ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

2006-01-27 19:03:25 | 新作映画
※映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。



----この映画も今年の賞レースに絡んでいるよね。
監督はデヴィッド・クローネンバーグだっけ」
「うん。彼にしては珍しい家族ドラマと言われているけど、
いやいやどうして。
トリッキーな映像や彼の十八番とも言うべき肉体の変貌こそないものの、
これはいかにもクローネンバーグらしい映画だ」

----ふうん。どういうところが?
「“日常を脅かす不穏な空気”、
そしてその中にいったん取り込まれると
そこは“逃れられない迷宮”に変わるというところかな。
『ヴィデオドローム』のSM暴力ヴィデオしかり、
『イグジステンズ』の仮想ゲーム世界しかり。
もっと言えば『ザ・フライ』だって
物質移動と遺伝子組み換えの研究という世界に、
深く入り込みすぎてしまって抜けられなくなった男の悲劇。
『スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする』も
記憶と妄想の迷宮から抜け出れなくなった男の話だ。
この『ヒストリー~』はその取り込まれ抜けられないものを
過去に自らが犯した<暴力>と置き換えると分かりやすい」

-----ニャるほどね。まずは物語を話してよ。
「インディアナ州の小さな田舎町で静かに暮らす
トム(ヴィゴ・モーテンセン)とその家族。
ところが夫トムが営むダイナーが
二人組の男に襲われたことからすべてが変わる。
突然銃を突きつけられた彼は、一瞬の隙をつき逆襲。
強盗二人を射殺し、店の客や従業員を救う」

----うわ~っ。大活躍。ヒーローだね。
でも、なぜ彼はそんなスゴい銃の腕前ニャの?
「そこなんだよね。
その危機一髪のときにトムが見せる身のこなしに、
観客はだれしもが『あれっ?』。
でも実はここが重要なポイント。
この事件でトムはヒーローとして
メディアで祭り上げられるんだけど、
彼のことをジョーイと呼ぶ黒づくめの謎の訪問者(エド・ハリス)が出現。
男は『なぜ、あんなにも人を殺すのがうまいのか、
ジョーイに聞いてみろ』と妻エディ(マリア・ベル)にけしかける。
果たして夫の過去に何があったのか?
信頼と不安の間で揺れ始めるエディ。
かくして静かな生活は音を立てて崩れはじめてゆく…」

----そうかミステリー的な要素もあるんだね。
これはオモシロそうだ。
「ぼくがこの映画をいいなと思うのは、
主人公の家族をきっちり描いているところ。
トムの息子ジャックは学校で虐められているんだけど、
いつも言葉で交わして暴力事態になることを避けようとする。
この彼の身の処し方に<平和>を重んじるトムの教育方針が伺える。
ところがそんなジャックが
ガールフレンドの名誉を傷つけられたことから暴発。
相手を容赦なく叩きのめす。
それまで彼はいかにも弱虫であるかのように描いていただけに、
ここは事態を見守るクラスメートのみならず
観客にも強いインパクトを与えずにはおかない」

----mmmm。
「このシーンは、
トムが強盗を射殺して以降の時制に配置。
つまり父親の暴力が<連鎖>したってことだね。
しかしこの息子の正義の鉄槌に対しても
トムは非暴力を主張して彼の行為を諌める。
このあたりは、
訪問者とトムの関係についての観客の混乱を誘う巧い筋書きだ。
謎野訪問者は人違いしているのではないか……とね」

----ふうむ。お話の方は分かったけど、
映像はどうなの?
クローネンバーグらしさってあった?
「映画のテーマとなっている暴力の描き方かな。
全ての暴力は突発的に起こり、
しかも銃が発射された瞬間、ピクリともしないで死んでしまう。
これはいままで多くの映画の中で
撃たれて苦しむ姿をイヤと言うほど見てきた目にとっては衝撃。
だって生命が絶たれ、
一瞬にしてモノと化してしまうんだもの」

----俳優の演技も話題になっているよね。
「エディを演じたマリア・ベルの評価が高い。
トムと『10代の頃に知り合いたかった』と
無邪気にベッドでじゃれていたのに、
夫の暴力的本質が分かってからは
そのセックスは、拒否しながらも応じてしまう荒々しいものへと変わる。
片目をつぶされ顔に傷のある男を演じるエド・ハリス、
見るからにエキセントリックなウィリアム・ハート。
俳優たちもその異様な風貌によって
映画の<異形性>を際立たせている」

----あれっ?トム役のヴィゴ・モーテンセンは?
「彼はカーク・ダグラスに似てきたね」
----誰それ?
「マイケル・ダグラスのお父さんだよ」
----よく知らないけどスゴそう。
それも<異形性>?
       (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「いびつだニャあ」なにこれ?

※抜けられない度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


※画像はアメリカのオフィシャルwallpaperより

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ルート225』 | トップ | 『博士の愛した数式』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (M.)
2006-01-28 08:16:24
この作品、公開はいつだろういつだろうと思っていて

待ちきれずに3月発売予定の米版DVD注文してしまいました。

そしたら日本の公開も3月予定なんですよね?(涙)

タイミングわる~と思いつつ劇場に出かけたあとには

おうちでカーク・ダグラスを愛でたいと思います。

■M.さん (えい)
2006-01-28 19:30:49
こんばんは。



うわあDVDの予約をされたんですか?

もしかしてクローネンバーグのファンですか?

この映画はなかなか緊張感の高い作品ですよ。

オープニングなんて

ワンショット・ワンシークエンス。

オープニング・クレジットの間、ずっと続きます。

期待してください。



いやあ、それにしても

カーク・ダグラスが分かっていただけるなんて。

嬉しいです。

すみません (かめ)
2006-03-11 11:24:19
誤って、2度トラックバックしてしまいました。

すみません。



日本でのこの作品の評価はどうですか?

アメリカではこの手のバイオレンス作品の割には、評判がよかったです。
えいさん、こんにちわ (隣の評論家)
2006-03-11 23:40:59
本日公開の作品は注目しているものが多いので、滅多にしない初日に2点盛りして参りました。

本作は、クローネンバーグ監督からは想像つかない「人間ドラマ」という印象で見ました。ラストの食事のシーンは、忘れられないです。

>だって生命が絶たれ、一瞬にしてモノと化してしまうんだもの

暴力描写はグロイものではないけれど、おっしゃる通り衝撃的でした。明日は「リトル・ランナー」を観に行く予定なので、記事UPしたらまた伺います。
■かめさん (えい)
2006-03-12 00:17:00
こんばんは。



日本では今日からの公開です。

試写段階では評判いいですよ。

クローネンバーグが正攻法の映画を撮ったと言われてます。

でもオープニングのワンシーンワンショット撮影からして不穏な空気が……。

クローネンバーグらしい気もします。

■隣の評論家さん (えい)
2006-03-12 00:20:54
こんばんは。



この映画、ぼくは前半の方が好きでした。

少しミステリー風味の作りになっていて……。

彼が復讐に出かけるあたりからあまりノレなかったかな。

そうそう、

エド・ハリスってこういう役がとても似合う気がします。

こんばんは (ノラネコ)
2006-03-14 22:39:42
研ぎ澄まされた、愛と暴力の物語でした。

クローネンバーグらしい虚飾を排したシンプルな物語に、キャラクターの葛藤が浮き立ちますね。

昔大学で「クローネンバーグとリンチの研究」という論文を書いたほど大好きな監督なので、久々の新作が相変わらず「らしくて」嬉しかったです。
■ノラネコさん (えい)
2006-03-15 00:48:54
こんばんは。



思わずニヤリ( ̄ー ̄)としてしまいました。

クローネンバーグにリンチとくれば怖いものなしではないですか。

80年代はこのふたりに、

脳みそグチャグチャにされてたなあ。
家族愛3本立て (にゃんこ)
2006-05-04 00:42:54
意図的にじゃないけれど、この日の1本目が

母を訪ねて(?)のビル・マーレイ・・・

まだ見ぬ息子なのに・・・父の感情がなぜか沸く

2本目がこれ^^;

そして究極の家族愛(?)しんちゃん(爆)

結果的に凄いラインナップになったと感想書きながら思ってしまいました(笑)

オープニングの胡散臭さで、魅了されて最後まで

あっというまの面白さは、観る順番間違ってなかったなぁ~

っという感じでした。

■にゃんこさん (えい)
2006-05-05 11:31:56
これはこれは豪勢な3本立てですね。



しんちゃんは、まさしく究極の家族愛。

ついに「R25」でも紹介されたようですね。

まだ記事は読んでいませんが…。
カーク・ダグラス ()
2006-06-11 08:48:07
>「彼はカーク・ダグラスに似てきたね」



同感です。

あの時代のハリウッドスターの中では

彼は<異形性>だと思います。



トラックバックをさせていただきました。
■哲さん (えい)
2006-06-11 10:27:20
こんにちは。



カーク・ダグラスそっくりですよね。

あの頃、彼はバート・ランカスターと組んでいた記憶が…。

確かに正統派ハリウッド・スターからは遠い感じでしたね。

重要人物かと思わせるような (bakabros)
2006-07-25 23:43:42
脇の脇役までの血の通いかたに衝撃を受けました。

登場人物全員が主人公のように感じました。

とても贅沢な映画だなと思います。

■bakabrosさん (えい)
2006-07-26 00:14:40
こんばんは。



脇役の中では

ぼくはエド・ハリスが印象に残っています。

あと、最初に殺されたあのふたり組も

戦慄するスゴみがありました。

バイオレンスを描いては、

クローネンバーグは当代随一ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クローネンバーグの新作『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 (ゆらりんさんの覆面時評)
来ますね~、デヴィッド・クローネンバーグ! 『ヴィデオドローム』(←かなり好き)、『デッドゾーン』(TVドラマ化もされましたね!)、『ザ・フライ 』(…き、キショイ…)、…途中飛ばして(^_^;)、『イグジステンズ』…と、気色悪い設定と洗練された映像でもって、生
ヒストリー・オブ・バイオレンス (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞     助演男優賞(ウィリアム・ハート)     脚色賞     ノミネート作品 2月28日によみうりホールで行われた試写会に行ってきた。 全体的に緊迫感漂う作り方も、クローネンバーグらしいアブノーマルな雰囲気も、次の予測が難しいストーリー
A History of Violence (ヒストリー・オブ・バイオレンス) (アリゾナ映画ログ)
2005年10月8日鑑賞 Tagline: <B>Everyone has something to hide.</B> トム・ストールはインディアナ州の小さな町で、ダイナー(食堂)を経営する、とても家族思いの、物静かで平凡な男。 ある日の夜、閉店間際のダイナーに、他の街でも殺人強盗を犯した2人組みの
過去は気になる? 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 (平気の平左)
評価:75点 ヒストリー・オブ・バイオレンス 軽いネタバレあり 個人的には、かなりはまった作品でした。 最初からかなり引き込まれます。 初っ端の暴力描写は抑え目ですが、観客を引き込むには十分。 そして、その後シーンが変わっての、幸せな家族描写&ちょっと
ヒストリー・オブ・バイオレンス (映画通の部屋)
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」A HISTORY OF VIOLENCE /
ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス (シャーロットの涙)
絵に描いたような幸せな日々を送る家族。トム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)の店に強盗が押し入るまでは… 前半場面で語られる家族の形態があまりにも自分には嘘くさく見えて、これらがどう変わっていくのかを期待させた。 幸せとは、葛藤があってこそ幸せと感じるも
ヒストリー・オブ・バイオレンス/A HISTORY OF VIOLENCE (我想一個人映画美的女人blog)
愛せる人の過去も含めて愛せますか? ただのバイオレンス映画だと思ったら大マチガイ。。。☆ カナダトロント出身の鬼才、デヴィッドクローネンバーグ監督の新作として、 ずっと気になってた作品{/hikari_blue/} ゴールデングローブ賞作品賞でノミネート。 アカデミー賞最有
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』を観ました。 (0120 Blog)
何かイヤな事を予感させるオープニングからの展開・・・。 そんな前振りが終われば、ストール一家にいつもの平穏な朝が訪れる。 可愛い子供たちにお互いを労わり合うかのように仲睦まじい夫婦。 そして、のどかな田舎町の風景に、気の良さそうな町の人々・・・。 .
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」凶悪ヴァイオレンス+(前半は)サスペンス (小生の映画日記)
ストーリー: アメリカの田舎町でダイナーを経営するトム(ヴィゴ・モーテンセン)は、自分の店に押し入った強盗を倒し、人々の命を救う。その勇敢な行動がマスメディアに取り上げられたことで、トムの見覚えのない人物カール(エド・ハリス)が店にやってきてトムを脅しは.
ヒストリー・オブ・バイオレンス (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  この愛は、暴力を越えられるか?  
ヒストリー・オブ・バイオレンス (とにかく、映画好きなもので。)
   計算された暴力の構図と愛を失っていく過程に感嘆。  冒頭は二人の強盗犯がモーテルらしき所から出てくる所から始まる。  最初はそこら辺にいそうな、二人組と思いきや、ここでアメリカの暴力社会のひとひらをスクリーンに叩きつける。  そ.
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」試写会 (ミチミチ)
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 監督 デイヴィッド・クローネンバーグ CAST ヴィゴ・モーテンセン/マリア・ベロ/エド・ハリス/ウィリアム・ハート・・・story 静かな街、静かなダイナー、幸せな家族。トムは大切なものの中に暮らしていた。ある晩、二人組みの強
ヒストリー・オブ・バイオレンス・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ヒストリー・オブ・バイオレンス(暴力の歴史)」とは意味深なタイトルだ。 この映画のプロットは、西部劇やフィルムノワールで今まで何度も作られてきた物語のパターンを踏襲して
やっぱりクローネンバーグが好き!【ヒストリー・オブ・バイオレンス】 (犬も歩けばBohにあたる!)
あんまり話題になっていないが、デイヴィッド・クローネンバーグ最新作『ヒストリー
ヒストリー・オブ・バイオレンス(A HISTORY OF VIOLENCE) (わかりやすさとストーリー)
●放蕩息子をモチーフに「愛」を描くサスペンスミステリー●家族や友から離れた者が再び戻ってきたとき、それを受け入れることができるか。ヴィゴ・モーテンセンの演技が凄い。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 レビュー (「USAのんびり亭」映画情報)
昨年アメリカで公開された映画の中で、「ブロークバック・マウンテン」「カポーティ」
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 (flicks review blog II)
 ダイナーを営むトム・ストールは弁護士の妻と高校生の息子、幼い娘の4人家族でごく普通の生活を送っていたが、ある晩の閉店時間間際に店に押し入った二人組みの強盗を身を守るべく
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』★★・・・ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
幸せな家族。夫の隠された暴力と罪の過去・・『ヒストリー・オブ・バイオレンス』公式サイト制作年度/国;\'05/米 ジャンル;バイオレンス 上映時間;96分 指定;R-15配給;ムービーアイエンタテインメント監督;デイヴィッド・クローネンバーグ   出演;ヴィゴ・モー...
ヒストリー・オブ・バイオレンス (future world)
出演があのヴィゴ・モーテンセン~~結構好きです~相手役にジョニー・デップの「シークレット・ウィンドウ」で妻役を演じたマリア・ベロ、そして貫録のエド・ハリスってことで鑑賞。 とにかく、プロローグはなかなか良い! いきなり混沌とした場面・・・うんっ?この二.
ヒストリー・オブ・バイオレンス 愛と暴力の対立 (日々徒然ゆ~だけ)
 観てて全く関係ないかもしれないなぁ,と思いつつ「すっかり乗らなくなった自転車にいきなり乗ってもちゃんとこげる」ってこぉいうことを言うんじゃないか。と。
ヒストリー・オブ・バイオレンス (オイラの妄想感想日記)
クローネンバーグって良いな。 因果応報な妄想感想いきます。
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 これもアメコミ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
TVドラマ「デスパレートな妻たち」でも、こんな話あったな~。 アメリカの郊外や田舎町では、うわさ話でよくあったりするかもしれない。 が、ヒストリー・オブ・バイオレンス(暴力事件の履歴)の欠片もない私は、割と他人事として見終えました。 はじめは、ヴィ ...
ヒストリー・オブ・バイオレンス☆独り言 (黒猫のうたた寝)
映画の日の2本目・・・何にしようか考えてなかったけど とりあえず『しんちゃん』基本に考えたら(なんか違う) 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』になりました。 というか・・・2本でやめるんじゃなかったのね^^;;; 今日は3本観るつもりなのね~(爆) ...
「ブロークン・フラワーズ」「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を観る(ちょっとネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 例年ならGWも出勤と来るところだが、今年は何も無く三連休となった。外はまずまず
ヒストリー・オブ・バイオレンス (映画をささえに生きる)
「A HISTORY OF VIOLENCE」には「(一人の人間の)暴力の経歴」と「(人類の)暴力の歴史」、2重の意味が読み取れます。
ヒストリー・オブ・バイオレンス (Polka dot movie)
公式サイト STORY アメリカ・インディアナ州の田舎町。 小さなカフェを経営するトム(ヴィゴ・モーテンセン)は、妻と2人の子どもと、愛に満ちた幸せな日々を過ごしていた。ある夜、彼の店が2人組の強盗に襲われてしまう。 そこで隙をついて強盗の銃 ...
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」■アメリカ史への挑戦 (映画と出会う・世界が変わる)
多くの人々を殺傷したガメラを、それでも人類の味方として受け入れることができるか?これは「ガメラ3・邪神覚醒」の大きなテーマであった。町を支配していた悪人一味を殲滅したガンマンを受け入れることが出来るのかというテーマは、いくつかの異色西部劇ややく ...
ヒストリー・オブ・バイオレンス (ネタバレ映画館)
 お前はジョーイ・キューザックだ!姉はジョーン・キューザックだろ?弟はジョン・キューザックじゃないのか?妹はスージー・キューザックに違いない!ちなみにキューザック俳優一家の名前を探してもジョーイもリッチーも見当たらなかった。
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 (試写会帰りに)
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(『A HISTORY OF VIOLENCE』)飯田橋ギンレイホールにて。 ラストまで気が抜けず、謎解きの種明かしをされるのが勿体なくなるくらい。 久々に映画らしい映画を堪能して、ずっとこの映画を観ていたいと思わせる、数少ない作品で ...
ヒストリー・オブ・バイオレンス (A History Of Violence) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・クローネンバーグ 主演 ヴィゴ・モーテンセン 2005年 アメリカ/カナダ映画 96分 ドラマ 採点★★★★ ジェームズ・ボンドにしろウルトラマンにしろ、完全無欠のヒーローが悪党どもをコテンパンにするのを見るのは痛快だ。相手が悪ければ悪いほ ...
ヒストリー・オブ・バイオレンス DVD (観たよ~ん~)
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」をDVDで観ました~♪ 公開してるとき、評判良かったので観にいきたかったんですけど、時間の都合がつかなくてスルーした作品です。 人気Blogランキング     ↑ 押せば、過去を隠して平穏に過ごせます~♪
ヒストリー・オブ・バイオレンス (映画鑑賞★日記・・・)
『A HISTORY OF VIOLENCE』公開:2006/03/11製作国:アメリカ/カナダ監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、ウィリアム・ハート、アシュトン・ホームズ、ハイディ・ヘイズ、ピーター・マクニール、スティ ...
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 (Sweet* Days)
ヒストリー・オブ・バイオレンス 監督:デイヴィッド・クローネンバーグ  CAST:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ 他 STORY:のどかな街でダイナーを営むトム(ヴィゴ・モーテンセン)は、弁護士の妻(マリア・ベロ)と2人の子どもと平穏に暮らし ...
ヒストリー・オブ・バイオレンス (39☆SMASH)
今年もあと10日で終わりなんて信じらんない!! 昨日の X-TRAIL JAM IN TOKYO DOME のテレビ放送見逃した(泣) 昼間までは覚えてたのに・・・。 超ショック。 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』 あらすじ 『トム・ストールとその妻・エデ ...
ヒストリー・オブ・バイオレンス (cinema note+)
ヒストリー・オブ・バイオレンスA HISTORY OF VIOLENCE2005年 アメリカ本当の人
映画『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(お薦め度★★★★★) (erabu)
監督、デヴィッド=クローネンバーグ。2005年アメリカ・カナダ。バイオレンス映画
暴力は人をいかに変容するか―「ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス」Part2 (豆酢館)
この映画を観た観客に聞きたいね。“暴力に加担した気分はどうだい?”って。―カンヌ映画祭記者会見より、監督のコメント 私財をつぎ込んだ前作「スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする」は、批評家筋からの受けは良かったものの、興業的に成功したとは言いがたい作品とな...
ヒストリー・オブ・バイオレンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ヒストリー・オブ・バイオレンス」は、「イグジステンズ」のデヴィッド・クローネンバーグ監督のR-15指定のサスペンス映画です。  タイトルの通り、結構暴力的なシーンが多いのですが、心理描写もなかなか見応えのある作品です。しつこいようだけど、「手...