーローとヒロインがいるんだから
愛のお話もありそうだけど…。
「いやあ。これがまた素晴らしい。
愛とまで言っていいのかどうか、
ふたりの心が通いあう瞬間の映像は絶品。
場内からはすすり泣きも洩れていた。
こんなことクローネンバーグの映画では珍しい。
ぼくがあれこれ言うより、
まずは観てみることをオススメするね」


           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「怖そうだけど、観てみるニャ」複雑だニャ


" style="line-height:160%;">※これは息を飲んだ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ版ポスター


最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2008-03-16 11:35:01
えいさん☆
おはようございます、
わー、これ公開決定しましたか?
わたしは去年トロントで観て来たんですけど
公開いつなのかと気になってました
全部英語で字幕なしはかなりキツくて理解半分だったのでもういちど観たいんですよね、
評判高いし、クローネンヴァーグ作品は好きなので
またちゃんと分かったら評価も変わるかなぁ、、、
■migさん (えい)
2008-03-16 21:56:35
こんばんは。
これ、試写室がけっこう混んでいました。
しかも、映画が始まる前から
場内は期待に満ちた人たちの緊張で
張りつめた空気が…。

あっ、絶対に字幕で観てください。
ぼくは、『ザ・フライ』以来、
久しぶりにクローネンバーグ映画で
涙腺が緩みました。
見ちゃいや~ん! (亜蘭真 主美士)
2008-03-20 18:21:59
いや~んって聞こえそうなくらいの、もろみえヴァージョンでみちゃいました。確かにあのシーンでは、ボカシがあってもおかしいですよね。ヴィゴファンは手の隙間から垣間見るんでしょうか?でも、どうせなら僕はナオミ・ワッツで、あのシーンを撮って欲しかった・・・・。(スケベ目線)
ナオミも、なかなかイイ味だしてましたね。
ヴィゴとの、プラトニックな感情が、なんともいえない間があって。
ヴィゴの男のやせ我慢をかもしだし、なかなかの作品ですね。さしずめ。日本でいったら、ヴィゴは高倉健さんのやくどころか??
字幕なしで観るのは、きついとおもいます。たいへんでしたね。(英語の字幕だけも結構きついけど・・・
ディズニーとかMr、ビーンとかはわかりよいが・・)特にロシア語とかも入り乱れてましたもんネ。個人的には、ヴァンサンがもうちょっと狂ってても、よかったけど・・・・。
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-03-21 10:26:17
こんにちは。

そりゃそうですよ。
ナオミ・ワッツの方がいいに決まってる。
それをやってくれる監督がいるとしたら誰だろう?
う~ん、パッと思いつかないなあ。

ヴィゴの役どころが健さんというのもオモシロい観方ですね。
東映任侠劇以降の彼だったら、
運転手などというのもありかも。
東映時代だと、彼には
同じヤクザの中でも
もっと上の地位を用意していたような(笑)。
マフィア物が大好きなのです (bakabros)
2008-06-18 00:23:35
はじめて観るロシアンマフィア物にドキドキワクワク。
直接的なんだけど、研ぎ澄まされて美しささえ感じるような、クローネンバーグのバイオレンスの描き方にはゾクゾクさせられました。
二人の心が通い合うシーン、良かったですね~。
サウナのファイトシーンは、ヴィゴがイイに決まってます!
身を乗り出して(さすがに出来ない)凝視したかったです。
この映画を観てすっかりヴィゴファンになっちゃいました。
そして『ザ・フライ』も好きだけど、『ハエ男の恐怖』の方がもっと好きだったりします。

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を見逃してしまいました><
観れないでいると、ますます期待が高まっちゃっています。
■bakabrosさん (えい)
2008-06-18 23:11:28
こんばんは。

気に入っていただけてなによりです。
おススメした甲斐があるというもの。
今日、シャンテの前を通ったのですが、
ポスターには女性評論家たち3人のコメントを使用。
かなり、女性を意識した宣伝を行なっているようですね。
幸いに、評判も高く、
配給の方でもかなり力が入っている様子です。

あのサウナもビックリですが、
ぼくはやはり二人の心が通いあうシーン。
どうやってこれがラブに繋がっていくんだろうというところを、
上官いっぱいに盛り上げて
観る者をスクリーンに引きつけ納得させる手腕には
驚きを禁じえません

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は見応え十分です。
機会があったらぜひ、ご覧下さい。

邦画だったら『アフタースクール』。
『クライマーズ・ハイ』もオススメです。


参りました (となひょう)
2008-06-19 21:01:23
こんにちは。
観る前から好みの作品だとは思っていたのですが。
痺れました。ウットリです。
今のところ、2008年上半期の暫定ベスト1決定です。
あと何本か観に行きたいと思っていますが、どこまで食い込むかしら。
えいさんのレビューも、いつになく熱が入っている印象を受けました。
「お気に入り」ということでよろしいのでしょうか。
と勝手に解釈をして大喜びしています。
■となひょうさん (えい)
2008-06-21 11:18:31
こんにちは。

はい、この映画は6月公開作品の一押しです。
あのラストシーンは、ほんとうに素晴らしい。
エモーションたっぷりの世界に
心から酔いしれました。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-06-30 01:58:27
いつもよりえいさんの感想が長いような^^
それだけお薦めの作品と言うことでしょうか?
って書いたら、レスに6月公開の一押しって
書いてありました(笑)

実はマフィアものは苦手、この監督も初めて
でしたが、友人のヴィゴがめちゃカッコイイ、
素敵だったとの言葉で鑑賞を決めました(単純(^^ゞ)

いや~~スクリーンで観れて良かったです!
テーマはストーリーは重いと思うのですが
ストーリーが難解ではなく、淡々ともの静かに
描かれながらも、観ていて怖かったですσ(^◇^;)

公衆浴場のシーンでは自分もそこにいるような
感じがして、力が入りましたし、痛かったです。

ヒストリー~は未見なので、観てみたいです(^_-)-☆
■ひろちゃんさん (えい)
2008-07-01 10:31:56
あらら。
長かったですか?

確かに、書くことがないときは短いですが…。
この監督は昔から好きな方で
『ザ・フライ』なんて、
ラストの、蠅の哀願している目に涙したものでした。
いいですよ『ザ・フライ』。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。