足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

世界的な株高に注目

2019-12-07 16:03:53 | 投資戦略
景気指標の主柱のひとつである11月の雇用指数が+26万6000人と1月以来の好調な数値になった。景気の鈍化懸念を気にする投資家がふえている中だけに、株価には大きな朗報である。同時に10月は既報の雇用データ12万8000人増から15万6000人増、9月は18万人増から19万3000人増に修正され、足元の景気の堅調なことを裏付けた。
失業率も3.6%から3.5%に修正され、賃金も時間当たり+0.2%に増額修正された。好調な雇用指数が米中間の貿易問題の先行き悪化を払拭、世界経済に影響を与えてきた地政学リスクの懸念を和らげた。
「金融緩和策が景気指標の好調に端的に現れ、米連銀は現在の政策遂行の効果に自信をもち、1.50%~1.75%の金利を続ける」と現在の金融政策を市場は歓迎する。
金曜日の市場では金融関連株の上昇が目立った。バンク・オブ・アメリカ、シティコープ
J.P.モルガンなど大手金融株が相場をリードした。
10年国債が+1.56%と急騰,雇用統計の予想を上回る数値が相場を押し上げた。
ヨーロッパ株、アジア株も軒並み高で石油、金相場も買われた。

コメント

VIX(恐怖)指数が急上昇

2019-12-03 20:05:43 | 投資戦略
相場は好材料を求めて、時として反騰局面がみられるが、上昇が続かない。
昨日は投資家心理の動向をあらわすVIX(恐怖)指数は2ヵ月ぶりの大幅な上昇になり、トランプ大統領の対中関税戦争の拡大懸念が出て相場の上昇を阻んだ。
今回は10月8日以来の大幅な上昇であつたが、先行きに対しての不安心理がすぐに頭をもたげる。
「方向観をなくしていた恐怖指数が息を吹き返した」とFTSEラッセル指数の動きに注目する向きがふえてきた。

投資家心理を表すVIX指数に投資家の注目度がにわかに高まってきた。VIX指数が上昇に転じたとはいえ同指数は13.99と低位にあるが、急に変動率が高まってきたことへの懸念に注目する向きが多い。
いまひとつ注目されるのはトランプ政権のもとで世界経済の先行きに不安感が出てきたことである。最近の相場を支えてきたのは欧州と中国の製造業指数の好調であったが、ここへきて材料として相場に織り込んでしまい、後続の好材料がみられないのが先行きに不安感をもたらせる。
中国との関税問題は部分的には解決されても、裾野が長いだけに相場の先行きには折りに触れ頭角をあらわす難題である。相場の先行きのトレンドを読む材料である。

コメント

恐怖指数の反転

2019-12-03 15:52:48 | 投資戦略
相場は好材料を求めて、時として反騰局面がみられるが、上昇が続かない。
昨日は投資家心理の動向をあらわすVIX(恐怖)指数は2ヵ月ぶりの大幅な上昇になり、トランプ大統領の対中関税戦争の拡大懸念が出て相場の上昇を阻んだ。
今回は10月8日以来の大幅な上昇であつたが、先行きに対しての不安心理がすぐに頭をもたげる。
「方向観をなくしていた恐怖指数が息を吹き返した」とFTSEラッセル指数の動きに注目する向きがふえてきた。

投資家心理を表すVIX指数に投資家の注目度がにわかに高まってきた。VIX指数が上昇に転じたとはいえ同指数は13.99と低位にあるが、急に変動率が高まってきたことへの懸念に注目する向きが多い。
いまひとつ注目されるのはトランプ政権のもとで世界経済の先行きに不安感が出てきたことである。最近の相場を支えてきたのは欧州と中国の製造業指数の好調であったが、ここへきて材料として相場に織り込んでしまい、後続の好材料がみられないのが先行きに不安感をもたらせる。
中国との関税問題は部分的には解決されても、裾野が長いだけに相場の先行きには折りに触れ頭角をあらわす難題である。相場の先行きのトレンドを読む材料である。

コメント

アジア市場がリード

2019-12-02 18:01:05 | 投資戦略
アジア市場が中国の足元の順調な景気指数をみて上昇し、東京市場も先週後半の軟調な地合いからは脱却し買い物が集まった。
11月の中国の生産業購買者指数が50.2と発表され、足元の好況を好感した。4月以来50を割ってきたが、50台乗せは朗報である。
ただ指数の反転だけをみて景気の基調を判断するのは早すぎると見るむきも多い。今回の米中間の貿易問題は解決しないままで残っており、断片的な景気指標だけをみて中国問題が解決したと見るのは早計とみる、慎重派も多い。
クリスマスを月末に控えてサンタクロース・ラリーへの期待感が強まる。
経験則からしてこの期間はボーナスをもらった投資家が市場に資金を投入することが期待できる。ラリーを期待する投資家心理が出てくることは確かである。
年末相場に乗ることが期待できる。

日本新薬(4516)は京都に本拠をおくユニークな医薬品メーカーである。中位規模の薬品で存在感を高めるが、これまではニッチな市場での新製品で成長してきた。株価は1万円台に乗せたが、営業利益率が20%台を目指してきた。株価は1万円台で活躍する素地を固めた。
SMC(6273)の営業利益率は30%台乗せの高収益企業いりした。
ソニー(6758)は優良株として割安。


コメント

日本新薬に注目

2019-12-02 15:40:46 | 投資戦略
アジア市場が中国の足元の順調な景気指数をみて上昇し、東京市場も先週後半の軟調な地合いからは脱却し買い物が集まった。
11月の中国の生産業購買者指数が50.2と発表され、足元の好況を好感した。4月以来50を割ってきたが、50台乗せは朗報である。
ただ指数の反転だけをみて景気の基調を判断するのは早すぎると見るむきも多い。今回の米中間の貿易問題は解決しないままで残っており、断片的な景気指標だけをみて中国問題が解決したと見るのは早計とみる、慎重派も多い。
クリスマスを月末に控えてサンタクロース・ラリーへの期待感が強まる。
経験則からしてこの期間はボーナスをもらった投資家が市場に資金を投入することが期待できる。ラリーを期待する投資家心理が出てくることは確かである。
年末相場に乗ることが期待できる。

日本新薬(4516)は京都に本拠をおくユニークな医薬品メーカーである。中位規模の薬品で存在感を高めるが、これまではニッチな市場での新製品で成長してきた。株価は1万円台に乗せたが、営業利益率が20%台を目指してきた。株価は1万円台で活躍する素地を固めた。
SMC(6273)の営業利益率は30%台乗せの高収益企業いりした。
ソニー(6758)は優良株として割安。


コメント