足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

ナスダック市場がビットコインを上場

2018-04-26 09:38:16 | 投資戦略
NYダウ、S&P500は小幅高だが、ナスダック指数は安い。同指数は最近の相場の牽引役であっただけに、上昇の勢いが消えてしまったのを気にする向きも多い。
国債の10年物が利回り3%台になったことは、金利の先行きには気がかりである。
米国景気の先行役的な存在のボーイング、テキサス・インスツルメントなどの増益基調も終盤に来たと見る向きも多く、ナスダック指数の足を引っ張った。指数は5日間の下落。相場の先行きを読む上では気になるところである。

ナスダック市場では人気の仮想通貨ビットコインの上場を検討している。「ビットコイン人気は一時的なものでなく永続性のある商品である。取引ルールを厳格にして有望な商品に育てていきたい」としている。
ビットコインは昨年12月にはドルベースでは2万ドルに接近し年間で1300%も高騰した。しかし、本年には暴落し円ベースでは2月には60万円まで下落した。このように相場の変動率は大きい。ナスダックでは取引ルールを整備し、多くの投資家の参入を期待する。相場の動きの上下への変動は安定化し、通貨としての利便性が高まることが期待できる。

コメント